燕の艇歴

 年 月 日:艇歴

03.06.13:命名:達第78号:「燕」(ツバメ) 03.06.13:類別等級制定:内令第155号:種別:特務艇、類別:捕獲網艇 03.06.13:本籍:内令第156号:佐世保鎮守府、佐世保防備隊所属 03.07.01:信号符字點付:達第97号:GQDP 03.09.17:起工 04.04.15:艤装員長:海軍大尉 牟田口 格郎 04.04.18:艤装員事務所を横浜船渠株式會社内に設置し事務を開始 04.04.24:進水 04.07.15:竣工、艤装員事務所を撤去
04.07.15:特務艇長:海軍大尉 牟田口 格郎 08.05.23:類別等級改正:内令第190号:種別:特務艇、類別:敷設艇 08.--.--:〜06.01佐世保 08.06.08:佐世保〜06.08佐世保 08.06.16:佐世保〜06.17佐世保 08.06.22:佐世保〜06.25佐世保 08.06.26:佐世保〜06.27佐世保 08.06.30:繋留替え 08.07.--:佐世保〜07.13佐世保 08.07.19:佐世保〜07.19佐世保 08.07.26:佐世保〜富岡湾 08.08.05:富岡湾〜08.07富岡湾 08.08.07:0730 潜水艦母艇見島」に横付け、燃料補給 08.08.09:富岡湾〜佐世保 09.08.12:佐世保〜08.14佐世保 09.08.--:佐世保〜08.17佐世保 09.09.--:佐世保〜09.14佐世保 09.09.14:佐世保〜佐世保 08.09.29:佐世保〜09.30佐世保 08.10.06:佐世保〜10.06佐世保 08.10.09:佐世保〜10.09佐世保 08.10.10:佐世保〜10.11佐世保 08.10.18:信号符字改正:達第127号:JXZD 08.11.17:佐世保〜11.17佐世保 08.12.11:佐世保〜12.12佐世保 08.12.14:佐世保〜12.14佐世保 08.12.15:佐世保〜12.15佐世保 08.12.19:佐世保〜12.19佐世保 09.01.16:佐世保〜01.17佐世保 09.01.18:佐世保〜01.19佐世保 09.01.22:入渠 09.02.08:佐世保〜佐世保 09.02.13:佐世保〜02.14佐世保 09.03.14:佐世保〜03.14佐世保 09.03.15:佐世保〜03.15佐世保 09.03.18:佐世保〜佐世保 09.04.07:佐世保〜04.08佐世保 09.04.08:佐世保〜04.08佐世保 09.04.09:佐世保〜04.10佐世保 09.--.--:佐世保〜05.15佐世保 09.05.24:佐世保〜05.24佐世保 09.06.12:佐世保〜06.15佐世保 09.--.--:佐世保〜07.02博多湾07.02〜08.10佐世保 09.09.05:佐世保〜09.06佐世保 09.12.12:佐世保〜12.12佐世保 10.--.--:佐世保〜03.02佐世保 10.03.--:佐世保〜03.26佐世保 10.04.17:佐世保〜04.18佐世保 10.04.18:佐世保〜04.20佐世保 10.04.20:佐世保〜04.23佐世保 10.05.03:入渠 10.05.11:佐世保〜佐世保 10.06.01:佐世保〜06.01佐世保 10.06.--:佐世保〜06.10佐世保 10.06.12:佐世保〜06.14佐世保 10.06.19:佐世保〜07.04佐世保 10.09.29:大湊〜 10.12.14:官房第5254号ノ2:船首フェアリーダー改造の件認許      〜04.07佐世保 12.01.25:官房第425号:主機械後部可撓接手製造の件訓令 14.03.--:上海〜03.30九江 14.03.31:軍隊区分:T作戦部隊救難隊第三小隊六番艇 14.03.31:九江〜03.31古城 14.04.01:古城〜04.01三洲頭 14.04.01:三洲頭〜      〜04.01 1440 昌邑部北方にて「港十一號」座洲、直ちに引卸作業〜      〜04.02 0600 「港十一號」自力離洲〜      〜04.03 0700 救難作業完了〜      〜04.03呉城 14.04.04:呉城〜04.04寡婦岩 14.04.04:「第三號掃海艇」曳卸作業 14.04.05:寡婦岩〜04.05九江 14.04.05:入院患者下船 14.04.05:九江〜04.05寡婦岩 14.04.06:0730 「第三號掃海艇」曳卸作業協力      1045 雑役船波島」により「第三號掃海艇」離洲 14.04.06:寡婦岩〜04.06星子 14.12.10:内令第997号:佐世保防備隊所属 15.04.01:類別等級改正:内令第197号:種別:特務艇、類別:敷設艇 15.04.01:内令第199号:佐世保防備隊所属
15.11.15:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊佐世保防備隊附属 15.11.15:内令第822号:佐世保防備隊所属 16.11.15:(現在)特務艇長:海軍特務大尉 左谷野 武雄 16.11.15:兵器搭載、舷外電路装着(11.25まで) --.--.--:軍隊区分:菲島部隊第三急襲部隊第一警戒隊 16.11.16:舷外電路敷設のため船台下に回航 16.11.23:繋留替え 16.11.25:佐世保〜自差修正〜11.25佐世保 16.11.26:佐世保〜11.30基隆11.31〜12.02高雄 16.12.01:信号符字改正:達第369号:JHMQ 16.12.02:軍隊区分:大海指第24号:12月03日以降一時作戦に関し第三艦隊司令長官の指揮に入る 16.12.06:高雄〜12.06枋寮12.07〜12.08バタン 16.12.08:(「球磨川丸」護衛)バタン〜12.09高雄 16.12.10:高雄〜対潜掃蕩〜12.10高雄港外 16.12.11:高雄港外〜対潜掃蕩〜12.12高雄港外 16.12.12:軍隊区分:第二護衛隊輸送船隊 16.12.13:高雄港外〜対潜掃蕩〜12.13馬公港外 16.12.14:馬公港外〜12.14馬公 16.12.15:煙突両舷頂下一米夫々縦横80糎大の平仮名を白色塗粧:い、爆雷覆新設 16.12.18:(第二輸送船隊護衛)馬公〜12.22リンガエン湾 16.12.22:0730 対空戦闘:十二粍機銃50発発射      1540 リンガエン湾第一水路清掃、掃海立標2個設置 16.12.23:リンガエン湾〜12.23リンガエン湾 16.12.23:軍隊区分:第三艦隊機密第549番電:第二護衛隊より除く 16.12.23:軍隊区分:大海指第32号:第三艦隊司令長官の指揮を解く 16.12.24:リンガエン湾〜12.26基隆 17.01.--:基隆〜佐世保 17.01.24:烹炊所改造工事(02.03まで) 17.02.02:1030 佐世保海軍工廠第三船渠を出渠 17.02.03:九一式爆雷18個還納、九五式爆雷改一18個受入、対艦式大掃海具四型1組、同(浅海用)2組、      標燈2組搭載 17.02.05:軍隊区分:大海指第50号:作戦に関し聯合艦隊司令長官の指揮に入る 17.02.05:軍隊区分:南方部隊 17.02.05:軍隊区分:南方部隊電令第85号:蘭印部隊 17.02.06:佐世保〜速力試験〜02.06佐世保 17.02.07:佐世保〜      〜02.09 機銃試射〜      〜02.10高雄港外 17.02.11:炭水補給 17.02.12:高雄〜対潜掃蕩〜02.13海口 17.02.14:海口〜対潜掃蕩〜02.19ダバオ 17.02.19:0840 特設運送船總洋丸」に横付け、炭水補給      1530 転錨 17.02.23:(「辰春丸」護衛)ダバオ〜      〜02.23 2200 特設敷設艦辰春丸」と解列〜      〜02.24ダバオ 17.02.26:(「能登呂」「~風丸」「千光丸」「箱根山丸」護衛)ダバオ〜      〜02.28 1600 特設運送船箱根山丸」解列〜      〜03.01 0918 水上機母艦能登呂」より炭水補給〜      〜03.02バンジャルマシン沖 17.03.02:1501 水上機母艦「能登呂」より炭水補給 17.03.03:0725 和蘭病院船"Op ten Noort"俘虜警戒のため下士官1、兵13名派遣      0810 特設運送船千光丸」より炭水補給 17.03.04:バンジャルマシン沖〜泊地移動警戒〜03.04バンジャルマシン沖 17.03.10:軍隊区分:南西方面艦隊第二南遣艦隊司令長官指揮下 17.03.11:(「~風丸」「千光丸」「玄洋丸」護衛)バンジャルマシン〜03.12マカッサル 17.03.13:1030 第百二軍需部より炭水補給      1500 特設運送船玄洋丸」より重油補給 17.03.15:軍隊区分:ジャバ警備部隊 17.03.18:マカッサル〜03.21バンカ泊地03.22〜03.22スラバヤ 17.03.25:1340 特設運送船乾隆丸」より掃海申継を受ける 17.03.26:スラバヤ〜03.26バンカ03.27〜03.27スラバヤ 17.03.27:特設運送船畿内丸」より炭水補給 17.04.01:(「妙高丸」護衛)スラバヤ〜      〜04.03 0130 エダム灯台の76度52浬にて右45度に潜水艦らしきものを発見〜      〜04.03 0140 九五式爆雷改一投射2個〜      〜04.03 0142 特設運送船妙高丸」が発砲〜      〜04.03 0148 本艇が発砲:八糎高角砲1発発射〜      〜04.03 0214 短艇を卸し調査、沈船と判明〜      〜04.03バタビヤ 17.04.03:特設運送船「妙高丸」より燃料補給 17.04.04:バタビヤ〜04.05バンカ 17.04.06:(「君島丸」嚮導)バンカ〜04.06スラバヤ 17.04.07:0930 特設掃海母艦いくしま丸」より燃料、清水補給 17.04.07:(「東京丸」護衛)スラバヤ〜      〜04.08 カリマタ海峡入口付近にて護衛終了、反転〜      〜04.09バンカ 17.04.10:(「第一號驅潜艇」「菊丸」嚮導)バンカ〜04.10スラバヤ 17.04.10:軍隊区分:大海指第80号:聯合艦隊司令長官の指揮を解く 17.04.10:内令第655号:佐世保防備隊所属 17.04.11:内外舷塗粧(04.12まで) 17.04.16:1230 特設運送船東海丸」に横付け、炭水補給 17.04.17:スラバヤ〜      〜04.17 「第八號掃海艇」を対艦としスラバヤ西水道東口水路啓開(大掃海実施)〜       〜04.17スラバヤ 17.04.18:1340 特設掃海母艦「いくしま丸」より炭水補給 17.04.20:スラバヤ〜04.23昭南港外04.24〜04.24昭南 17.04.24:炭水補給 17.04.25:(「鬼怒川丸」「扶桑丸」「關西丸」「音羽山丸」護衛)昭南〜       〜04.27 陸軍徴傭船關西丸」が解列しバタビアに向かう〜      〜04.28西貢 17.04.28:炭水補給 17.04.30:(「~洋丸」「日泰丸」「硯山丸」「啓山丸」「錦城丸」護衛)西貢〜05.06馬公 17.05.06:炭水補給 17.05.09:(第206船団護衛)馬公〜05.13佐世保 17.07.10:内令第1220号:佐世保防備隊所属
18.04.01:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊大島防備隊 18.04.01:内令第584号:大島防備隊所属 18.04.15:(佐5船団護衛)伊万里湾〜04.17花鳥山 18.04.20:(支6船団護衛)ベルブイ〜04.22富江沖 18.04.27:(佐11船団護衛)伊万里湾〜04.29花鳥山 18.05.03:(支11船団護衛)泗礁山〜05.05黄島 18.05.09:(佐17船団護衛)伊万里湾〜05.11花鳥山 18.05.13:(支17船団護衛)呉淞〜05.15大瀬崎 18.05.24:(佐23船団護衛)橘湾〜05.26上海 18.05.28:(支23船団護衛)花鳥山〜05.30佐世保 18.09.01:内令第1833号:大島防備隊所属 18.12.02:軍隊区分:佐海防信電令作第114号:第二護衛部隊 19.02.01:類別等級削除:内令第272号 19.02.01:内令第279号:大島防備隊から削る
19.02.01:類別等級制定:内令第271号:種別:敷設艇、艇型:なし 19.02.01:本籍:内令第280号:佐世保鎮守府、役務:警備敷設艇 19.02.01:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊 19.02.01:敷設艇長:海軍大尉 吉田 武雄 19.04.10:戦時編制:佐世保鎮守府部隊沖縄方面根據地隊 19.04.--:軍隊区分:護衛部隊 19.04.10:(鹿004船団護衛)鹿児島〜      〜04.12 0205(N28.08-E128.57)「臺中丸」被雷沈没、対潜掃蕩〜      〜04.13瀬相 19.04.14:(鹿004船団護衛)瀬相〜04.15那覇 19.04.19:(沖803船団護衛)那覇〜04.22鹿児島 19.04.26:(鹿508船団護衛)鹿児島〜      〜04.27 1300 対潜掃蕩〜      〜04.29瀬相 19.04.29:瀬相〜対潜掃蕩〜04.30瀬相 19.05.--:軍隊区分:第四海上護衛部隊海上護衛部隊 19.05.03:(鹿508船団護衛)瀬相〜05.04那覇 19.05.06:(沖603船団護衛)那覇〜05.10鹿児島 19.05.13:(鹿307船団護衛)鹿児島〜05.16那覇 19.05.16:(ナタ611船団護衛)那覇〜05.19基隆 19.05.21:基隆〜05.22那覇 19.05.21:基隆〜05.22那覇 19.05.23:(ナカ305船団護衛)那覇〜05.24瀬相 19.05.25:瀬相〜05.2佐世保 19.05.29:佐世保〜05.31瀬相 19.06.02:(ナカ204船団護衛)那覇〜鹿児島 19.06.06:(カタ614船団護衛)鹿児島〜      〜06.13 1100(N25.00-E122.20)飛行機の誘導に依り爆雷攻撃8個〜      〜06.13 1510 解列、護衛任務完了〜      〜06.13基隆 19.06.16:(タカ606船団護衛)基隆〜鹿児島 19.07.01:佐世保〜哨戒〜07.02鹿児島 19.07.03:(陸軍部隊護衛)鹿児島〜07.06鹿児島 19.07.09:(カナ912船団護衛)鹿児島〜07.11那覇 19.07.19:(ナカ909船団護衛)那覇〜      〜07.21 2000 護衛終了、哨戒〜      〜07.22佐世保 19.08.--:軍隊区分:第四海上護衛部隊護衛本隊 19.08.01:佐世保〜哨戒〜08.02鹿児島 19.08.06:(カタ626船団護衛)鹿児島〜08.15基隆 19.08.17:(タカ708船団護衛)基隆〜08.19那覇 19.08.21:(カタ717船団護衛)那覇〜      〜08.22 0830 哨戒〜      〜08.23那覇 19.08.27:(「富津丸」護衛)那覇〜08.28宮古08.30〜08.30石垣 19.09.--:(「冨津丸」護衛)石垣〜09.05鹿児島 19.09.07:(カタ719船団護衛)鹿児島〜09.08瀬相 19.09.10:(護衛)瀬相〜09.12鹿児島 19.09.14:(カナ402船団護衛)鹿児島〜09.15瀬相09.19〜09.20那覇 19.09.21:那覇〜哨戒〜      〜09.22 2300 「宮古丸」護衛〜      〜09.23那覇 19.09.26:(「辰和丸」護衛)那覇〜09.27古仁屋 19.10.10:(カタ916船団護衛)鹿児島〜10.13佐世保 19.10.16:佐世保〜哨戒〜10.17山川沖 19.10.20:山川沖〜哨戒〜10.22那覇 19.10.26:(ナカ603船団護衛)那覇〜10.28鹿児島 19.10.30:鹿児島〜哨戒〜10.31佐世保 20.01.29:佐鎮信電令作第17号:      1.2月3日附燕、怒和島を機雷部隊に編入す      2.機雷部隊指揮官は左に依り機雷敷設並に南西諸島方面輸送を実施行動す       (イ)2月上旬          九四式機雷輸送:長白山丸(沖縄行230個)、燕(石垣行70個)、怒和島(宮古行70個)       (ロ)2月上旬          第四〇及第四四震洋隊其の他物件大島輸送:高榮丸、第二十二號、第二十九號海防艦       (ハ)2月中旬          (高榮丸大島輸送終了後)海護総電令作第357号に依る第六機雷堰構成          第十八戦隊(長白山丸欠、護衛艦一隻を加う)       (ニ)石垣宮古方面九三式機雷輸送並に敷設(敷設計画:沖根司令官所定):          長白山丸、燕、怒和島、濟州       (ホ)2月下旬          震洋隊其の他物件(細目別に令す)沖縄  20.02.07:(「高榮丸」護衛)富江〜02.08瀬相 20.03.01:敷設艇長:海軍大尉 中尾 雄三
20.03.01:沈没 20.05.10:類別等級削除:内令第400号 20.05.10:除籍:内令第411号
喪失場所:N24.23-E124.12 石垣島沖 喪失原因:米第58機動部隊艦載機による空爆

同型艇

 

兵装

(計画時)
 八糎高角砲1門、十三粍単装機銃1基、
 三八式小銃15挺、一四式拳銃5丁、
 一米半測距儀1基、七十五糎探照燈1基、
 八一式投射機2基、爆雷装填台2基、爆雷、五号機雷60個又は捕獲網3浬分、
 大掃海具四号1組。

(S16)
 四十口径三年式八糎高角砲1門、十二粍単装機銃1基。

写真資料

 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.47「敷設艇」 (P.5-11)
 雑誌「丸Graphic Quarterly」潮書房 No.17「写真集 日本の小艦艇」(P.88-89)
 雑誌「世界の艦船」海人社 1996年2月号増刊「日本海軍護衛艦艇史」(P.84)
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (2631-2633)
 「日本海軍艦艇写真集 潜水艦・潜水母艦」ダイヤモンド社 H17.12 呉市海事歴史科学館(P.200)
 「新造船写真史」 S56.07 三菱重工業株式会社横浜造船所(P.19)
 "ONI 41-42 Japanese Naval Vssels"(P.254)

前の艇へ ← 敷設艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る