關西丸の船歴

 年 月 日:船歴

05.01.23:起工 05.09.19:進水、命名:關西丸 05.12.15:竣工、船主:岸本汽船株式會社      登録総噸数:8,617、登録純噸数:5,204、登録長:461.7呎(=140.7)、登録幅61.5呎(=18.7)
06.12.24:来島海峡で「八重山丸」と衝突 07.09.16:火災事故 09.--.--:登録総噸数:8,614、登録純噸数:5,201、登録長:140.5、登録幅:18.6に変更 12.04.01:船主:原田汽船株式會社に変更 14.--.--:昭和15年版日本船名録で「か」の部へ変更(12.09.01:内閣訓令第3号以前はKwansai Maru)
16.09.27:徴傭:陸軍 16.09.27:壼盧島〜10.02虎門10.10〜10.05因島 16.11.09:宇品〜11.10呉淞11.15〜11.16虎門11.17〜11.20海口〜三亞
16.11.28:輸送船隊区分:第一分隊(船番号:5) 16.12.02:三亞〜出動、航行及び泊地進入訓練〜12.03三亞 16.12.03:(あ号E作戦第一次)三亞〜      〜12.06 0700 船団に合同〜      〜12.06 1930 第十九驅逐隊(磯波、浦波、綾波、敷波)が合同〜      〜12.07 1030 G点着、各隊毎に上陸点に分進〜      〜12.08シンゴラ 16.12.08:0300 第五師団主力上陸成功 16.12.--:シンゴラ〜高雄
16.12.--:高雄〜12.16安平12.16〜01.04虎門〜萬山泊地 17.01.08:萬山泊地〜01.10カムラン 17.01.11:輸送船隊区分:第一分隊(船番号:5) 17.01.12:カムラン〜湾内にて泊地進入、揚陸訓練〜01.13カムラン 17.01.16:馬來部隊信令作第46号:S作戦延期 17.01.20:馬來部隊信電令作第8号:S作戦中止 17.01.20:カムラン〜01.22シンゴラ 17.01.24:シンゴラ〜      〜01.25 1530 巡洋艦「川内」と合同〜      〜01.26エンドウ冲 17.01.26:1045 予定泊地に入泊、揚陸開始      1300 第一回揚陸完了      1330 陸岸近くに転錨 17.01.26:1645 空襲によりデリック1墜落、左舷外板に弾痕数箇所 17.01.28:1200 揚陸完了 17.01.28:エンドウ〜      〜テンゴール島の東方にて「第二號掃海艇」「第三號掃海艇」が護衛を終了〜      〜02.06宇品
17.03.19:宇品〜03.25高雄 17.03.26:高雄〜03.26マピラオ03.27〜04.09西貢 17.04.16:西貢〜04.19昭南 17.04.25:(船団)昭南〜       〜04.27 船団から解列しバタビアに向かう 17.05.04:昭南〜05.06スラバヤ 17.05.06:スラバヤ〜05.08昭南 17.05.09:昭南〜05.20門司 17.05.28:宇品〜06.09マニラ06.26〜07.05大阪 17.07.06:宇品〜07.06昭南 17.08.16:昭南〜08.19バタビヤ08.19〜08.22大連08.22〜08.26門司 17.12.04:門司〜12.05釜山12.05〜12.06門司 17.12.06:門司〜12.07釜山12.07〜12.08門司 17.12.09:門司〜12.10釜山12.10〜12.11門司 17.12.11:門司〜12.12釜山12.12〜12.13門司 17.12.14:門司〜12.15釜山12.15〜12.16門司 17.12.16:門司〜12.17釜山12.17〜12.18門司 17.12.19:門司〜12.20釜山12.20〜12.21門司 17.12.22:門司〜12.23釜山12.23〜12.23門司 17.12.24:門司〜12.25釜山12.25〜12.28門司 18.01.05:門司〜01.06釜山01.06〜01.07門司 18.01.08:門司〜01.09釜山01.09〜01.10門司 18.01.11:門司〜01.11釜山01.12〜01.13門司 18.01.14:門司〜01.15釜山01.15〜01.16門司 18.06.01:門司〜06.06上海06.10〜06.21昭南 18.06.23:昭南〜06.27パレンバン06.30〜07.11ジャカルタ 18.07.11:ジャカルタ〜07.12スラバヤ 18.07.23:スラバヤ〜アンボン〜08.01パラオ 18.08.04:パラオ〜08.11宇品 18.08.12:大阪〜08.16釜山08.16〜08.17門司 18.08.17:門司〜08.18釜山08.18〜08.20門司 18.08.23:門司〜08.24佐伯 18.08.26:佐伯〜08.01パラオ 18.09.04:パラオ〜09.09ラバウル 18.09.16:ラバウル〜パラオ向け航行〜      〜09.18 1700(N01.03-E146.27)被雷、航行不能〜      〜09.18 1730 総員退船〜      〜09.19 0200 敵潜の砲撃により沈没
18.09.19:沈没 18.09.18:解傭
喪失場所:N01.03-E146.27 マヌス島北方260km附近 喪失原因:米潜水艦Scamp(SS-277)の雷撃

同型船

 畿内丸東海丸山陽丸北陸丸南海丸北海丸關東丸

兵装

 野砲、高射砲、高射機関砲。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和6年1月号
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1982年7月号「日本商船隊の懐古 No.37」山田早苗
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎(P.137)
 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 「新造船写真史」三菱重工業株式会社 横浜造船所 S56.07(P.35)
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.195)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.46)
 "Naval History and Heritage Command" Catalog #: NH 111577, NH 111578
 Collection of Mr. Ron Wolford

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る