第三號掃海艇の艇歴

 年 月 日:艇歴

T10.10.12:命名:達第190号:第三掃海艇 T11.08.01:起工 T11.08.24:本籍仮定:内令第283号:佐世保鎮守府 T12.03.10:艤装員長:海軍少佐 山田 梅藏 T12.03.19:艤装員事務所を株式會社大阪鐵工所櫻島工場内に設置し事務を開始 T12.03.29:進水 T12.05.16:仮籍変更:内令第204号:横須賀鎮守府 T12.06.30:本籍:内令253号:横須賀鎮守府、役務:第一豫備掃海艇 T12.06.30:類別等級制定:達第156号:種別:掃海艇、艇型:なし T12.06.30:竣工、艤装員事務所撤去
T12.06.30:掃海艇長:海軍少佐 山田 梅藏 T12.07.16:掃海隊編制:内令第265号:第一掃海隊、本籍:横須賀鎮守府 T12.07.16:役務:内令第266号:練習掃海艇 T12.07.27:信号符字點付:達第170号:GQOC T12.12.01:掃海艇長:海軍大尉 木村 昌福 T13.03.10:官房第669号:機雷釣上用デリック新設の件訓令 T13.03.29:官房第899号:機関部通信装置改造の件訓令 T13.04.24:類別等級改正:達第49号:第三號掃海艇 T13.04.24:改名:達第50号:第三號掃海艇 T13.05.01:艦隊編制:内令第112号:聯合艦隊第一艦隊 T13.05.01:艦隊編制:内令第113号:第一艦隊第一掃海隊 T13.05.10:内令第131号:第一掃海隊の掃海艇名に號を付す T13.05.13:官房第1468号:煙突改造の件訓令(第一煙突を六尺進長) T13.06.19:官房第1547号ノ2:艦橋機械室間通信器改正に関する件認許 T13.12.01:掃海隊編制:内令第298号:第一掃海隊 T13.12.01:艦隊編制:内令第299号:聯合艦隊第一掃海隊 T14.12.01:掃海艇長:海軍大尉 園田 昇 T14.12.16:官房第1775号ノ2:ビルジキール改造の件認許 T15.01.12:聯合艦隊法令第1号:第一艦隊附属 T15.01.21:官房第185号:驅逐艦沖風用二十呎カッターを第三號掃海艇に貸与の件訓令 T15.01.23:横須賀〜01.23横須賀 T15.01.27:横須賀〜横須賀 T15.04.08:官房第185号ノ2:第三號掃海艇に貸与中の驅逐艦沖風用二十呎カッター返却の件訓令 T15.06.03:横須賀〜10.19横須賀 T15.11.29:類別等級制定:内令第238号:種別:掃海艇、艇型:第一號型 T15.12.01:艦隊編制:内令第268号:聯合艦隊より削る、役務:練習兼警備掃海艇 T15.12.01:掃海隊編制:内令第267号:第一掃海隊、所属:横須賀防備隊 T15.12.01:掃海艇長:海軍大尉 小澤 三良 T15.12.02:横須賀〜12.02横須賀 T15.12.06:横須賀〜12.14横須賀 元.12.25:出渠 元.12.27:横須賀〜 02.12.01:役務:内令第387号:警備兼練習掃海艇 03.04.01:掃海隊編制:内令第88号:第一掃海隊、所属:横須賀防備隊 03.08.01:掃海隊編制:内令第202号:第一掃海隊、所属:横須賀防備隊 03.11.01:内令第307号:大礼特別観艦式参列艦 03.12.10:役務:内令第353号:第一豫備掃海艇 03.12.10:掃海艇長:海軍少佐 高橋  04.11.30:掃海艇長:海軍大尉 橘 雄次 05.05.01:掃海隊編制:内令第84号:第一掃海隊 05.05.01:艦隊編制:内令第85号:聯合艦隊第一掃海隊 05.06.01:掃海隊編制:内令第118号:第一掃海隊 05.12.01:艦隊編制:内令第232号:聯合艦隊より削る、役務:練習掃海艇 05.12.01:掃海隊編制:内令第231号:第一掃海隊、所属:横須賀防備隊 05.12.01:掃海艇長:海軍少佐 橘 雄次 06.10.24:掃海艇長:海軍大尉 中村 謙治 07.12.01:掃海艇長:海軍大尉 後藤 茂 08.08.09:運貨船4隻を介して運送艦知床」から石炭80t補給 08.10.18:信号符字改正:達第127号:JXCD 08.11.02:官房第4815号ノ2:機関部改造の件認許 08.11.15:掃海艇長:海軍大尉 川島 貞雄      〜09.02佐世保 09.11.15:掃海隊編制:内令第479号:第一掃海隊、所属:横須賀防備隊 09.11.15:掃海艇長:海軍大尉 中杉 C治 09.12.15:防備戦隊編制:内令第522号:横須賀防備戦隊第一掃海隊       〜09.19大湊09.29〜 10.10.15:掃海艇長:海軍大尉 C水 逸郎 10.11.15:防備戦隊編制:内令第463号:横須賀防備戦隊第一掃海隊 10.11.15:掃海艇長:海軍少佐 C水 逸郎 11.12.01:防備戦隊編制:内令第475号:横須賀防備戦隊第一掃海隊 11.12.01:掃海艇長:海軍少佐 濱中 脩一 12.07.28:防備戦隊編制:内令第368号:横須賀防備戦隊より削る 13.02.21:掃海艇長:海軍少佐 原口 f 13.07.11:掃海艇長:海軍少佐 梶原 正見 13.07.28:掃海艇長:海軍少佐 大河原 肇 13.08.05:掃海隊編制:内令第664号:第一掃海隊 13.12.15:掃海艇長:海軍少佐 山下 正倫 14.03.12:軍隊区分:T作戦部隊前衛隊 14.03.24:2030 暴風に依り走錨、寡婦岩の南49度西1,150mにて座洲 14.03.25:0930 雑役船波島」来着      1000 雑役船「波島」にて打合せ      1050 救難作業開始      1220 「海晏」来着、続いて特設雑役船住吉丸」がポンツーンを曳航して来着      1600 引出作業開始      1840 引出一時中止      1920 「第六号掃海艇」来着 14.03.26:0630 作業再興      1350 引出作業開始      1355 引出開始      1415 引出一時中止      1620 作業再興      1640 雑役船「波島」と「第六号掃海艇」が曳航開始      1840 作業一時中止 14.03.27:1740 曳卸作業中止 14.04.04:1100 雑役船「波島」、敷設艇」来着 14.04.05:0730 弾薬の大部、其の他雑品を短艇にてライターに移す 14.04.06:1000 雑役船「波島」が引出開始      1045 離洲 14.11.15:掃海艇長:海軍少佐 笹田 兼雄 15.11.15:掃海隊編制:内令第835号:第一掃海隊 15.11.15:戦時編制:聯合艦隊第二艦隊第一根據地隊第一掃海隊 15.11.15:掃海艇長:海軍大尉 青野 重郎 16.04.10:戦時編制:聯合艦隊第三艦隊第一根據地隊第一掃海隊 16.09.20:掃海艇長:海軍豫備大尉 仁木 伊三郎
16.10.01:戦時編制:聯合艦隊南遣艦隊第九根據地隊第一掃海隊 16.12.--:艦隊区分:部隊番号:4 16.12.01:信号符字改正:達第369号:JXCP 16.12.--:軍隊区分:機密馬來部隊命令作第1号(第一兵力部署(甲)):護衛部隊 16.12.02:三亞〜12.05プロコンドル12.05〜      〜12.06 0700 輸送船団に合同〜      〜12.06 1930 第十九驅逐隊(磯波、浦波、綾波、敷波)が合同〜      〜12.07 1030 G点着、各隊毎に上陸点に分進〜      〜12.07 1630 驅逐艦「浦波」が諾汽船"Hafthor"を臨検、自沈手段を講じ乗員を退出させる〜      〜12.07コタバル 16.12.08:0330-0430 対空戦闘      0500-0530 対空戦闘      0600-0630 対空戦闘 16.12.08:コタバル〜12.08パタニ12.08〜12.09コタバル 16.12.09:軍隊区分:機密馬來部隊命令作第1号(第一兵力部署(乙)):根據地部隊 16.12.09:コタバル〜12.09シンゴラ 16.12.15:第一護衛隊電令作第22号:       第一護衛隊は泊地着後に左に依りシンゴラ、パタニ、コタバル附近距岸約60浬迄の敵潜を掃蕩せよ      6.掃海艇、驅潜艇 泊地外周10粁附近迄 16.12.17:第一護衛隊電令作第25号:      2.第十九驅逐隊司令は19日日没時以後、占守、第十九驅逐隊の三艦、掃海艇及び驅潜艇を率い        馬來部隊電令作第50号中第二項に依り行動すべし 16.12.18:シンゴラ〜      〜12.18 1430 シンゴラ灯台の100度20分に於て敵潜を探知爆雷攻撃〜      〜12.21ミリ12.22〜12.23クチン 16.12.30:クチン〜01.04カムラン湾
17.01.03:戦時編制:聯合艦隊第一南遣艦隊第九根據地隊第一掃海隊 17.01.12:カムラン湾〜01.13プロコンドル 17.01.11:軍隊区分:機密馬來部隊命令作第15号(S作戦):馬來部隊護衛隊 17.01.20:軍隊区分:馬來部隊信電令作第8号(S作戦中止):根拠地部隊 17.01.21:軍隊区分:機密馬來部隊第一護衛隊命令作第2号:掃海隊      〜01.22プロコンドル 17.01.23:プロコンドル〜01.26エンドウ冲 17.01.27:馬來部隊電令作第102号:      1.第一掃海隊はエンドウ発以後第九根據地隊司令官の指揮下に入らしむ      2.第九根據地隊司令官は適宜第一掃海隊をしてプリンスオブウェールズ及びレパレスの沈没位置を        確かめ設標せしむべし 17.01.28:(「關西丸」護衛)エンドウ〜      〜テンゴール島の東方にて陸軍輸送船關西丸」の護衛を終了〜      〜アナンバス
17.02.01:軍隊区分:機密蘭印部隊第三護衛隊命令第2号:主隊 17.02.--:軍隊区分:馬來部隊第一護衛隊 17.02.12:アナンバス〜      〜02.12 1200(N04.45-E107.10)あ号L作戦先遣隊船団に合同〜      〜02.12 1720(N04.00-E106.56)巡洋艦「由良」が合同〜      〜02.12 2000 巡洋艦「川内」、同「由良」が分離〜      〜02.14 1020(S00.15-E105.10)巡洋艦「川内」及び驅逐艦「初雪」、同「白雪」が合同〜      〜02.14 1115 サマ島南東10'附近海面にて「第五號掃海艇」が浮流機雷1個処分〜      〜02.14 1245 サマ島南10'附近海面にて「第五號掃海艇」が浮流機雷1個処分〜      〜02.14ムントク冲 17.02.15:0000 前路掃海終了      1500 Z区及びムーシ河口掃海終了 17.02.16:2000 第一護衛隊電令作第2号:FG区哨戒配備に就く 17.02.16:馬來部隊信電令作第27号:      4.護衛隊指揮官は由良、第十一驅逐隊及び第一掃海隊を遅くとも19日迄にアナンバスに回航せしむ        べし 17.02.17:1710 ヴィエルデ岬沖にて英汽艇1隻を拿捕、武装解除の上ムントクに回航させ「永興丸」に引渡す      1900 第一護衛隊信電令作第5号:徹哨      2330 第一護衛隊指揮下を離れる 17.02.17:ムントク冲〜アナンバス
17.02.21:軍隊区分:南方部隊電令第103号(02.17附):蘭印部隊 17.02.--:(西部ジャワ攻略作戦)アナンバス〜      〜02.21 0800 第三護衛隊に合同〜      〜02.21 1000 驅逐艦「皐月」、同「長月」、同「朝風」が燃料補給の為分離〜      〜02.21 1700 水雷艇千鳥」が合同〜      〜02.21 2100 運送艦鶴見」が合同〜      〜02.21 1800 驅逐艦「文月」、同「春風」、同「松風」、同「旗風」が合同〜      〜02.22 1200 ス作戦、ヤ作戦の上陸開始期日を1日延期〜      〜02.22 ---- 第三護衛隊から分離〜      〜02.24 ---- 第三護衛隊に合同〜      〜02.25 0920 驅逐艦「吹雪」、同「春風」が列に入る〜      〜02.26 1900 驅逐艦「水無月」、「第五號掃海艇」が列を解き第三嚮導隊に合同〜      〜02.27 0500 第三嚮導隊が分離〜      〜02.27 1030(S04.25-E106.40)輸送船隊反転〜      〜02.27 1048 巡洋艦「名取」、同「由良」、第十一、第十二驅逐隊は敵方に進出攻撃に向かう〜      〜02.27 1515 上陸日を更に1日繰り下げられる〜      〜02.28 0120 第三護衛隊から先行〜      〜02.28 午前 ノースウオッチャー南方水路の略掃〜      〜03.01 2000 ニコラス岬の78度5浬にて敵潜水艦を探知爆雷攻撃〜      〜バンタム湾
17.02.25:戦時編制:聯合艦隊第一南遣艦隊第九特別根據地隊第一掃海隊 17.02.28:軍隊区分:第三護衛隊電令作第3号:第四警戒隊 17.03.03:バンタム湾〜昭南 17.03.04:軍隊区分:南方部隊電令第111号(02.24附):馬來部隊 17.03.05:軍隊区分:機密馬來部隊命令作第18号:馬來部隊第一護衛隊 17.03.05:軍隊区分:機密馬來部隊第一護衛隊命令作第4号:掃海隊 17.03.07:セレター軍港〜03.07ケッペル西港 17.03.08:ケッペル西港〜      〜03.08 ---- マラッカ海峡の浮流機雷処分作業〜      〜03.09 0300 あ号T作戦輸送船団に合同〜      〜03.09 1830 驅逐艦「朝霧」が合同〜      〜03.09 2000 特設運送船廣隆丸」、木曾川丸」が船団から分離し彼南に向かう〜      〜03.11 1130 巡洋艦「由良」が合同〜      〜03.11 2300 輸送船団と分離〜      〜03.11サバン及びクタラジャ附近 17.03.12:第三水雷戦隊機密第140番電:      1.第三號掃海艇はA哨区に至り予定の如く行動せよ 17.03.12:第一護衛隊電令作第8号:      1.陸軍輸送船は明13日1400頃揚陸終了の予定      2.香椎、第一掃海隊及び第十一驅潜隊は右輸送船をDiamond Point東方海面迄、適宜護衛したる後        香椎は昭南島に其の他は彼南に回航すべし 17.03.13:(輸送船護衛)クタラジャ沖〜      〜03.14 0900 ダイヤモンドポイントにて輸送船の護衛を終了〜      〜03.15彼南 17.03.16:軍隊区分:機密馬來部隊第一護衛隊命令作第5号:掃海隊 17.03.19:第一護衛隊信令作第8号:       掃海隊は明日当地出撃時七番浮標より一番浮標迄(浮標の南側)及び一番浮標より同浮標の300度       10浬迄を略掃すべし 17.03.20:彼南〜掃海水道掃海〜      〜03.20 1045 掃海水道掃海完了、拘束機雷なし〜      〜03.22 2030 D点に於いてあ号D作戦輸送船団に合同〜      〜03.23ポートブレア 17.03.23:0935 ブレヤ港北水道掃海開始 17.03.23:第一護衛隊電令作第9号:      1.掃海隊は明日以後左に依り成るべく速にチャタム島(八九)を通ずる85度線以南約800米を        清掃すべし 17.03.26:ブレア水路及び泊地掃海 17.03.26:1230 ブレア水路及び泊地掃海完了 17.03.26:第一護衛隊電令作第12号:      1.27日1000南方隊、北方隊の編制を解き哨区分担を左の通改む        川内 E(機宜行動)、第二十驅逐隊 GHIJ、第十九駆逐隊 DF、第一掃海隊 BC        第九號驅潜艇 A 17.03.27:1500 特設運送船「廣隆丸」より燃料補給 17.03.28:1400 軍隊区分:馬來部隊電令第64号(03.25附):昭南根據地部隊 17.03.28:(「廣隆丸」護衛)ポートブレア〜昭南 17.04.03:昭南主水路十五番浮標よりC浮標線に副う60米の清掃完了 17.04.16:軍隊区分:馬來部隊電令作第175号:昭南根據地部隊
17.05.20:戦時編制:佐世保鎮守府部隊第一掃海隊 17.05.20:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第27号(05.31附):海面防備部隊掃蕩部隊 17.05.20:役務:内令第882号:警備掃海艇 17.05.21:第一掃海隊機密第152番電:       当隊第一小隊(掃三、掃五)27日昭南発30日カムラン着31日発4日高雄着7日発10日佐世保着の予定       二小隊25日昭南発29日三亞着朝日特務艦長と協議の上爾後行動予定を決定掃一艇長をして報告せしむ 17.05.22:佐世保鎮守府信電令作第66号:      1.現に従事中の掃海作業終了せば速に佐世保に帰投すべし      2.回航の途次其の二隻は第一南遣艦隊長官の協議に応じ三亞九州沿岸間朝日の護衛に他の二隻は        第一海上護衛隊司令官の協議に応じ輸送船団護衛に夫々協力すべし      3.行動を予定し報告すべし 17.05.23:第一掃海隊機密第157番電:       第一海上護衛隊と協議の結果当隊第一小隊行動予定       4日馬公着7日発佐鎮警備区域迄船団を直接護衛す昭南馬公間は間接護衛 17.05.26:セレター〜05.29西貢05.30〜06.03馬公 17.06.07:馬公〜06.11佐世保 17.06.23:佐世保〜06.23玉ノ浦 17.06.27:玉ノ浦〜06.27玉ノ浦 17.06.27:佐世保鎮守府海面防備部隊信電令作第15号:      1.第二掃蕩隊(燕、鷗、哨三六欠)第一掃蕩隊(掃一、掃四欠)は29日0800夫々佐世保及現地発        交代すべし      2.7月2日以後当分の間各掃蕩隊は全力を以て左の区分に依り敵潜掃蕩を実施す       (イ)第一掃蕩隊は串木野、片浦、枕崎内ノ浦等を基地とし北緯30度以北野間岬以南の大隅海峡及          大隅群島附近(重点を東経130度附近とす)      3.特令に依り船団の護衛を実施す      6.補給に関しては別令す 17.06.28:玉ノ浦〜06.28富江 17.06.29:富江〜06.29佐世保 17.07.01:佐世保〜      〜07.04 1820 佐鎮機密第980番電(紀伊水道機雷堰更新協力の為、第一掃海隊を7月10日頃迄に             大阪に回航せしめらるる予定)〜      〜07.05 1450 佐鎮機密第980番電(大阪回航は7月14日現場発15日大阪着に変更の予定)〜      〜07.06 0900 佐海防電令作第65号(司令所定に依り指定海面の哨戒を実施しつつ             遂次佐世保にて補給の上15日中に大阪に回航する如く行動すべし)〜      〜07.07佐世保 17.07.08:佐世保〜 17.07.14:信電令作第2号:紀防機密第370番電:      1.本日午前発見したる敵潜水艦は紀伊水道に潜伏すること概ね確実なり      4.第一掃海隊は十六日〇九〇〇現地発由良内に入港すべし 17.07.15:佐世保鎮守府信電令作第78号:       第一掃海隊は作戦に関し大阪警備府司令長官の指揮を承くべし
17.07.15:軍隊区分:大海指第113号:作戦に関して一時大阪警備府司令長官の指揮に入る 17.07.15:軍隊区分:機密大阪警備府作戦命令第15号:海面防備部隊      2.海面防備部隊指揮官は第一掃海隊をして敵潜掃蕩に任ぜしむべし 17.07.15:信電令作第4号:紀防機密第372番電:       一九〇〇以後第一掃海隊、成生、第三十二掃海隊は各隊司令の定むる所に依り左記に依りて       対潜哨戒に任ずべし      1.哨戒区域         市江埼灯台の二三〇度二〇浬地点を中心とする二十浬圏内      2.担任哨区         第一掃海隊、成生:潮岬灯台を通ずる二七〇度線以南の海面         第三十二掃海隊:同右以北の海面      3.本哨戒中第一掃海隊指令は成生を区処すべし      〜07.15 1045(N33.23-E135.08)飛行機に協力敵潜攻撃〜      〜07.15 1600(N33.21-E135.06)飛行機の誘導に依り爆雷攻撃12個〜      〜07.16由良内 17.08.02:出港〜西側小機雷堰を掃海〜      〜08.08 1400 市江埼南方敵潜掃蕩に向う〜 17.08.08:海面防備部隊信電令作第21号:       一九〇〇に至るも敵情に変化なければ左記に依り対潜掃蕩をなせ      1.第一掃海隊、夏島、那沙美 乙区 17.08.09:海面防備部隊電令作第4号:       一九〇〇に至るも情況変化なければ      1.今夜第一掃海隊はG線以東I線以西C線以南三〇浬の哨区眞鶴、成生はI線以東の甲区を        掃蕩すべし 17.08.09:海面防備部隊電令作第5号:      1.第一掃海隊は今後一掃機密第241番電に依る地点(市江埼の二三度一二浬)附近一帯海面を        探信掃蕩し敵潜水艦を補足攻撃すべし 17.08.10:海面防備部隊電令作第6号:      1.一二〇〇に至るも情況に変化なければ第一掃海隊、夏島、那沙美は哨区を撤し所定の掃海        作業を続行すべし 17.08.12:電令作第15号:紀防機密第467番電:      1.本日一二〇〇樫野埼灯台五六度三.二浬敵潜の雷撃を受けたる船あり        眞鶴、成生は直ちに索敵攻撃せよ      2.第一掃海隊司令はなし得れば作業を中止し攻撃に向え 17.08.12:電令作第16号:紀防機密第470番電:      1.今夜第一掃海隊は丙区、眞鶴、千鳥、成生は先任艇長之を区処し丁区を掃蕩せよ 17.08.12:電令作第17号:紀防機密第473番電:       明十三日未明に至るも情況に変化なければ直接護衛艦左の通り定む      2.第一掃海隊は同隊司令の定むる所により掃蕩を続行せよ 17.08.13:電令作第18号:紀防機密第475番電:       一五〇〇に至るも情況変化なければ第一掃海隊は哨区を撤し所定掃海作業続行せよ      〜08.13 1500 撤哨〜      〜08.21 1615 機雷堰掃海作業を中止し日ノ御埼西方の作業地発敵潜掃蕩に向う〜      〜08.21 1945 現場(室戸埼北東5浬)着掃蕩開始〜      〜08.22 1200頃掃蕩中止〜      〜08.27大阪 17.08.30:大阪警備府電令第12号:       夏島、那沙美は先任艇長之を率い31日以後、第一掃海隊は9月1日以後、便宜大阪発、       夫々原所属に復帰すべし 17.08.31:軍隊区分:大海指第126号:大阪警備府司令長官の作戦に関する指揮を解く 17.08.31:軍隊区分:機密大阪警備府作戦命令第17号:削除
17.09.01:大阪〜09.02佐世保 17.09.08:佐世保〜09.15佐世保 17.09.18:佐世保鎮守府海面防備部隊電令作第75号:      1.平島は女島の262度58浬を中心とし索敵すべし      2.第一掃蕩隊は至急出動右地点を中心とし索敵すべし 17.09.18:佐世保鎮守府海面防備部隊電令作第76号:       掃蕩区分を左の通定む      1.第一掃蕩隊、平島(指揮官第一掃海隊司令)女島及馬羅島灯台の180度線女島の0度及180度20浬地点        を通ずる270度線にて包まるる海域 17.09.18:佐世保〜      〜09.18 1825 第一掃海隊機密第263番電(掃蕩分担区域並掃蕩要領)〜      〜09.19 0903 第一掃海隊機密第264番電(掃蕩分担区域並掃蕩要領)〜      〜09.19 1955 佐海防電令作第78号(電令作第75号の任務を解く、固有任務に復帰せよ)〜      〜09.20佐世保 17.09.21:佐世保鎮守府信電令作第90号:       第一掃海隊司令は第一號掃海艇、第三號掃海艇を9月24日迄に佐伯に回航せしめ       沖輸送船団の護衛に任ずべし 17.09.22:佐世保〜09.23佐伯 17.09.25:呉鎮守府電令作第41号:機密第251745番電:       沖輸送船団直接護衛に関し左の通定む      1.直接護衛分担         特に定むるものの外北緯14度以北呉鎮、同線以南内南洋部隊        (内南洋部隊の護衛指揮官 第六驅逐隊司令)      2.船団区分        ( )内実速力及海陸軍所属別及佐伯発期日       (イ)第一船団(11節)  27日 賀茂丸(11.5節、陸)、波上丸(14節、陸病院船)       (ロ)第二船団(9節)  27日 伯剌西爾丸(10節、陸)、伊太利丸(1節0、陸)       (ハ)第三船団(11節)  29日 いくしま丸(11節、海)、藤影丸(12節、海)、                        山霧丸(12.5節、海)、かんべら丸(13.5節、陸)       (ニ)第四船団(9節予想)29日 はんぶるぐ丸(10節、陸)、長興丸(11節、海)       (ホ)佐伯集合後船団区分一部変更及出港期日変更已むを得ざる場合は第六驅逐隊司令之を統制する          ものとす      3.航路指定        アナタハン、サイパン間を通過ムリロ諸島東方を経てトラック北水道      4.直接護衛実施区分          1.指揮官、2.兵力、3.護衛任務担任、4.行動要領の順、( )内協力兵力       (イ)第一護衛隊          1.高波驅逐艦長          2.高波、第四十六號哨戒艇(第四十六號哨戒艇は豊後水道外方約100浬迄)          3.第一船団          4.トラック直航            高波聯合艦隊編入後は第三十一驅逐隊司令同艦に乗艦中指揮官となり担任区域に従い            呉鎮守府(第六驅逐隊司令)に協力       (ロ)第二護衛隊          1.朝潮驅逐艦長          2.朝潮、(朝凪)          3.第二船団          4.トラック直航            朝潮は北緯14度附近にて任務を朝凪に引継ぎ便宜横須賀に帰投す       (ハ)第三護衛隊          1.第六驅逐隊司令          2.曉、雷、(第一號掃海艇、第三號掃海艇)          3.第三船団          4.トラック直航            第一號掃海艇、第三號掃海艇は北緯29度0分線附近に於ける護衛を止め佐伯に帰投す       (ニ)第四護衛隊          1.鳩艇長          2.第三十一號哨戒艇          3.第四船団          4.サイパン(若は其の附近)に於て旗風、峯風に任務を引継ぎ北緯14度線迄護衛協力      5.前諸号の外護衛任務に対しては各護衛指揮官所定とす 17.09.29:(沖輸送第三船団護衛)佐伯〜      〜09.29 1956 佐防戦機密第291956番電(沖輸送後続船団護衛に引続き協力せしむ)〜       〜10.02徳山 17.10.02:呉防備戦隊電令作第78号:   1.第五船団(はばな丸東陽丸)3日0800佐伯発の予定、速力9節、護衛艦:第一號掃海艇      2.桃葉丸           3日1130頃佐伯発予定、     護衛艦:第三號掃海艇      3.驅潜隊は深島附近より1900迄第五船団の護衛に協力すべし 17.10.02:徳山〜10.02佐伯 17.10.03:(「桃葉丸」護衛)佐伯〜      〜10.05 1430 佐鎮海防隊電令作第83号(掃海隊に合同せよ)〜      〜10.07富江 17.10.08:富江〜10.08佐世保 17.10.10:佐世保〜10.10富江 17.10.11:佐世保鎮守府海面防備部隊信電令作第26号:      1.佐世保防備隊司令は平島を指揮し佐鎮信電令作第97号の任務に従事すべし      2.志々伎部隊及第一掃蕩隊は概ね現配備に在りて間接護衛に任ずべし 17.10.13:富江〜10.13佐世保 17.10.14:佐世保防備戦隊信電令作第27号:       掃蕩隊の交代を左の通定む       24日より第一掃蕩隊11月3日より第二掃蕩隊、爾後毎火曜交代とす、当直期間延長せるものに対しては       指揮官所定に依り佐世保にて補給せしむることを得 17.10.15:佐世保海軍工廠にて入渠 17.10.24:出渠 17.10.24:佐海防機密第242013番電:       信電令作第27号に依る交代期日24日を27日に11月3日を11月6日に改む 17.10.27:佐世保〜10.27玉ノ浦 17.10.29:玉ノ浦〜10.30富江 17.10.31:佐世保鎮守府海面防備部隊信電令作第29号:      1.唐山丸は本日0920東経126度25分北緯33度に於て敵潜の雷撃1本を受けたり(被害なし)      2.第一號掃海艇、第三號掃海艇及び鷹島(指揮官第一掃海隊司令)は右地点に急行        之が掃蕩撃滅に任ずべし      3.佐世保海軍航空隊司令は飛行機を以て右に協力すべし 17.10.31:富江〜11.01 1355 佐海防電令作第89号(第四號掃海艇第五號掃海艇合同後、適宜佐世保に於て             燃料補給せしむべし)〜      〜11.03佐世保 17.11.01:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第33号(11.10附):海面防備部隊掃蕩部隊 17.11.03:佐世保鎮守府海面防備部隊信電令作第31号:      1.状況変化なければ4日0600以後信電令作第29号及第30号の任務を解く      2.各艇は現任務に復帰すべし 17.11.04:佐世保〜11.04富江 17.11.06:富江〜11.06佐世保 17.11.06:佐世保鎮守府海面防備部隊信電令作第31号:       第一、第二掃蕩隊は左に依り掃蕩を実施すべし      1.大瀬崎の290度20浬を基点とし同線上10浬間隔に第四號掃海艇、第五號掃海艇、第一號掃海艇、        第三號掃海艇、燕、鷗、鷹島の順、掃蕩針路200度距離60浬反転時刻南0600(1800)北0000(1200)      2.掃蕩隊指揮官 第一掃海隊司令 17.11.06:佐世保〜      〜11.08 0815 佐海防電令作第94号(適宜の時機に遂次燃料補給を実施すべし)〜      〜11.09 1450 佐海防電令作第96号(掃蕩要領改正)〜      〜11.10 1710 佐海防信電令作第32号(11日0700以後電令作第96号の任務を解く、現行動中の掃蕩隊             各艇は佐世保に帰投すべし、当直掃蕩隊を17日迄第一掃蕩隊(当分の間二隻)とす)〜      〜11.11佐世保 17.11.13:佐世保〜11.13富江 17.11.14:佐世保鎮守府海面防備部隊電令作第99号:       第一掃蕩隊指揮官は第三號掃海艇、第五號掃海艇を以て特令ある迄左の区域の哨戒掃蕩に任ずべし       大瀬崎の270度北緯32度及東経128度馬羅島の180度線にて囲まれる海域 17.11.14:富江〜      〜11.16 1155 佐海防電令作第100号(16日1500以後電令作第99号の任務を解く、富江に待機)〜      〜11.16富江 17.11.17:佐世保鎮守府海面防備部隊信電令作第33号:      1.日南丸は16日1730東経126度12分北緯31度58分に於て敵潜の雷撃を受く(損害大)      2.掃蕩部隊は左の区域敵潜掃蕩に任ずべし        女島の215度20浬を基点とし305度線上10浬間隔燕、鷗、第五號掃海艇、第三號掃海艇、鷹島の順、        掃蕩針路215度(35度)距離90浬速力10節      3.掃蕩部隊指揮官を第一掃海隊司令とす 17.11.17:富江〜      〜11.17 1040 1630現場着の予定〜      〜11.19 1830 佐海防電令作第103号(20日0600以後燃料補給の為佐世保に帰投せしむべし)〜      〜11.20佐世保 17.11.20:燃料補給 17.11.21:佐世保鎮守府海面防備部隊電令作第104号:      1.21日1200以後信電令作第33号の任務を解く      2.現行動中の掃蕩隊各艇は佐世保に帰投すべし      3.第一號掃海艇、第四號掃海艇は特令ある迄寺島水道又は便宜の泊地に待機掃海作業を予定通続行すべし 17.11.23:佐世保鎮守府海面防備部隊信電令作第34号:      1.27日より1日迄の当直掃蕩隊を峯風、海威とし1日以後は新兵力部署に依り実施す(第一掃蕩隊当直        掃蕩隊、第二掃蕩隊富江待機、第三掃蕩隊佐世保)      2.第一掃蕩隊は状況変化なければ27日佐世保に帰投すべし 17.11.24:佐世保〜11.24富江 17.11.24:佐世保鎮守府信電令作第110号:      1.佐世保防備戦隊司令官は左に依り第三號掃海艇、海威をして惠昭丸西阿丸(第十七設営隊半数乗艇)        の直接護衛に任ぜしむべし       (イ)護衛指揮官 第三號掃海艇長       (ロ)護衛区域  佐世保より東経132度北緯28度附近迄直接護衛(爾後ラバウルへ単独直航)       (ハ)速力    12節       (ニ)11月25日1200佐世保発12月5日朝ラバウル着      2.佐世保防備戦隊艦艇は現配備に在りて間接護衛に任ずべし      3.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣右護衛に協力すべし 17.11.24:佐鎮機密第241750番電:       惠昭丸、西阿丸は海威護衛し25日夕刻富江着の予定       第三號掃海艇は富江にて打合せの上進出せしめられ度 17.11.25:軍隊区分:機密佐世保鎮守府海面防備部隊命令作第45号:佐世保附近防備部隊第一掃蕩隊 17.11.25:富江〜11.28佐世保 17.12.01:佐世保〜12.01富江 17.12.04:佐世保鎮守府信電令作第111号:      1.佐世保防備戦隊司令官は第一掃海隊の二隻をして南海丸、香久丸(第十七設営隊半数乗船)の        直接護衛に任ずべし       (イ)護衛区域 佐世保より東経132度北緯28度附近迄直接護衛(爾後単独直航)       (ロ)速力   約14節       (ハ)12月6日1300佐世保発14日夕刻ラバウル着      2.佐世保防備戦隊艦艇は現配備に在りて間接護衛に任ずべし      3.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣し右護衛に協力すべし 17.12.04:佐世保鎮守府海面防備部隊電令作第108号:      1.佐鎮信電令作第111号に依る直接護衛を第五號掃海艇、第三號掃海艇、護衛隊指揮官を第一掃海隊司令        に指定す      2.湾口部隊及崎戸部隊は現配備の儘間接護衛に任ずべし 17.12.06:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第34号:海面防備部隊掃蕩部隊 17.12.06:佐世保鎮守府海面防備部隊信電令作第35号:      1.諸情報を綜合するに敵は12月8日前後を期し大挙反撃空襲を企図するの算あり      2.4日以降三陸房総沖に敵潜出没す漸次本府担任海面に出現の兆あり      3.佐海防隊は現配備の儘警戒を厳にすべし      4.第一直、第二直掃蕩中掃海実施の各艇は作業時以外富江に待機すべし      5.第五號掃海艇、第三號掃海艇は電令作第108号に依る任務終了後帰途附近海面の索敵並に航行船舶の        間接護衛に任ずべし 17.12.06:富江〜      〜12.06 1445 佐海防電令作第108号に依る護衛を開始〜      〜12.07 0805 佐海防信電令作第36号(7日1600以後特令ある迄女島釣掛崎間の移動哨戒を実施すべし)〜      〜12.07 1700 特設運送船南海丸」、香久丸」の護衛を終了〜      〜12.08 1735 佐海防電令作第109号(信電令作第36号に依る哨戒を止め固有配備に就け、            機密佐防戦命令第45号に依る大掃海を再行す)〜      〜12.09佐世保 17.12.10:燃料補給 17.12.12:佐世保鎮守府信電令作第116号:      1.佐世保防備戦隊司令官は艦艇一隻をして日威丸(兵器弾薬搭載、速力約12節)の直接護衛に任ぜしむ        べし       (イ)佐世保港外より東経132度北緯28度附近迄直接護衛(爾後単独直航)       (ロ)日威丸は12月13日0800佐世保発21日午前トラック着の予定      2.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣し右護衛に協力すべし 17.12.12:佐世保鎮守府海面防備部隊電令作第111号:       佐鎮信電令作第116号に依る日威丸直接護衛艦を第三號掃海艇に指定す        17.12.13:(「日威丸」護衛)佐世保〜      〜12.14 1300 特設運送船日威丸」の護衛を終了〜      〜12.15富江 17.12.16:富江〜12.16佐世保 17.12.17:軍隊区分:機密佐世保鎮守府海面防備部隊命令作第47号:掃蕩部隊第一掃蕩隊 17.12.17:燃料補給 17.12.17:佐防戦機密第171741番電:       12月18日1700より特令迄二號無線電話機に依る中破通信機実験を左に依り実施す      1.参加艦:冨津丸、佐防、第一掃海隊、峯風(以下省略) 17.12.18:佐世保〜12.18富江 17.12.21:瑞鳳機密第211030番電:       1015大立島の170度11浬に於て敵潜望鏡発見砲撃発射弾数9 17.12.21:電令作第113号:      1.第一、第三掃蕩隊は瑞鳳機密第211030番電に依る敵潜の掃蕩攻撃に任ずべし      2.掃蕩区域第十二、十三哨区掃蕩要領指揮官所定、掃蕩隊指揮官第一掃海隊司令      3.崎戸部隊、湾口部隊は担任海面の警戒を厳にすべし 17.12.21:機密佐世保鎮守府命令第468号:       昭和十八年度佐世保防備戦隊第一回戦闘掃海を別紙計画に依り実施す 17.12.21:富江〜      〜12.21 1430 佐海防電令作第115号(電令作第108号を取消す)〜      〜12.21 1730 掃蕩部隊機密第211730番電(掃蕩要領)〜      〜12.21 1930 一掃機密第211930番電(掃蕩要領改む、配備時機は後令す)〜      〜12.22 0805 佐海防電令作第122号(情況変化なければ24日以後掃蕩に関し左の通改む             電令作第118号に依る掃蕩を止め電令作第113号中第一、第三掃蕩隊を第三號掃海艇、燕、             掃蕩隊指揮官を第三號掃海艇艇長に改む)〜      〜12.23 1630 掃三機密第231630番電(24日以後掃蕩要領)〜      〜12.24 0855 佐海防電令作第123号(24日1200以後掃蕩を止め富江に待機すべし)〜      〜12.24富江 17.12.25:佐世保鎮守府海面防備部隊電令作第125号:       A点附近哨戒艦艇及富江待機掃蕩隊は佐防機密第242200番電に依る敵潜位置に急航し之が掃蕩撃滅に       任ずべし 17.12.25:富江〜      〜12.25 1550 佐海防電令作第126号(情況変化なければ26日0700以後電令作第113号乃至第125号の警戒を             解く、現行動中の各艇は現任務に復帰すべし、佐世保にて補給待機)〜      〜12.26佐世保 18.01.05:佐世保鎮守府信電令作第1号:      1.丙一號輸送部隊は左に依り釜山港発沖永良部島与論島間(甲点と仮称す)通過パラオ方面に進出       (イ)第一輸送部隊(第九戦隊、相良丸讃岐丸   速力14.3節)9日0800発、10日1800甲点を通過       (ロ)第二輸送部隊(國丸筥崎丸新玉丸、初雪 速力10.5節)8日0900発、10日0900甲点を通過        (ハ)第三輸送部隊(壽山丸新京丸、敷波     速力 8.5節)7日0800発、9日1800甲点を通過       (ニ)愛國丸   (               速力17 節)6日0800発、7日1400甲点を通過      2.佐世保防備戦隊司令官は艦艇及飛行機を派遣、なし得る限り右船団の護衛に任ずべし      3.佐世保海軍航空隊司令は全力を挙げ右護衛に協力すべし 18.01.06:佐世保防備戦隊信電令作第1号:       佐鎮信電令作第1号に依る丙一號輸送部隊の護衛要領左の通定む      1.艦艇       (イ)護衛区分          第一輸送部隊 平島、第三十八號驅潜艇          第二輸送部隊 第一號掃海艇、第四號掃海艇          第三輸送部隊 第五號掃海艇、第三號掃海艇       (ロ)会合点          第一輸送部隊 9日1800白瀬附近          第二輸送部隊 9日0600男島附近          第三輸送部隊 7日1800古志伎島燈台北方附近       (ハ)会合点より北緯24度線附近迄直接護衛とす       (ニ)峯風、冨津丸、第二日正丸は7日以降富江に待機すべし       (ホ)鷹島は沖永良部島与論島附近、海威は男女群島附近、護衛部隊通過期間中哨戒、          護衛部隊の間接護衛に任ずべし      2.飛行機        大島防備隊司令、佐世保海軍航空隊司令は飛行機の全力を以て護衛部隊航路上の哨戒に任ずべし        哨戒区分左の通        佐世保海軍航空隊 五島列島西方より北緯29度40分        沖縄派遣隊    北緯29度40分より北緯24度      3.佐世保防備戦隊艦艇船団護衛協力中護衛に関し当該護衛指揮官の区処を受けしむ      4.艦艇飛行機共基地発出より帰着迄電波警戒管制とす 18.01.07:佐世保〜01.12富江 18.01.14:富江〜01.14佐世保 18.01.18:佐世保〜01.18佐世保 18.01.20:佐世保〜01.20平戸 18.01.21:平戸〜01.21木ヶ津 18.01.22:木ヶ津〜01.22佐世保 18.01.27:佐世保〜01.28雪浦 18.01.28:雪浦〜01.28富江 18.01.29:富江〜01.29富江 18.02.01:佐世保鎮守府海面防備部隊信電令作第2号:      1.丙號輸送部隊左の予定に依り青島発パラオに向う       (イ)丙三號輸送(第四十一師団)       (ロ)第一輸送隊(第九戦隊、相良丸讃岐丸護國丸) 指揮官:第九戦隊司令官 2月4日青島発          第三輸送隊(聖川丸國丸、初雪、磯波)    指揮官:聖川丸砲艦長  2月7日青島発          第四輸送隊(壽山丸新京丸新玉丸、敷波、夕暮)指揮官:壽山丸砲艦長  2月12日青島発      2.掃蕩部隊は左に依り護衛を実施すべし       (イ)護衛区分          第一輸送隊 第五號掃海艇、第一號掃海艇、鷹島          第三輸送隊 第三十八號驅潜艇、鷹島          第四輸送隊 第三號掃海艇、第四號掃海艇、平島       (ロ)護衛要領          各護衛艦艇は護衛隊佐鎮担任海面通航期間中那覇を基地とし航路上の間接護衛に任ずべし          実施の細項に関しては其の都度後令す      3.大島防備隊司令は沖縄派遣隊をして右に協力せしむべし 18.02.01:佐世保鎮守府海面防備部隊信電令作第3号:      1.諏訪丸2月2日1100三池発吐噶喇海峡を通過サイパンに向う      2.第三號掃海艇は島原海湾口より概ね東経131度30分北緯29度0分線附近迄之が直接護衛に任ずべし 18.02.02:富江〜      〜02.02 ---- 島原海湾口より北緯29度東経131度線附近迄、特設運送船諏訪丸」を直接護衛〜      〜02.05富江 18.02.08:富江〜02.08佐世保 18.02.09:佐世保〜02.09佐世保 18.02.12:佐世保〜      〜02.13 0725 佐海防信電令作第6号(15日1200那覇灯台の240度58浬の地点より概ね150度方向に掃航             北緯23度附近迄丙三號第四輸送隊を間接護衛すべし)〜      〜02.14那覇 18.02.15:那覇〜      〜02.15 ---- 丙三號第四輸送隊の間接護衛〜      〜02.15慶良間 18.02.16:慶良間〜02.16那覇 18.02.17:那覇〜02.19富江 18.02.22:富江〜      〜02.22 1750(N32.59-E128.18)ソ聯船"Polinaosipenko"を臨検〜      〜02.23 1100 佐防戦機密第231110番電(適宜釈放佐世保に帰投せよ)〜      〜02.23 1120 ソ聯船"Polinaosipenko"を釈放〜      〜02.23富江 18.02.24:富江〜02.24佐世保 18.03.08:佐世保〜03.08富江 18.03.10:佐世保鎮守府信電令作第16号:      1.山霧丸辰南丸(第二十六設營隊乗船速力10節)11日正午佐世保発吐噶喇海峡を経て20日1600T点        (21日未明南水道)通行トラック着の予定      2.佐世保防備戦隊司令官は適宜艦艇及飛行機を派遣し北緯26度線附近迄直接護衛に任ぜしむべし      3.佐世保海軍航空隊司令は右護衛に協力すべし 18.03.10:佐世保鎮守府海面防備部隊電令作第17号:      1.第三號掃海艇は11日1400迄に雪浦に回航、山霧丸、辰南丸と会合の上、佐鎮信電令作第16号に依る        直接護衛に任ずべし      2.佐世保海軍航空隊沖縄派遣隊指揮官は適宜艦攻を以て附近の警戒に任ずべし 18.03.11:富江〜      〜03.11 2200 釣掛埼の340度14浬にて反響音により爆雷攻撃6個〜      〜03.14 0115 佐海防電令作第21号(北緯29度08分東経129度10分に急行、敵潜を掃蕩撃滅せよ)〜      〜03.14 0802 佐海防電令作第22号(対潜掃蕩に関し大島防備隊司令の指揮を承くべし)〜      〜03.14 1205 大島防電令作第5号(掃蕩区分)〜      〜03.15 1734 佐海防電令作第24号(状況変化なければ16日0800以後大島防備隊司令の指揮を解く、             奄美大島久慈湾にて補給の上、特令ある迄山川に待機すべし)〜      〜03.16久慈 18.03.17:久慈〜      〜03.18 1140 佐海防電令作第28号(19日1300より大隅海峡附近の掃蕩を実施すると共に20日0000頃             大隅海峡通過柱島水道に向う金剛航路上の警戒に任ずべし)〜      〜03.18山川 18.03.19:山川〜03.20山川 18.03.20:佐世保鎮守府海面防備部隊電令作第30号:      1.第五號掃海艇は佐世保発山川に待機すべし      2.第三號掃海艇は第五號掃海艇と交代佐世保に帰投すべし 18.03.22:山川〜03.23佐世保 18.03.25:佐世保鎮守府海面防備部隊電令作第32号:      1.第三號掃海艇は3月28日奄美大島に向け佐世保発当分の間作戦に関し大島防備隊司令の指揮を承く        べし      2.大島防備隊司令は3月28日平島の現任務を解き佐世保に帰投せしむべし 18.03.27:佐世保鎮守府海面防備部隊信電令作第12号:      1.大島防備隊司令は平島をして天候回復次第佐世保に帰投せしむべし      2.佐海防電令作第32号に依る第三號掃海艇の奄美大島分派を取止む 18.03.27:佐世保鎮守府海面防備部隊信電令作第11号:      1.大和丸、熱河丸28日門司発同日1700A点に達し相崎瀬戸通過基隆に向う速力12節      2.第三號掃海艇は28日1700A点に達する如く第三航路を北上し之と会合連絡要すれば附近に仮泊差支なし)の上基隆まで之が直接護衛に任ずべし      3.基隆入港後在勤武官と連絡の上復航の際出来得る限り内台航路船舶の直接護衛に任ずべし 18.03.28:佐世保〜 18.04.01:佐防戦機密第011748番電:       第一掃海隊の各艇は左に依り行動すべし      1.第四號掃海艇は便宜横須賀に回航すべし        第一號掃海艇は便宜那覇発佐世保に回航        第三號掃海艇は基隆より護衛を実施しつつ佐世保に回航、陸揚物件其の他を搭載の上横須賀に回航        すべし      2,第五號掃海艇は敵情を得ざれば2日0700掃蕩を止め佐世保に帰投の上横須賀に回航すべし
18.04.01:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊第一掃海隊 18.07.01:掃海艇長:海軍大尉 仁木 伊三郎 18.07.21:特設運送船筥崎丸」艦載艇(九米ランチ)と衝突 18.10.01:掃海艇長:海軍少佐 名井 貢 18.12.27:(「君川丸」「護國丸」護衛)由良〜      〜12.27 1224(N33.25-E135.33)潮岬255度4.6Kmにて特設運送船君川丸」被雷〜      〜12.27 2355 特設運送船護國丸」被雷〜      〜12.27 2357 特設運送船「護國丸」再度被雷〜      〜12.28横須賀 19.06.--:軍隊区分:北三陸部隊 19.06.02:山田〜第2602船団護衛に向う〜      〜06.02 1625 飛行機の誘導により七ツ森の南9浬より反転南下、宮古沖敵潜攻撃に向う〜      〜06.02 1716 反響音捕捉〜      〜06.02 1720 爆雷攻撃7個〜      〜06.02 1745 魹埼の11度11.7浬にて水偵の投弾位置に爆雷攻撃8個〜      〜06.02 1830 魹埼の11度11.1浬にて爆雷攻撃5個〜      〜06.02 1906 魹埼の13度11.5浬にて爆雷攻撃2個〜      〜06.02 1957 B掃蕩区に就く〜      〜06.03 0450 魹埼の42度15.7浬にて飛行機の誘導により爆雷攻撃5個〜      〜06.03 0547 油紋並に気泡湧出点に設標〜      〜06.03 0600 魹埼の13.5度15.5浬にて爆雷攻撃5個〜       〜06.03 0649 補給のため山田に向う〜      〜06.03山田 19.06.03:補給 19.06.03:山田〜   〜06.03 1335 「第四十二號驅潜艇」と合同〜      〜06.03 1345 現場着、監視掃蕩開始〜      〜06.04 1000 「第一號掃海艇」「第四十二號驅潜艇」と編隊掃蕩開始〜      〜06.04 1730 設標を中心とする15浬圏内掃蕩開始〜      〜06.05 0720 爆雷攻撃1個〜      〜06.05 0925 掃蕩中止〜      〜06.05山田 19.06.05:補給 19.06.07:山田〜      〜06.08 0115 鮫角沖にて第2607船団の護衛を開始〜      〜06.08 1606 勝浦湾沖にて第2607船団の護衛を終了〜      〜06.08女川 19.06.09:補給 19.06.09:女川〜      〜06.10 0002 金華山沖にて第1608船団の護衛を開始〜      〜06.10 1430 久慈湾沖にて濃霧のため護衛を終了〜      〜06.10山田 19.06.11:山田〜      〜06.11 2310 鮫角の南東8浬にて濃霧となる〜      〜06.12 0330 鮫角沖にて第2611船団の護衛を開始〜      〜06.12 1700 江ノ島沖にて第2611船団の護衛を「第一號驅潜特務艇」に引継ぐ〜      〜06.12女川 19.06.13:女川〜06.13山田 19.06.14:補給 19.06.15:山田〜      〜06.15 2220 第1614船団に会合できず、濃霧となり北上〜      〜06.16 ---- 第1614船団に会合〜      〜06.16 1320 久慈湾沖より「相模川丸」警戒に向う〜      〜06.16 1405 八木沖現場着〜      〜06.16 1828 「相模川丸」の警戒を止め北上〜      〜06.16八戸 19.06.17:(第2616船団護衛)八戸〜      〜06.17 1226 久慈湾沖より第三魚雷艇隊を掩護北上〜      〜06.17 1502八戸 19.06.17:八戸〜06.18山田 19.06.18:補給 19.06.22:山田〜06.23長浦 19.06.23:入渠準備作業 19.06.24:六.七倍稜鏡双眼鏡修理(07.15まで)、九六式六十六糎測距儀(07.16まで) 19.06.25:九四式投射機、三式投射機、五個載投下軌道、      九三式水中聴音機一型、九三式探信儀用記録器及び整流覆新設工事(07.15まで)、      去式艦底測程儀、電動測深儀修理(07.13まで)、 19.07.04:港外に疎開 19.07.07:1431 仮泊地発      1530 横須賀海軍工廠第三船渠にて入渠          後部機銃台甲板、後部投下台甲板新設、艦橋上部手摺新設          四十五口径三年式十二糎砲一式、毘式十二粍機銃一式、十三粍機銃一式、          陸式拳銃一式撤去、          対艦式大掃海具1組、同浅海用1組、爆雷水圧投下台一型2組、爆雷手動投下台4組、          単艦式大掃海具展開器2組撤去、          九六式二十五粍聯装機銃、同単装機銃、機銃弾庫新設、          信号用探照燈新設(07.13まで)、          仮称電波探知機新設(07.18まで)、 19.07.10: 高角望遠鏡新設(07.15まで)、投射箭格納所新設(07.18まで) 19.07.18:1419 出渠 19.07.20:横須賀〜公試並諸試験〜07.20長浦 19.07.21:補給 19.07.22:長浦〜07.24山田 19.07.25:補給 19.07.26:山田〜      〜07.26 2008 久慈湾牛島沖にて第2726船団に会合、護衛開始〜      〜07.27 0100 魹埼沖にて濃霧となり船団と分離〜      〜07.27 0630 大船渡沖にて船団を終結、護衛を再興〜      〜07.27 1130 金華山沖にて第2726船団の護衛を「第四十七號驅潜艇」から引継ぐ〜      〜07.27女川 19.07.27:女川〜07.27越喜来07.28〜07.28山田 19.07.29:補給 19.08.10:掃海艇長:海軍大尉 藤井 優 19.09.03:山田〜      〜09.04 0245 宮古沖より「~朗丸」の護衛を開始〜      〜09.04 1315 金華山附近にて「~朗丸」の護衛を終了〜      〜09.04女川 19.09.04:補給 19.09.05:女川〜09.05山田 19.09.06:補給 19.09.08:山田〜航行諸訓練〜09.08山田 19.09.09:山田〜      〜09.09 1122 教練射撃を止め南下〜      〜09.09 1625 広田湾沖より「~朗丸」の護衛を開始〜      〜09.10 1024 八木沖にて浮流機雷1個処分、三八式小銃15発発射〜      〜09.10 1115 鮫角沖にて「~朗丸」の護衛を止め南下〜      〜09.10山田 19.09.11:訓練補給 19.09.17:山田〜      〜09.17 0900 魹埼沖にて「夕月丸」に会合、護衛開始〜      〜09.17 1850 鮫角沖にて「夕月丸」の護衛を終了、反転南下〜      〜09.18山田 19.09.19:訓練補給 19.09.21:山田〜      〜09.21 1250 山田沖にて「~仙丸」に会合、護衛開始〜      〜09.21 1700 明神鼻より「~仙丸」の護衛を止め先航、北上〜、      〜09.21 2115 八木沖にて第2921船団の護衛をなしつつ南下〜      〜09.22 0620 三貫島沖にて第2921船団の護衛を終了〜      〜09.22山田 19.09.22:整備補給 19.09.26:山田〜      〜09.26 0900 魹埼沖にて第1925船団に会合、護衛開始〜      〜09.26 1800 八木沖にて第1925船団の護衛を止め南下〜      〜09.27山田 19.09.27:補給整備 19.09.30:山田〜      〜09.30 1228 山田沖にて第1928船団の護衛を開始〜      〜09.30 1848 八木沖にて第1928船団の護衛を止め南下〜
20.04.09:沈没 20.05.10:類別等級削除:内令第400号 20.05.10:掃海隊編制:内令第409号:第一掃海隊解隊 20.05.10:解役:内令第410号 20.05.10:除籍:内令第411号
喪失場所:N39.07-E141.57 大船渡湾口 喪失原因:米潜水艦Parche(SS-384)の雷撃

同型艇

 第一號第二號第四號

兵装

(計画時)
 四十五口径三年式十二糎砲2門、四十口径三年式八糎高角砲1門、
 陸式拳銃5丁、三八式歩兵銃20挺、
 八一式投射機2基、爆雷装填台2基、爆雷水圧投下装置2基、爆雷投下台4基、
 単艦式大掃海具1組。

(19.08.20)
 四十五口径三年式十二糎砲1門、
 九六式二十五粍二聯装機銃1基、同単装機銃3基、
 八一式投射機2基、爆雷装填台一型2基、九四式投射機、爆雷装填台三型、三式投射機、五個載投下軌道、
 九三式水中聴音機一型、九三式探信儀、仮称電波探知機。

写真資料

 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.50「掃海艇・輸送艦」 (P.28)
 雑誌「丸Graphic Quarterly」潮書房 No.20 「写真集 日本の小艦艇(続)」(P.9,12-13)
 雑誌「世界の艦船」海人社 1977年8月号増刊「写真集・日本軍艦史<2>大正編」(P.91)
 雑誌「世界の艦船」海人社 1996年2月号増刊「日本海軍護衛艦艇史」(P.52)
 雑誌「世界の艦船」海人社 2018年5月号「昭和10年代前半期の第1掃海隊」
 雑誌「世界の艦船」海人社 2019年10月号「昭和3年横須賀に停泊する第1掃海隊」(P.135)
 「軍艦寫眞帖」S02.05 海軍協會
 「日本軍艦集 2600年版」海軍研究社 S15.07 海軍研究社編輯部編
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (2525-2528)
 「海軍 第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集員会(P.44)
 「日立造船株式會社七十五年史」S31.04 日立造船株式会社
 「日立造船百年史」 S60.03 日立造船株式会社(P.103)
 "ONI 41-42 Japanese Naval Vssels"(P.257)

前の艇へ ← 掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る