唐山丸の船歴

 年 月 日:船歴

T--.--.--:起工 T15.04.07:進水、命名:唐山丸(たんしゃんまる) T15.05.03:竣工、船主:日C汽船株式會社、船籍港:東京、登録総噸数:2,089、登録純噸数:1,284
--.--.--:上海〜青島〜天津間(月3便) 09.04.--:天津〜広東 12.--.--:登録総噸数:2,103、登録純噸数:1,293に変更 13.--.--:〜04.09芝罘 13.04.09:芝罘〜04.22芝罘 13.04.22:芝罘〜04.28芝罘外港04.29〜04.29芝罘内港 13.05.19:芝罘〜06.05芝罘 13.06.06:芝罘〜07.01芝罘 13.07.02:芝罘〜07.21芝罘 13.07.21:芝罘〜09.10芝罘 13.09.11:芝罘〜 14.09.01:船主:東亞海運株式會社に変更 14.10.06:ファストバー〜
16.11.26:徴傭 16.12.10:入籍:内令第1624号:特設砲艦、佐世保鎮守府所管
16.12.10:株式會社玉造船所にて艤装工事開始 16.12.10:砲艦長:海軍豫備大尉 森 蘭 16.12.27:艤装工事完了 --.--.--:部内限り「とうざんまる」と呼称 16.12.31:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保警備戦隊 17.01.03:佐世保〜01.03佐世保 17.01.12:佐世保〜01.12佐世保
17.01.15:戦時編制:大海幕壹機密第80号:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊 17.01.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第14号:海面防備部隊警備部隊 17.01.15:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第31号:警備部隊 17.01.26:佐世保〜01.30佐世保 17.02.04:佐世保〜02.04郷ノ浦02.06〜02.06佐世保 17.02.05:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第32号:警備部隊 17.02.10:佐世保〜02.10福江02.13〜02.13相浦02.14〜02.14佐世保 17.02.16:将旗掲揚 17.02.16:佐防戦電令第34号:輸送船団前路警戒のため約5日間行動の準備を整え02.17 0800富江湾集合 17.02.16:佐世保〜02.16富江02.17〜02.21佐世保 17.02.17:将旗を特設巡洋艦浮島丸」に復帰 17.02.18:機密第218番電:02.19午前より対潜掃蕩 17.02.21:佐世保〜02.25佐世保 17.02.--:軍隊区分:第一部隊(1)第二小隊(4) 17.03.05:将旗を一時移揚 17.03.05:佐世保〜第一回第二次教練射撃〜03.07佐世保 17.03.07:将旗を撤去 17.03.11:佐世保〜03.20佐世保 17.03.26:佐世保〜04.04佐世保
17.04.10:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第一海上護衛隊 17.04.10:艦隊区分:第一聯隊(3)第二小隊 17.04.10:軍隊区分:第一護衛部隊 17.04.18:佐世保〜04.19六連 17.04.27:(第104船団護衛)六連〜05.03馬公 17.05.04:(第204船団護衛)馬公〜05.10六連 17.05.23:軍隊区分:第二護衛部隊 17.05.17:(第144船団護衛)六連〜05.23馬公 17.05.28:(第309船団護衛)馬公〜06.03聖雀 17.06.--:艦隊区分:第二部隊(5)第一小隊 17.06.06:(第409船団護衛)聖雀〜06.13馬公 17.06.17:(第314船団護衛)馬公〜06.23聖雀 17.06.29:(第416船団護衛)聖雀〜07.05馬公 17.07.27:(第240船団護衛)馬公〜07.28基隆 17.08.03:基隆〜08.04基隆 17.08.04:入渠 17.08.11:出渠 17.08.11:基隆〜08.12馬公 17.08.14:(第328船団護衛)馬公〜08.20聖雀 17.08.23:(第430船団護衛)聖雀〜08.29馬公 17.09.07:(第333船団護衛)馬公〜09.13聖雀 17.09.17:(第436船団護衛)聖雀〜09.23馬公 17.09.27:(第286船団護衛)馬公〜09.30佐世保
17.10.01:除籍:内令第1827号 17.10.01:入籍:内令第1828号:特設運送船(雑用船)、佐世保鎮守府所管
17.10.01:戦時編制:海軍省配属、佐世保鎮守府所属、特設運送船(乙) 17.10.--:佐世保〜10.03六連 17.10.03:船長:海軍嘱託 米永 嘉吉(部内限り奏任官待遇) 17.10.03:六連〜10.04佐世保 17.10.05:授受発令 17.10.08:種別変更による授受 17.10.27:機密佐世保鎮守府命令第400号:公稱第4646號、公稱第4647號特型運貨船を搭載 17.10.30:佐世保〜      〜10.31 0950(N33.00-E126.25)潜水艦の雷撃を受けるも被害なし〜      〜11.01上海11.07〜11.11若松11.19〜11.20佐世保 17.11.28:佐世保〜12.03高雄12.06〜12.09三亜12.18〜12.23高雄12.25〜      〜12.25馬公12.26〜12.31佐世保 18.01.08:佐世保〜01.11高雄01.18〜01.18馬公01.19〜01.24佐世保 18.01.31:佐世保〜02.05高雄02.08〜02.09基隆02.12〜02.18呉02.20〜      〜02.22佐世保 18.02.27:佐世保〜03.03高雄03.07〜03.14神戸04.02〜04.03門司04.04〜      〜04.05津久見04.08〜04.09神戸04.12〜04.13名古屋04.17〜04.17大阪04.21〜      〜04.23横須賀 18.04.27:横須賀〜04.30大湊05.04〜05.05釧路05.11〜05.11厚岸05.11〜      〜05.15片岡05.17〜05.17長崎05.22〜05.22片岡05.23〜05.24武蔵05.25〜      〜05.26擂鉢〜05.31青森 18.06.02:青森〜06.02大湊06.06〜06.07小樽06.09〜06.12武蔵06.15〜      〜06.15長崎06.18〜06.18片岡06.25〜06.25武蔵06.30〜07.03大泊07.09〜      〜07.12武蔵湾07.25〜07.28小樽07.30〜07.31青森07.31〜07.31大湊08.03〜      〜08.03青森 18.08.05:青森〜08.05函館 18.08.07:函館〜      〜08.08 0400(N41.57-E143.12)襟裳岬西側(歌露)に座礁 18.08.08:大警信電令第4号:淀橋葦埼進政丸による救難 18.08.11:大警機密第17番電:葦埼、進政丸による救難任務解除 18.08.20:船橋の一部を残し沈没 18.09.09:信電令第36号:救難任務解除
18.08.20:沈没 18.10.15:除籍:内令第2168号 18.10.15:解傭
喪失場所:N41.57-E143.12 襟裳岬西側歌露 喪失原因:座礁

同型船

 華山丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.129)
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十二巻 (P.39)

備考

18.05.17や同06.15に到着した長崎は長崎県の長崎ではなく片岡湾と同じ占守島の長崎です。


前の艦へ ← 特設砲艦 → 次の艦へ

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る