進政丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 13.03.--:進水、命名:進政丸 --.--.--:竣工
--.--.--:
16.06.29:徴傭
16.07.08:機密大湊要港部命令第179号:特設監視艇(乙)として徴傭 16.07.10:機密大湊要港部命令第183号:青森に回航、艤装完了次第、大湊に帰港
16.07.25:入籍:内令第837号:特設監視艇、横須賀鎮守府所管
16.07.31:軍隊区分:機密大湊要港部命令第207号:当分の間、大湊防備隊司令指揮下 16.08.23:大湊〜出入港及び操艦訓練〜08.23大湊 16.09.01:内令第1014号:大湊防備隊所属 16.09.01:戦時編制:大湊警備府部隊大湊防備隊 16.09.01:監視艇長:海軍兵曹長 岡 千代治 16.09.03:大湊〜運動力検測、自差測定及び諸訓練〜09.03大湊 16.09.13:大湊〜運動力検測、自差測定〜09.13大湊 16.09.15:大湊〜諸訓練〜09.15大湊 16.10.06:機密大湊要港部命令第241号:第三回防空訓練期間中、津軽海面に派遣し防空監視 16.10.07:大湊〜速力試験及び諸訓練〜10.07大湊 16.10.08:大湊〜速力試験及び諸訓練〜10.08大湊 16.10.12:大湊〜監視任務〜10.15大湊 16.10.25:大湊〜10.25青森 16.10.25:上架 16.10.31:青森〜10.31大湊 16.11.04:大湊〜監視任務〜11.07大湊 16.11.06:大湊〜諸訓練〜11.07大湊 16.11.10:大湊〜監視及び通信訓練〜11.13大湊 16.11.18:大湊〜速力試験〜11.18大湊 16.11.20:大湊〜速力試験及び機雷監視〜11.23大湊 16.11.25:大湊〜監視任務〜11.28大湊 16.12.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第6号:津軽防備部隊 16.12.07:大湊〜第四哨区哨戒〜12.11大湊 17.01.03:大湊〜第四哨区哨戒〜01.12大湊 17.01.14:大湊〜第四哨区哨戒〜01.22大湊 17.02.02:大湊〜C哨区哨戒〜02.08大湊 17.03.05:大湊〜C哨区哨戒〜03.10大湊 17.03.14:大湊〜C哨区哨戒〜03.19大湊 17.04.03:大湊〜J哨区哨戒〜04.07厚岸 17.04.09:厚岸〜J哨区哨戒〜04.11厚岸 17.04.13:厚岸〜J哨区哨戒〜04.17厚岸 17.04.15:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第24号:津軽防備部隊 17.04.--:軍隊区分:機密津軽防備部隊命令作第8号:監視隊第二特設監視艇隊 17.04.19:厚岸〜J哨区哨戒〜04.23大湊 17.05.03:大湊〜イ地点哨戒〜05.13大湊 17.05.19:大湊〜イ地点哨戒〜05.29大湊 17.06.--:機械分解修理作業 17.07.21:大湊〜イ地点哨戒〜07.31大湊 17.08.01:大湊〜イ地点哨戒〜08.06大湊 17.08.08:大湊〜イ地点哨戒〜08.18大湊 17.08.25:大湊〜イ地点哨戒〜09.04大湊 17.09.10:大湊〜イ地点哨戒〜09.20大湊 17.09.26:大湊〜イ地点哨戒〜10.06大湊 17.10.01:軍隊区分:機密津軽防備部隊命令作第9号:尻矢隊 17.10.03:津軽防備部隊指揮官より大湊帰投命令 17.10.05:津防機密第539番電:尻矢隊編入、大湊にて爆雷投下機工事完了後、哨区進出 17.10.09:津防機密第544番電:10.10 大湊発の予定 17.10.10:大湊〜C哨区哨戒〜10.13八戸 17.10.14:八戸〜C哨区哨戒〜10.19八戸 17.10.22:八戸〜C哨区哨戒〜10.31八戸 17.11.03:八戸〜C哨区哨戒〜11.04八戸 17.11.07:八戸〜C哨区哨戒〜11.08八戸 17.11.12:八戸〜C哨区哨戒〜11.14大湊 17.11.20:大湊〜C哨区哨戒〜11.22八戸 17.11.25:八戸〜C哨区哨戒〜11.26八戸 17.11.25:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第36号:津軽防備部隊 17.11.28:八戸〜C哨区哨戒〜11.30八戸 17.12.04:八戸〜C哨区哨戒〜12.06八戸 17.12.08:八戸〜C哨区哨戒〜12.10大湊 17.12.21:大湊〜C哨区哨戒〜12.31大湊 *(発着地は厚岸でなく釧路の可能性あり) *18.01.07:大湊〜襟裳付近哨戒〜01.09厚岸 *18.01.14:厚岸〜襟裳付近哨戒〜01.17厚岸 *18.01.20:厚岸〜襟裳付近哨戒〜01.23厚岸 *18.01.27:厚岸〜襟裳付近哨戒〜01.29厚岸 *18.01.31:厚岸〜襟裳付近哨戒〜01.31釧路 18.02.08:釧路〜02.08大湊02.12〜02.12函館 18.02.16:函館〜C哨区哨戒〜02.17八戸 18.02.21:八戸〜C哨区哨戒〜02.24八戸 18.02.25:八戸〜C哨区哨戒〜02.27八戸 18.03.01:八戸〜C哨区哨戒〜03.04八戸 18.03.06:八戸〜C哨区哨戒〜03.12八戸 18.03.14:八戸〜C哨区哨戒〜03.18八戸 18.03.20:八戸〜C哨区哨戒〜03.26大湊 18.03.30:大湊〜C哨区哨戒〜03.31八戸 18.04.03:軍隊区分:厚岸隊 18.04.04:八戸〜F、J哨区哨戒〜04.07釧路 18.04.09:釧路〜F、J哨区哨戒〜04.12釧路 18.04.14:釧路〜F、J哨区哨戒〜      〜04.17対潜掃蕩〜      〜04.18釧路 18.04.19:釧路〜F、J哨区哨戒〜04.21釧路 18.04.22:釧路〜F、J哨区哨戒〜04.24釧路 18.05.02:釧路〜F、J哨区哨戒〜05.04釧路 18.05.06:釧路〜F、J哨区哨戒〜05.09釧路 18.05.11:釧路〜F、J哨区哨戒〜05.14釧路 18.05.16:釧路〜F、J哨区哨戒〜05.17釧路 18.05.19:釧路〜F、J哨区哨戒〜05.22釧路 18.05.24:釧路〜F、J哨区哨戒〜05.26釧路 18.05.28:釧路〜F、J哨区哨戒〜05.29釧路 18.06.01:釧路〜F、J哨区哨戒〜06.05釧路 18.06.07:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第44号:津軽防備部隊 18.06.07:釧路〜F、J哨区哨戒〜06.08釧路 18.06.10:釧路〜F、J哨区哨戒〜      〜06.13襟裳岬の北東12浬にて対潜戦闘:爆雷投下3発〜      〜06.15釧路 18.06.15:釧路〜F、J哨区哨戒〜06.19釧路 18.06.22:釧路〜F、J哨区哨戒〜06.25大湊 18.06.27:入渠 18.06.30:(現在)監視艇長:海軍兵曹長 原 廣次 18.07.06:大湊〜F、J哨区哨戒〜07.06釧路 18.07.07:釧路〜F、J哨区哨戒〜07.08釧路 18.07.10:釧路〜F、J哨区哨戒〜07.13釧路 18.07.16:釧路〜F、J哨区哨戒〜07.19釧路 18.07.22:釧路〜F、J哨区哨戒〜07.24釧路 18.07.26:釧路〜F、J哨区哨戒〜07.29広尾 18.07.30:広尾〜F、J哨区哨戒〜07.31釧路 18.08.01:釧路〜F、J哨区哨戒及び船団護衛〜08.05釧路 18.08.07:釧路〜F、J哨区哨戒及び船団護衛〜08.13釧路 18.08.08:大警機密第104番電:信電令第4号:「唐山丸」小救難部署 18.08.11:大警機密第17番電:救難任務を解く 18.08.16:釧路〜F、J哨区哨戒及び船団護衛〜08.18大湊 18.08.23:大湊〜08.23函館 18.08.24:函館〜F、J哨区哨戒〜08.25釧路 18.08.28:釧路〜08.28大黒島 18.08.29:大黒島〜F、J哨区哨戒及び船団護衛、対潜掃蕩〜09.06釧路 18.09.07:釧路〜F、J哨区哨戒〜      〜09.08座礁した「武山丸」の警戒〜      〜09.10釧路 18.09.12:釧路〜F、J哨区哨戒〜09.12釧路 18.09.13:釧路〜F、J哨区哨戒〜09.15釧路 18.09.19:釧路〜F、J哨区哨戒〜09.20釧路 18.09.25:釧路〜F、J哨区哨戒及び船団護衛〜09.27釧路 18.09.28:釧路〜F、J哨区哨戒〜09.29釧路 18.10.01:釧路〜F、J哨区哨戒及び船団護衛〜10.04釧路 18.10.06:釧路〜F、J哨区哨戒〜10.09釧路 18.10.11:釧路〜F、J哨区哨戒〜10.13釧路 18.10.21:釧路〜F、J哨区哨戒〜      〜10.22(N42.12-E143.28)広尾の128度8浬にて雷撃を受けるが被害なし〜      〜10.22広尾−襟裳間の索敵掃蕩、船団航路周辺の厳戒〜      〜10.26大湊 18.10.30:大湊〜F、J哨区哨戒〜11.02釧路 18.11.04:釧路〜F、J哨区哨戒〜11.04釧路 18.11.05:釧路〜F、J哨区哨戒〜11.06釧路 18.11.11:釧路〜F、J哨区哨戒〜11.13釧路 18.11.17:釧路〜F、J哨区哨戒〜11.19釧路 18.11.22:釧路〜F、J哨区哨戒〜11.22釧路 18.11.23:釧路〜F、J哨区哨戒〜11.24釧路 18.11.28:釧路〜F、J哨区哨戒〜11.30釧路 18.12.03:釧路〜J、F哨区哨戒〜12.05釧路 18.12.07:主機械故障、自力航行不可 18.12.11:手入及び機械修理 18.12.14:釧路造船有限會社にて上架 19.02.18:下架 19.03.10:内令第424号:大湊防備隊から除く
19.03.10:特設監視艇隊編制:内令第426号:第四監視艇隊 19.03.10:戦時編制:聯合艦隊北東方面艦隊第二十二戦隊第四監視艇隊 19.03.10:軍隊区分:第二基地航空部隊哨戒部隊 19.03.30:第四監視艇隊麾下に入る 19.03.30:大湊〜04.04横浜 19.04.06:横浜〜04.06横須賀 19.04.--:横須賀海軍工廠にて修理(05.24まで) 19.04.15:軍隊区分:2FBG命令作第9号:第二基地航空部隊第二哨戒部隊 19.05.25:横須賀〜05.26清水 19.05.26:修理(07.24まで) 19.06.--:艇番号:424 19.07.10:軍隊区分:北東方面部隊第二哨戒部隊 19.07.24:清水〜07.25横浜07.30〜07.30長浦
19.08.01:戦時編制:聯合艦隊第二十二戦隊第四監視艇隊 19.08.01:軍隊区分:第一哨戒部隊 19.08.03:軍隊区分:機密第三哨戒隊命令作第7号:第六小隊 19.08.06:横浜〜リ、チ、リ哨区哨戒〜      〜08.17 1500 特設砲艦「第一雲洋丸」と会合〜      〜08.18 0850 特設砲艦「第一雲洋丸」と会合〜      〜08.18 1745 特設砲艦「第一雲洋丸」と会合〜      〜08.26横浜 19.08.29:九六式二十五粍単装機銃1基、十三粍単装機銃1基装備工事(09.07まで) 19.09.11:横浜〜ニ哨区哨戒〜      〜09.19 1555(N30.35-E151.26)左25度約8,000mに艦影発見〜      〜09.19 1615 敵潜水艦と確認〜      〜09.19 1621 敵潜水艦より銃撃を受ける〜      〜09.19 1623 一番機銃(25mm)打方始め(計269発発射)〜      〜09.19 1624 二番機銃(13mm)打方始め(計203発発射)〜   〜09.19 1650 打方止め〜      〜ロ、ハ哨区哨戒〜10.02横浜 19.09.29:特設監視艇隊編制:内令第1119号:第四監視艇隊より削る
19.09.29:特設監視艇隊編制:内令第1119号:第三監視艇隊 19.09.29:戦時編制:聯合艦隊第二十二戦隊第三監視艇隊 19.09.29:監視艇長:海軍少尉 原 廣次 19.10.05:横浜重工業株式會社にて修理開始 19.10.20:上架 19.10.31:下架 19.11.20:修理完了 19.11.--:軍隊区分:第二小隊 19.11.22:横浜〜哨戒〜      〜11.30 1530 特設砲艦長運丸」と会合〜      〜12.01 1334 特設砲艦「長運丸」と会合〜      〜12.12横浜 19.12.27:軍隊区分:機密第三直哨戒隊命令作第11号:第一小隊 19.12.28:横浜〜C、B哨区哨戒〜 19.12.29:三直哨戒隊機密第291200番電:「第三富正丸」を曳航し横浜帰投      〜12.31横浜 20.01.01:横浜〜      〜01.12 1030 特設監視艇第二十七長榮丸」を捜索開始〜      〜01.12 2245 捜索中止〜      〜01.17横浜 20.01.26:軍隊区分:機密第三直哨戒隊命令作第1号:第一一小隊 20.01.29:監視艇長:海軍兵曹長 福島 榮一 20.01.29:横浜〜D、C哨区哨戒〜   〜02.07 0713 特設砲艦「第一雲洋丸」と会合〜      〜02.20横浜 20.03.10:横浜船渠にて修理開始 20.04.14:軍隊区分:機密第三監視艇隊命令作第3号:第七小隊 20.04.20:横浜〜      〜04.21 対空戦闘:PBYと交戦〜 20.04.21:PB機密第211316番電:「全洋丸」を護衛し帰投せよ      〜04.22横浜 20.05.26:横浜〜05.31大阪 20.08.10:特設監視艇隊編制:内令第729号:特設監視艇隊編制を廃止
20.08.10:除籍:内令第730号 20.08.10:解傭 20.08.15:残存

同型船

 要調査

兵装

(19.09.07)
 九六式二十五粍単装機銃1基、十三粍単装機銃1基

(20.04現在)
 九六式二十五粍単装機銃1基、十三粍単装機銃3基、七粍七単装機銃1基

写真資料

 なし

前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る