特設監視艇(その1)

特設監視艇について

特設監視艇は昭和9年に設定された船種で洋上哨戒にあたるのを任務としました。特設監視艇となったものは延べ431隻(実数408隻)ありますが、そのうち>第十一號琵琶丸は大東亜戦争前に役務を解かれました。また、第一笹山丸第貮天侑丸潤コ丸は昭和15年の海軍大演習の際、2〜3週間の期間限定で特設監視艇として指定されたものです。

特設監視艇の諸元

ここをクリックして下さい。

特設監視艇の船歴

下の各船の画像をクリックして下さい。

 

前頁 <-  [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  [19]  [20]  [21]   -> 次頁

第五富久丸

海形丸

海運丸

海和丸

進政丸

第三日之出丸

寳成丸

惠洋丸

第一岩手丸

第二大正丸

漁jロ

旭丸

拓新丸

第八朝洋丸

第九朝洋丸

第一天祐丸

 

写真出典:

  1. 海運丸、拓新丸、第一天祐丸:「汽船表(別冊冩眞帳)」(海軍省軍務局編)
  2. 第三日之出丸:オークション出品写真
  3. 第一岩手丸:「漁船」第拾號(漁船協会)

 

前頁 <-  [1-16]  [17-36]  [37-56]  [57-76]  [77-96]  [97-116]  [117-136]  [137-156]  [157-176]  [177-196]  [197-216]  [217-236]  [237-256]  [257-276]  [277-296]  [297-316]  [317-336]  [337-356]  [357-376]  [377-396]  [397-404]   -> 次頁

 

*****