辰南丸の船歴

 年 月 日:船歴

16.12.02:起工 17.06.30:進水、命名:辰南丸  17.08.27:竣工
18.02.03:徴傭発令:       授受地:大阪       授受到着(予定)月日:3月2日       記事:呉鎮守府より徴傭授受委託 18.03.01:広畑〜03.01大阪
18.03.02:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、呉鎮守府所管、海軍省配属 18.03.--:船用艤装品及び消耗品搭載 18.03.02:大阪〜03.04西戸崎 18.03.--:燃料炭1,300t搭載 18.03.05:西戸崎〜03.05佐世保 18.03.05:官房艦機密第1033号:兵器貸与の件訓令       佐世保海軍軍需部をして同部在庫の左記兵器を特別任務中、特設運送船(雑)山霧丸及徴傭船辰南丸に       貸与せしむべし        記       (数量は各一隻分)       伊(保)式十三粍二聯装機銃附属品補用品共 1基(山霧丸---伊式、辰南丸---保式)       同 銃側弾薬包筐             1個       同 普通弾薬包             2,800個       同 曵跟弾薬包             1,200個 18.03.06:機密佐世保鎮守府命令第84号:      1.佐世保防備戦隊司令官は佐世保防備隊司令をして同隊保管の十四米特型運貨船四隻(        公稱番號第五〇八八五〇八九五〇九〇五一八九號)を3月11日出港予定の山霧丸並に        辰南丸に搭載せしむべし      2.佐世保海軍工廠長並に佐世保地方海軍運輸部長は右に関し協力すべし 18.03.10:佐世保鎮守府信電令作第16号:      1.山霧丸、辰南丸(第二十六設營隊乗船速力10節)11日正午佐世保発吐噶喇海峡を経て20日1600T点        (21日未明南水道)通行トラック着の予定      2.佐世保防備戦隊司令官は適宜艦艇及飛行機を派遣し北緯26度線附近迄直接護衛に任ぜしむべし      3.佐世保海軍航空隊司令は右護衛に協力すべし 18.03.--:第二十六設営隊資材、第八根據地隊行き製材、機械、特型運貨船等搭載 18.03.11:佐世保〜      〜03.15 驅逐艦「時雨」が護衛に就く〜      〜03.21トラック 18.03.--:清水補給 18.03.23:トラック〜03.28ラバウル 18.03.--:第二十六設営隊資材、第八根據地隊行き製材、機械等陸揚 18.04.--:ブイン第十六設営隊及び第百三十一設営隊行き資材搭載、便乗者35名乗船 18.04.12:ラバウル〜ブイン向け航行〜      〜04.12 0453 対空戦闘:十三粍機銃及び第二十六設営隊火器にて射撃〜      〜04.12 0730セントジョージ灯台の183度12浬にて反転命令受領〜      〜04.12ラバウル 18.04.13:ラバウル〜04.15ブイン 18.04.--:第十六設営隊資材陸揚、便乗者114名残し退船 18.04.--:第二十二號掃海艇に燃料炭及び清水を補給 18.04.17:1800 対空戦闘:十三粍機銃発射、      二番艙左舷に直撃弾〜四・五番艙に直撃弾〜蒸気管爆破、蒸気噴出〜      浸水、左舷25度傾斜〜総員退船命令〜煙突附近に直撃弾
18.04.17:沈没  18.05.20:解傭
喪失場所:S06.53-E156.05 ブーゲンビル島ブイン東南方約20浬附近 喪失原因:B-25の爆撃

同型船

 (A型平時標準船)
 勇山丸、辰浦丸建和丸、陽和丸、宇洋丸日洋丸、月洋丸、光洋丸、旭山丸陽山丸御月丸

兵装

 十三粍機銃。

写真資料

 なし。

前の船へ ← 一般徴傭船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る