長興丸の船歴

 年 月 日:船歴

14.02.06:起工 14.06.01:進水、命名:長興丸 14.11.30:竣工、船主:大洋興業株式會社、船籍港:神戸
--.--.--:三井物産株式會社が運航
16.07.19:徴傭、横須賀鎮守府所管 16.09.09:呉鎮守府所管 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設運送船(雑用船)、呉鎮守府所管
16.09.20:呉海軍工廠にて艤装工事開始 16.10.14:艤装工事完了 16.--.--:戦時編制:呉鎮守府配属、特設運送船(乙) 16.10.22:呉〜大阪〜東京〜11.05横須賀 16.11.06:横須賀〜11.12パガン11.15〜11.16サイパン11.22〜12.04小樽12.04〜横浜〜      〜12.19室蘭12.22〜01.02パラオ01.08〜01.19横須賀 16.12.16:官房機密第116966号:居住施設その他整備の件訓令 17.01.--:呉鎮機密第5号ノ39:軍需品輸送任務 17.01.21:横須賀〜函館〜室蘭〜東京 17.02.--:運輸機密第238番電:軍需品輸送任務 17.02.17:横須賀〜父島 17.02.20:特設砲艦まがね丸」「吉田丸」に酒保物品供給 17.02.--:父島〜母島〜硫黄島〜03.18南鳥島03.20〜      〜03.23テニアン03.30〜04.03父島 17.04.03:特設砲艦「まがね丸」「吉田丸」を横付け清水供給 17.04.04:父島〜大阪〜門司〜鎮南浦〜高雄〜基隆〜      〜四日市〜門司〜鎮南浦〜05.29呉06.12〜門司〜名古屋〜玉野 17.06.24:三井造船株式會社玉野造船所にて入渠、改装工事施行、中間検査受検 17.07.11:玉野〜横浜〜小樽〜来知志〜大阪〜散頃〜小樽〜浅瀬〜函館〜横浜〜09.25宇品 17.09.25:三八式野砲、弾薬、信管、船尾信号灯装備、      備砲手陸軍兵4名、軍属、見張員12名、機関員3名配乗 17.09.26:宇品〜09.27釜山〜09.28佐伯 17.09.29:(沖4船団)佐伯〜10.13ラバウル10.20〜10.26パラオ10.30〜10.31アンガウル11.01〜      〜11.10宮古 17.11.13:陸軍兵員、軍属下船 17.11.13:宮古〜11.14室蘭11.17〜11.21横須賀 17.11.--:陸軍搭載品陸揚げ、海軍備品砲工事施行 17.11.27:呉海兵団より下士官・兵計9名砲員として赴任 17.11.30:横須賀〜12.07パラオ12.16〜12.16ガラスマオ12.22〜12.31門司 18.01.03:門司〜01.04三池01.07〜01.14パラオ01.23〜01.23ガラスマオ01.28〜      〜02.06門司 18.02.07:門司〜02.09伏木02.11〜02.14門司 18.02.14:門司〜02.15片山02.18〜02.18新居浜02.21〜02.22門司 18.02.23:門司〜02.28高雄03.05〜03.08マニラ03.10〜03.16マカッサル03.28〜      〜03.29ポマラ04.16〜04.17マカッサル04.20〜04.27マニラ05.01〜05.04高雄05.06〜      〜05.11関門05.11〜05.12新居浜05.16〜05.17呉 18.05.17:呉〜05.19三池05.20〜05.22和田岬05.22〜05.25横須賀 18.05.26:横須賀〜05.30父島05.31〜06.04サイパン06.14〜06.14ロタ06.19〜      〜06.20サイパン07.03〜07.11横浜 18.2Q :船籍港:東京に変更 18.07.16:横須賀〜07.24室蘭07.26〜07.27鮫08.02〜08.10名古屋08.13〜      〜若松〜08.21大連08.25〜08.31神戸09.05〜呉〜      〜玉野〜大阪〜関門〜09.30佐世保 18.10.04:佐世保〜10.07青島10.10〜10.11大連10.14〜10.20室蘭10.26〜      〜10.29川崎10.31〜10.31東京 18.11.--:建築資材、燃料、酒保品、曳船その他搭載 18.11.05:東京〜11.05横須賀 18.11.--:運貨船6隻搭載、便乗者5名乗船、清水補給 18.11.07:(第3107船団)横須賀〜11.20トラック 18.11.--:便乗者2名退船3名乗船、清水補給 18.11.23:(第5233船団)トラック〜12.01クエゼリン 18.12.05:0520 機関室及び四番船艙に被弾、炎上      0535 五番船艙に被弾、火災炎上 18.12.06:0200 艙内の火勢が増し、左舷へ傾斜の傾向があるため四番五番艙に注水      0300 機関室約20m浸水      0420 左舷甲板を海水が洗い始め、左舷傾斜急増、総員退船下令      0437 左舷に傾斜、後部より沈下開始
18.12.06:0452 沈没 19.02.05:除籍:内令第305号 19.02.05:解傭
喪失場所:オルベップ島240度3km付近 喪失原因:米第50任務部隊航空母艦艦載機による空爆

同型船

 永興丸、玄海丸(陸軍船962)。

兵装

 (S17.09-11)
  三八式野砲1門

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和14年8月号、昭和15年2月号
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報2600年版」S15.04 海と空社(P.7)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1981年11月号「日本商船隊の懐古 No.29」山田早苗
 「海軍第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集委員会(P.232) 
 「商船が語る太平洋戦争」H14.05 野間恒
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.222)
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)" (P.230)

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る