はばな丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T09.03.07:進水、命名:はばな丸 T09.04.10:竣工、登録総噸数:5,823、登録純噸数:3,589
T12.--.--:登録総噸数:5,651、登録純噸数:3,450に変更 T13.02.22:紐育〜巴奈馬〜桑港〜04.14横浜 T13.05.19:上海〜基隆〜大沽〜門司〜神戸〜四日市〜06.09横浜 T13.08.27:紐育〜巴奈馬〜桑港〜10.19横浜 T13.11.25:香港〜上海〜大沽〜大連〜神戸〜四日市〜清水〜12.20横浜
16.09.12:徴傭:陸軍 16.09.12:大連〜10.03海口10.15〜10.16宇品 16.11.18:宇品〜11.26パラオ 16.12.--:軍隊区分:南方部隊菲島部隊南菲支援隊第五急襲隊 16.12.15:軍隊区分:機密第五急襲隊命令第1号:第三梯団(船番号:2) 16.12.16:(ダバオ攻略作戦:第三梯団)パラオ〜      〜12.16 1828 西水道入口の312度4,200mに於て「第三十七號哨戒艇」が爆雷攻撃〜      〜12.17 1205 「第三十七號哨戒艇」が爆雷攻撃〜      〜12.18 1350 巡洋艦「~通」が合同〜      〜12.18 2015 「第三十六號哨戒艇」が敵潜らしきものを探知、解列〜      〜12.18 2300 「第三十六號哨戒艇」が合同〜      〜12.19 0234 「第三十七號哨戒艇」が爆雷攻撃〜      〜12.19 0327 「第三十七號哨戒艇」が爆雷攻撃〜      〜12.19 0500 巡洋艦「那智」が解列〜      〜12.19 0615 巡洋艦「~通」が解列〜      〜12.19 1530 「第三十六號哨戒艇」が爆雷攻撃〜      〜12.20 0234 「第三十七號哨戒艇」が爆雷攻撃〜      〜12.20ダバオ(0320 タロモ湾第二漂泊点) 16.12.20:0455 上陸開始      0515 上陸成功
17.01.04:軍隊区分:機密蘭印部隊第一護衛隊命令作第1号:輸送船隊第二分隊(船番号:1) 17.01.05:マララグ錨地(ダバオ)集合 17.01.07:(タラカン攻略作戦:第二分隊)マララグ湾〜      〜01.07 1100 ダリアオ発〜      〜01.07 1130 巡洋艦「那珂」が合同〜      〜01.07 1830 A点にて第三警戒航行隊形に占位〜       〜01.10 0000 第十一掃海隊、第三十掃海隊、第三十一驅潜隊が解列、タラカン泊地に先行〜      〜01.10 0700 驅逐艦「朝雲」、同「夏雲」、同「峯雲」が解列、タラカン泊地に先行〜      〜01.10 1830 泊地進入〜      〜01.10 1900 タラカン(第一泊地) 17.01.10:2130 坂口支隊上陸開始      2215 第二泊地に向け転錨      0000 上陸成功      0100 第二泊地に投錨
17.01.18:軍隊区分:機密蘭印部隊第一護衛隊命令作第3号:輸送船隊第二分隊(船番号:1) 17.01.21:(バリクパパン攻略作戦)タラカン〜      〜01.22 1800 別動隊として本隊から分離先行〜      〜01.23 0005 驅逐艦「海風」が雷撃を受けるが被害なし〜      〜01.23 0040 驅逐艦「海風」が爆雷攻撃6個〜      〜01.23 1602 驅逐艦「江風」が爆雷攻撃4個〜      〜01.23 2045 バリクパパン入泊(第二泊地) 17.01.24:1910 湾外へ移動 17.01.25:0740 泊地帰投 17.02.02:バリクパパン〜02.03アダン湾〜02.05バリクパパン 17.02.07:バリクパパン〜02.10パラオ
17.02.21:パラオ〜02.17宇品 17.03.12:神戸〜03.17大連03.22〜03.25名古屋 17.04.08:大阪〜04.12大連04.16〜04.18大阪 17.05.23:宇品〜05.29大連06.07〜06.11門司 17.06.21:神戸〜06.23釜山06.24〜06.25宇品 17.06.29:宇品〜06.30釜山07.02〜07.03宇品 17.07.08:宇品〜07.11釜山07.14〜07.16神戸 17.07.19:神戸〜07.21釜山07.22〜07.23宇品 17.08.01:大阪〜08.03釜山08.08〜08.10大連08.19〜08.23神戸 17.09.25:定期検査完了 17.09.30:宇品〜10.15ラバウル 17.11.03:ラバウル〜11.05エレベンタ 17.11.18:0645 至近弾により機関室に浸水、火災発生      0930 陸軍徴傭船大光丸」に曳航され擱坐
17.11.18:放棄 17.11.18:解傭
喪失場所:ブーゲンビル島エレベンタ錨地北東1km附近 喪失原因:米陸軍第5航空隊のB-17による空爆

同型船

 (蓬莱山丸型)
 蓬莱山丸、大雄丸、海丸、海永丸、大鵬丸大武丸寶永山丸へいぐ丸はあぶる丸ほのるる丸

兵装

 要調査。

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.125)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る