新玉丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.10.18:起工 13.07.23:進水、命名:新玉丸 13.11.04:竣工
16.08.26:徴傭 16.09.04:株式會社川崎造船所にて艤装工事開始 16.09.05:入籍:内令第1025号:特設運送船(給兵船)、呉鎮守府所管
16.09.05:戦時編制:聯合艦隊第六艦隊所属、特設運送船(甲) 16.09.05:監督官:海軍大佐 今泉 周逸 16.10.16:艤装工事完了 16.11.20:監督官:海軍中佐 山本 友一 16.12.05:呉〜12.06横須賀12.06〜12.16クエゼリン〜12.30横須賀 17.01.--:軍隊区分:先遣部隊補給部隊 17.01.--:糧食油類爆弾搭載 17.01.05:横須賀〜01.12クエゼリン 17.02.01:機銃装備なし、八糎水平砲と小銃で対空戦闘  17.02.06:クエゼリン〜02.17呉 17.03.--:呉 17.04.--:呉 17.05.--:呉 17.06.06:呉〜06.18クエゼリン 17.07.--:クエゼリン 17.07.30:六通機密第29番電:作業終了せば監督官所定によりQP発呉に帰投すべし 17.08.08:クエゼリン〜08.19呉 17.08.20:監督官:海軍中佐 土井 卓三 17.09.--:呉 17.10.--:呉 17.11.--:呉 17.12.19:軍隊区分:丙號輸送部隊主隊 17.12.23:呉〜12.25佐世保 18.01.03:佐世保〜01.04釜山 18.01.07:(丙一号輸送第三輸送隊)釜山〜01.15パラオ01.19〜01.23ウエワク 18.01.--:第二十師団兵員897名、車両6、物件1,200揚陸 18.01.--:(丙一号輸送第三輸送隊)ウエワク〜パラオ 18.01.25:監督官:海軍中佐 川合 信 18.02.05:(丙一号輸送第三輸送隊)パラオ〜      〜02.05 0722 驅逐艦「夕暮」が護衛に就く〜      〜02.09青島 18.02.12:(丙三号輸送)青島〜02.21パラオ02.22〜02.26ウエワク 18.02.--:第四十一師団兵員1,394名、車両17揚陸 18.02.28:(丙三号輸送)ウエワク〜トラック〜03.21呉 18.03.30:呉〜04.01佐世保 18.04.03:佐世保〜04.13呉 18.04.25:宇品〜04.26佐伯      (8号演習輸送) 18.04.28:(K428船団)佐伯〜05.06パラオ      (第四次ウエワク輸送−第四十一師団輸送) 18.05.08:パラオ〜05.13ウエワク(揚陸)05.13〜05.17パラオ〜06.01呉 18.05.25:指揮官:海軍中佐 川合 信 18.06.02:地方徴傭船「彌生丸」から糧食補給 18.06.12:呉〜06.14横須賀 18.06.23:(第3623船団)横須賀〜      〜驅逐艦「有明」が護衛を開始〜      〜07.02トラック 18.07.--:トラック〜07.16横須賀 18.07.23:横浜〜07.28六連07.30〜08.04高雄 18.08.07:高雄〜カラン水道〜      〜08.27 「第二十一號驅潜艇」が護衛を開始〜      〜08.28彼南 18.--.--:彼南〜09.23西貢10.05〜
18.11.25:戦時編制:聯合艦隊所属、特設運送船(甲) 18.12.13:(第2515船団)パラオ〜      〜12.13 1000 「第二號哨戒艇」が船団と合同〜      〜12.14 1615 「第二十六號驅潜特務艇」「第二十七號驅潜特務艇」が解列〜      〜12.17 1700 「第六號驅潜艇」が合同〜      〜12.17 2400(N03.15-E119.32)タラカン行、特設運送船富士山丸」、第三小倉丸」、             海軍配當船白馬山丸」、松祐丸」、護衛艦「第六號驅潜艇」が分離〜      〜12.19 0930 「第二號哨戒艇」が護衛を止め先航〜      〜12.19バリクパパン 19.01.--:〜01.15バリックパパン 19.02.19:1600 運送艦佐多」を曳航開始〜      〜02.19 2314 驅逐艦「濱波」が敵潜発見、脅威投射〜      〜02.20パラオ      (第七派遣隊南洋第五支隊輸送) 19.03.29:パラオ〜04.05サイパン 19.04.08:サイパン〜 19.04.08:メレヨン向け航行中被雷、船体漂流、グアム島太郎湾外に漂着座礁
19.04.08:座礁 19.12.10:除籍:内令第1348号 19.12.10:解傭
喪失場所:N13.16-E145.11 グアム島南端アガ岬当方47km付近 喪失原因:米潜水艦Seahorse(SS-304)の雷撃

同型船

 山霜丸

兵装

 八糎砲1門、小銃。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和13年11月号
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報2600年版」S15.04 海と空社(P.38)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1985年6月号「日本商船隊の懐古 No.71」山田早苗
「船舶史稿」船舶部会「横浜」第二十一巻(P.104)

備考

米軍識別資料ONI 208-J, ONI 208-J (Revised)で本船とされている写真はいずれも「山霜丸」です。


前の船へ ← 特設運送船(給兵船) → 次の船へ

Homeへ戻る