白馬山丸の船歴

 年 月 日:船歴

03.03.07:起工 03.09.29:進水、命名:白馬山丸 03.12.04:竣工、登録総噸数:6,650、登録純噸数:4,070
04.--.--:登録総噸数:6,649、登録純噸数:4,069に変更 07.--.--:登録総噸数:6,650、登録純噸数:4,070に変更 11.--.--:登録総噸数:6,650、登録純噸数:4,112に変更
--.--.--:徴傭:陸軍 --.--.--:解傭 
17.--.--:登録総噸数:6,641、登録純噸数:4,098に変更 17.12.10:徴傭発令:兵備三機密第17号の12の13 17.12.28:船主:三井船舶株式會社、船籍港:東京に変更 17.12.29:徴傭発令、01.11授受地神戸着予定、呉鎮より徴傭授受換(大阪警備府)
18.01.11:徴傭:一般徴傭船(給油船)、呉鎮守府所管、海軍省配属 18.01.11:兵庫第二突堤に転錨  18.01.11:神戸鋼船にて油槽船への改造工事着手(第二次応急油槽船) 18.02.08:海軍に引渡し 18.02.09:三菱重工業株式會社神戸造船所にて入渠、船底塗粧 18.02.12:出渠 18.02.12:工事竣工 18.02.12:神戸〜02.13呉02.18〜02.19門司 18.02.19:(第129船団)門司〜02.23高雄 18.02.--:爆雷200個及び信管搭載 18.02.25:(第738船団)高雄〜02.28マニラ 18.02.--:爆雷200個及び信管揚陸 18.03.03:マニラ〜03.07ミリ 18.03.--:原油搭載7,073.52t、郵便物2個、託送品7個搭載 18.03.10:ミリ〜03.13聖雀 18.03.15:(第480船団)聖雀〜03.21高雄 18.03.22:(第243船団)高雄〜03.27六連 18.03.28:六連〜03.29神戸03.29〜03.31横浜 18.03.--:原油揚陸7,073.52t、油槽漏洩個所修理、油槽洗浄 18.04.23:横浜〜04.23横須賀 18.04.--:燃料油搭載 18.04.24:横須賀〜04.27六連 18.04.29:(第152船団)六連〜05.03馬公 18.05.05:馬公〜05.11ミリ 18.05.--:油7,149.25キロリットル搭載、機関室及び艙内漏洩 18.05.13:ミリ〜05.16聖雀 18.05.18:(第496船団)聖雀〜05.24高雄 18.05.--:雑貨380t搭載 18.05.27:(第266船団)高雄〜06.02下津 18.06.--:油揚陸 18.06.08:下津〜06.08大阪 18.06.--:揚荷、雑貨、大発6隻搭載 18.06.13:大阪〜06.14呉 18.06.--:雑貨、大発6隻揚陸、郵便物搭載 18.06.--:便乗者36名乗船、燃料油補給、練炭、豆炭、雑貨、兵器搭載 18.06.24:呉〜06.25門司06.26〜06.26佐世保 18.06.--:雑貨、郵便物搭載、便乗者6名乗船 18.07.02:(第172船団)佐世保〜      〜07.04 敵潜遭遇〜      〜07.05温州島07.09〜07.11高雄 18.07.--:便乗者6名下船、雑貨717t揚陸 18.07.14:(第760船団)高雄〜07.17マニラ 18.07.--:機密図書、郵便物全部揚陸 18.07.23:マニラ〜07.27ミリ 18.07.--:油搭載 18.07.29:ミリ〜08.02マニラ 18.08.--:郵便物搭載、便乗者4名乗船 18.08.06:(第862船団)マニラ〜08.09馬公 18.08.13:(第292船団)馬公〜08.18下松 18.08.23:解傭発令:兵備三機密第18号の8の37 18.08.31:解傭
18.09.01:徴傭:船舶運營會海軍配當船、呉鎮守府所管 18.12.08:兵備三機密第422号:海軍配當船一覧表掲載 18.12.13:(第2515船団)パラオ〜      〜12.13 1000 「第二號哨戒艇」が船団と合同〜      〜12.14 1615 「第二十六號驅潜特務艇」「第二十七號驅潜特務艇」が解列〜      〜12.17 1700 「第六號驅潜艇」が合同〜      〜12.17 2400(N03.15-E119.32)特設運送船富士山丸」、第三小倉丸」、             海軍配當船松祐丸」、護衛艦「第六號驅潜艇」と共に船団から分離〜      〜タラカン 19.02.02:第19次海軍指定船 19.02.20:兵備三機密第216号:海軍配當船一覧表掲載 19.02.23:藤永田造船所にて修理工事着手 19.02.29:入渠(03.31まで) 19.04.01:藤永田造船所にて修理工事完成 19.04.01:大阪〜04.06伊万里 19.04.07:伊万里〜04.14高雄 19.04.15:(タマ16船団)高雄〜      〜04.16 0930 驅逐艦」、特設掃海艇第三拓南丸」が護衛終了〜      〜04.17 0725 水雷艇」が護衛に加入〜      〜04.17 1550 特設砲艦木曾丸」、「第三十九號驅潜特務艇」が護衛に加入〜      〜04.19マニラ 19.04.22:(ミ02船団)マニラ〜      〜04.22 1040 「第三十八號哨戒艇」が船団に合同〜      〜04.23 2000 パクダナン湾(ボアヤン島の198度3,000m)に投錨、仮泊〜      〜04.24 0720 仮泊地発〜      〜04.25 1200 運送艦足摺」が護衛を止め分離、先行〜      〜04.25 1925 マルズ湾に仮泊〜      〜04.26 0800 マルズ湾を出港〜      〜04.26 0900 「第三十八號哨戒艇」が湾口の哨戒を止め船団に合同〜      〜04.26 1600 「第三十八號哨戒艇」が船団から分離先行〜      〜04.26 ---- ゼッセルトン湾に投錨、仮泊〜      〜04.27 0915 ゼッセルトン湾を出港〜      〜04.27 0930 「第三十八號哨戒艇」が船団に合同〜      〜04.28 0045 ブルネイ湾に仮泊〜      〜04.28 0530 ブルネイ湾を出港〜       〜04.28ミリ 19.05.04:(ミ02船団)ミリ〜      〜05.04 2100 イムルアン湾に仮泊、「第三十八號哨戒艇」は湾口を移動哨戒〜      〜05.05 0530 出港、「第三十八號哨戒艇」が護衛を開始〜      〜05.06 0801(N07.19.5-E116.52.5)海軍配當船日新丸」が被雷、沈没〜      〜05.06 0843 「第三十八號哨戒艇」が船団に合同〜      〜05.07 2000 セント・パウル湾に仮泊、「第三十八號哨戒艇」は湾口を移動哨戒〜      〜05.08 1130 出港〜      〜05.08 1245 「第三十八號哨戒艇」が船団に合同〜      〜05.08 1830 特設砲艦長壽山丸」が護衛に加入〜      〜05.10マニラ 19.05.13:(ミ02船団)マニラ〜      〜05.13 0815 「第三十八號哨戒艇」が船団に合同、護衛開始〜      〜05.15 1515 特設驅潜艇が来着、護衛開始〜      〜05.16 1530 「第三十八號哨戒艇」が解列〜      〜05.16高雄 19.05.28:高雄〜05.31マニラ06.09〜06.13カムラ湾06.14〜06.19昭南 19.06.21:兵備三機密第558号:海軍配當船一覧表掲載 19.07.12:昭南〜07.16ミリ07.21〜07.25マニラ 19.07.27:(ミ10船団)マニラ〜高雄向け航行
19.07.28:沈没 --.--.--:解傭
喪失場所:N16.28-E119.38 ボリナオ岬北西25km附近 喪失原因:米潜水艦Crevalle(SS-291)の雷撃

同型船

 箱根山丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1979年10月号「日本商船隊の懐古 No.4」山田早苗
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.133)
 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 「三十五年史」S28.11 三井造船株式会社
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.276)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊

前の船へ ← 海軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る