建和丸の船歴

 年 月 日:船歴

16.02.06:起工 17.09.27:進水、命名:建和丸 17.11.14:竣工
18.04.10:伊万里湾在勤海軍武官機密第100947番電:      1.佐第三船団        第一分隊         金嶺丸(JGOR)大冶丸(JOIB)若松丸(JOTB)佛蘭西丸(JAJD)以上蕪湖         大圖丸(JFTD)荻港        第二分隊         建和丸(JRFR)昌仁丸(JEKD)ちゃいな丸(JCJD)以上楡林         水天丸(JYBS)高雄経由バリツクパパン      2.護衛艦       3.10日0600伊万里湾発12日1500馬鞍群島着予定      4.ちゃいな丸富江にて合同      5.第二分隊馬鞍にて分離大陸接岸(水天丸烏坵嶼にて分離)      6.正午位置        10日北緯33度東経129度        11日北緯32度東経126度        12日北緯31度東経123度        13日北緯28度東経122度        14日北緯25度東経120度        15日北緯23度東経117度        16日北緯22度東経114度        17日北緯19度東経111度      7.高雄15日1400、楡林18日0800着の予定      8.水天丸は海徴、其の他民間船      9.積荷        水天丸 空ドラム缶6000瓲、昌仁丸 雑貨、木材、石炭2000瓲、其の他空船 18.04.10:鷗機密第101930番電:       佐第三船団十隻金嶺丸、佛蘭西丸、大冶丸、若松丸、大圖丸、昌仁丸、建和丸、水天丸日安丸、       辰浦丸を護衛10日1700伊万里湾発12日1500花鳥山着の予定、速力八節       11日正午位置北緯31度52分東経126度14分、12日北緯31度05分東経123度18分 18.04.10:(佐第三船団)伊万里湾〜      〜04.10 1930 12日1500花鳥山着の予定〜      〜04.12 1200 船団から分離し南航〜      〜楡林 18.05.15:伊萬里湾集合地管理官機密第150938番電:      1.佐第一九船団9隻        15日0600伊萬里湾発、17日0800花鳥山通過の予定、速力九節、        航路相崎瀬戸、三〇一六、三〇〇八        大冶丸(JOIB)、若松丸(JOTB)、金嶺丸(JGOR)以上蕪湖、勝利丸(JATS)荻港、        順豐丸(JJSR)陳家圩、泰山丸(JVOQ)馬鞍山、隆西丸(JXDM)ホンゲイ、        建和丸(JRFR)、昌仁丸(JEKD)以上楡林      2.正午位置        15日相崎瀬戸        16日北緯31度45分東経125度45分      3.南下船花鳥山にて分離大陸接岸、楡林22日1700、ホンゲイ23日1700着の予定        正午位置        17日北緯30度13分東経122度44分        18日北緯27度00分東経120度50分        19日北緯24度10分東経118度40分        20日北緯22度27分東経115度38分        21日北緯20度10分東経112度40分        22日北緯17度42分東経109度50分        23日北緯20度10分東経107度10分      4.護衛艦 平島        15日1200相崎瀬戸にて合同す      5.昌仁丸石炭、機械類、木材、雑貨、便乗者105名、其の他空船 18.05.15:(佐第一九船団)伊万里湾〜      〜05.17 1700 馬鞍群島沖着、敷設艇平島」が護衛を終了〜      〜楡林 18.07.13:第1次海軍指定船 18.10.23:指定解除
18.11.06:徴傭:陸軍 18.11.06:神戸〜11.15上海 18.11.16:上海〜11.23セブ〜12.25サルミ12.28〜12.31ハルマヘラ 19.01.14:ハルマヘラ〜01.22マニラ 19.01.22:マニラ〜01.22セブ01.23〜ワシレ 19.02.14:(M12船団)ワシレ〜      〜02.15 2200 「第四號掃海艇」の護衛終了〜      〜マニラ 19.02.--:マニラ〜02.26ハルマヘラ 19.03.01:ハルマヘラ〜03.06マニラ 19.03.30:マニラ〜04.09宇品 19.04.10:宇品〜 19.04.10:(佐第3船団)伊万里湾〜      〜04.12 1200 解列〜      〜04.12釜山 19.04.14:釜山〜04.16神戸 19.04.18:神戸〜04.26釜山04.26〜04.28門司 19.05.01:門司〜05.07高雄 19.05.07:高雄〜05.11マニラ 19.05.14:マニラ〜05.18セブ05.19〜05.23ハルマヘラ〜08.01アンボン08.01〜08.03大阪 19.08.05:大阪〜08.09マニラ 19.08.09:マニラ〜08.10ザンボアンガ08.11〜08.13セブ08.14〜08.16マニラ 19.09.23:オルモック〜
19.09.24:沈没 19.09.24:解傭
喪失場所:N11.13-E123.11 イグホン島北岸沖1km附近 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型船

 (A型平時標準船)
 勇山丸、辰南丸辰浦丸、陽和丸、宇洋丸日洋丸、月洋丸、光洋丸、旭山丸陽山丸御月丸

兵装

 八糎砲、爆雷4個。

写真資料

 要調査

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る