あとらんちつく丸の船歴

 年 月 日:船歴

T09.06.02:起工 T09.08.02:進水、命名:あとらんちつく丸  T09.12.20:竣工、船主:株式會社川崎造船所、船籍港:神戸
04.06.19:傭船主:川崎汽船株式會社 05.09.22:船主:國際汽船株式會社、船籍港:石川縣橋立に変更
--.--.--:徴傭:船舶運營會 18.03.--:積荷 石炭8,400t 18.03.29:秦皇島〜03.29大連04.01〜04.05広畑 18.04.--:揚荷 石炭8,400t 18.04.10:広畑〜04.16秦皇島 18.04.--:積荷 石炭8,460t 18.04.19:秦皇島〜04.20大連04.21〜04.26広畑 18.04.--:揚荷 石炭8,460t 18.04.29:広畑〜04.30因島 18.04.--:日立造船加因島造船所にて入渠、修繕、中間検査 18.05.15:因島〜05.17三池 18.05.17:三池武官府に於て軍属船員の指定船宣誓式施行 18.05.18:第1次海軍指定船 18.05.20:三池〜05.31西貢 18.06.--:積荷 米8,289.5t 18.06.07:西貢〜06.14高雄 18.06.--:積荷 バナナ154t 18.06.17:高雄〜06.22釜山 18.06.--:揚荷 米8,289.5t、バナナ154t 18.06.27:釜山〜06.28三池 18.06.--:補炭 18.07.--:三池〜      〜07.04 0340(N29.---E124.----)米潜水艦"Snook"(SS-279)の雷撃を受け大破〜      〜07.07 ---- 特設砲艦豐國丸」による救難作業開始〜      〜07.10 ---- 曳航される〜      〜07.12上海 18.07.--:三菱重工業株式會社江南造船所にて修理 18.11.--:船主:大阪商船株式會社、船籍港:大阪に変更 18.11.18:修繕完了 18.11.18:上海〜11.20蕪湖 18.11.--:積荷 鉄鉱石8,450t 18.11.25:蕪湖〜12.02大阪 18.12.10:徴傭発令:       授受地:大阪       授受年月日:昭和18年12月11日       記事:呉鎮守府より大阪警備府に徴傭委託 18.12.11:揚荷終了 18.12.--:解傭
18.12.11:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、呉鎮守府所管、海軍省配属 18.12.--:兵装工事 18.12.13:大阪〜12.14徳山 18.12.--:石炭搭載 18.12.22:徳山〜12.26横須賀 18.12.29:横須賀〜01.05サイパン 19.01.--:空ドラム缶、軍需品、砂糖、酒精、ウイスキー、粗燐鉱、民需品、錨鎖、郵便物搭載 19.02.05:サイパン〜02.13横須賀 19.02.--:錨鎖揚陸 19.02.13:横須賀〜02.13横浜 19.02.--:空ドラム缶、軍需品、砂糖、酒精、ウイスキー、粗燐鉱、民需品、郵便物揚陸 19.02.--:三菱重工業株式會社横浜造船所にて船体修理及び三式水中聴音機取付け 19.03.01:横浜〜03.01東京 19.03.03:東京〜03.03横須賀 19.03.--:軍需品、車輛、特型運貨船搭載、便乗者405名乗船、郵便物137個搭載 19.03.08:横須賀〜03.08横浜 19.03.09:横浜〜03.09木更津 19.03.--:便乗者163名乗船
19.03.10:機密横鎮命令作第347号:東松二號船団部隊編成 19.03.10:0800-1200 東京湾に出動し船団部隊の訓練 19.03.12:(東松二號船団)東京湾(木更津沖集合地)〜      〜03.13 0314(N32.52-E139.02)八丈島の247度40浬にて巡洋艦「龍田」、             一般徴傭船國陽丸」が被雷し航行不能〜      〜03.13 0319 驅逐艦「野分」、同「卯月」が敵潜制圧攻撃、敷設艇巨濟」、海防艦平戸」が             一般徴傭船「國陽丸」遭難者を救助〜      〜03.13 0357 一般徴傭船「國陽丸」沈没〜      〜03.13 0926 驅逐艦「野分」が合同〜      〜03.13 1245 敷設艇測天」が青島南方にて敵潜を探知攻撃〜      〜03.15 0530 驅逐艦「卯月」が合同〜      〜03.16 0320 敷設艇「測天」及び驅逐艦「卯月」が爆雷投射〜      〜03.16 1100 敷設艇「巨濟」が浮流機雷3個を発見し銃撃処分〜      〜03.16 2245 驅逐艦「野分」が敵潜らしきものを探知し爆雷攻撃〜      〜03.17 0455 水平線に白灯調査の為驅逐艦「朝風」が解列するが状況を得ず〜      〜03.18 0227 驅逐艦「夕凪」が敵潜探知〜      〜03.18 0530 第二十一驅潜隊(「第十七號驅潜艇」「第十八號驅潜艇」)が合同〜      〜03.18 0550 第二十一驅潜隊及び陸軍徴傭船高岡丸」が分離しパガンに向かう〜      〜03.19 0443 驅逐艦「卯月」が敵潜探知、爆雷攻撃〜      〜03.19 0605 驅逐艦「野分」が直衛機の誘導にて爆雷攻撃〜      〜03.19 0629 驅逐艦「朝風」、同「卯月」が爆雷攻撃〜      〜03.19サイパン 19.03.--:飲料水75t搭載 19.03.20:サイパン〜03.24トラック 19.03.--:軍需品、車輛、特型運貨船揚陸、便乗者568名退船、郵便物137個揚陸      無電機、酒保品、三式水戦?1機、航空兵器、還納航空機材、三十六糎砲弾、自動車搭載      便乗者462名乗船 19.03.28:トラック〜サイパン向け航行
19.03.30:沈没  --.--.--:解傭
喪失場所:N12.20-E145.52 グァム島アガ岬南東165km附近沖 喪失原因:米潜水艦Picuda(SS-382)の雷撃

同型船

 (大jロ型)
 第一大jロ、吉田丸、War Queen、War Prince、War Admiral、War Council、War Wolf、War Lion、
 War Tiger、War Hero、War Pilot、ぼるねお丸せれべす丸すまとら丸、~國丸、Eastern Queen、
 Easterner、長門丸、Eastern Sun、永jロ、Eastern Sea、興jロ、East Wind、East Cape、
 Easter Ling、喜jロ豐jロ、來jロ、盛jロ、東jロ慶jロ智jロ隆jロ、コjロ、
 壽jロ、坡土蘭丸、華盛頓丸晩香坡丸桑港丸、紐育丸、ばぷうる丸ぐらすごう丸新嘉坡丸智利丸伯剌西爾丸、亞爾然丁丸、Eastern Moon、Eastern Ocean、Eastern Planet、Eastern Dawn、
 Eastern Cloud、亞丁丸ねいぷる丸坡土西丸からち丸けいぷたうん丸、蘇格蘭丸、伊太利丸佛蘭西丸英蘭丸、西班牙丸、丁抹丸和蘭丸、瑞典丸、ちゃいな丸諾威丸白耳義丸おはいを丸いんであ丸ていむす丸おれごん丸ぱしふいつく丸、たいん丸、びくとりあ丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 2008年1月号「思い出の日本貨物船その137」
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1988年10月号「日本商船隊の懐古 No.111」山田早苗
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十巻(P.93)
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.180)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.183)
 "The World's Merchant Fleets 1939" Chatham Publishing 1999 Roger Jordan(P.249)
 小樽市博物館所蔵(78-4)

前の船へ ← 一般徴傭船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る