いんであ丸の船歴

 年 月 日:船歴

T09.02.03:起工 T09.04.19:進水、命名:いんであ丸 T09.06.11:竣工、船主:株式會社川崎造船所
T13.12.24:ハンブルグ〜坡土西〜蘇士^新嘉坡〜香港〜上海〜門司〜神戸〜02.27横浜 04.06.19:傭船主:川崎汽船株式會社 14.--.--:船主:川崎汽船株式會社に変更
16.09.02:徴傭:陸軍 16.09.02:大連〜09.03浦口09.24〜09.27武昌09.28〜09.28鎮海 16.10.02:鎮海〜10.02武昌10.03〜10.09呉淞10.13〜10.14鎮海 16.10.14:鎮海〜10.14石浦10.14〜10.25上海 16.10.26:上海〜10.30宇品 16.10.30:宇品〜10.31釜山11.13〜11.16黄埔12.11〜カムラン 16.12.--:輸送船隊区分:第六分隊(船番号:32) 16.12.13:(あ号E作戦第二次上陸部隊)カムラン湾〜      〜12.15 1420 F点にて分進〜      〜12.15 ---- 巡洋艦「川内」が合同〜      〜12.16コタバル 16.12.16:佗美支隊揚陸開始 16.12.19:夜半 揚陸完了 16.12.20:コタバル〜01.03大連 17.02.03:大連〜02.07シンゴラ02.11〜02.14盤谷 17.02.16:盤谷〜02.25高雄 17.02.26:高雄〜02.28西貢 17.03.12:西貢〜03.15昭南 17.03.16:昭南〜03.22ミリ 17.03.18:二揚作命丙第88号:       第四十六碇泊場司令官は川口支隊輸送船に左記のとおり寝棚を艤装すべし       但し、作業の一部は第一船舶工作廠の協力を受くべし       艤装箇所:四及び五番艙、坪数:195、完成日:3月20日 17.03.23:ミリ〜03.26ラブアン03.26〜03.27リンガエン03.28〜03.29アロギンサン04.09〜      〜04.11セブ04.11〜04.26コタペー04.29〜04.30バラング05.16〜05.21バコロド05.24〜      〜05.27マニラ 17.06.12:マニラ〜06.26宇品 17.06.26:解傭
17.12.11:徴傭:陸軍 17.12.11:宇品〜12.16サイパン 17.12.31:サイパン〜01.02ラバウル 18.01.16:ラバウル〜01.22パラオ 18.04.06:パラオ〜04.12ハンサ〜04.15ウエワク 18.04.15:ウエワク〜パラオ向け航行〜
18.04.15:沈没 18.04.15:解傭
喪失場所:S03.21-E143.43 カイリル島東方9km附近 喪失原因:米陸軍第5航空隊B-17による空爆

同型船

 (大jロ型)
 第一大jロ、吉田丸、War Queen、War Prince、War Admiral、War Council、War Wolf、War Lion、
 War Tiger、War Hero、War Pilot、ぼるねお丸せれべす丸すまとら丸、~國丸、Eastern Queen、
 Easterner、長門丸、Eastern Sun、永jロ、Eastern Sea、興jロ、East Wind、East Cape、
 Easter Ling、喜jロ豐jロ、來jロ、盛jロ、東jロ慶jロ智jロ隆jロ、コjロ、
 壽jロ、坡土蘭丸、華盛頓丸晩香坡丸桑港丸、紐育丸、ばぷうる丸ぐらすごう丸新嘉坡丸智利丸伯剌西爾丸、亞爾然丁丸、Eastern Moon、Eastern Ocean、Eastern Planet、Eastern Dawn、
 Eastern Cloud、亞丁丸ねいぷる丸坡土西丸からち丸けいぷたうん丸、蘇格蘭丸、伊太利丸佛蘭西丸英蘭丸、西班牙丸、丁抹丸和蘭丸、瑞典丸、ちゃいな丸諾威丸白耳義丸おはいを丸ていむす丸おれごん丸ぱしふいつく丸、たいん丸、あとらんちつく丸びくとりあ丸

兵装

 野砲、機銃2基。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1987年5月号「日本商船隊の懐古 No.94」山田早苗
 「川崎汽船100年史」 R元.09 川崎汽船株式会社(P.86)
 "City of Vancouver Archives", Reference code: AM1506-S3-2-: CVA 447-2319

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る