せれべす丸の船歴

 年 月 日:船歴

T06.09.01:起工 T06.11.13:進水、命名:第十五大jロ T06.12.12:竣工、改名:せれべす丸、登録総噸数:5,856、登録純噸数:4,257
T07.--.--:登録総噸数:5,863、登録純噸数:4,267に変更 T09.--.--:登録純噸数:4,258に変更 T13.07.26:漢堡〜アントワープ〜坡土西〜新嘉坡〜香港〜上海〜大連〜大阪〜07.12横浜
16.09.21:徴傭:陸軍 16.09.21:高雄〜09.30黄埔 16.10.04:黄埔〜10.05海口10.06〜10.08黄埔 16.10.10:黄埔〜10.13宝安10.22〜10.23汕頭10.23〜10.28聖雀 16.11.03:聖雀〜11.04カムラン11.12〜11.13黄埔 16.11.14:黄埔〜11.16門司 16.12.01:宇品〜12.14高雄 16.12.23:高雄〜12.24基隆12.28〜馬公 16.12.29:軍隊区分:機密馬來部隊第二護衛隊命令第1号:第一輸送船隊第一分隊(船番号:10) 16.12.31:(第一輸送船隊第一分隊)馬公〜      〜01.02 1600 間接護衛中の巡洋艦「摩耶」及び第六驅逐隊第一小隊が護衛を止め馬公に向かう〜      〜01.03 1150 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が合同〜      〜01.03 1200 第八驅逐隊第一小隊(大潮、朝潮)が護衛を止め分離〜      〜01.03 1530(N15.01-E112.18)陸軍徴傭船明光丸」が焼夷弾の自然発火により爆発〜      〜01.03 1843 陸軍徴傭船「明光丸」沈没〜      〜01.03 1700 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.05 0700 運送艦襟裳」が合同〜      〜01.06 0000 驅逐艦「吹雪」と特設敷設艦辰宮丸」が船団から分離〜      〜01.06 0530 第六分隊に編入〜      〜01.06 1200 第八驅逐隊第二小隊(満潮、荒潮)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1300 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1500 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.06 2215 運送艦「襟裳」が分離〜      〜01.06 1231 巡洋艦「名取」が潜望鏡らしきものを認め脅威投射〜      〜01.07 1200 第一、第二嚮導隊と分離〜      〜01.09 1900 盤谷沖錨地(Goh Sichang) 17.01.09:第二十五軍揚陸 17.01.12:ゴーシチャン〜01.12盤谷 17.01.16:盤谷〜02.07宇品 17.02.10:宇品〜02.12青島 17.02.15:青島〜02.25リンガエン02.28〜03.02高雄 17.03.04:高雄〜03.11西貢 17.03.14:西貢〜03.18昭南 17.04.02:昭南〜04.08蘭貢 17.04.11:蘭貢〜04.18昭南 17.04.21:昭南〜04.22バタビヤ 17.04.23:バタビヤ〜05.10ベラワン05.11〜05.13昭南 17.05.14:昭南〜05.15ベラワン05.16〜ピクリヤ〜メルギー〜05.25タボイ05.31〜06.01彼南06.01〜      〜06.08昭南 17.06.14:昭南〜06.21蘭貢06.25〜06.28モールメン06.29〜06.30蘭貢07.01〜07.03昭南 17.07.05:昭南〜07.17盤谷 17.07.29:盤谷〜07.30コーシチャン08.02〜08.11昭南 17.08.28:昭南〜09.03蘭貢09.13〜09.19昭南 17.10.09:昭南〜10.16蘭貢10.25〜11.07ブライ11.12〜11.14昭南 17.11.16:昭南〜11.17パダン12.02〜12.05昭南 17.12.21:昭南〜12.27蘭貢01.11〜01.17ポートセンテンハム01.24〜01.25ビンタン01.27〜02.06昭南 18.02.10:昭南〜02.15西貢02.22〜03.01高雄 18.03.02:高雄〜03.05清水 18.04.05:宇品〜04.29昭南 18.05.03:昭南〜05.05パレンバン05.08〜05.12スラバヤ 18.05.25:スラバヤ〜05.31アンボン06.12〜06.17スラバヤ 18.06.25:スラバヤ〜07.01アンボン07.14〜07.19スラバヤ 18.07.24:スラバヤ〜07.30昭南 18.08.03:昭南〜08.08西貢08.20〜08.21ブライ08.31〜09.11蘭貢09.14〜09.20昭南 18.09.23:昭南〜09.24ブライ09.28〜10.08蘭貢10.10〜10.17昭南 18.10.30:昭南〜11.01パレンバン11.04〜11.07スラバヤ 18.11.17:スラバヤ〜12.13ハルマヘラ12.17〜01.15スラバヤ 19.01.26:スラバヤ〜アンボン 19.02.02:アンボン〜02.05カウ 19.02.--:ハルマヘラ〜02.25サルミ02.28〜03.19マニラ 19.03.21:マニラ〜04.01西貢04.27〜04.20昭南 19.04.21:昭南〜05.08マニラ 19.07.--:マニラ〜ビートン 19.07.16:ビートン〜07.19ナムレア 19.07.20:(H31船団)ナムレア〜07.20アンボン 19.07.26:アンボン〜08.10メナド08.16〜09.26マニラ 19.09.27:マニラ〜10.03ブライ10.30〜11.02マニラ 19.11.04:軍隊区分:機密南西方面部隊命令作第31号:第三次輸送部隊第二船団 19.11.09:(多號作戦第三次輸送部隊第二船団)マニラ〜      〜11.10 0300(N13.20-E122.28)ルソン島ボンドック半島西岸サバンギン礁で座礁〜      〜11.13 1335 対空戦闘〜      〜11.14 0835 対空戦闘〜      〜11.15 1230 対空戦闘〜      〜11.15 1255 総員退船 
19.11.15:沈没 19.11.15:解傭
喪失場所:N13.20-E122.28 ルソン島ボンドック半島西岸サバンギン礁 喪失原因:PB4Yによる空爆

同型船

 (大jロ型)
 第一大jロ、吉田丸、War Queen、War Prince、War Admiral、War Council、War Wolf、War Lion、
 War Tiger、War Hero、War Pilot、ぼるねお丸すまとら丸、~國丸、Eastern Queen、
 Easterner、長門丸、Eastern Sun、永jロ、Eastern Sea、興jロ、East Wind、East Cape、
 Easter Ling、喜jロ豐jロ、來jロ、盛jロ、東jロ慶jロ智jロ隆jロ、コjロ、
 壽jロ、坡土蘭丸、華盛頓丸晩香坡丸桑港丸、紐育丸、ばぷうる丸ぐらすごう丸新嘉坡丸智利丸伯剌西爾丸、亞爾然丁丸、Eastern Moon、Eastern Ocean、Eastern Planet、Eastern Dawn、
 Eastern Cloud、亞丁丸ねいぷる丸坡土西丸からち丸けいぷたうん丸、蘇格蘭丸、伊太利丸佛蘭西丸英蘭丸、西班牙丸、丁抹丸和蘭丸、瑞典丸、ちゃいな丸諾威丸白耳義丸おはいを丸いんであ丸ていむす丸おれごん丸ぱしふいつく丸、たいん丸、あとらんちつく丸びくとりあ丸

兵装

 野砲、戦車砲、機銃2基。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1990年11月号「日本商船隊の懐古 No.136」山田早苗
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.118)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 米VBP-104による空撮写真

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る