染殿丸の船歴

 年 月 日:船歴

T05.03.08:起工 T05.12.14:進水、命名:染殿丸 T06.01.20:竣工、船籍港:長崎、登録純噸数:3,174
T07.--.--:船籍港:兵庫縣西宮に変更 T09.--.--:登録純噸数:3,188に変更 T12.12.11:エベレット〜01.11横浜 T13.03.05:バンクーバー〜03.31横浜 T13.06.12:バンクーバー〜07.07横浜 T13.09.19:バンクーバー〜10.23横浜 T13.12.06:Grays Harbour〜12.29横浜 T14.02.19:Grays Harbour〜天津〜神戸〜03.30横浜 T14.04.01:船籍港:西宮に変更
16.10.06:徴傭:陸軍 16.10.06:名古屋〜10.16海口10.26〜10.27壼盧島10.28〜11.20高雄 16.11.20:高雄〜馬公
16.12.03:輸送船隊区分:機密菲島部隊護衛部隊命令第1号:第二輸送船隊第八分隊(船番号:24) 16.12.18:(第二輸送船隊)馬公〜      〜12.19 0530 第一護衛隊に合同〜      〜12.20 0540 第三護衛隊が合同〜      〜12.22リンガエン湾 16.12.22:部隊揚陸 16.12.27:リンガエン〜01.07宇品
17.01.16:輸送船隊区分:機密護衛部隊命令第1号:護衛部隊第一輸送船隊第一分隊(船番号:3) 17.01.18(19):部隊乗船 17.01.--:宇品〜01.21六連沖 17.01.21:(第二師団第三次船団)六連沖〜01.26馬公01.29〜01.29高雄
17.01.27:機密蘭印部隊第三護衛隊命令第1号:第十六軍第二次輸送 17.02.03:(第二次回航船団)高雄〜      〜02.07 驅逐艦「長月」、同「水無月」が護衛に加入〜      〜02.08カムラン湾 17.02.01:輸送船隊区分:機密蘭印部隊第三護衛隊命令第2号:第三嚮導隊第三船隊第一分隊(船番号:2) 17.02.18:(西部ジャワ攻略作戦:第三船隊第一分隊)カムラン湾〜      〜02.20 1800 驅逐艦「文月」、同「春風」、同「松風」、同「旗風」が燃料補給の為分離〜      〜02.21 0800 巡洋艦「由良」、第十一驅逐隊、第十二驅逐隊、第一掃海隊が合同〜      〜02.21 1000 驅逐艦「皐月」、同「長月」、同「朝風」が燃料補給の為分離〜      〜02.21 1700 水雷艇千鳥」が合同〜      〜02.21 2100 運送艦鶴見」が合同〜      〜02.21 1800 驅逐艦「文月」、同「春風」、同「松風」、同「旗風」が合同〜      〜02.22 1200 ス作戦、ヤ作戦の上陸開始期日を1日延期〜      〜02.22 1400 第三護衛隊はアナンバス南東海面にて1日行程反転〜      〜02.23 1400 再度反転、南下開始〜      〜02.25 0920 驅逐艦「吹雪」、同「春風」が列に入る〜      〜02.26 1900 驅逐艦「水無月」、「第五號掃海艇」が列を解き第三嚮導隊に合同〜      〜02.27 0500 第三嚮導隊が分離〜      〜02.27 1030(S04.25-E106.40)輸送船隊反転〜      〜02.27 1048 巡洋艦「名取」、同「由良」、第十一、第十二驅逐隊は敵方に進出攻撃に向かう〜      〜02.27 1515 上陸日を更に1日繰り下げられる〜      〜02.28 0120 驅逐艦「松風」が分離〜      〜02.28 0415 巡洋艦「名取」、同「由良」、第十一、第十二驅逐隊が合同〜      〜02.28 2020 第二嚮導隊が分離〜      〜02.28 2100 泊地進入〜      〜02.28 2300 驅逐艦「春風」が蘭監視艇を発見、驅逐艦「初雪」と協力、砲撃破壊、擱坐させる〜      〜02.28 2315 バンタム湾入泊 17.03.01:0030 上陸成功 17.03.03:バンタム湾〜03.03メラク泊地 17.03.07:メラク泊地〜03.08ゴーシチャン03.23〜03.23盤谷 17.03.24:盤谷〜03.26ゴーシチャン04.20〜04.27宇品 17.12.12:宇品〜12.17上海 17.12.21:上海〜01.24エレベンタ01.25〜01.28ラバウル 18.02.12:ラバウル〜02.17ブイン 18.02.18:被爆
18.02.19:沈没 18.02.19:解傭
喪失場所:ブーゲンビル島ブイン(エレベンタ泊地) 喪失原因:米陸軍航空隊B-17による空爆

同型船

(辰馬型)
 甲谷陀丸、綾葉丸、呉羽丸、織殿丸ひまらや丸甲南丸海安丸室蘭丸、
 イースタン・ブラウン、函館丸、イースタン・ビクター、辨加拉丸、馬拉加丸、廣祐丸

兵装

 要調査。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1988年11月号「日本商船隊の懐古 No.112」山田早苗
 「日本近世造船史 大正時代」S10.12 造船協會(第五十圖)
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎(P.74)
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.54)
 「殉職者追悼録」 S57.08 山下新日本汽船株式会社(P.175)
 "City of Vancouver Archives", Reference code: AM1506-S3-2-: CVA 447-2704
 小樽市博物館所蔵(131-12, 140-11)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る