室蘭丸の船歴

 年 月 日:船歴

T07.05.15:起工 T08.10.16:進水、命名:室蘭丸 T08.11.10:竣工、登録総噸数:5,354、登録純噸数:3,263
T10.--.--:登録総噸数:5,370に変更 T11.--.--:登録総噸数:5,373、登録純噸数:3,251に変更 T12.08.02:甲谷陀〜蘭貢〜新嘉坡〜門司〜神戸〜大阪〜09.05横浜 T12.11.20:甲谷陀〜蘭貢〜新嘉坡〜香港〜基隆〜門司〜神戸〜大阪〜01.04横浜 T13.06.26:甲谷陀〜蘭貢〜彼南〜新嘉坡〜香港〜門司〜神戸〜07.28横浜 T13.10.25:甲谷陀〜蘭貢〜新嘉坡〜高雄〜門司〜神戸〜12.02横浜 08.01.03:門司港内にて「大和丸」と衝突事故
12.09.15:徴傭:陸軍 13.03.20:解傭
16.09.16:徴傭:陸軍 16.12.04:宇品〜12.10基隆 16.12.11:基隆〜馬公
16.12.29:軍隊区分:機密馬來部隊第二護衛隊命令第1号:第一輸送船隊第一分隊(船番号:8) 16.12.31:(第一輸送船隊第三分隊)馬公〜      〜01.02 1600 間接護衛中の巡洋艦「摩耶」及び第六驅逐隊第一小隊が護衛を止め馬公に向かう〜      〜01.03 1150 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が合同〜      〜01.03 1200 第八驅逐隊第一小隊(大潮、朝潮)が護衛を止め分離〜      〜01.03 1530(N15.01-E112.18)陸軍徴傭船明光丸」が焼夷弾の自然発火により爆発〜      〜01.03 1843 陸軍徴傭船「明光丸」沈没〜      〜01.03 1700 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.05 0700 運送艦襟裳」が合同〜      〜01.06 0000 驅逐艦「吹雪」と特設敷設艦辰宮丸」が船団から分離〜      〜01.06 0530 第一分隊「せれべす丸」を第六分隊に編入〜      〜01.06 1200 第八驅逐隊第二小隊(満潮、荒潮)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1300 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1500 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.06 2215 運送艦「襟裳」が分離〜      〜01.06 1231 巡洋艦「名取」が潜望鏡らしきものを認め脅威投射〜      〜01.07 1200 驅逐艦「吹雪」及び第三嚮導隊が分離〜      〜01.08 2100 シンゴラ錨地 17.01.08:第二十五軍揚陸 17.01.--:シンゴラ〜01.25西貢 17.01.26:西貢〜01.27海口02.12〜02.18高雄 17.02.18:高雄〜02.18上海 17.02.19:上海〜02.21マピラオ03.02〜03.07上海 17.03.14:上海〜03.19マピラオ03.19〜03.21香港03.25〜03.29上海 17.03.29:上海〜03.30天主03.30〜03.31呉淞 17.04.01:呉淞〜04.04マピラオ04.11〜04.13香港04.14〜04.16高雄 17.04.17:高雄〜04.22バタビヤ〜05.10スラバヤ 17.05.--:スラバヤ〜05.27バタビヤ05.28〜06.05ダバオ 17.06.06:ダバオ〜06.20マニラ 17.07.09:マニラ〜07.13大連 17.07.19:大連〜07.23神戸 17.07.31:解傭
17.08.21:徴傭:船舶運營會 18.04.21:鷗機密第210850番電:       佐第九船団       三池山丸鳴尾丸中華丸宏山丸、室蘭丸、榮丸、宇品丸良洋丸 八隻       21日0600伊万里発23日0800花鳥山着の予定、速力8.5節、航路三〇〇八       21日正午位置 北緯33度17分東経128度57分       22日     北緯31度50分東経125度35分 18.04.21:(佐第九船団)伊万里〜      〜04.23 0530 花鳥山沖着、「室蘭丸」が解列〜      〜04.23 0718 1200呉淞着の予定〜      〜04.23呉淞 18.10.07:解傭
18.10.07:徴傭:陸軍 18.10.11:宇品〜11.03マニラ11.19〜12.16大阪 18.12.19:大阪〜佐伯 18.12.27:(オ708船団)佐伯〜01.05パラオ 19.01.--:パラオ〜01.07アンガウル01.19〜パラオ 19.01.20:(フ002船団)パラオ〜01.24門司 19.01.--:門司〜01.30大阪 19.02.05:大阪〜04.10昭南 19.04.27:昭南〜05.01西貢05.08〜05.13マニラ 19.05.28:マニラ〜06.08ハルマヘラ06.16〜06.23マニラ 19.07.03:マニラ〜07.07楡林07.19〜07.28高雄 19.07.31:高雄〜08.01基隆08.04〜08.09門司 19.09.11:(モタ26船団)門司〜09.17高雄 19.10.01:高雄〜10.13マニラ 19.10.17:マニラ〜10.21楡林10.25〜10.30高雄 19.11.06:高雄〜11.13宇品 19.12.05:門司〜12.06釜山 19.12.08:解傭
19.12.08:徴傭:船舶運營會 19.12.--:陸軍配當船として運航(最期まで) 19.12.09:釜山〜12.10三池 19.12.14:(モタ28船団)三池〜12.22高雄 19.12.23:高雄〜12.26サンフェルナンド 19.12.30:(マタ38船団)サンフェルナンド〜
19.12.30:沈没 19.12.30:解傭
喪失場所:N17.11-E120.24 イロコス州カンドン西方沖7km附近 喪失原因:米第五航空隊のB-25、A-20、P-40による空爆

同型船

(辰馬型)
 染殿丸甲谷陀丸、綾葉丸、呉羽丸、織殿丸ひまらや丸甲南丸海安丸、
 イースタン・ブラウン、函館丸、イースタン・ビクター、辨加拉丸、馬拉加丸、廣祐丸

兵装

 野砲。

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.95)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1991年9月号「日本商船隊の懐古 No.146」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.175)
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.54)
 「日本郵船戦時戦史下巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.92)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual"(P.238)
 小樽市博物館所蔵(11-4)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る