廣祐丸の船歴

 年 月 日:船歴

T09.07.19:起工 T10.01.30:進水、命名:廣祐丸 T12.04.29:竣工
T12.11.29:エベレット〜室蘭〜01.01横浜 T13.03.07:ポートランド〜シアトル〜04.03横浜 T13.12.24:バンクーバー01.18横浜 05.07.23:神戸にて係船 10.01.29:横浜にて火災事故 10.01.30:鎮火 10.08.29:樺太東岸愛部崎にて触礁
16.10.04:徴傭:陸軍 16.10.04:大連〜10.13西貢11.01〜11.11宇品 16.11.20:若松〜11.27黄埔 16.11.28:黄埔〜11.29カムラン 16.12.--:輸送船隊区分:第二分隊(船番号:9) 16.12.13:(あ号E作戦第二次上陸部隊)カムラン湾〜      〜12.15 1420 F点にて分進〜      〜12.15 1800 巡洋艦「川内」が分離〜      〜12.16シンゴラ 16.12.16:第五師団主力揚陸開始 16.12.22:揚陸完了 16.12.22:シンゴラ〜12.29黄埔 16.12.29:黄埔〜12.30海口 --.--.--:海口〜01.11シンゴラ〜01.30盤谷01.31〜01.31聖雀 17.02.02:聖雀〜02.05西貢02.05〜02.12高雄 17.02.17:高雄〜02.24宇品 17.02.25:宇品〜03.04高雄 17.03.04:高雄〜03.14西貢〜03.30リンガエン04.16〜04.18高雄 17.04.19:高雄〜04.22カムラン〜05.05バタビヤ 17.05.17:バタビヤ〜05.18昭南 17.05.18:昭南〜05.22バタビヤ 17.05.27:バタビヤ〜06.05ダバオ06.14〜06.18マニラ 17.06.24:マニラ〜07.06高雄 17.07.07:高雄〜07.08大連07.11〜07.16宇品 17.07.22:門司〜07.25安慶07.28〜07.29南京07.29〜07.30宇品 17.10.24:門司〜10.26高雄 17.10.26:高雄〜10.27馬公10.28〜11.01高雄 17.11.02:高雄〜11.04聖雀11.12〜11.16西貢11.16〜11.17聖雀 17.11.17:聖雀〜11.21昭南 17.11.28:昭南〜11.29スラバヤ〜12.22ラバウル 18.02.01:ラバウル〜02.02タバコ〜カテンバヤンガ〜タバコ〜マニラ 18.03.20:マニラ〜03.27神戸 18.04.16:門司〜05.28パラオ 18.06.12:パラオ〜06.16ラバウル 18.06.17:ラバウル〜06.19パラオ 18.07.26:パラオ〜08.02宇品 18.08.15:門司〜08.20馬公08.22〜08.29聖雀 18.08.31:聖雀〜09.04昭南 18.09.11:昭南〜09.13パレンバン09.16〜09.17昭南 18.09.28:昭南〜09.30ブライ10.03〜10.08蘭貢10.10〜10.17昭南 18.10.21:昭南〜10.24ジャカルタ 18.10.25:ジャカルタ〜10.26パレンバン10.29〜10.31ジャカルタ 18.11.05:ジャカルタ〜11.09バリクパパン11.14〜11.20パラオ 18.12.02:パラオ〜12.10ラバウル 18.12.23:ラバウル〜01.01パラオ 19.01.11:(第七次ウエワク・ホランジヤ単独輸送)パラオ〜      〜01.14 船団から分離〜      〜01.15サルミ 19.01.17:サルミ〜パラオ向け航行
19.01.20:沈没 19.01.20:解傭
喪失場所:N06.48-E134.18 パラオ諸島コロール南方50km附近 喪失原因:米潜水艦Gar(SS-206)の雷撃

同型船

(辰馬型)
 染殿丸甲谷陀丸、綾葉丸、呉羽丸、織殿丸ひまらや丸甲南丸海安丸室蘭丸、
 イースタン・ブラウン、函館丸、イースタン・ビクター、辨加拉丸、馬拉加丸。

兵装

 野砲、機銃2基。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1983年11月号「日本商船隊の懐古 No.53」山田早苗
 小樽市博物館所蔵(102-5)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る