辨加拉丸の船歴

 年 月 日:船歴

T09.03.25:起工 T09.11.15:進水、命名:辨加拉丸 T10.10.27:竣工、登録総噸数:5,395、登録純噸数:3,231に変更
T12.11.13:紐育〜Baltimore〜Norfolk〜Colon〜巴奈馬〜桑港〜01.14横浜 T13.10.21:紐育〜Baltimore〜Newport News〜Honolulu〜12.12横浜 13.--.--:登録総噸数:5,399、登録純噸数:3,258に変更 15.06.08:定期検査完了
16.07.07:徴傭:陸軍 16.10.11:高雄〜10.14海口10.25〜10.27大連 16.12.24:大阪〜01.10アチモナン01.11〜01.20青島01.28〜02.03海防02.04〜02.05西貢〜03.01黄埔 17.03.04:黄埔〜03.06九龍03.15〜03.18西貢03.19〜03.20盤谷 17.04.--:盤谷〜コーシチャン〜04.30高雄 17.04.30:高雄〜05.01門司 17.05.06:解傭
17.05.18:徴傭:船舶運營會 17.12.26:中間検査完了 17.12.31:解傭
17.12.31:徴傭:陸軍 18.01.06:宇品〜釜山 18.01.10:釜山〜01.23パラオ 18.01.--:パラオ〜02.03高雄 18.02.11:高雄〜02.16上海 18.02.17:上海〜02.23パラオ 18.03.--:パラオ〜04.02ラバウル 18.04.13:ラバウル〜04.15ロレンゴー04.16〜05.06パラオ 18.05.06:パラオ〜05.06マニラ05.06〜05.12パラオ 18.06.05:(第5次ウエワク輸送作戦)パラオ〜06.10ウエワク06.10〜06.15パラオ 18.07.05:(第6次ウエワク輸送作戦)パラオ〜07.10ウエワク07.10〜07.16パラオ 18.08.08:パラオ〜08.08ハンサ08.09〜08.14パラオ 18.11.03:宇品〜11.05マニラ 18.12.02:マニラ〜12.25モクメル12.27〜01.15マニラ 19.02.01:マニラ〜02.08昭南 19.02.13:昭南〜02.18西貢02.18〜02.20マニラ 19.03.20:(H22船団)マニラ〜      〜03.22 1116 「第三十號掃海艇」が爆雷攻撃〜      〜03.23 1530 バシラン海峡にて「第三十號掃海艇」が特設驅潜艇第十二京丸」に護衛を引継ぐ〜      〜03.24 沈没
19.03.24:沈没 19.03.24:解傭
喪失場所:N05.38-E125.58 ミンダナオ島南端サランガニ島東北東55km附近 喪失原因:米潜水艦Bowfin(SS-287)の雷撃

同型船

(辰馬型)
 染殿丸甲谷陀丸、綾葉丸、呉羽丸、織殿丸ひまらや丸甲南丸海安丸室蘭丸、
 イースタン・ブラウン、函館丸、イースタン・ビクター、馬拉加丸、廣祐丸

兵装

 速射砲、機銃4基、爆雷4個。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1990年2月号「日本商船隊の懐古 No.127」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.184)
 「知られざる戦没船の記録(上)」柘植書房 H07.08 戦没船を記録する会(P.191)
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.54)
 「日本郵船戦時戦史上巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.574)
 小樽市博物館所蔵(7-5)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る