中華丸の船歴

 年 月 日:船歴

T08.10.15:起工 T09.01.26:進水、命名:中華丸 T09.02.18:竣工、船主:山下汽船株式會社、船籍港:兵庫縣西宮、登録総噸数:2,188、登録純噸数:1,285
T10.--.--:登録総噸数:2,191、登録純噸数:1,302に変更 --.--.--:徴傭:陸軍 T11.01.21:小樽〜      〜01.23 1730 ピレヴォ角沖約1哩半にて氷塊のため舵機損傷、独航不能〜      〜01.25 0800 砕氷艦大泊」に曳航されピレヴォ角に向う〜      〜01.25 1630 ピレヴォ角着〜      〜01.28 0700 砕氷艦「大泊」に曳航され航空母艦「若宮」に向う〜       〜01.29 0800 知来岬の南西14浬無氷帯を縫いつつ南下〜      〜01.29 1445(N48.08-E141.35)氷界を脱す、曳航を離し応急舵の試験〜      〜01.30 1400 航空母艦「若宮」来着〜      〜01.30 1520 航空母艦「若宮」が曳索を取る〜      〜01.30 1522 曳航開始〜      〜01.30 1540 砕氷艦「大泊」が先導〜      〜02.01 1430 小樽港外着、曳索を放ち、陸軍が引継ぎ〜      〜02.01小樽 T11.--.--:船主:山下汽船礦業株式會社、船籍港:~戸に変更 --.--.--:解傭 T12.--.--:登録総噸数:2,186、登録純噸数:1,279に変更 T12.10.05:高雄〜馬公〜10.16横浜 T12.11.25:高雄〜神戸〜12.01横浜 T12.12.25:高雄〜01.01横浜 T13.01.28:高雄〜02.03横浜 T14.02.06:船主:山下汽船株式會社に変更 03.--.--:登録純噸数:1,297に変更 09.05.22:船主:大阪商船株式會社、船籍港:大阪に変更 09.05.22:傭船主:摂津商船株式會社 10.09.12:返船 10.--.--:登録総噸数:2,188、登録純噸数:1,287に変更  12.--.--:登録総噸数:2,189、登録純噸数:1,286に変更 14.09.01:船主:東亞海運株式會社、船籍港:東京に変更
16.08.11:徴傭:陸軍 16.08.11:高雄〜08.15黄埔 16.08.19:黄埔〜08.23汕頭08.23〜08.29福州09.06〜09.07黄埔 16.09.07:黄埔〜09.09海口09.19〜09.21黄埔 16.09.30:黄埔〜10.03海防10.12〜10.14黄埔 16.10.15:黄埔〜10.16澳頭10.21〜10.22汕尾10.29〜10.31宇品 16.12.07:基隆〜12.21海防12.27〜01.08宇品 17.01.19:宇品〜01.20釜山01.20〜01.23宇品 17.01.26:宇品〜01.28釜山01.28〜01.29宇品 17.01.30:門司〜02.02上海02.06〜02.10宇品 17.02.12:門司〜02.16上海02.18〜02.22宇品 17.02.24:門司〜02.27上海02.28〜03.09大阪 17.03.10:宇品〜03.12釜山03.12〜03.14宇品 17.03.15:宇品〜03.15釜山03.17〜03.17門司 17.03.26:宇品〜03.26釜山03.26〜03.27宇品 17.03.27:宇品〜03.28釜山03.30〜03.31門司 17.04.01:門司〜04.02釜山04.03〜04.05宇品 17.04.06:宇品〜04.10釜山04.10〜04.12宇品 17.04.14:宇品〜04.16釜山04.16〜04.18宇品 17.04.19:宇品〜04.22釜山04.22〜04.24宇品 17.04.26:宇品〜04.28釜山04.28〜04.29宇品 17.04.30:門司〜05.05基隆05.09〜05.13門司 17.05.15:(第113船団)門司〜      〜05.19 ---- 解列〜      〜05.19基隆 17.05.23:基隆〜05.29大阪 17.06.10:門司〜06.11釜山06.17〜06.18宇品 17.06.18:解傭
17.09.28:官房機密第10773号:商船用機銃貸与の件訓令       所属海軍軍需部をして在庫の左記兵器を別紙記載の商船用として各所管海軍警備隊に貸与せしむべし        記       毘式七粍七単装機銃U型改一附属具補用品共 1基(数量は各一隻分を示す)       同普通弾薬包               800個       同曵跟弾薬包               200個      (別紙)-- 抜粋       佐世保警備隊(門司)       順位 船名   総噸数 船舶所有者 入港時期        618 中華丸   2,189 東亞海運  9月上旬 (門司) 18.04.21:鷗機密第210850番電:       佐第九船団       三池山丸鳴尾丸、中華丸、宏山丸室蘭丸、榮丸、宇品丸良洋丸 八隻       21日0600伊万里発23日0800花鳥山着の予定、速力8.5節、航路三〇〇八       21日正午位置 北緯33度17分東経128度57分       22日     北緯31度50分東経125度35分 18.04.21:(佐第九船団)伊万里〜      〜04.23 0530 花鳥山沖着、「室蘭丸」が解列〜      〜04.23 0718 1200呉淞着の予定〜      〜04.23呉淞 18.06.06:伊萬里湾集合地管理官機密第061123番電:      1.シ第六〇七船団7隻        6日0700伊万里湾発、8日1200ベルブイ着の予定、速力八節、        航路 古志岐の北5浬よりS六一経由余山に向う        順豐丸JJSR馬鞍山、大圖丸JFTD蕪湖、御影丸JUEB荻港、昭泰丸JKSR杭木材、衡山丸JGXN雑貨、        中華丸JSQA機械類、以上上海、春天丸JCAC軍需品高雄(マニラ)      2.正午位置        7日北緯32度40分東経125度30分      3.護衛艦 特務艦室戸(船団に続行す)        6日1200古志岐北5浬にて会合す、上海行      4.昭泰丸6日発船団に先行す      5.春天丸ベルブイにて分離大陸接岸、10日1200高雄着の予定        正午位置        9日北緯27度28分東経121度58分 18.06.06:(シ第六〇七船団)伊万里湾〜      〜06.08 0800 余山着、濃霧の為解列〜      〜上海 18.08.11:伊萬里武官機密大120601番電:       シ二一一船団十一隻       護衛艦 鷹島       12日0600伊万里湾発14日1200余山着解列の予定、       航路 古志岐島北三浬、北緯33度24分東経127度43分、S六一経由余山に向う       輝洋丸薩摩丸金龍丸、江晨丸、中華丸、馬公丸和山丸、勝利丸 18.08.12:(シ第二一一船団)伊万里〜余山
18.10.10:徴傭:陸軍 18.11.02:第二新東丸機密第021604番電:       鹿四〇八船団開城丸、山萩丸、加能丸、海順丸、中華丸、呂宋丸、慶運丸、??丸以上八隻速力八節       4日1100山川沖発、屋久島海峡群島東岸接航、悪石島(0500)5日1100名瀬着、同地発1500、       6日1200那覇着の予定 18.11.04:(鹿第四〇八船団)鹿児島〜11.05名瀬11.05〜11.06名護湾11.06〜11.07那覇 18.11.--:那覇〜11.09基隆11.13〜11.14高雄 18.11.29:高雄〜12.03マニラ 18.12.07:マニラ〜12.14ハルマヘラ 18.12.16:ハルマヘラ〜12.17マノクワリ12.20〜12.22ハルマヘラ 18.12.26:ハルマヘラ〜12.29塘沽01.06〜01.14スラバヤ 19.02.01:スラバヤ〜アンボン 19.02.02:アンボン〜02.05カウ 19.02.10:ハルマヘラ〜02.13マノクワリ02.24〜02.25ハルマヘラ 19.03.06:ハルマヘラ〜03.11アンボン03.17〜04.05スラバヤ 19.06.01:スラバヤ〜06.03ジャカルタ06.27〜07.01昭南 19.07.17:昭南〜07.19パレンバン07.25〜07.28昭南 19.08.17:昭南〜08.21ミリ08.29〜 19.09.21:オルモック〜
19.09.24:沈没 19.09.24:解傭
喪失場所:N11.21-E123.11 パナイ島東岸パンデアスカル島西岸沖 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型船

 華南丸、大華丸。

兵装

 毘式七粍七単装機銃1基。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.170)
 「陸軍運送船 「中華丸」 氷海運航記念」
 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.96)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 小樽市博物館所蔵(92-1, 92-2)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る