大泊の艦歴

 年 月 日:艦歴

T10.05.30:命名:達第104号:特務艦「大泊」(オホトマリ) T10.06.24:起工 T10.06.24:信号符字點付:達第131号:GQUH T10.08.03:類別等級制定:達第154号:種別:特務艦、類別:碎氷艦 T10.08.03:本籍仮定:内令第296号:舞鶴鎮守府 T10.10.01:艤装員長:海軍大尉 國生 行孝 T10.10.03:進水 T10.11.07:竣工 T10.11.07:本籍:内令第424号:舞鶴鎮守府、役務:在役特務艦
T10.11.07:特務艦長心得:海軍大尉 國生 行孝 T10.11.15:特務艦長:海軍中佐 吉武 純藏 T11.01.21:小樽〜      〜01.23 1730 ピレヴォ角沖にて陸軍徴傭船中華丸」が氷塊のため舵機損傷、独航不能〜      〜01.24 1800 膠着〜      〜01.25 0800 離氷、陸軍徴傭船「中華丸」を曳航しピレヴォ角に向う〜      〜01.25 1630 ピレヴォ角着〜      〜01.27 2300 石炭補給終了〜      〜01.28 0700 陸軍徴傭船「中華丸」を曳航し航空母艦若宮」に向う〜       〜01.29 0800 知来岬の南西14浬無氷帯を縫いつつ曳航南下〜      〜01.29 1445(N48.08-E141.35)氷界を脱す、曳航を離し航空母艦「若宮」を一時間捜索〜      〜01.30 1400 航空母艦「若宮」来着〜      〜01.30 1522 航空母艦「若宮」が 陸軍徴傭船「中華丸」を曳航開始〜      〜01.30 1540 航空母艦「若宮」を先導〜      〜01.30 1900(N47.22-E141.11)救難保護任務を航空母艦「若宮」に引継ぎ、引返す〜      〜02.03小樽 T11.02.11:小樽〜02.11余市湾02.12〜02.13聖ウラジミル湾〜02.14亞米利加湾02.15〜02.15浦潮02.19〜      〜02.21舞鶴〜03.09小樽 T11.03.12:小樽〜03.15亞港03.16〜03.17泥港03.19〜03.19亞港03.20〜03.24小樽 T11.03.28:官房第872号ノ2:喫水線変更の件認許 T11.03.29:小樽〜亞港03.31〜04.01泥港04.02〜04.03亞港04.08〜04.09小樽 T11.04.20:小樽〜04.21函館04.22〜04.27横須賀 T11.04.29:横須賀〜04.29横浜05.05〜05.06鳥羽05.04〜05.12舞鶴 T11.05.15:役務:内令第176号:第二豫備特務艦 T11.07.05:官房第2514号:艦尾樓、龍骨等増設方訓令 T11.08.24:官房第2776号ノ2:造水装置並工業用機械の件認許 T11.11.01:役務:内令第377号:在役特務艦 T11.11.07:舞鶴〜港外にて自差修正〜11.07舞鶴 T11.11.08:舞鶴〜港外にて公試〜11.08舞鶴 T11.11.10:特務艦長:海軍中佐 太田 質平 T11.11.19:舞鶴〜港外にて諸訓練〜11.19舞鶴 T11.12.01:本籍:内令第431号:横須賀鎮守府に変更 T11.12.01:役務:内令第436号:在役特務艦 T11.12.04:舞鶴〜12.06夷湾12.06〜12.07小樽12.11〜12.15亞港12.17〜12.18ブイキ12.19〜      〜12.19インペラトルスカヤ12.20〜12.20コツピー12.20〜12.20グロセビチヤ12.24〜      〜12.25サマルガ12.26〜12.27小樽 T12.05.10:役務:内令第185号:第二豫備特務艦 T12.08.18:官房第2626号ノ2:機関部増設工事の件認許 T12.10.01:役務:内令第348号:第一豫備特務艦 T12.10.15:特務艦長:海軍中佐 佐藤 英夫 T12.11.01:役務:内令第397号:在役特務艦 T12.12.19:官房第3993号:二十呎通船にガソリン機械装備の件訓令 T13.05.10:役務:内令第133号:第二豫備特務艦 T13.09.01:役務:内令第212号:第一豫備特務艦 T13.10.25:特務艦長:海軍中佐 毛内 効 T13.10.28:官房第3179号ノ2:船体部及同艤装改造の件認許       前部下甲板を水防甲板に改造及糧食庫運用科倉庫入口蓋改造 T13.11.01:役務:内令第277号:在役特務艦 T14.05.20:役務:内令第134号:第二豫備特務艦 T14.07.01:特務艦長:海軍大佐 平山 榮 T14.08.01:特務艦長:海軍中佐 石川 眞吾 T14.11.01:役務:内令第284号:第一豫備特務艦 T14.12.01:役務:内令第321号:在役特務艦、大湊要港部附属 T15.06.01:役務:内令第128号:第二豫備特務艦      〜06.08横須賀 T15.11.01:役務:内令第226号:第一豫備特務艦 T15.11.01:特務艦長:海軍中佐 大野 功
T15.11.29:類別等級制定:内令第239号:特務艦、類別:碎氷艦、艦型:なし T15.12.01:役務:内令第268号:在役特務艦、大湊要港部附属 T15.12.08:横須賀〜12.08横須賀 T15.12.16:入渠 T15.12.25:出動 02.05.01:役務:内令第260号:第二豫備特務艦 02.09.01:役務:内令第273号:第一豫備特務艦 02.12.01:役務:内令第387号:在役特務艦、大湊要港部附属 02.12.01:特務艦長:海軍中佐 山縣 少介 03.03.25:特務艦長:海軍中佐 小山 泰治 03.05.01:役務:内令第124号:第二豫備特務艦 03.05.01:特務艦長:海軍中佐 曽我 C市郎 03.11.01:役務:内令第305号:第一豫備特務艦 03.11.01:内令第307号:大禮特別観艦式参列艦 03.12.10:役務:内令第353号:在役特務艦 04.05.01:役務:内令第134号:第一豫備特務艦 04.05.01:特務艦長:海軍中佐 山田 定男 04.11.30:役務:内令第278号:在役特務艦 05.03.01:役務:内令第38号:第一豫備特務艦 05.05.01:役務:内令第85号:第一豫備特務艦 05.12.01:役務:内令第232号:在役特務艦 05.12.01:特務艦長:海軍中佐 鬼 俊民 06.05.01:役務:内令第82号:第一豫備特務艦 06.07.17:0830 函館船渠出渠 06.11.02:特務艦長:海軍中佐 草川 淳 06.12.01:役務:内令第217号:在役特務艦 07.06.01:役務:内令第187号:第一豫備特務艦 07.08.21:(「公稱第1061號浮船渠」を曳航)大湊〜08.22函館 07.09.--:(「公稱第1061號浮船渠」を曳航)函館〜09.12大湊 07.11.15:特務艦長:海軍中佐 居谷 吉春 07.12.01:役務:内令第375号:在役特務艦 08.10.18:信号符字改正:達第127号:JWSD 08.11.15:特務艦長:海軍大佐 塚原 胤一 09.11.15:特務艦長:海軍中佐 宮里 秀徳      〜09.28大湊 10.11.15:特務艦長:海軍中佐 森田 一男 11.11.02:特務艦長:海軍中佐 江口 松郎 12.08.01:役務:内令第400号:第二豫備特務艦 13.11.15:特務艦長:海軍大佐 江口 松郎 13.12.15:特務艦長:海軍大佐 門前 鼎 14.11.15:特務艦長:海軍大佐 村山 C六 15.11.01:特務艦長:海軍大佐 今村 幸彦 16.10.08:教練射撃 16.10.16:1530 ソ連製機雷爆破処分 16.10.16:小田内海岸〜村松 16.11.01:戦時編制:大湊警備府部隊所属 16.12.01:信号符字改正:達第369号:JFEQ 16.12.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第6号:宗谷防備部隊 16.12.05:大湊〜哨区哨戒〜稚内 16.12.17:稚内〜白主 17.01.04:白主〜01.04大泊 17.01.07:大泊〜01.07白主 17.01.12:白主〜01.12白主 17.01.13:白主〜01.13稚内 17.01.14:稚内〜01.15白主 17.01.19:白主〜01.19大泊 17.01.22:大泊〜01.22稚内 17.01.23:稚内〜01.24稚内 17.01.28:稚内〜01.29稚内 17.01.31:稚内〜01.31大泊 17.02.02:大泊〜02.05大泊 17.02.09:大泊〜02.10稚内 17.02.11:稚内〜02.12大泊 17.02.15:大泊〜02.16稚内 17.02.17:稚内〜02.18大泊 17.02.21:大泊〜02.24大泊 17.03.02:大泊〜03.05大泊 17.03.08:大泊〜03.11大泊 17.03.13:大泊〜03.14大泊 17.03.15:大泊〜03.15稚内03.17〜03.19函館 17.03.21:入渠 17.03.27:出渠 17.03.27:函館〜03.27大湊03.29〜03.30稚内 17.04.03:多蘭〜04.03大泊 17.04.04:大泊〜04.05多蘭04.06〜04.06大泊 17.04.09:大泊〜04.09鉢子04.11〜04.11稚内 17.04.12:稚内〜04.23大泊 17.04.15:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第24号:宗谷防備部隊 17.04.24:大泊〜      〜04.24 教練射撃〜      〜04.24稚内 17.04.25:稚内〜04.26大泊 17.04.27:大泊〜大泊 17.05.01:大泊〜05.03大泊 17.05.04:大泊〜05.05鉢子内05.07〜      〜05.09 教練射撃〜      〜05.10大泊 17.05.13:大泊〜05.16大泊 17.05.18:大泊〜05.20大泊 17.05.24:大泊〜05.26大泊 17.05.28:大泊〜05.28七江沖05.29〜05.29七江05.30〜06.01大泊 17.06.05:大泊〜哨区哨戒〜06.07稚内 17.06.08:稚内〜06.09大泊 17.06.10:大泊〜哨区哨戒〜06.14小樽 17.06.15:特務艦長:海軍大佐 岡 恒夫 17.06.16:小樽〜哨区哨戒〜06.19大泊 17.06.23:大泊〜哨区哨戒〜06.25大泊 17.06.29:大泊〜      〜06.29 0704 出港の際、低潮のため圧流され突提の延長線上の浅瀬に座洲〜      〜06.29 1345 自力離洲、異状なし〜      〜哨区哨戒〜      〜07.02大泊 17.07.05:大泊〜哨区哨戒〜07.07大泊 17.07.10:大泊〜哨区哨戒〜07.12大泊 17.07.16:大泊〜哨区哨戒〜07.19大泊 17.07.22:大泊〜哨区哨戒〜07.25稚内 17.07.28:大泊〜哨区哨戒〜07.31大泊 17.08.03:大泊〜08.04榮浜08.05〜08.05知取08.06〜08.06敷香08.08〜08.09海豹島08.09〜      〜08.10大泊 17.08.15:大泊〜08.18大泊 17.08.21:大泊〜08.25大泊 17.08.30:大泊〜特設運送船玖馬丸」救助及び哨区哨戒〜09.05大泊 17.09.08:大泊〜哨区哨戒〜09.11大泊 17.09.14:大泊〜      〜09.14 教練射撃〜哨区哨戒〜      〜09.17大泊 17.09.20:大泊〜哨区哨戒〜09.23大泊 17.09.26:大泊〜哨区哨戒〜09.29大泊 17.10.02:大泊〜哨区哨戒〜10.05大泊 17.10.08:大泊〜哨区哨戒〜10.11大泊 17.10.17:大泊〜哨区哨戒〜10.23大泊 17.10.26:大泊〜哨区哨戒〜10.30大泊 17.11.03:大泊〜哨区哨戒〜11.05大泊 17.11.09:大泊〜哨区哨戒〜11.11大泊 17.11.14:大泊〜哨区哨戒〜11.21大泊 17.11.23:大泊〜哨区哨戒〜11.25大泊 17.11.25:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第36号:宗谷防備部隊 17.12.--:大泊〜哨区哨戒〜12.07大泊 17.12.10:大泊〜哨区哨戒〜12.14大泊 17.12.13:官房機密第15157号:方位測定機等換装の件訓令 17.12.16:大泊〜哨区哨戒〜12.19大泊 17.12.21:大泊〜12.21稚内 17.12.22:稚内〜哨区哨戒〜12.25大泊 17.12.28:大泊〜哨区哨戒〜大泊 18.01.03:大泊〜哨区哨戒〜01.06大泊 18.01.09:大泊〜哨区哨戒〜01.12大泊 18.01.15:大泊〜哨区哨戒〜01.18大泊 18.01.21:大警機密第211330番電:「第二號新興丸」と連絡同艦の警戒及び水路嚮導に任ずべし 18.01.21:大泊〜      〜01.22 0230 現場着、宗谷海峡に向け嚮導を開始〜      〜01.25大泊 18.01.27:大泊〜哨区哨戒〜01.29大湊 18.01.31:大警機密第31100番電:02.01函館に回航、入渠修理に従事      完了せば大湊に回航補給の上哨区に進出せよ 18.02.01:大湊〜02.01函館 18.02.02:入渠 18.02.07:出渠 18.02.16:函館〜02.16大湊 18.03.--:大湊 18.04.02:大湊〜哨区哨戒〜04.05大泊 18.04.04:大警機密第041519番電:氷上調査 18.04.09:大泊〜哨区哨戒〜04.12大泊 18.04.15:大泊〜哨区哨戒〜04.17大泊 18.04.20:大泊〜哨区哨戒〜04.24大泊 18.04.27:大泊〜哨区哨戒〜      〜04.28 1600 ニ丈岩の東100浬にてソ連船「Kamenets Podolsk」(UNZW)を臨検〜      〜04.29 2227 「Kamenets Podolsk」を抑留〜      〜04.30大泊 18.05.02:大泊〜哨区哨戒〜05.04大泊 18.05.07:大泊〜哨区哨戒〜05.11大泊 18.05.13:大泊〜哨区哨戒〜      〜05.15 第一回艦砲射撃教〜      〜05.16大泊 18.05.18:大泊〜哨区哨戒〜05.21大泊 18.05.24:大泊〜哨区哨戒〜05.27大泊 18.05.31:大泊〜哨区哨戒〜06.04大泊 18.06.07:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第44号:宗谷防備部隊 18.06.08:大泊〜哨区哨戒〜06.12大泊 18.06.16:大泊〜哨区哨戒〜06.21大泊 18.06.24:大泊〜哨区哨戒〜      〜06.25 0600 ニ丈岩の110度13浬にてソ連船「ノーギン」(7,003t)を臨検、連行〜   〜06.25大泊 18.06.26:大泊〜哨区哨戒〜06.27大泊 18.06.28:大泊〜06.28海馬島06.29〜06.29本斗07.02〜07.06大泊 18.07.10:大泊〜哨区哨戒〜07.17大泊 18.07.19:大泊〜哨区哨戒〜07.24大泊 18.07.28:大泊〜哨区哨戒〜07.29稚内 18.07.30:稚内〜哨区哨戒〜08.01遠淵 18.08.02:遠淵〜08.02大泊08.05〜08.05七江08.06〜08.06札搭 18.08.07:札搭〜哨区哨戒〜08.09大泊 18.08.11:大泊〜哨区哨戒〜08.17大泊 18.08.20:大泊〜哨区哨戒〜08.24大泊 18.08.25:缶修理 18.09.02:大泊〜哨区哨戒〜09.06大泊 18.09.10:大泊〜哨戒掃蕩〜09.14大泊 18.09.17:大泊〜掃蕩及び哨戒〜09.22大泊 18.09.26:大泊〜      〜09.30 教練射撃〜      〜09.30大泊 18.10.03:大泊〜10.03稚内 18.10.05:稚内〜哨戒及び掃蕩〜10.10大泊 18.10.13:大泊〜哨戒〜10.15稚内 18.10.16:稚内〜哨戒〜10.18大泊 18.10.21:大泊〜哨戒〜10.22稚内 18.10.24:稚内〜哨戒〜10.26大泊 18.10.29:大泊〜哨戒〜11.01稚内 18.11.02:稚内〜哨戒〜11.03大泊 18.11.07:大泊〜哨戒及びソ連船監視〜11.12大泊 18.11.15:大泊〜哨戒〜11.19大泊 18.11.23:大泊〜哨戒〜11.27大泊  18.12.01:大泊〜哨戒及びソ連船監視〜12.05大泊 18.12.05:特務艦長:海軍大佐 千葉 次雄 18.12.09:大泊〜哨戒及びソ連船監視〜12.12大泊 18.12.17:大泊〜哨戒及びソ連船監視〜12.21大泊 18.12.25:大泊〜哨戒及びソ連船監視〜12.28大泊 19.01.04:大泊〜哨戒〜01.06稚内 19.01.08:稚内〜01.08大泊 19.01.10:大泊〜哨戒〜01.14大泊 19.01.18:大泊〜哨戒〜01.22大泊 19.01.28:大泊〜哨戒〜01.30大泊 19.02.02:大泊〜哨戒〜02.03大泊 19.02.04:大泊〜哨戒〜02.05大泊 19.02.07:大泊〜哨戒〜02.08大湊 19.02.--:入渠 19.02.26:特務艦長:海軍大佐 千知波 長次
19.03.10:軍隊区分:宗谷防備部隊作戦指揮下 19.04.03:大泊〜哨区哨戒〜 19.04.04:宗防部隊電令作第3号:哨区哨戒中機宜行動中知床岬付近海面の氷状を調査報告せよ      〜04.05 1015 中知床岬の317度8浬にてソ連船「Amur」(UNPW)を尋問〜 19.04.05:宗谷防備部隊電令作第4号:適宜函館に回航、入渠修理      〜04.06大泊 19.04.07:大泊〜04.09函館 19.04.09:入渠 19.04.10:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第79号:宗谷防備部隊 19.04.18:出渠 19.04.20:函館〜04.20大湊 19.04.25:大湊〜04.27稚内04.28〜04.30大泊 19.05.04:大泊〜哨区哨戒〜      〜05.06 0915 知床岬230度12浬にてソ連船「Andre Marti」(UNZE)を尋問〜      〜05.06 1330 「第十八號掃海特務艇」と共に機雷捜索〜      〜05.06 1530 「第十八號掃海特務艇」と分離〜 19.05.06:宗防部隊電令作第9号:「第二號新興丸」の水路嚮導任務      〜05.07 0700 特設砲艦第二號新興丸」の水路嚮導を開始〜   〜05.07 0900(N45.32-E143.55)氷原に入る〜   〜05.08 0400(N46.03-E146.05)嚮導終了〜      〜05.09大泊 19.05.10:大泊〜レ船団嚮導に向う〜      〜05.12 2116 大湊警備府電令第5号〜      〜05.15 0830(N45.45-E145.10)氷原を離脱〜      〜05.15 1500 中知床岬の138度31浬にて驅逐艦「若葉」、陸軍徴傭船紅海丸」の嚮導終了〜      〜05.16大泊 19.05.17:宗防部隊機密第170601番電:大泊隊 19.05.20:大泊〜05.22稚内05.22〜05.23大泊 19.05.21:宗防部隊電令第16号:稚内回航 19.05.25:大泊〜哨区哨戒〜05.26大泊 19.05.27:大泊〜哨区哨戒〜稚内 19.06.02:0323 羅針艦橋火災発生      0345 鎮火、羅針艦橋全部焼損、備付兵器使用不能 19.06.02:稚内〜06.04大湊 19.06.10:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第83号:宗谷防備部隊 19.06.26:大湊〜06.28稚内06.28〜06.28大泊 19.07.01:大泊〜哨区哨戒〜07.05大泊 19.07.09:大泊〜哨区哨戒〜      〜07.10 1035 ソ連船「Wellen」(UOIN)を尋問〜      〜07.10 1140 ソ連船「Kolkhosnik」(UPLF)を尋問〜      〜07.12 1610 ソ連船「Stary Bolshevik」(UPAM)を尋問〜      〜07.14 2000 ソ連船「ダヅログ」(UULG)油を尋問〜      〜07.16大泊 19.07.20:大泊〜哨区哨戒〜      〜07.21 0815 ソ連船「トルグンクス」(UDCE)を尋問〜      〜07.21 1145 ソ連船「シオブロスキー」(UPOW)を尋問〜      〜07.21 1850 ソ連船「Erevan」(UUNT)を尋問〜      〜07.22 0800 ソ連船「Dzhurma」(UPKZ)を尋問〜      〜07.22 0945 ソ連船「Sheksna」(UOBZ)を尋問〜      〜07.22 1445 ソ連船「Sakhalin」(UOFY)を尋問〜      〜07.23 1045 ソ連船「Voikov」(UNHW)を尋問〜      〜07.23 1100 ソ連船「Tashkent」(UOXC)を尋問〜      〜07.24大泊 19.07.30:大泊〜哨区哨戒〜      〜07.31 1000 ソ連船「ボロシスク」(UOLG)を尋問〜      〜08.02 1500 ソ連船「Kashirstroi」(UOBG)を尋問〜      〜08.03 1100 ソ連船「Sukhona」(UOIK)を尋問〜      〜08.03 1600 ソ連船「ロヒイ」(UOYX)を尋問〜      〜08.05 1250 ソ連船「Kulu」(UPMH)を尋問〜      〜08.05 1600 ソ連船「Suchan」(UOFZ)を尋問〜      〜08.06大泊 19.08.08:0715 大泊防波堤灯台282度270mにて機雷1個を銃撃処分 19.08.10:大泊〜哨区哨戒〜      〜08.10 1700 ソ連船「パウイッチ」(UPCX)を尋問〜      〜08.11 1245 ソ連船「アナデシヌ」(UOFX)を尋問〜      〜08.14 0930 ソ連船「Lokbatan」(UOUT)を尋問〜      〜08.16大泊 19.08.21:大泊〜哨区哨戒〜      〜08.22 0945 ソ連船「Tsiolkovsky」(UPOF)を尋問〜      〜08.22 1830 ソ連船「アコー」(UYCL)を尋問〜      〜08.23 1430 ソ連船「Rodina」(UVGZ)を尋問〜      〜08.24 1130 ソ連船「Dobrina Nikitich」(UODW)を尋問〜      〜08.25 0930 ソ連船「Mayakovsky」(UOBI)を尋問〜      〜08.25 1600 ソ連船「Fabritzius」(UNJW)を尋問〜      〜08.25 1630 ソ連船「アズセロン」(UOWN)を尋問〜      〜08.27 0910 ソ連船「Sakhalin」(UOFY)を尋問〜      〜08.28大泊 19.09.01:大泊〜哨区哨戒〜      〜09.01 1230 ソ連船「Josif Stallin」(UOXG)を尋問〜      〜09.01 1812 西能登呂岬の101度11.2浬にて浮流機雷1個発見、日没により処分できず〜      〜09.02 1015 前日の浮流機雷1個銃撃処分〜      〜09.03 0900 ソ連船「Mikhail Kutusov」(UVMG)を尋問〜      〜09.03 1030 ソ連船「Komsomolets Arctiki」(USBE)を尋問〜      〜09.03 1130 ソ連船「Kolkhosnik」(UPLF)を尋問〜      〜09.03 1230 ソ連船「Novorossisk」(UOJG)を尋問〜      〜09.03 1345 ソ連船「Krasnogvardeets」(UOTG)を尋問〜      〜09.04 0630 ソ連船「ゼブザプレス」(UNLG)を尋問〜      〜09.06 0725 ソ連船「Sakhalin」(UOWG)を尋問〜      〜09.06 ---- ソ連船「Voikov」(UNCF)を尋問〜      〜09.08大泊 19.09.12:大泊〜哨区哨戒〜      〜09.14 1000 ソ連船「Azerbaidjan」(USOR)を尋問〜      〜09.14 1230 浮流機雷発見、波浪大なるため処分できず〜      〜09.15 1005 前日の浮流機雷銃撃処分〜      〜09.15 1245 浮流機雷銃撃爆破処分〜      〜09.16 0705 ソ連船「Volkhovstoi」(UOUF)を尋問〜      〜09.17 1000 ソ連船「Sevastpol」(UOIE)を尋問〜      〜09.18 1700 留多加泊地に避泊〜      〜09.20大泊 19.09.24:大泊〜哨区哨戒〜      〜09.25 0915 浮流機雷1個銃撃処分〜      〜09.25 1057 浮流機雷1個銃撃処分〜      〜10.02大泊 19.10.06:大泊〜哨区哨戒〜      〜10.08 0540(N46.18-E142.37)浮流機雷1個発見、荒天のため処分できず〜      〜10.13大泊 19.10.17:大泊〜哨区哨戒〜10.24大泊 19.10.28:大泊〜哨区哨戒〜11.01大泊 19.11.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第91号:宗谷防備部隊 19.11.08:大泊〜哨戒〜11.13大泊 19.11.19:大泊〜哨戒〜11.23大泊 19.11.25:大泊〜11.27大湊 19.12.12:大湊〜12.16大泊 19.12.19:大泊〜哨戒〜12.23大泊 20.01.04:大泊〜哨戒〜01.08大泊 20.01.12:大泊〜哨戒〜01.16大泊 20.01.20:大泊〜哨戒〜01.24大泊 20.01.28:大泊〜哨戒〜大泊 20.02.04:大泊〜哨戒〜02.10留多加 20.02.12:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第94号:宗谷防備部隊 20.02.12:留多加〜02.12大泊 20.02.15:大泊〜哨戒〜02.21大泊 20.02.26:大泊〜哨戒〜03.04留多加 20.03.08:留多加〜03.08大泊 20.03.10:大泊〜哨戒〜03.15大泊 20.03.18:大泊〜哨戒〜03.23大泊 20.03.27:大泊〜哨戒〜04.02大泊 20.04.07:大泊〜哨戒〜04.12大泊
20.04.10:戦時編制:大海幕機密第608号ノ230:大湊警備府部隊第百四戦隊宗谷防備隊 20.04.10:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第95号(04.06附):宗谷防備部隊 20.04.10:軍隊区分:宗谷防備部隊電令作第1号:海面防備部隊 20.04.15:大泊〜04.17大湊 20.04.18:入渠 20.04.25:軍隊区分:宗谷防備部隊電令作第4号:主隊 20.04.25:一時将旗掲揚 20.04.27:将旗撤去   20.04.27:軍隊区分:宗谷防備部隊電令作第5号:海面防備部隊 20.05.06:大湊〜05.07小樽05.09〜05.11大泊 20.05.13:大泊〜哨戒〜05.19大泊 20.05.16:官房艦機密第1421号:水測兵器装備の件訓令 20.05.23:大泊〜哨戒〜05.29大泊 20.05.30:大泊〜哨戒〜 20.06.18:戦時編制:大海幕機密第608号ノ260:聯合艦隊第十二航空艦隊第百四戦隊
20.08.15:残存 20.09.15:除籍:(機密第091745番電にて予定)
20.12.01:入籍:内令第6号:特別輸送艦、横須賀地方復員局所管 21.01.08:艦長:第二復員官 戸村 清 21.01.28:横須賀にて修理(02.15まで) 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅)
21.05.07:除籍:内令第65号

同型艦

 なし。

兵装

 四十口径安式八糎砲1門。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 1977年8月号増刊「日本軍艦史2.大正編」
 雑誌「世界の艦船」海人社 1982年8月号「砕氷艦「大泊」」
 雑誌「世界の艦船」海人社 1987年3月号「新造時の砕氷艦「大泊」」
 雑誌「世界の艦船」海人社 1997年3月号増刊「日本海軍特務艦船史」
 雑誌「世界の艦船」海人社 2004年11月号「樺太方面を行動中の砕氷艦「大泊」」(P.48-51)
 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.34「特務艦」
 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.111「終戦時の帝国艦艇」(P.17)
 雑誌「丸Graphic Quarterly」潮書房1975年4月号 「日本の小艦艇(続)」(P.111)
 雑誌「丸エキストラ」潮書房 第六十一集「連合艦隊」(P.33)
 「軍艦寫眞帖」S02.05 海軍協會
 「日本軍艦集 2600年版」海軍研究社 S15.07 海軍研究社編輯部編
 「海軍第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集委員会(P.128)
 「日本補助艦艇物語」光人社 H05.12 福井静夫著作集第十巻
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (2753-2755)
 「日本海軍艦艇写真集 巡洋艦」ダイヤモンド社 H17.08 呉市海事歴史科学館(P.208)
 「終戦と帝国艦艇」光人社 H23.01 福井静夫(90)
 「川崎重工業株式会社社史」 S34.10 川崎重工業株式会社(P.213)
 "Naval History and Heritage Command" Catalog #:80-G-339821
 戦前の絵葉書(札幌市中央図書館デジタルライブラリー)

前の艦へ ← 碎氷艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る