第二號新興丸の船歴

 年 月 日:船歴

13.08.16:起工 13.11.29:進水、命名:新興丸 14.03.07:竣工、船主:大阪商船株式會社、船籍港:大阪
14.03.31:神戸〜仁川 14.09.01:船主:東亞海運株式會社、船籍港:東京に変更 14.11.02:神戸〜上海
16.09.05:徴傭 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設砲艦、横須賀鎮守府所管
16.09.20:内令第1094号:機雷敷設に従事する特設砲艦に指定 16.09.20:官房機密第8630号:「第二號新興丸」と改名 16.09.20:戦時編制:大湊警備府部隊 16.09.20:砲艦長:海軍大佐 谷井 末吉 16.09.20:函館船渠株式會社で艤装工事開始 16.10.18:艤装工事完了 16.11.27:信令第14号:本日中に出動、機雷敷設訓練を実施 16.12.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第6号:千島防備部隊 16.12.01:機密大湊警備府命令作第7号:機雷搭載取止め 16.12.01:機密大湊警備府命令作第9号:12.04大湊出港 16.12.04:大湊〜単冠湾 16.12.13:1645 単冠湾で荒天のため右舷錨鎖断      2100 座礁(天寧の338度2600mの海岸距岸10m) 16.12.14:大湊警備府機密第307番電:海防艦八丈」を救難に派遣 16.12.14:大湊警備府機密第318番電:海防艦國後」を救難に派遣 16.12.14:大湊警備府機密第325番電:函館の日本サルベージ救難船「那須丸」派遣手配済み 16.12.15:大湊警備府機密第335番電:「那須丸」は12.17 1400頃単冠湾着予定 16.12.18:大湊警備府機密第346番電:海防艦「國後」を固有任務に復帰 16.12.22:艦首振出作業開始 16.12.23:0600 艦首方位正南となる 17.01.08:0900 離礁 17.01.09:1650 転錨 17.01.10:単冠湾〜 17.01.11:0900 護衛の海防艦「八丈」分離〜01.12函館 17.01.12:大湊警備府機密第448番電:函館において入渠修理の上、大湊に回航 17.01.15:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第17号:津軽防備部隊 17.01.30:修理完成 17.02.07:函館〜02.07大湊 17.02.18:大湊〜02.20大湊 17.02.20:砲艦長:海軍大佐 糸川 季忠 17.02.24:大湊〜02.25函館02.27〜02.27大湊 17.03.03:大湊〜03.05室蘭03.07〜03.07函館03.08〜03.08大湊 17.03.17:大湊〜03.17函館03.19〜03.21室蘭03.22〜03.22函館03.23〜03.23大湊 17.03.25:大湊〜03.25大湊 17.03.27:大湊〜03.27函館03.29〜03.30室蘭 17.04.02:室蘭〜04.03函館04.06〜04.06大湊 17.04.10:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第23号の2:宗谷防備部隊 17.04.11:大湊〜04.11函館04.14〜04.16大泊 17.04.15:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第24号:宗谷防備部隊 17.04.20:大泊〜05.02大泊 17.05.05:大泊〜05.24大泊 17.05.28:大泊〜06.05大泊 17.06.09:大泊〜06.18小樽06.20〜06.24稚内06.27〜07.15大泊 17.07.19:大泊〜07.29小樽 17.08.02:小樽〜08.06大泊08.09〜08.12大泊08.15〜08.15恵須取08.18〜      〜08.18西柵丹08.19〜08.19安別08.20〜08.20泊居08.21〜08.21本斗08.22〜      〜08.22大泊 17.08.27:大泊〜09.02大泊 17.09.05:大泊〜09.08稚内09.11〜09.14大泊 17.09.16:大泊〜09.19大泊 17.09.22:大泊〜09.26大泊 17.09.29:大泊〜10.02大泊 17.10.05:大泊〜10.07大泊 17.10.11:大泊〜      〜10.12第二回教練射撃実施〜      〜10.13大泊 17.10.17:大泊〜10.19大泊 17.10.23:大泊〜10.25大泊 17.11.01:大泊〜11.05大泊 17.11.08:大泊〜11.09大泊 17.11.13:大泊〜11.15留多賀11.16〜11.16大泊 17.11.17:大泊〜11.20鉢子内11.22〜11.22大泊 17.11.22:大泊〜11.25大湊
17.11.25:戦時編制:大湊警備府部隊千島方面特別根據地隊 17.11.25:司令官の将旗掲揚。旗艦設備工事を大湊工作部で施工 17.11.25:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第36号:千島防備部隊 17.11.28:大湊〜函館 17.11.30:函館にて入渠 17.12.25:大湊〜12.31幌筵01.18〜      〜01.21 0135 中知床岬の141度66浬にて流氷原に入る〜      〜01.21 0600 中知床岬の148度57浬、流氷原から脱出中〜      〜01.21 1200 中知床岬の160度50浬、自力脱出困難、砕氷艦による救助要請〜      〜01.22 0230 特務艦大泊」現場着、宗谷海峡に向け嚮導を開始〜      〜01.23小樽01.28〜01.29大湊 18.02.01:大湊〜02.06幌筵03.08〜03.11片岡湾04.23〜04.28小樽05.01〜05.02大湊 18.05.17:大湊〜05.22片岡湾05.30〜06.04大湊 18.06.01:軍隊区分:機密千防部隊命令作第2号:敷設部隊 18.06.05:石炭50t搭載 18.06.07:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第44号:千島防備部隊 18.06.09:大湊〜06.10小樽06.12〜06.16片岡湾 18.06.15:軍隊区分:大湊警備府電令作第59号:直卒 18.06.15:大警機密第152133番電:千防指揮官所定により大湊回航 18.06.20:片岡〜06.24大湊 18.06.22:大警機密第221040番電:       小樽に回航し大湊地方運輸部長の指示する物件を搭載北千島方面輸送に従事せよ 18.06.23:大警機密第230755番電:       小樽回航を取止め大湊に回航せよ 18.06.30:大湊〜07.01小樽 18.07.03:小樽〜07.07片岡湾07.10〜07.14小樽 18.07.27:小樽〜07.31片岡湾08.06〜      〜08.08(N46.30-E144.50)米潜水艦Salmon(SS-182)の雷撃を受けるが被害なし〜      〜08.10小樽 18.08.05:砲艦長:海軍大佐 伊藤 皎
18.08.10:戦時編制:大海機密第101146004番電:大湊警備府部隊 18.08.19:小樽〜08.23片岡湾08.28〜09.03大湊 18.09.18:大湊〜09.19小樽09.23〜09.27片岡湾10.02〜10.07函館 18.10.11:函館〜10.11大湊10.13〜10.19片岡湾 18.10.27:片岡湾〜      〜10.27 阿頼度島北方にて驅逐艦「若葉」が護衛を終了〜      〜11.01小樽 18.11.04:小樽〜11.05大湊 18.12.05:大湊〜12.06八戸12.08〜12.09大湊 18.12.12:大湊〜12.12函館12.13〜12.14室蘭 18.12.--:入渠 18.12.24:室蘭〜12.25青森12.26〜12.26大湊 18.12.31:大湊〜01.02小樽 19.01.04:小樽〜01.05小樽 19.01.12:小樽〜01.18片岡湾01.24〜01.29大湊 19.02.05:大湊〜02.06室蘭02.09〜02.14片岡02.18〜02.22室蘭02.24〜02.25大湊 19.02.17:官房艦機密第969号:訓令:二十五粍二聯装機銃2基装備 19.03.09:大湊〜03.16片岡03.19〜03.27大湊 19.04.03:大湊〜04.09片岡04.13〜04.13武蔵04.14〜04.19室蘭04.22〜04.22大湊 19.05.05:大湊〜      〜05.07 特務艦「大泊」による水路嚮導を受ける〜      〜05.08(N46.03-E146.05)氷原通過〜      〜05.10片岡 19.05.14:片岡〜05.14擂鉢湾05.16〜05.17片岡 19.05.18:片岡〜05.22小樽05.24〜05.25大湊 19.06.02:大湊〜06.03小樽 19.06.06:(キ603船団)小樽〜06.10片岡 19.06.10:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第83号:直卒部隊 19.06.12:片岡〜06.15片岡 19.06.16:片岡〜06.21小樽06.24〜06.25大湊 19.07.02:大湊〜07.03小樽 19.07.05:(キ504船団護衛)小樽〜      〜07.07 1614(N47.26-E148.10)驅逐艦「薄雲」被雷沈没〜      〜07.09 0950(N51.00-E155.30)陸軍徴傭船太平丸」被雷沈没〜      〜07.09松輪 19.07.11:松輪〜07.15室蘭07.18〜07.19大湊 19.07.29:大湊〜08.03松輪08.05〜08.09大湊 19.08.10:機関修理(08.31まで) 19.08.31:大湊〜松輪〜09.19大湊 19.09.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第89号:直卒部隊 19.10.01:大湊〜10.03天寧10.07〜10.09室蘭10.12〜10.14大湊 19.10.21:大湊〜10.22小樽10.28〜11.02片岡 19.11.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第91号:直卒部隊 19.11.04:片岡〜 19.11.06:擂鉢にて揚搭中(十三粍機銃7基搭載)〜      〜11.10片岡 19.11.15:片岡〜11.19大泊11.24〜11.25小樽11.28〜11.29大湊 19.12.03:大湊〜12.03青森12.07〜12.07大湊 19.12.04:砲艦長:海軍大佐 萱場 松次郎 20.01.06:大湊〜01.07室蘭01.11〜01.13横浜 20.01.17:横浜〜01.17横須賀01.19〜01.22大湊 20.01.28:大湊〜01.29室蘭 20.02.04:室蘭〜02.08舞鶴 20.02.09:石炭286t揚陸 20.02.10:石炭292t揚陸 20.02.11:石炭447t揚陸 20.02.12:石炭181t揚陸 20.02.12:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第94号:直卒部隊 20.02.13:鋼材90t搭載 20.02.14:舞鶴〜02.15東岩瀬02.17〜02.19大湊 20.03.31:大湊〜03.31室蘭 20.04.03:大湊〜04.06松輪04.11〜04.12天寧04.15〜04.17室蘭04.19〜04.21大湊 20.04.06:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第95号:直卒部隊 20.04.20:軍隊区分:大湊警備府電令作第39号:護衛作戦に関し宗谷防備部隊指揮官の指揮下に入る 20.05.01:大湊〜05.06松輪05.08〜05.12大湊 20.05.19:大湊〜05.20小樽05.22〜05.27松輪05.29〜07.14稚内07.21〜07.23大湊 20.07.--:青森空襲の復旧・救護のための物資・食糧輸送
20.08.15:残存:SCAJAP No. S-095 20.08.21:大泊〜08.22ソ連潜水艦L-19他1隻と砲戦〜08.22留萌〜大湊〜函館 20.11.10:砲艦長:海軍中佐 日下 敏夫
20.12.01:移籍:内令第6号:特別輸送船、横須賀地方復員局所管
20.12.06:函館にて修理(03.28まで) 21.04.20:函館〜04.24釜山04.25〜04.26博多 21.04.29:博多〜05.02葫蘆島05.13〜05.17博多 21.05.24:博多〜05.28葫蘆島05.28〜05.31博多 21.06.07:博多〜06.11葫蘆島06.13〜06.17博多 21.06.27:博多〜07.01葫蘆島07.02〜07.05博多 21.07.12:舞鶴にて修理(07.25まで)
21.08.15:除籍:復二第165号 21.08.20:解傭 21.08.24:船舶運営會に引渡し

同型船

 盛京丸安州丸、定州丸、洛東丸大同丸新京丸龍興丸慶興丸咸興丸瑞興丸山鳩丸日海丸

兵装

兵第244号(19.05.11)出図)
 十二糎砲3門、九六式二十五粍二聯装機銃2基、九二式七粍七単装機銃1基、
 七十五糎探照燈1基、二米測距儀1基。

(最終時)
 十二糎砲2門、九六式二十五粍二聯装機銃4基、同単装機銃6基、十三粍機銃1基、
 九二式七粍七単装機銃1基、麻式七粍七単装機銃1基、小銃5挺、
 七十五糎探照燈1基、二米半測距儀1基、仮称二号電波探信儀二型改四1組、
 二式爆雷20個、爆雷投射機1組、爆雷投下台2基、九七式水中聴音機1組、仮称三式探信儀1組、
 水中処分具1組、小掃海具1組

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和14年1月号、昭和14年4月号
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1997年1月号「日本商船隊の懐古 No.210」山田早苗
 雑誌「丸スペシャル」潮書房No.45(P61)
 雑誌「丸Graphic Quarterly」潮書房 No.20 「写真集 日本の小艦艇(続)」(P.105)
 「関西汽船の船半世紀」H06.07 関西汽船海上共済会(P.86)
 「海軍第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集委員会(P.224) 
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (2952)
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.105)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊

前の艦へ ← 特設砲艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る