第五信洋丸の船歴

 年 月 日:船歴

11.09.--:起工 12.02.11:進水、命名:第五信洋丸 12.04.--:竣工
16.09.05:株式會社林兼商店鐵工造船所にて艤装工事開始
16.09.05:徴傭 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設砲艦、佐世保鎮守府所管
16.09.20:砲艦長:海軍豫備大尉 三田 一也 16.10.15:砲艦長:海軍豫備少佐 三田 一也 16.10.17:艤装工事完了 16.12.05:機密佐世保防備戦隊命令作第12号:崎戸部隊の母艦任務 16.12.05:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第12号:崎戸部隊第二哨戒部隊(6)  16.12.08:佐世保〜港外警戒〜12.14佐世保 16.12.10:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊 16.12.10:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第21号:崎戸部隊第二哨戒部隊(6) 16.12.17:佐世保〜港外警戒〜12.25佐世保 16.12.24:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第26号:崎戸部隊第二哨戒部隊(7) 16.12.27:佐世保〜01.04佐世保 17.01.01:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第28号:崎戸部隊第二哨戒部隊(7) 17.01.06:入渠 17.01.14:出渠 17.01.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第14号:海面防備部隊佐世保附近防備部隊 17.01.15:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第31号:崎戸部隊第二哨戒部隊 17.01.16:佐世保〜01.17富江01.25〜01.25佐世保 17.01.28:佐世保〜01.28福江 17.02.02:(「Helios」「Ngow Hock」「Capella」を引致)福江〜02.02相浦 17.02.03:相浦〜02.03佐世保 17.02.05:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第32号:崎戸部隊第二哨戒部隊 17.02.--:軍隊区分:第二部隊(2)第一小隊(1) 17.02.05:佐世保〜02.06福江 17.02.08:福江〜02.08福江 17.02.09:福江〜02.09福江 17.02.10:(「Argus」「Halldor」を嚮導)福江〜12.10相浦 17.02.11:相浦〜02.11佐世保 17.02.14:佐海防電令作第30号:対潜掃蕩 17.02.15:佐世保〜02.16富江 17.02.16:佐鎮信電令作第32号:東海対潜掃蕩 17.02.16:佐防戦電令第34号:輸送船団前路警戒のため約5日間行動の準備を整え02.17 0800富江湾集合 17.02.17:富江〜      〜02.17 1853 女島の266度65浬にて中央部機関室に被雷、航行不能〜      〜02.18 0620 爆雷投射、砲撃、爆雷炸裂の衝撃で浸水増大〜
17.02.18:沈没 17.03.01:除籍:内令第375号 17.03.10:解傭
喪失場所:N32.14-E127.14 五島列島福江南西150km付近 喪失原因:米潜水艦Triton(SS-201)の雷撃

同型船

 なし。

兵装

 四十口径三年式八糎高角砲2門、三年式機銃1基、爆雷投射機、九五式爆雷6個

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和12年4月号
 雑誌「世界の艦船」海人社 2020年10月号「思い出の日本貨物船その290」
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第二十六巻(P.154)
 小樽市博物館所蔵(75-7)

前の艦へ ← 特設砲艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る