春田丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T14.--.--:進水、命名:Halldor T14.11.22:竣工、船主:Bruusgaard Kiøsteruds D/S A/S、信号符字:LFKR、船籍港:Drammen
     船長:Jørgen Jørgensen 09.--.--:信号符字:LEADに変更 12.--.--:船主:Bruusgaard Kiøsteruds Skibs- A/S、      運航:Bruusgaard Kiøsterud & Co.に変更 12.08.--:山下汽船株式會社が傭船 12.08.--:名古屋〜四日市〜半田(JACAR:C05110742900) 15.04.02:バンコク〜04.08シンガポール 15.04.09:シンガポール〜04.10ポートセンテンハム〜04.21シンガポール 15.04.24:シンガポール〜04.28バンコク04.29〜05.04シンガポール 15.05.05:シンガポール〜ポートセッテンハム05.07〜05.13バンコク05.14〜05.19シンガポール 15.05.20:シンガポール〜05.24バンコク05.25〜06.02香港 15.06.16:香港〜06.23バンコク06.24〜06.29シンガポール 15.06.30:シンガポール〜07.02ペナン07.04〜テロックアンソン07.05〜07.10バンコク07.10〜      〜07.15シンガポール 15.07.16:シンガポール〜07.19バンコク07.20〜07.26シンガポール 15.07.27:シンガポール〜07.30ペナン07.31〜08.05バンコク08.06〜シンガポール 15.08.11:シンガポール〜08.12マラッカ08.12〜08.13ポートセッテンハム08.13〜08.14ペナン08.14〜      〜08.18ラングーン08.20〜08.24ペナン08.24〜08.25ポートセッテンハム08.26〜      〜08.27シンガポール 15.08.27:シンガポール〜09.02ラングーン09.04〜09.09ポートセンテンハム09.11〜09.12ペナン09.14〜      〜09.17ラングーン09.19〜09.24ポートセンテンハム09.25〜09.26ペナン09.27〜      〜09.28ポートセンテンハム09.29〜09.30ラングーン10.03〜10.08ポートセンテンハム10.08〜      〜10.09ペナン10.10〜10.14ラングーン10.16〜10.20ポートセンテンハム10.21〜      〜10.23ペナン10.23〜10.27ラングーン10.30〜11.02ペナン11.03〜11.06シンガポール 15.11.07:シンガポール〜11.11ラングーン11.14〜11.18ペナン11.19〜シンガポール 15.11.23:シンガポール〜11.28ラングーン11.30〜12.05マラッカ12.05〜      〜12.06ポートセンテンハム12.06〜12.07ペナン12.08〜12.12ラングーン12.14〜      〜12.19マラッカ12.20〜12.22ペナン12.23〜12.27ラングーン12.29〜01.02ペナン01.02〜      〜01.03ポートセンテンハム01.05〜01.05シンガポール 16.01.07:シンガポール〜01.12ラングーン01.14〜01.18ペナン01.18〜01.20シンガポール 16.01.21:シンガポール〜01.26ラングーン01.28〜02.01ペナン02.01〜02.02ポートセンテンハム02.03〜      〜シンガポール 16.02.05:シンガポール〜02.09バンコク02.10〜シンガポール 16.02.16:シンガポール〜02.20バンコク02.21〜03.01香港03.05〜03.10バンコク03.12〜      〜03.17ポートセンテンハム03.20〜03.21シンガポール 16.03.21:シンガポール〜03.26バンコク03.28〜04.04ホンコン04.07〜04.13バンコク04.16〜香港 16.04.26:香港〜05.04バンコク05.06〜06.16シンガポール 16.05.17:シンガポール〜05.21バンコク05.23〜05.28ポートセンテンハム〜05.29シンガポール 16.06.01:シンガポール〜06.05バンコク06.09〜06.13シンガポール 16.06.--:シンガポール〜テロックアンソン〜06.20シンガポール 16.06.23:シンガポール〜06.27バンコク06.58〜07.04シンガポール 16.07.07:シンガポール〜テロックアンソン07.10〜07.15バンコク07.17〜07.21シンガポール 16.07.23:シンガポール〜07.26バンコク07.26〜08.01シンガポール 16.08.01:シンガポール〜08.04ペナン08.07〜シンガポール08.09〜08.14バンコク08.15〜      〜08.19シンガポール 16.08.24:シンガポール〜バンコク08.30〜09.03シンガポール 16.09.05:シンガポール〜09.06ポートセンテンハム09.09〜09.13バンコク〜09.21シンガポール 16.09.22:シンガポール〜09.26ペナン09.28〜09.30シンガポール 16.09.30:シンガポール〜10.05バンコク10.08〜10.12シンガポール 16.10.14:シンガポール〜10.18バンコク10.19〜10.28香港 16.10.31:香港〜11.06バンコク11.09〜11.18香港 16.11.21:香港〜11.28バンコク11.30〜12.09香港
?16.12.16:被弾 16.12.25:海軍陸上警備隊が押収  16.12.26:香港港務部で接収、拿捕(整理番号:南海341、船舶番号:コ8)
拿捕場所:香港太古船渠 拿捕原因:香港方面特別根據地隊香港港務部による
17.01.22:海軍省軍務局機密第119番電:福江寄港の上、佐世保鎮守府の指示により長崎又は相浦に回航 17.01.30:香港〜      〜02.01 濃霧の為、護送の特設運送船笠置山丸」と分離〜      〜02.05 驅逐艦「栂」と合同〜福江 17.02.10:(特設砲艦第五信洋丸」が嚮導)福江〜02.10相浦〜佐世保 17.02.11:佐世保捕獲審検所事件番号358号(昭和20年3月1日までに結審せず) 17.03.06:機密佐世保鎮守府命令第132号:佐世保海軍工廠長は当分の間本船を保管及び運航 17.04.10:海軍省軍務局機密第540番電:特設救難船春田丸、佐世保鎮守府所管に予定 17.04.30:機密佐世保鎮守府命令第207号:佐世保地方海軍運輸部長は05.01以降本船の保管並に運航 17.05.09:官房機密第5666号:訓令:佐世保海軍工廠をして特設救難船として艤装 17.06.20:整備工事完了
17.06.20:入籍:内令第1105号:特設救難船、佐世保鎮守府所管
17.06.25:佐世保〜06.27大阪 17.07.01:戦時編制:聯合艦隊第一南遣艦隊第十一特別根據地隊 17.07.18:大阪〜07.21佐世保 17.07.25:佐世保〜07.30香港 17.08.09:香港〜カムラン湾
17.08.25:戦時編制:海軍省配属第十一特別工作部附属 17.08.27:カムラン湾〜09.01昭南09.05〜09.08バダビヤ 17.09.25:バタビヤ〜10.01西貢10.04〜10.05ファンラン 17.12.03:ファンラン湾〜12.03カムラン湾12.05〜12.05ファンラン湾 17.12.26:ファンラン湾〜12.26カムラン湾12.29〜12.29ファンラン湾 18.01.18:ファンラン湾〜01.18カムラン湾01.20〜01.20ファンラン湾 18.01.21:ファンラン湾〜01.21カムラン湾01.25〜01.25ファンラン湾 18.01.28:ファンラン湾〜01.30聖雀02.01〜02.01西貢03.07〜03.13ジャカルタ 18.03.27:ジャカルタ〜03.31昭南04.02〜04.14三亞04.15〜04.18香港 18.06.06:(第41船団)香港〜06.08高雄 18.06.12:高雄〜06.12馬公06.15〜06.15高雄 18.06.18:高雄〜06.20馬公06.25〜06.25高雄 18.06.27:高雄〜06.29香港 18.09.14:香港〜09.20上海10.20〜10.24香港 18.11.01:香港〜11.06上海 18.12.28:上海〜01.22上海 19.--.--:上海にて"Conte Verde"号引揚げに従事 19.06.01:(現在)指揮官:海軍少尉 日高 萬三郎 19.06.06:"Conte Verde"号排水捲起作業決行、復原37度30分にて捲揚ワイヤ切断により作業中止 19.06.08:石炭搭載 19.06.09:酒保物品搭載 19.06.16:捲起決行、復原43度にて中止 19.06.22:真水搭載 19.06.26:捲起再決行、復原58度にて引起索切断により作業中止 19.07.05:総排水捲起決行の結果、復原67度、これにより引揚作業着手 19.07.23:真水搭載 19.09.06:真水搭載 19.09.26:真水搭載 19.10.05:酒保物品搭載 19.10.07:石炭搭載 19.10.12:真水搭載 19.10.24:貯糧品搭載 19.10.25:真水搭載 19.10.29:石炭搭載 19.10.31:"Conte Verde"号引揚げに従事中
20.01.21:沈没 20.03.01:除籍:内令第195号
喪失場所:N22.20-E114.10 香港港内 喪失原因:米空軍第14航空隊のB-24による空爆、石炭庫に被弾、火災、沈座

同型船

 要調査

兵装

 要調査

写真資料

 "SOLD EAST" H.W. Dick & S.A. Kentwell 1991 Nautical Association of Australia Inc. (P.15)

備考

 旧海軍恩給加算年調書には、19.06.04上海発、06.07香港着、06.08香港発の記載があるが、「春田丸戦時日誌」には記載なし。

前の船へ ← 特設救難船 → 次の船へ

Homeへ戻る