盛京丸の船歴

 年 月 日:船歴

09.05.05:起工 09.09.20:進水、命名:盛京丸 09.12.15:竣工、船籍港:仁川、登録総噸数:2,606、登録純噸数:1,527
12.--.--:徴傭:陸軍 12.--.--:登録総噸数:2,608、登録純噸数:1,532、船籍港:羅津に変更 13.--.--:解傭
13.--.--:東京〜横浜〜釜山〜北朝鮮東岸諸港〜雄基 13.--.--:船籍港:仁川に変更 14.--.--:〜03.26虎門 14.03.29:虎門〜虎門 14.04.09:虎門〜
15.10.18:徴傭 15.11.01:入籍:内令第770号:特設砲艦兼敷設艦、佐世保鎮守府所管
15.11.01:砲艦長:海軍少佐 森本 信一 15.11.05:砲艦長:海軍少佐 八木 勝治 15.11.07:株式會社玉造船所にて艤装工事完了 15.11.15:内令第830号:特設砲艦に改正 15.11.15:特設砲艦隊編制:内令第837号:第一砲艦隊 15.12.27:第一根據地隊機密第47号:略称制定:第13号砲艦 16.01.15:内令第56号:機雷敷設に従事する特設砲艦に指定 16.03.23:徳山〜中支方面〜04.04唐津 16.06.10:佐世保〜南支方面〜07.08馬公 16.07.17:馬公〜南支方面〜09.10佐世保 16.10.01:砲艦長:海軍大佐 富田 賢四郎 16.10.15:特設砲艦隊編制:内令第1250号:第一砲艦隊より削る
16.10.15:戦時編制:鎮海要港部部隊羅津根據地隊 16.10.29:楡津〜 16.11.20:戦時編制:鎮海警備府部隊羅津根據地隊 16.12.07:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第12号:羅津根據地隊直卒部隊 16.12.19:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第22号:羅津根據地隊直卒部隊 16.12.31:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第28号:羅津根據地隊直卒部隊 17.01.13:舷外電路装備工事着手 17.01.15:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第32号:羅津根據地隊直卒部隊 17.01.19:舷外電路装備工事竣工 17.01.30:朝鮮重工業株式會社にて入渠 17.02.04:出渠 17.02.10:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第41号:羅津根據地隊直卒部隊 17.02.10:鎮海〜佐世保〜02.16鎮海 17.02.20:舷外電路装置装備工事、電動測深儀装備工事竣工 17.02.--:鎮海〜02.28羅津
17.05.20:戦時編制:鎮海警備府部隊羅津方面特別根據地隊 17.06.20:鎮海〜元山〜羅津〜08.14鎮海 17.08.--:軍需品6t搭載、便乗者91名乗艦 17.08.15:鎮海〜佐世保〜08.19鎮海 17.08.--:軍需品119t揚陸、便乗者248名退艦 17.08.24:鎮海〜元山〜羅津〜楡津09.04〜09.08佐世保 17.08.25:富田大佐佐世保鎮守府附被仰付
17.08.25:除籍:内令第1581号 17.08.25:入籍:内令第1582号:特設運送船(雑用船)、佐世保鎮守府所管
17.08.25:戦時編制:海軍省配属、佐世保鎮守府所属、特設運送船(乙) 17.09.02:授受発令 17.09.07:官房機密第11261号:訓令:佐世保海軍工廠にて特設運送船(雑用)乙に艤装替 17.09.11:種別変更による授受 17.09.11:船長:海軍嘱託 島尾 純一(部内限り奏任官待遇) 17.10.06:佐世保〜10.08鎮海10.10〜10.13鎮南浦10.18〜      〜10.23 1505(N33.10-E135.20)被雷沈没
17.10.23:沈没 17.11.30:除籍:内令第2198号 17.11.30:解傭
喪失場所:N33.35-E135.25 江須崎西方3km付近 喪失原因:米潜水艦Kingfish(SS-234)の雷撃

同型船

 新京丸安州丸、定州丸、洛東丸大同丸龍興丸慶興丸咸興丸新興丸瑞興丸山鳩丸日海丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和9年10月号
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.157)
 「浦賀船渠六十年史」 S32.06 浦賀船渠株式会社

前の艦へ ← 特設砲艦 → 次の艦へ

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る