大同丸の船歴

 年 月 日:船歴

10.07.20:起工 10.09.19:進水、命名:大同丸 10.12.03:竣工、登録純噸数:1,724
11.--.--:登録純噸数:1,725に変更 14.01.12:神戸〜青島(時刻表) 14.01.26:神戸〜(北鮮急航線)(時刻表)
15.09.15:徴傭 15.11.01:入籍:内令第770号:特設砲艦兼敷設艦、佐世保鎮守府所管
15.11.01:砲艦長:海軍少佐 森本 信一(兼務) 15.11.01:内令第772号:特設砲艦に改正、横須賀鎮守府所管 15.11.05:砲艦長:海軍少佐 市坪 正雄
15.11.15:特設砲艦隊編制:内令第837号:第八砲艦隊 15.11.15:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第五根據地隊第八砲艦隊 15.12.18:出渠 15.12.28:横須賀〜南洋方面〜01.15横須賀
16.01.15:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第六根據地隊第八砲艦隊 16.01.15:内令第56号:機雷敷設に従事する特設砲艦に指定 16.02.04:略称制定:第83号砲艦 16.02.12:横須賀〜南洋方面〜 16.07.03:クエゼリン〜07.04ジャボール 16.07.05:特設砲艦長田丸」が横付 16.07.05:載炭 16.07.06:特設砲艦「長田丸」が横付離す 16.07.07:特設工作艦松榮丸」に横付け、前部外板及び艦橋下外板修理(07.09まで) 16.07.09:外舷塗粧 16.07.11:載炭 16.07.12:外舷塗粧(07.13まで) 16.07.14:ジャボール〜07.14イミエジ07.16〜07.16ジャボール 16.07.18:ジャボール〜07.18ジャボール 16.07.22:ジャボール〜07.23ジャボール 16.07.30:載炭 16.08.01:司令部移動物件搭載 16.08.03:司令部移動物件搭載 16.08.06:司令部移動物件搭載(08.07まで) 16.08.09:ジャボール〜08.10クエゼリン 16.08.11:司令部移動物件卸方(08.13まで) 16.08.11:特設運送船朝風丸」より真水搭載 16.08.12:一般徴傭船「大寳山丸」より真水補給  16.08.13:浮標設置作業(08.14まで) 16.08.15:クエゼリン〜08.16ジャボール 16.08.16:六通移動物件搭載(08.17まで) 16.08.18:ジャボール〜08.19クエゼリン 16.08.19:六通移動物件卸方(08.20まで) 16.08.20:一般徴傭船「大寳山丸」より真水補給  16.08.21:クエゼリン〜08.22ジャボール 16.08.22:六通移動物件搭載(08.23まで) 16.08.25:ジャボール〜08.26クエゼリン 16.08.26:六通移動物件搭載(08.27まで) 16.08.30:一般徴傭船「大寳山丸」より真水補給 16.09.01:艦隊区分:第四艦隊機密第228番電:(49)第六根據地隊(1)第八砲艦隊 16.09.07:石炭搭載 16.09.12:各部塗粧(09.13まで) 16.09.15:各部塗粧 16.09.18:一般徴傭船「第一あまかす丸」より真水搭載 16.09.20:砲艦長:海軍豫備大尉 松本 四郎 16.09.23:クエゼリン〜09.24イミエジ 16.09.24:イミエジ〜09.25アイリングラプラプ(ジエ島) 16.09.27:水上基地撤去作業 16.09.29:アイリングラプラプ〜09.30ベラン水道内10.01〜10.01アイリングラプラプ(ジエ島) 16.10.01:水上基地撤去作業 16.10.02:アイリングラプラプ〜10.03イミエジ 16.10.03:クエゼリン〜10.04クエゼリン 16.10.06:(「朝海丸」護衛)クエゼリン〜10.07ピキンニ 16.10.10:松本豫備大尉着任 16.10.11:ピキンニ〜      〜10.14 特設砲艦朝海丸」ミント礁にて座礁〜      〜10.14ミント礁 16.10.15:特設砲艦隊編制:内令第1250号:第八砲艦隊 16.10.19:市坪少佐退艦 16.10.29:特設工作艦「松榮丸」に警戒任務を引継ぎ 16.10.29:ミント礁〜10.30トラック 16.11.01:石炭搭載(11.03まで) 16.11.03:「八千代丸」他1隻から真水搭載 16.11.03:トラック〜11.04ミント礁 16.11.05:特設運送船立山丸」より清水搭載 16.11.06:特設砲艦生田丸」に警戒任務を引継ぎ 16.11.06:ミント礁〜11.11クエゼリン 16.11.13:クエゼリン〜11.13ピケジ 16.11.13:ピケジ機雷庫の機雷装備試験 16.11.15:特設運送船「第一あまかす丸」より真水搭載 16.11.23:ピケジ〜11.23クエゼリン 16.11.23:一般徴傭船「那岐山丸」より石炭搭載(11.24まで) 16.11.26:クエゼリン〜11.26アイリングラプラプ 16.11.27:メゼチヨツク(Mezetcoku)水道に機雷敷設 16.11.28:南水道に機雷敷設 16.11.29:カブル(Kubar)水道に機雷敷設 16.11.30:ナム(Naucharin)水道に機雷敷設 16.11.30:アイリングラプラプ〜 16.12.01:(現在)艦隊区分:第六根據地隊第一部隊(0)(83) 16.12.01:(現在)艦隊区分:第六根據地隊第一部隊第八砲艦隊(1)第二小隊(83) 16.12.01:(現在)軍隊区分:マーシャル方面防備部隊ヤルート部隊、      敷設に関しては第八砲艦隊より除き直卒部隊に編入し敷設部隊を編制      〜12.01 ヤルート環礁第一番、第九番機雷堰敷設〜12.01ジャボール 16.12.03:第六通信隊分遣隊人員器材搭載 16.12.03:ジャボール〜12.04クエゼリン 16.12.04:第六通信隊分遣隊人員器材揚陸 16.12.06:クエゼリン〜12.06ビゲジ 16.12.06:九四式機雷30個搭載 16.12.06:ビゲジ〜哨戒〜12.10ミレ 16.12.10:浮流機雷1個揚収 16.12.10:ミレ〜哨戒〜12.18ミレ 16.12.18:浮流機雷1個爆破処分 16.12.19:ミレ〜哨戒〜12.20ジャボール 16.12.20:石炭搭載(12.21まで) 16.12.22:清水搭載 16.12.23:ジャボール〜12.23イミエジ 16.12.23:九四式機雷30個を第五十一警備隊へ引渡し 16.12.24:イミエジ〜哨戒〜12.24ジャボール 16.12.24:ジャボール〜哨戒〜12.26ジャボール 16.12.27:敷設艦「沖島」より俘虜1名を収容、生糧品搭載 16.12.28:敷設艦津輕」より俘虜7名を収容 16.12.28:ジャボール〜12.29クエゼリン 16.12.29:俘虜8名を第六根據地隊司令部へ引渡し 16.12.30:石炭搭載、錨鎖五節を特設工作艦「松榮丸」に修理依頼 16.12.30:特設運送船秋葉山丸」へ横付け、燃料潤滑油搭載 16.12.31:艦隊区分:第六根據地隊(0)(83) 16.12.31:艦隊区分:第六根據地隊第八砲艦隊(1)第二小隊(83) 17.01.03:錨鎖修理 17.01.05:クエゼリン〜01.05ピケジ 17.01.05:軍隊区分:マーシャル方面防備部隊ヤルート海面防備部隊 17.01.--:五号改一機雷76個を揚陸 17.01.06:ピケジ〜01.06クエゼリン 17.01.07:クエゼリン〜哨戒〜01.09ミレ 17.01.09:ミレ〜01.09レビヨン 17.01.09:漂着機雷2個揚収 17.01.10:レビヨン〜01.10アルバル 17.01.10:漂着機雷1個爆破処分 17.01.11:アルバル〜哨戒〜01.13ジャボール 17.01.13:ジャボール〜哨戒〜01.15イミエジ 17.01.15:清水300t搭載 17.01.16:イミエジ〜哨戒〜01.20ジャボール 17.01.21:石炭72t、清水48t搭載 17.01.22:ジャボール〜哨戒〜01.24ジャボール 17.01.24:ジャボール〜01.24イミエジ 17.01.28:イミエジ〜対潜哨戒〜01.30ジャボール 17.01.30:ジャボール〜01.30イミエジ 17.02.01:イミエジ〜02.02イミエジ 17.02.04:イミエジ〜02.04ジャボール 17.02.06:ジャボール〜02.06イミエジ02.06〜 02.11クエゼリン 17.02.12:石炭、真水補給 17.02.13:マキン航空基地燃料搭載、石炭補給 17.02.13:クエゼリン〜02.15イミエジ 17.02.15:イミエジ〜02.17マキン 17.02.17:特設砲艦「長田丸」に横付け、真水供給、円材引渡し 17.02.18:マキン基地航空燃料揚陸 17.02.20:軍隊区分:マーシャル方面防備部隊電令作第74号:ヤルート海面防備部隊 17.02.23:内外舷総塗粧(02.25まで) 17.02.26:特設砲艦「長田丸」に横付け、真水搭載 17.02.26:マキン〜02.28カミスン02.28〜02.28ジャボール 17.02.28:マキン基地航空燃料搭載、清水補給 17.03.01:ジャボール〜03.03マキン 17.03.03:マキン基地航空燃料揚陸(03.04まで) 17.03.06:航空燃料空ドラム缶搭載(03.08まで) 17.03.09:マキン〜03.11ジャボール 17.03.14:ジャボール〜03.14イミエジ 17.03.14:航空燃料空ドラム缶揚陸 17.03.15:マキン基地航空燃料搭載 17.03.16:イミエジ〜03.18マキン 17.03.18:マキン基地航空燃料揚陸 17.03.20:マキン〜03.21タラワ03.21〜03.22マキン 17.03.23:航空燃料空ドラム缶搭載 17.03.23:マキン〜03.25ジャボール 17.03.25:石炭搭載 17.03.26:清水補給 17.03.27:ジャボール〜03.27イミエジ 17.03.28:航空燃料空ドラム缶揚陸 17.03.29:マキン基地航空燃料搭載 17.03.29:イミエジ〜03.31マキン 17.03.31:マキン基地航空燃料揚陸(04.01まで) 17.04.02:航空燃料空ドラム缶搭載 17.04.05:マキン〜04.07ジャボール 17.04.09:ジャボール〜04.09イミエジ 17.04.21:マキン基地航空燃料搭載 17.04.21:イミエジ〜04.23マキン 17.04.24:マキン基地航空燃料揚陸(04.25まで) 17.04.25:マキン〜04.27ジャボール 17.04.27:石炭搭載(04.28まで) 17.04.30:ジャボール〜04.30クエゼリン 17.04.30:清水補給 17.05.01:クエゼリン〜05.13横須賀 17.05.16:横須賀〜05.16横浜 17.05.18:三菱重工業株式會社横浜造船所第二号船渠にて入渠 17.05.21:出渠 17.05.22:特設運送船關東丸」に横付け 17.06.01:清水搭載 17.06.06:横浜〜06.06横須賀 17.06.08:機銃砲台外周防弾鈑新設(06.09まで) 17.06.08:弾薬搭載、石炭搭載(06.09まで) 17.06.10:清水搭載、糧食搭載(06.11まで) 17.06.12:軍隊区分:マーシャル方面防備部隊電令作第106号:直卒部隊 17.06.13:横須賀〜06.26クエゼリン 17.06.27:石炭搭載 17.06.28:クエゼリン〜06.29イミエジ 17.07.03:生糧品搭載 17.07.06:イミエジ〜07.07エポン07.07〜 17.07.08:対潜戦闘:九五式爆雷8個投射、十二糎砲14発発射〜07.08マキン 17.07.10:特設砲艦隊編制:内令第1215号:第八砲艦隊の項を削る
17.07.10:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第六根據地隊 17.07.10:マキン〜07.11ミレ〜イミエジ 17.07.11:イミエジ〜07.14イミエジ07.30〜07.31クエゼリン 17.08.01:クエゼリン〜08.02ヤルート 17.08.05:軍隊区分:マーシャル方面防備部隊直卒部隊 17.08.14:ヤルート〜08.15ミレ08.17〜08.18イミエジ 17.08.19:イミエジ〜08.21マキン 17.08.21:マキンに陸戦隊揚陸 17.08.23:マキン〜08.24ヤルート 17.08.29:軍隊区分:アパママ、ナウル、オーシャン攻略部隊 17.08.29:ヤルート〜08.30マキン08.31〜09.02アパママ 17.09.02:揚陸 17.09.02:アパママ〜09.03タラワ 17.09.15:タラワ〜09.16アパママ 17.09.16:横須賀第六特別陸戦隊アパママ分遣隊76名揚陸 17.09.16:アパママ〜09.17タラワ 17.09.17:タラワ〜09.19オーシャン09.19〜09.21イミエジ 17.09.21:イミエジ〜09.24タラワ09.24〜09.25マイアナ09.26〜09.27ノヌチ09.27〜      〜09.28クリア09.29〜09.30タラワ 17.10.01:タラワ〜10.03ベル〜ノヌチ10.04〜10.05タラワ 17.10.04:軍隊区分:マーシャル方面防備部隊直卒部隊 17.10.06:タラワ〜10.08ヤルート 17.10.12:軍隊区分:マーシャル方面防備部隊監視隊 17.10.14:軍隊区分:マーシャル方面防備部隊監視隊より除く 17.10.18:ヤルート〜10.19クエゼリン10.25〜10.26イミエジ 17.10.28:イミエジ〜10.30マキン11.02〜11.04イミエジ 17.11.01:砲艦長:海軍豫備少佐 松本 四郎 17.11.04:イミエジ〜11.06クエゼリン 17.11.07:クエゼリン〜11.09ブラウン 17.11.11:ブラウン〜11.11ポコ島〜ブラウン 17.11.20:ブラウン〜11.21ピキンニ12.16〜12.17ロンゴラップ12.27〜12.28クエゼリン 18.01.04:クエゼリン〜01.05ロンゴラップ01.06〜01.07ピキンニ01.08〜01.09ブラウン01.09〜      〜01.12クエゼリン 18.01.13:クエゼリン〜01.15ヤルート01.16〜01.17アイリンダラプラタ01.20〜      〜01.21クエゼリン 18.02.15:軍隊区分:機密マーシャル方面防備部隊命令作第1号:クエゼリン海面防備部隊 18.02.28:クエゼリン〜特設運送船新國丸」捜索〜03.07クエゼリン 18.04.13:一般徴傭船「大原丸」より真水補給 18.04.29:クエゼリン〜05.01ブラウン05.06〜05.06メリレン05.07〜05.09メリレン05.10〜      〜05.10ブラウン05.12〜05.15クエゼリン 18.05.17:特設監視艇第一~丸」から真水補給 18.05.20:クエゼリン〜05.21タロア 18.05.--:魚雷搭載 18.05.24:タロア〜05.28大鳥島 18.05.28:揚陸 18.05.28:大鳥島〜06.01クエゼリン 18.06.--:クエゼリン 18.07.01:砲艦長:海軍少佐 松本 四郎 18.07.--:クエゼリン 18.08.01:砲艦長:海軍少佐 C水 實次 18.08.19:クエゼリン〜08.19ルオット08.22〜08.22クエゼリン 18.08.25:(第6252船団)クエゼリン〜08.31トラック 18.10.--:艦隊区分:第六根據地隊特設砲艦(1)(82)(兼特設敷設艦) 18.10.--:軍隊区分:機密マーシャル方面防備部隊命令作第10号:直卒部隊 18.10.04:トラック〜10.15横須賀10.19〜10.19横浜 18.11.14:(第3114甲船団)横須賀〜11.27トラック 18.12.04:(第5012船団)トラック〜
18.12.04:沈没 19.02.05:除籍:内令第305号 19.02.05:解傭
喪失場所:N09.06-E159.02 ポナペ島北北東250km付近 喪失原因:米潜水艦Apogon(SS-308)の雷撃

同型船

 盛京丸安州丸、定州丸、洛東丸新京丸龍興丸慶興丸咸興丸新興丸瑞興丸山鳩丸日海丸

兵装

 四十五口径三年式十二糎砲3門、九三式十三粍二聯装機銃1基、毘式七粍七単装機銃1基、
 三八式小銃、十四年式拳銃、
 九五式爆雷12個、爆雷投射機及び爆雷装填台2基、爆雷投下台2基、五号機雷改一110個、
 須式七十五糎探照燈1基、二米半測距儀1基、
 掃海具1組、軽便防雷具1組。
*12cm砲、13mm機銃、7.7mm機銃、測距儀数は機雷敷設に従事する特設砲艦の標準、
 爆雷投射機及び爆雷装填台、爆雷投下台、掃海具、軽便防雷具の数は推定

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和11年1月号
 雑誌「丸Graphic Quarterly」潮書房 No.20 「写真集 日本の小艦艇(続)」(P.104)
 雑誌「丸スペシャルNo.45」潮書房 (P.60)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.159)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1985年3月号「日本商船隊の懐古 No.68」山田早苗
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第六巻(P.125)
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (2953)
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.98)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊

前の艦へ ← 特設砲艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る