朝風丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.12.24:起工 13.09.10:進水、命名:朝風丸 13.11.28:竣工、船主:東大汽船株式會社、船籍港:大阪、登録純噸数:3,879
15.05.15:傭船主:山下汽船株式會社 15.08.01:船主:山下汽船株式會社、船籍港:神戸に変更
15.12.16:徴傭 15.12.16:船長:海軍嘱託 原山 楠雄(部内限り奏任官待遇) 15.12.22:株式會社大阪鉄工所因島工場にて艤装工事開始 15.12.25:入籍:内令第1020号:特設運送船(給炭油船)、呉鎮守府所管
16.01.15:監督官:海軍大佐 三塚 俊男 16.01.16:艤装工事完了 --.--.--:戦時編制:聯合艦隊所属、特設運送船(甲) 16.--.--:登録純噸数:3,878に変更 16.05.05:芝浦〜南洋方面〜06.30横須賀 16.07.21:横須賀〜クエゼリン 16.08.11:特設砲艦大同丸」に真水供給 16.--.--:クエゼリン〜10.24尾道 16.11.05:軍隊区分:南方部隊 16.11.26:内地〜南方前進基地(石炭6,000瓲、潤滑油100瓲、缶油900瓲積載) 16.12.15:0800 「第一號哨戒艇」に燃料補給 16.12.17:薩川湾〜バンカ泊地 17.01.18:1310 「第一號哨戒艇」に真水補給 17.01.--:バンカ泊地〜01.28基隆〜スターリング湾 17.03.07:「第七號掃海艇」に燃料、真水補給      「第八號掃海艇」に燃料、真水補給 17.03.12:「第一號哨戒艇」に燃料、真水補給 17.03.18:特設運送船尾上丸」へ石炭補給 17.--.--:スターリング湾〜04.07呉 17.05.05:監督官:海軍大佐 磯部 三男吉 17.05.07:呉〜05.10三池 17.05.--:石炭搭載 17.05.13:三池〜05.24マカッサル 17.05.--:石炭、重油揚陸 17.08.10:朝鮮重工業株式會社にて入渠 17.08.16:出渠 17.08.25:戦時編制:海軍省配属、呉鎮守府所属      〜09.23馬公09.25〜10.02大阪 17.10.01:監督官:海軍大佐 大崎 安兒 17.10.05:大阪〜10.06因島11.12〜11.16室蘭11.19〜11.21伏木11.24〜11.28横須賀      (乙1号輸送−呉第六特別陸戦隊、横須賀第七特別陸戦隊及び設営隊輸送) 17.12.10:横須賀〜12.22ラバウル〜01.08横須賀 18.01.13:横須賀〜01.17小樽01.20〜01.24大阪01.27〜01.30佐世保 18.01.30:機密佐世保鎮守府命令第43号:「公稱第5165號」及び「公稱第5188號」特型運貨船を搭載 18.02.--:第二十四海軍設営隊乗船  18.02.12:佐世保〜02.21アンボン      〜04.10高雄04.12〜04.19新居浜04.26〜04.26呉05.03〜05.03門司05.07〜 18.05.11:(K511船団)佐伯〜05.19パラオ 18.05.25:指揮官:海軍大佐 大崎 安兒 18.05.31:(P531船団)パラオ〜06.09佐伯      〜06.10門司06.17〜06.25佐世保06.28〜 18.07.03:(第8703船団)〜      〜07.03 2100 瀬戸埼にて敷設艇成生」が護衛を開始〜      〜07.04 0700 三木埼にて敷設艇「成生」が護衛を終了〜      〜07.05横須賀 18.07.08:横須賀〜07.09横須賀 18.07.19:横須賀〜 18.08.06:(第1064船団)トラック〜08.10ラバウル 18.08.22:「第二十八號掃海艇」に石炭補給 18.08.25:(オ605船団)ラバウル〜09.02パラオ 18.09.12:(フ807船団)パラオ〜09.24大阪 18.09.25:日立造船株式會社本社工場にて機関修理(09.28まで) 18.09.29:大阪〜09.30門司10.03〜10.03神戸 18.10.04:(第8004乙船団)神戸〜      〜10.05 1000 「三千丸」が解列名古屋に向う〜      〜10.06 0900 「第二十七號掃海艇」が護衛終了〜      〜10.06横須賀 18.10.09:(第3009甲船団)横須賀〜      〜10.12(N28.30-E137.28)被雷した運送艦間宮」を曳航〜      〜10.18佐伯 18.10.19:指揮官:海軍大佐 池田 敬之助 18.10.22:呉〜神戸〜10.31トラック 18.11.07:(第5075船団)トラック〜11.13クエゼリン
18.12.05:沈没 19.02.15:除籍:内令第305号 19.02.15:解傭
喪失場所:N09.00-E166.30 クエゼリン 喪失原因:米空母Lexington(CV-16)及びIndependence(CVL-22)艦載機50機による空爆

同型船

 興新丸日産丸日立丸日威丸日朗丸日張丸日瑞丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和13年10月号、昭和14年1月号
 雑誌「世界の艦船」海人社 2000年5月号「思い出の日本貨物船その45」
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1984年2月号「日本商船隊の懐古 No. 56」山田早苗
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第八巻(P.153)
 「山洋会誌特別号 殉職者追悼録」 S35.06 山下汽船株式会社山洋会
 "Naval History and Heritage Command" Catalog #:NH 80-G-205294

前の船へ ← 特設運送船(給炭油船) → 次の船へ

Homeへ戻る