日立丸の船歴

 年 月 日:船歴

13.07.09:起工 14.02.06:進水、命名:日立丸 14.06.15:竣工
16.11.26:徴傭 16.12.03:三菱重工業株式會社神戸造船所にて艤装工事開始 16.12.08:呉在泊  16.12.10:入籍:内令第1634号:特設運送船(給兵船)、呉鎮守府所管
16.12.--:戦時編制:聯合艦隊所属、特設運送船(甲) 16.12.10:監督官:海軍大佐 佐伯 孝二 16.12.13:監督官:海軍大佐 中原 達平 16.12.28:艤装工事完了 17.01.--:軍隊区分:先遣部隊補給部隊 17.01.01:呉在泊 17.01.25:軍隊区分:当分の間第十一航空艦隊長官の指揮下 17.02.15:高雄〜 17.03.01:(現在)軍隊区分:南方部隊航空部隊補給部隊 17.03.05:軍隊区分:南方部隊航空部隊より除く 17.03.08:ケンダリー〜03.17バンコク 17.03.29:バンコク〜03.31西貢04.03〜04.08高雄04.11〜04.18テニアン 17.04.22:テニアン〜04.22サイパン〜05.02呉 17.04.25:軍隊区分:第十一航空艦隊司令長官の指揮を解く
17.06.15:移籍:内令第1057号:特設運送船(雑用船)、呉鎮守府所管
17.06.21:呉〜06.21門司06.22〜06.23三池06.25〜06.30マニラ07.03〜      〜07.07西貢07.10〜07.13昭南07.17〜07.18ズングン07.24〜08.06大阪 17.08.12:大阪〜08.13横須賀08.15〜08.15横浜 17.08.--:三菱重工業株式會社横浜造船所にて入渠 17.08.21:横浜〜08.21横須賀 17.08.--:軍隊区分:第四艦隊指揮下 17.08.--:横須賀第六特別陸戦隊物件其の他搭載 17.08.24:横須賀〜09.05イミエジ09.13〜09.15タラワ09.15〜09.15マキン 17.09.24:タラワ〜09.29トラック10.02〜10.04ポナペ10.11〜      〜10.15 米巡洋艦Portland(CA-33)及び同艦載機と交戦〜      〜10.16タラワ10.21〜10.22タラワ 17.10.29:原隊復帰 17.11.09:トラック〜11.30横須賀 17.12.02:横須賀〜12.04因島 17.12.20:因島〜12.24徳山 17.12.27:徳山〜12.29横浜 18.01.04:海面防備部隊信電令作第88号:      1.明5日1100日立丸ラバウルに向け横浜発浮島西方6浬を経て御前崎の南30浬        より針路185度速力10節      2.第百一號哨戒艇は之を第二海堡附近より北緯33度線迄直接護衛したる後        大島駿河湾間哨戒に任ずる傍ら単独諸訓練を実施すべし 18.01.05:横浜〜01.31ブカ 18.01.31:軍隊区分:第一航空艦隊指揮下 18.01.31:ブカ〜02.01ブイン02.02〜02.12バラレ02.12〜02.12ブイン 18.02.13:対空戦闘:B-24 6機、戦闘機10機 18.02.14:対空戦闘:B-24 9機、戦闘機9機、直撃弾2発、浸水擱坐
18.02.14:沈没 18.07.01:除籍:内令第1321号 18.07.01:解傭
喪失場所:S06.48-E155.50 ブイン 喪失原因:米空軍B-24及びPB4Yの空爆

同型船

 興新丸朝風丸日産丸日威丸日朗丸日張丸日瑞丸

兵装

 要調査

写真資料

 「海軍雑誌 海と空」 昭和14年11月号 海と空社
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報2600年版」S15.04 海と空社(P.9)
 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和14年3月号
 雑誌「世界の艦船」海人社 2021年1月号「思い出の日本貨物船その293」
 「日立造船株式會社七十五年史」S31.04 日立造船株式会社
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十三巻(P.76)
 "Australian War Memorial", ID Nos. 097354, 097355, 097373, 097374, 097375 & 303396
 小樽市博物館所蔵(32-6)

備考

米軍識別資料ONI 208-J, ONI 208-J (Revised)で本船とされている写真は「日張丸」です。


前の船へ ← 特設運送船(給兵船) → 次の船へ

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る