大井丸の船歴

 年 月 日:船歴

13.08.03:起工 14.03.07:進水、命名:大井丸 14.04.22:竣工
16.09.05:徴傭:合名會社尼崎造船所で艤装工事開始 16.09.12:入籍:内令第1049号:特設掃海艇、呉鎮守府所管
16.09.12:掃海艇長:海軍豫備中尉 小林 利明 16.10.10:艤装工事完了 16.10.15:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊第三十一掃海隊 16.10.15:特設掃海隊編制:内令第1252号:第三十一掃海隊 16.12.18:佐伯〜12.19津久見12.20〜12.22津久見12.23〜12.24佐伯12.25〜12.26佐伯 16.12.27:佐伯〜12.28佐伯12.29〜12.30津久見12.31〜01.01佐伯01.02〜01.03佐伯 17.01.04:佐伯〜01.05津久見01.06〜01.07津久見01.08〜01.09津久見01.10〜01.11佐伯 17.01.13:佐伯〜01.14津久見01.16〜01.17佐伯01.19〜01.20佐伯01.21〜01.22津久見 17.01.24:津久見〜01.25佐伯01.27〜01.28佐伯01.30〜01.31津久見02.02〜02.03佐伯 17.02.05:佐伯〜02.06佐伯02.08〜02.09津久見02.10〜02.10津久見02.11〜02.12津久見 17.02.14:津久見〜02.15佐伯02.17〜02.18佐伯02.20〜02.21佐伯02.23〜02.24佐伯 17.03.02:佐伯〜03.03津久見03.09〜03.09津久見03.12〜03.13佐伯04.30〜05.01津久見 17.05.03:佐伯〜05.04佐伯05.06〜05.07佐伯 17.05.20:津久見〜05.21佐伯 17.05.23:津久見〜05.24佐伯05.26〜05.28佐伯05.29〜05.30津久見06.01〜06.02佐伯 17.06.04:佐伯〜06.05津久見06.07〜06.08佐伯06.10〜06.11津久見06.13〜06.14佐伯 17.06.16:佐伯〜06.17佐伯06.19〜06.20佐伯06.22〜06.23津久見06.24〜06.25佐伯 17.06.28:佐伯〜06.29佐伯07.01〜07.02佐伯07.04〜07.05佐伯07.07〜07.08佐伯 17.07.10:佐伯〜07.14佐伯07.16〜07.17佐伯07.19〜07.20佐伯 17.07.25:臼杵〜07.26佐伯07.28〜07.29佐伯07.31〜08.01佐伯08.03〜08.04佐伯 17.08.06:佐伯〜08.07佐伯08.09〜08.12佐伯08.14〜08.17佐伯08.19〜08.20佐伯 17.08.22:佐伯〜08.23佐伯08.25〜09.04佐伯09.06〜09.26佐伯10.01〜10.08佐伯 17.11.01:掃海艇長:海軍豫備大尉 小林 利明 17.11.10:杵築〜11.11佐伯11.13〜11.14佐伯11.16〜11.19若松 17.12.02:佐伯〜12.03佐伯12.05〜12.06宿毛12.08〜12.09佐伯 17.12.12:佐伯〜12.13宿毛12.18〜12.22佐伯12.29〜01.03宿毛01.06〜01.08宿毛 18.01.11:宿毛〜01.12宿毛01.18〜01.19宿毛01.21〜01.22佐伯01.23〜01.24佐伯 18.02.24:佐伯〜02.25佐伯02.27〜02.28佐伯03.01〜03.04佐伯03.06〜03.07宿毛 18.03.10:古満目〜03.12佐伯03.14〜03.15宿毛 18.03.18:沖の島灯台の102度10浬にて浮流機雷1個揚収 18.04.18:宿毛〜04.19佐伯05.21〜05.22沖ノ島 18.05.30:沖ノ島〜05.31佐伯06.11〜06.12宿毛06.19〜06.20古満目06.25〜06.26宿毛 18.07.01:掃海艇長:海軍大尉 小林 利明 18.07.07:宿毛〜07.08佐伯 18.07.08:呉防備戦隊電令作第261号:      1.日進、玉波、10日0800沖ノ島出撃、爾後針路130度、速力21節      2.第三特別掃蕩隊(指揮官:由利島艇長、兵力:由利島第六玉丸第七玉丸、大井丸)は        9日2000発動、沖ノ島より80浬まで右航路上の往復掃蕩に任じたる後F3哨区内航路附近の        哨戒に任じ艦隊通過後は東経133度30分まで追躡潜水艦の阻止に任ずべし      3.第三十四掃海隊司令は9日七番浮標以南の水道の掃海を完了すべし 18.07.09:呉防備戦隊電令作第264号:電令作第261号中第1項を左の通改む      1.艦隊大部隊10日0800より1200まで沖ノ島出撃、爾後針路130度 18.07.09:佐伯〜07.11宿毛07.30〜08.01佐伯 18.09.30:佐伯〜10.03佐伯10.09〜10.09佐伯10.12〜10.14佐伯10.25〜10.27佐伯 18.11.04:佐伯〜11.05佐伯11.13〜11.16佐伯 18.11.21:(オ107船団護衛)佐伯〜(N28.---E---.--)護衛打切〜11.24佐伯 18.11.27:呉防備戦隊電令作第402号:      1.フ〇〇九船団(輸送船9隻、第十七號掃海艇第八拓南丸護衛)自28日至1日迄の正午位置        N25.30-E129.50、N27.50-E130.50、N30.15-E131.15、深島の東2浬、速力8節      2.佐伯防備隊司令は由利島をして28日便宜出港、29日正午右と会合、護衛に任ぜしむべし      3.第六玉丸、大井丸は北緯29度にてオ703船団より分離、30日正午右船団と会合、護衛に任ずべし              4.伯空司令は右船団の警戒に任ずべし 18.11.27:(オ703船団護衛)佐伯〜(N29.---E---.--)護衛打切〜      〜(N19.---E---.--)(フ009船団護衛)〜      〜深島で護衛打切〜      〜12.03佐伯 18.12.05:(オ506船団護衛)佐伯〜(N28.---E---.--)護衛打切〜12.08佐伯 19.02.11:佐伯〜02.15佐伯02.22〜02.23佐伯02.25〜02.27佐伯03.11〜03.13横須賀 19.03.14:機密横鎮部隊電令作第207号:      2.第一號敷設特務艇第七雲海丸、大井丸、第一號桐丸及び朝輝丸を以て第三三一六船団部隊を        編成 19.03.16:横須賀〜 19.03.31:(第4船団護衛)サイパン〜04.08横須賀 19.05.10:特設掃海隊編制:内令第649号:第三十一掃海隊の項を削る
19.05.10:移籍:内令第650号:特設驅潜艇、呉鎮守府所管
19.05.10:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊佐伯防備隊 19.05.10:内令第651号:佐伯防備隊所属 19.05.16:横浜〜05.18佐伯06.10〜
19.06.10:沈没 19.08.10:解傭 20.11.30:除籍:第301730番電
喪失場所:N32.41-E132.01 宮崎県深島灯台南東10km付近 喪失原因:潜水艦の雷撃

同型船

 多摩丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和14年7月号

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

前の艇へ ← 特設驅潜艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る