第七玉丸の船歴

 年 月 日:船歴

11.03.25:起工 11.07.22:進水、命名:第七玉丸 11.10.30:竣工、船主:大洋捕鯨株式會社
11.11.--:(第一次南氷洋捕鯨)神戸〜03.29フリーマントル〜 12.09.27:(第二次南氷洋捕鯨)神戸〜10.20フリーマントル〜10.25フリーマントル〜      〜11.15フリーマントル〜03.30フリーマントル〜 13.--.--:(第三次南氷洋捕鯨)〜10.23フリーマントル〜11.05フリーマントル〜04.01フリーマントル〜 14.--.--:黄海・東海の海流観測 14.--.--:(第四次南氷洋捕鯨)〜11.21フリーマントル〜03.18フリーマントル〜 15.--.--:(第五次南氷洋捕鯨)
16.04.09:徴傭 16.04.11:入籍:内令第397号:特設掃海艇、呉鎮守府所管
16.04.11:掃海艇長:海軍豫備中尉 藤田 義直 16.05.01:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊第三十一掃海隊 16.05.01:特設掃海隊編制:内令第460号:第三十一掃海隊 16.05.01:林兼造船にて艤装工事開始 16.05.10:艤装工事完了 16.10.15:特設掃海隊編制:内令第1252号:第三十一掃海隊 17.04.13:宿毛〜04.16宿毛 17.04.14:呉防備戦隊電令作第22号:第一掃蕩隊 17.04.19:呉防戦機密第420番電:呉防備戦隊電令作第22号による掃蕩部隊の編成並に任務を解く 17.11.01;掃海艇長:海軍豫備大尉 藤田 義直 17.12.12:佐伯〜 17.12.14:(8号演習M船団護衛)佐伯〜(N29.00-E---.--)護衛打切〜12.18佐伯 17.12.16:呉防備戦隊電令作第42号:      1.由利島及第七玉丸は護衛任務終了後、V、Q、L、G、F哨区の航過掃蕩を実施すべし      2.右掃蕩後、由利島は佐伯防備隊司令、第七玉丸は第三十一掃海隊司令所定に依り        夫々掃蕩並に哨戒に任ずべし 17.12.21:沖ノ島〜12.22宿毛12.26〜12.30佐伯 18.01.01:宿毛〜01.03宿毛 18.01.08:沖ノ島〜01.10宿毛01.13〜01.14沖ノ島 18.01.20:佐伯〜01.22深浦 18.03.06:深浦〜03.11沖ノ島 18.03.07:呉防備戦隊電令作第77号:      1.第三十一掃海隊司令は其の隊の二隻(第七玉丸外一隻増派)をして都井岬火岬連結線以北の        湾口哨戒実施      2.佐伯防備隊司令は        (イ)第三十六號驅潜艇第三十一號哨戒艇釣島をして都井岬を中心とする15浬圏内の           対潜掃蕩実施        (ロ)山水丸をしてくらいど丸救難に任ぜしめつつ同錨地附近の哨戒実施      3.佐伯航空隊は7日1400基地を鹿屋海軍航空隊に進出、当隊に協力      4.第四十六號哨戒艇、那沙美は船団護衛終了後、掃蕩隊に編入の予定 18.03.13:佐伯〜03.16沖ノ島 18.03.18:佐伯〜03.21佐伯 18.03.31:船主:西大洋漁業統制株式會社に変更 18.04.20;掃海艇長:海軍豫備大尉 古賀 春次 18.05.01:宿毛〜05.03佐伯 18.05.12:沖ノ島〜05.13宿毛05.17〜05.20佐伯 18.07.01:掃海艇長:海軍大尉 古賀 春次 18.07.06:佐伯〜07.11沖ノ島 18.07.08:呉防備戦隊電令作第261号:      1.日進、玉波、10日0800沖ノ島出撃、爾後針路130度、速力21節      2.第三特別掃蕩隊(指揮官:由利島艇長、兵力:由利島第六玉丸、第七玉丸、大井丸)は        9日2000発動、沖ノ島より80浬まで右航路上の往復掃蕩に任じたる後F3哨区内航路附近の        哨戒に任じ艦隊通過後は東経133度30分まで追躡潜水艦の阻止に任ずべし      3.第三十四掃海隊司令は9日七番浮標以南の水道の掃海を完了すべし 18.07.09:呉防備戦隊電令作第264号:電令作第261号中第1項を左の通改む      1.艦隊大部隊10日0800より1200まで沖ノ島出撃、爾後針路130度 18.07.15:(オ505船団護衛)佐伯〜07.16(N29.00-E---.--)護衛打切〜07.16宿毛 18.07.29:宿毛〜08.01佐伯08.06〜08.09宿毛08.11〜08.14沖ノ島 18.08.16:沖ノ島〜08.18沖ノ島 18.08.25:佐伯〜(フ806船団護衛)〜08.28佐伯08.31〜09.03佐伯 18.09.09:宿毛〜09.12宿毛09.25〜09.27宿毛09.30〜10.03油津10.08〜10.09佐伯 18.10.11:佐伯〜10.14佐伯10.25〜10.27佐伯 18.11.04:沖ノ島〜11.05佐伯 18.12.13:(船団護衛)佐伯〜 18.12.21:呉防備戦隊電令作第415号:深島の145度17浬に於てオ一〇六船団雷撃を受く      1.伯空司令は直に全力を挙げて敵潜を撃滅すべし      2.佐伯防備隊司令は第三號日之出丸麻豆丸恒春丸を以て掃蕩隊を編成、敵潜を撃滅すべし      3.第三十一掃海隊司令は由利島、第八拓南丸、第七玉丸を指揮し準備出来次第出撃、        敵潜を撃滅すべし      4.佐伯防備隊司令は山水丸大衆丸をして人員の救助に努べし      5.第三十一掃海隊司令は対潜攻撃に関し佐伯防備隊掃蕩隊を区処すべし      〜12.21 対潜掃蕩〜      〜12.24佐伯 18.12.27:(オ708船団護衛)佐伯〜12.28護衛打切〜12.30佐伯 19.01.07:(オ707船団護衛)佐伯〜(N25.00-E---.--)護衛打切〜佐伯 19.01.11:(オ105船団護衛)佐伯〜      〜01.11 1250 島野浦灯台の157度10浬にて陸軍徴傭船りい丸」被雷〜      〜01.11 1417 陸軍徴傭船「りい丸」沈没〜      〜01.11 対潜掃蕩、船団は佐伯に引返す〜   〜01.12佐伯 19.01.25:(オ510船団護衛)門司〜02.05パラオ 19.02.09:(パタ01船団護衛)パラオ〜02.16高雄 19.02.23:(タモ05船団護衛)高雄〜02.29門司 19.02.29:軍隊区分:第一海上護衛隊作戦指揮下に入る 19.03.03:佐伯〜03.04呉 19.03.13:呉〜03.13門司 19.03.15:(モタ11船団護衛)門司〜03.22高雄 19.03.27:(タモ14船団護衛)高雄〜船団より分離〜04.02呉 19.04.--:艦船番号(29) 19.04.02:呉海軍工廠にて船体兵器機関整備(04.06まで) 19.04.06:呉〜04.07門司04.12〜04.12釜山04.13〜04.13鎮海 19.04.16:(竹・モタ17船団護衛)鎮海〜      〜04.17 0700 驅逐艦「藤波」、同「白露」が船団に合同〜      〜04.18 0815 「第三十七號驅潜艇」「第三十八號驅潜艇」が船団に合同〜      〜04.19 1040 船団解列〜      〜04.19泗礁山 19.04.21:泗礁山〜      〜04.22 0745 驅逐艦」が船団に合同、砲艦安宅」が解列し上海に帰投〜      〜04.23 1230 特設掃海艇「第七玉丸」、驅逐艦「栗」、「帝香丸」他1隻が解列し基隆に向かう〜      〜04.24 護衛終了〜 〜04.25高雄 19.04.25:高雄〜(ユタ05船団護衛)〜04.26高雄04.27〜04.28基隆 19.05.01:(タモ18船団護衛)基隆〜対潜掃蕩〜船団より分離〜05.09呉 19.05.10:特設掃海隊編制:内令第649号:第三十一掃海隊の項を削る
19.05.10:移籍:内令第650号:特設驅潜艇、呉鎮守府所管
19.05.10:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊佐伯防備隊 19.05.10:内令第651号:佐伯防備隊所属 19.05.13:門司〜05.14串本 19.05.25:軍隊区分:機密横須賀鎮守府電令作第387号:紀州部隊編入 19.06.06:串本〜06.06串本 19.06.08:串本〜06.11串本 19.06.13:串本〜06.16串本 19.06.18:串本〜「嚴島丸」護衛〜
19.06.18:沈没 19.08.10:除籍:内令第949号 19.08.10:解傭
喪失場所:潮岬285度19.4km付近 喪失原因:潜水艦の雷撃

同型船

 玉丸第二玉丸第三玉丸第五玉丸第六玉丸第八玉丸第九玉丸(長門丸)

兵装

 要調査

写真資料

 「海軍第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集委員会(P.229) 
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (3006)
 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.50「掃海艇・輸送艦」(P.43)
 雑誌「丸Graphic Quarterly」潮書房 No.20 「写真集 日本の小艦艇(続)」(P.27)
 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

前の艇へ ← 特設驅潜艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る