第五玉丸の船歴

 年 月 日:船歴

11.04.25:起工 11.08.06:進水、命名:第五玉丸 11.09.27:竣工
11.09.--:新規登録:所有者:大洋捕鯨株式會社、           登録純噸数:80 11.09.26:登録検査、船級:TK N.S.* (Whaler)、船級番号:529 11.09.27:船長:矢次 滿 11.10.07:(第一次南氷洋捕鯨:日新丸船団)神戸〜10.29フリーマントル11.03〜      〜11.14 ---- 南氷洋にて操業開始〜      〜03.17 0600 操業終了〜      〜03.27フリーマントル 12.03.29:フリーマントル〜04.22下関 12.06.--:中間検査 12.09.22:変更登録:登録純噸数:78 12.09.27:(第二次南氷洋捕鯨:日新丸船団)神戸〜10.16フリーマントル10.20〜      〜11.01(S59.05-E104.03)操業開始〜      〜03.17 操業終了〜      〜03.25フリーマントル03.30〜04.18下関 13.07.--:中間検査 13.08.02:本州南方の海流観測(08.21まで) 13.09.28:(第三次南氷洋捕鯨:日新丸船団)大阪〜フリーマントル10.23〜      〜11.01 操業開始〜      〜03.15 操業終了〜      〜フリーマントル〜下関 14.07.--:中間検査 14.07.22:東支那海の海流観測(08.25まで) 14.10.10:(第四次南氷洋捕鯨:日新丸船団)横浜〜10.20バリクパパン10.25〜      〜11.11 操業開始〜      〜03.07 操業終了〜      〜フリーマントル03.18〜バリクパパン〜04.05下関 15.05.27:大阪にて第一次第一種定期検査 15.06.07:傭船主:北洋捕鯨株式會社(09.19まで) 15.10.10:(第五次南氷洋捕鯨:日新丸船団)横浜〜10.20バリクパパン〜      〜11.11 操業開始〜      〜03.05 操業終了〜      〜03.25タラカン〜04.10下関 16.05.14:中間検査
16.08.25:徴傭 16.09.12:入籍:内令第1049号:特設掃海艇、横須賀鎮守府所管 16.09.12:掃海艇長:海軍豫備大尉 高遠 章 16.09.20:軍隊区分:機密大湊要港部命令第234号:当分の間、大湊防備隊司令指揮下、      函館統制工業にて艤装 16.10.01:艤装工事開始 16.10.01:特設掃海隊編制:内令第1165号:第十六掃海隊 16.10.01:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第六根據地隊第十六掃海隊 16.10.07:艤装工事完了 16.10.15:特設掃海隊編制:内令第1252号:第十六掃海隊 16.11.03:横須賀〜 16.12.01:(現在)艦隊区分:第六根據地隊第二部隊第十六掃海隊(3)第一小隊(162) 16.12.01:(現在)軍隊区分:マーシャル方面防備部隊クエゼリン部隊 16.12.02:ピギンニ〜12.02クエゼリン 16.12.10:略称改正:第一六一號掃海艇 16.12.10:艦隊区分:第六根據地隊第二部隊第十六掃海隊(3)第一小隊(161) 16.12.19:クエゼリン〜12.19ルオット 16.12.31:艦隊区分:第六根據地隊第十六掃海隊(3)第一小隊(161) 17.01.05:軍隊区分:マーシャル方面防備部隊クエゼリン海面防備部隊 17.01.07:ルオット〜01.08クエゼリン 17.01.23:クエゼリン〜01.23ルオット01.30〜01.31クエゼリン 17.02.--:クエゼリン 17.03.04:クエゼリン〜03.04ルオット03.07〜03.07クエゼリン 17.03.09:クエゼリン〜03.09ルオット03.16〜03.17クエゼリン 17.03.18:クエゼリン〜03.18ルオット03.22〜03.22クエゼリン 17.03.26:クエゼリン〜03.26ルオット 17.04.--:ルオット付近哨戒 17.05.15:一般徴傭船「第二清壽丸」から清水11t補給 17.05.17:南洋部隊電令作第195号:       第十六掃海隊は準備出来次第、現地発速にサイパンに回航、第二艦隊長官の指揮を受け行動すべし 17.05.--:軍隊区分:機密攻略部隊命令第1号:護衛隊 17.05.--:ルオット〜クエゼリン 17.05.18:クエゼリン〜05.24サイパン 17.05.24:燃料、清水補給 17.05.25:糧食、軍需品搭載 17.05.26:軍隊区分:機密MI攻略部隊護衛隊命令第1号:(第一)別動隊 17.05.26:(MI攻略作戦)サイパン〜      〜05.30 1404(N18.03-E159.49)特設掃海艇第七昭和丸」、第八昭和丸」が分離〜       〜06.01大鳥島 17.06.01:燃料補給 17.06.01:大鳥島〜      〜06.04 0520(N27.21-E174.65)敵飛行艇と交戦〜      〜06.05 0910(N26.15-E177.23)反転、微速力にて待命〜      〜06.05 1032 原速力にて大鳥島に向う〜      〜06.08大鳥島 17.06.08:燃料補給 17.06.09:軍隊区分:第二水雷戦隊機密第444番電:第四艦隊司令長官の指揮下に復帰 17.06.09:大鳥島〜06.10大鳥島 17.06.18:大鳥島〜06.21クエゼリン 17.07.06:クエゼリン〜07.09ポナペ07.11〜07.16サイパン07.19〜07.23二見07.24〜07.27横須賀 17.07.14:略称:第四艦隊機密第323号:162 17.08.03:横須賀〜08.03東京 17.08.03:株式會社石川島造船所にて修理 17.09.14:東京〜09.14横須賀 17.09.23:横須賀〜09.27二見09.28〜10.03サイパン10.07〜10.13ルオット及びクエゼリン10.28〜      〜10.29ヤルート10.30〜10.31クエゼリン 17.11.--:ルオット付近哨戒 17.12.--:クエゼリン及びルオット付近哨戒 18.01.--:ルオット 18.02.--:ルオット及びクエゼリン02.15〜02.20ヤルート 18.02.15:軍隊区分:機密マーシャル方面防備部隊命令作第1号:クエゼリン海面防備部隊 18.02.22:ヤルート〜02.23クエゼリン 18.03.07:クエゼリン〜03.07ルオット03.15〜03.18ルオット03.25〜03.25クエゼリン 18.03.26:クエゼリン〜03.27タロア03.28〜03.29ヤルート03.30〜03.31クエゼリン 18.03.31:水産統制令に基づき株式會社林兼商店の内地水産部門を分離、これに大洋捕鯨株式會社及      遠洋捕鯨株式會社を合併し西大洋漁業統制株式會社を設立 18.2Q :変更登録:所有者:西大洋漁業統制株式會社 18.04.01:クエゼリン〜 18.04.17:ルオット〜04.17クエゼリン 18.04.18:クエゼリン〜04.18ルオット05.01〜05.02ヤルート05.03〜05.04クエゼリン 18.05.05:クエゼリン〜05.05ルオット05.20〜05.20クエゼリン 18.05.21:クエゼリン〜ルオット06.02〜06.02クエゼリン 18.06.03:クエゼリン〜06.03ルオット 18.07.01:掃海艇長:海軍大尉 高遠 章 18.07.--:ルオット及びクエゼリン 18.07.22:クエゼリン〜 18.08.--:ルオット及びクエゼリン 18.08.17:掃海艇長:海軍大尉 吹上 C光 18.09.12:ルオット〜09.12クエゼリン 18.09.12:クエゼリン〜      〜09.13 1330 運送艦知床」遭難現場着、警戒〜      〜09.13 1500 特設砲艦香取丸」が運送艦「知床」を曳航開始〜      〜09.15ルオット 18.09.18:ルオット〜09.20ブラウン09.24〜09.25ルオット 18.10.--:艦隊区分:第六根據地隊第十六掃海隊(6)第一小隊(161) 18.10.--:軍隊区分:機密マーシャル方面防備部隊命令作第10号:ルオット海上防備部隊 18.10.--:ルオット付近哨戒
19.01.30:消息不明 19.03.31:特設掃海隊編制:内令第504号:第十六掃海隊の項を削る 19.03.31:除籍:内令第508号 19.06.30:解傭
喪失場所:N.-E. クエゼリン環礁 喪失原因:01.30〜02.05間の米機による空爆あるいは米艦による艦砲射撃

同型船

 玉丸第二玉丸第三玉丸第六玉丸第七玉丸第八玉丸第九玉丸(長門丸)

兵装

 要調査。

写真資料

 「漁船」第二號 S12.02 漁船協会
 「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.101)
 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和12年6月号附録

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る