第七昭和丸の船歴

 年 月 日:船歴

11.04.09:起工 11.07.24:進水、命名:第七昭和丸 11.08.31:竣工、船主:共同漁業株式會社、登録長:37.0
11.--.--:(第2回南氷洋捕鯨)〜10.24フリーマントル〜03.29フリーマントル〜 12.04.24:船主:日本水産株式會社、登録長:37.9に変更 12.--.--:(第3回南氷洋捕鯨)〜10.20フリーマントル〜03.23フリーマントル〜 13.--.--:(第4回南氷洋捕鯨)〜10.29フリーマントル〜 15.05.31:傭船主:北洋捕鯨株式會社(09.19まで) 16.08.23:機密大湊要港部命令第217号:特設掃海艇として徴傭、 当分の間、大湊防備隊司令指揮下 16.08.23:機密大湊要港部命令第218号:函館に回航、艤装完了次第、大湊に帰港
16.08.26:徴傭 16.09.12:入籍:内令第1049号:特設掃海艇、横須賀鎮守府所管
16.09.12:掃海艇長:海軍豫備中尉 高橋 輝藏 16.09.12:艤装工事開始 16.10.15:艤装工事完了 16.10.15:特設掃海隊編制:内令第1252号:第十六掃海隊 16.10.15:掃海艇長:海軍豫備大尉 高橋 輝藏 16.11.03:横須賀〜南洋方面〜 16.12.01:(現在)戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第六根據地隊第十六掃海隊 16.12.01:(現在)艦隊区分:第六根據地隊第二部隊第十六掃海隊(3)第二小隊(163) 16.12.01:(現在)軍隊区分:マーシャル方面防備部隊クエゼリン部隊 16.12.07:横須賀〜二見12.14〜01.02ポナペ 16.12.31:艦隊区分:第六根據地隊第十六掃海隊(3)第二小隊(163) 17.01.05:軍隊区分:マーシャル方面防備部隊クエゼリン海面防備部隊 17.01.05:ポナペ〜01.09クエゼリン 17.02.--:クエゼリン 17.03.03:クエゼリン〜03.03???03.11〜03.13ブラウン03.14〜03.16ルオット 17.03.29:ルオット〜03.29クエゼリン 17.04.--:ルオット付近哨戒 17.04.09:一般徴傭船「第二清壽丸」から50t補給 17.04.24:一般徴傭船「大盛丸」から真水補給 17.05.17:南洋部隊電令作第195号:       第十六掃海隊は準備出来次第、現地発速にサイパンに回航、第二艦隊長官の指揮を受け行動すべし 17.05.--:軍隊区分:機密攻略部隊命令第1号:護衛隊 17.05.--:ルオット〜クエゼリン 17.05.18:クエゼリン〜05.24サイパン 17.05.24:燃料、清水補給 17.05.25:糧食、軍需品搭載 17.05.26:軍隊区分:機密MI攻略部隊護衛隊命令第1号:(第一)別動隊 17.05.26:(MI攻略作戦)サイパン〜      〜05.30 1404(N18.03-E159.49)汽缶漏洩の為速力がでず、特設掃海艇第八昭和丸」護衛の下             特設掃海艇第五玉丸」、第三玉丸」と分離〜       〜06.03大鳥島 17.06.03:缶修理 17.06.09:軍隊区分:第二水雷戦隊機密第444番電:第四艦隊司令長官の指揮下に復帰 17.06.12:大鳥島〜06.21クエゼリン 17.07.17:クエゼリン〜07.20ポナペ07.21〜07.23トラック08.08〜08.10ポナペ08.11〜      〜08.14クエゼリン 17.08.16:クエゼリン〜08.16ルオット 17.09.--:クエゼリン及びルオット 17.10.--:ルオット付近哨戒 17.11.02:ルオット〜11.02クエゼリン11.03〜11.04ヤルート 17.11.05:ヤルート〜11.06クエゼリン及びルオット 17.12.01:ルオット〜12.02ヤルート12.11〜12.12ルオット 17.12.16:ルオット〜12.16クエゼリン 18.01.--:クエゼリン 18.02.--:クエゼリン及びルオット02.26〜02.28ミレ 18.02.15:軍隊区分:機密マーシャル方面防備部隊命令作第1号:クエゼリン海面防備部隊 18.03.02:ヤルート〜03.03クエゼリンおよびルオット 18.03.31:船主:日本海洋漁業統制株式會社に変更 18.04.04:クエゼリン〜04.04ルオット04.06〜04.07ルオット04.17〜04.18ヤルート04.19〜      〜04.20クエゼリン 18.04.21:クエゼリン〜04.21ルオット05.05〜05.05クエゼリン 18.05.06:クエゼリン〜05.07???05.13〜05.14ミレ05.18〜05.19ウオッチェ05.24〜      〜05.25ルオット06.10〜06.10クエゼリン 18.06.11:クエゼリン〜06.11クエゼリン 18.06.14:クエゼリン〜クエゼリン 18.06.16:クエゼリン〜06.17クエゼリン 18.06.19:クエゼリン〜06.21タロア06.24〜06.25クエゼリン 18.07.01:掃海艇長:海軍大尉 高橋 輝藏 18.07.03:クエゼリン〜07.03クエゼリン 18.07.04:クエゼリン〜07.06クエゼリン 18.07.06:クエゼリン〜07.07クエゼリン 18.07.08:クエゼリン〜07.09クエゼリン 18.07.12:クエゼリン〜07.13クエゼリン 18.07.19:クエゼリン〜07.21クエゼリン 18.07.22:クエゼリン〜07.23クエゼリン 18.07.26:クエゼリン〜 18.08.25:クエゼリン〜08.31トラック09.04〜09.15横須賀〜横浜 18.09.--:入渠、修理 18.09.21:掃海艇長:海軍大尉 寺内 三郎 18.10.--:艦隊区分:第六根據地隊第十六掃海隊(6)第二小隊(163) 18.10.--:軍隊区分:機密マーシャル方面防備部隊命令作第10号:ルオット海上防備部隊 18.10.--:入渠、修理中 18.10.25:横須賀〜 19.--.--:〜02.20横須賀 19.03.07:横須賀〜 19.03.--:株式會社東京石川島造船所にて入渠       九六式二十五粍単装C型機銃3基装備、       仮称軽便探信儀一型1基装備、       仮称簡易式水中聴音機一型1基装備 19.03.31:特設掃海隊編制:内令第504号:第十六掃海隊の項を削る
19.03.31:内令第506号:第四十一警備隊所属 19.03.31:軍隊区分:内南洋方面部隊第四艦隊第四十一警備隊附属 19.04.--:軍隊区分:機密カロリン方面防備部隊命令作第14号:哨戒部隊 19.04.03:出渠 19.04.18:岸壁繋留 19.04.30:東京〜自差修正、二十五粍機銃試射〜04.30横須賀 19.05.01:掃海艇長:海軍大尉 田中 銀造 19.05.01:田中大尉着任、寺内大尉退艇 19.05.02:横鎮機密電令作第336号:第3506船団護衛 19.05.04:横須賀〜水測兵器の公試、羅針儀自差修正〜重油搭載〜 19.05.05:清水搭載〜05.05横浜 19.05.06:(第3506船団護衛)横浜〜05.06館山05.08〜 19.05.10:機械故障の特設運送船正生丸」を護衛、船団から分離〜 19.05.12:対潜戦闘:爆雷1個威嚇投射〜05.12父島(二見) 19.05.12:特設掃海艇第八昭和丸」の左舷に横付け 19.05.14:(第3506船団護衛)父島(二見)〜05.20サイパン 19.05.20:重油搭載、清水15t、生糧品10日分補給 19.05.20:(第4520船団護衛)サイパン〜 19.05.26:対潜戦闘:爆雷1個威嚇投射〜05.28館山沖 19.05.28:缶水漏洩のため航行不能 19.05.28:特設驅潜艇第六拓南丸」より清水補給、応急修理〜05.28横須賀 19.05.29:軍隊区分:機密横鎮電令作第394号:甲直接護衛部隊 19.05.30:軍隊区分:機密横鎮電令作第399号:戊直接護衛部隊 19.05.31:重油搭載 19.06.01:軍隊区分:機密横鎮命令作第403号:第3606船団部隊戊直接護衛部隊 19.06.04:重油搭載 19.06.05:清水搭載 19.06.05:横須賀〜06.05木更津 19.06.05:(第3606船団護衛)木更津〜06.05館山06.06〜 19.06.07:0820 水雷艇「千鳥」護衛終了、船団から分離〜      2230 特設掃海艇「第八昭和丸」、一般徴傭船杉山丸」を護衛し船団から分離〜 19.06.08:海防艦「隠岐」、「神鹿丸」を護衛し船団から分離〜 19.06.09:0419 驅逐艦「松風」雷撃を受け沈没〜      0429 対潜戦闘:爆雷攻撃〜      0454 「松風」生存者救助作業〜      0600 救助作業終了、船団追尾〜      1100 船団に合流〜1600二見      1800 二見〜哨戒〜06.10二見  19.06.11:清水搭載 19.06.12:二見〜哨戒〜06.13二見 19.06.13:重油桟橋横付け、重油搭載〜浮標繋留 19.06.14:小笠原部隊電令作第122号:      1.第三六〇六船団を改編        護衛隊:能美、隠岐、天草、第七昭和丸、第八昭和丸        船団:美保丸甘井子丸豐川丸淡路丸        本船団を美保丸船団と呼称す      2.船団部隊指揮官を古賀大佐に指定す、乗艦は指揮官所定   3.船団部隊指揮官は出撃までの日時を利用、教育訓練を励行すべし      4.船団部隊出撃日時は特令     19.06.14:(美保丸船団護衛)父島〜      〜06.14 対潜戦闘:爆雷4発投射〜      〜06.15 特設驅潜艇「第八昭和丸」消息不明〜      〜06.16 1120 海防艦「天草」船団に合流〜      〜06.16 1200 船団八丈島八重根泊地に仮泊、本艇泊地沖を哨戒〜      〜06.16 1600 八重根〜      〜06.17横須賀(長浦) 19.06.18:機密横鎮電令作第444号:軍隊区分:甲直接護衛部隊 19.06.24:重油、生糧品、清水搭載 19.06.28:横須賀〜06.28浦賀 19.06.28:軍隊区分:機密横防戦電令作第155号:東京湾部隊指揮官の指揮下敵潜掃蕩 19.06.28:浦賀〜06.29対潜掃蕩〜06.30浦賀 19.06.30:軍隊区分:機密横防戦電令作第161号:東京湾部隊指揮官の作戦指揮を解く 19.06.30:浦賀〜06.30横須賀 19.07.03:(第3701船団護衛)館山〜07.04八丈島 19.07.22:(第3720船団護衛)横須賀〜07.26父島 19.07.29:(第4729船団護衛)父島〜08.01館山08.02〜08.02長浦
19.08.01:内令第924号:横須賀防備隊所属 19.08.01:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊横須賀防備隊 19.08.--:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊東京湾部隊第一特設掃海艇隊 19.08.01:軍隊区分:横鎮電令作第579号:東京湾部隊 19.08.05:長浦〜08.05木更津沖08.05〜08.05館山 19.08.10:館山〜LA哨区対潜掃蕩〜      〜08.12第二魚雷艇隊進出掩護〜      〜08.13発電機故障〜      〜08.13浦賀08.13〜08.13長浦 19.08.14:発電機修理、各部修理(08.26まで) 19.08.27:長浦〜08.27浦賀 19.09.--:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊東京湾部隊第一特設掃海艇隊第二小隊(3) 19.09.--:掃海艇長:海軍大尉 田中 銀造 19.09.01:浦賀〜09.01八丈島神湊 19.09.01:(「白銀丸」護衛)神湊〜09.02浦賀 19.09.02:浦賀〜09.02長浦 19.09.04:長浦〜諸訓練〜09.04浦賀 19.09.05:東京湾部隊機密第052105番電:三原山の165度13浬の対潜掃蕩任務 19.09.05:浦賀〜対潜掃蕩〜09.08浦賀 19.09.08:浦賀〜09.08長浦 19.09.10:長浦〜09.10浦賀 19.09.11:東京湾部隊機密第110900番電:第二魚雷艇隊増勢隊の八丈島−父島間の曳航及び掩護任務      軍隊区分:東京湾部隊第二魚雷艇隊増勢隊掩護隊 19.09.12:補給(09.13まで) 19.09.13:東京湾部隊機密第130845番電:第二魚雷艇隊増勢隊荒天のため進出が遅延、特令あるまで待機 19.09.14:浦賀〜09.14長浦 19.09.15:補給 19.09.16:横防機密第160840番電:KA哨区対潜掃蕩任務 19.09.16:長浦〜対潜掃蕩〜 19.09.17:東京湾部隊機密第170347番電:御蔵島の120度20浬に漂流中の「第六拓南丸」の警戒任務      〜特設驅潜艇第六拓南丸」救難作業〜 19.09.17:東京湾部隊機密第171543番電:長浦帰投命令      〜09.17館山 19.09.18:東京湾部隊機密第180628番電:第3917船団前路警戒、日没までに浦賀帰投命令 19.09.18:館山〜09.18浦賀 19.09.19:浦賀〜09.19長浦 19.09.20:長浦〜09.20館山 19.09.20:東京湾部隊機密第200636番電:21日中に八丈島集結(第110900番電関連) 19.09.21:館山〜      〜0825 新島の東18浬にて雷撃を受け回避〜      〜0836 対潜戦闘:爆雷投下3個深度90米〜      〜0845 対潜戦闘:爆雷投下1個深度90米〜      〜0846 聴音探信開始      〜0915 特設掃海艇第二文丸」沈没現場着、「第二文丸」のカッター、通船を集合させる〜      〜0928 対潜戦闘:爆雷投下1個深度90米〜   〜0940 遭難者収容、救助に着手〜      〜0951 遭難者収容、救助終了、救助人員27名〜      〜1100 現場から5浬圏内掃蕩開始〜      〜1300 現場から離れる〜      〜09.21館山 19.09.21:館山海軍航空隊に遭難者依頼 19.09.21:館山〜対潜掃蕩〜      〜09.23八丈島に向う〜09.24八重根 19.09.25:泊地哨戒(09.30まで) 19.09.27:一般徴傭船生田川丸」の警戒 19.10.--:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊東京湾部隊第一特設掃海艇隊第二小隊(1) 19.10.03:八重根〜10.04館山10.04〜10.04浦賀10.04〜10.04長浦 19.10.04:爆雷搭載 19.10.05:補給 19.10.06:長浦〜10.06浦賀 19.10.08:東京湾部隊機密第082029番電:YA、IA哨区進出 19.10.09:浦賀〜哨区哨戒〜10.09小浜沖 19.10.09:東京湾部隊機密第091208番電:太東崎付近に不時着した浜空飛行艇の調査 19.10.10:小浜沖〜      〜飛行艇調査中、カッター転覆事故〜      〜10.13浦賀 19.10.13:東京湾部隊機密第130910番電:任務解除 19.10.14:補給 19.10.14:東京湾部隊機密第141805番電:第一、LA哨区進出 19.10.15:浦賀〜10.15元村10.16〜10.16下田 19.10.17:下田〜哨区哨戒〜10.18下田 19.10.19:下田〜哨区哨戒〜10.19下田 19.10.19:東京湾部隊機密第191425番電:「~通川丸」護衛終了後、対潜掃蕩任務 19.10.19:下田〜船団護衛〜      〜10.20対潜戦闘:爆雷2個投射〜      〜10.21船団護衛終了、対潜掃蕩〜      〜10.22下田 19.10.22:補給 19.10.23:下田〜哨区哨戒〜10.23下田 19.10.24:下田〜哨区哨戒〜10.24下田 19.10.25:下田〜哨区哨戒〜10.25下田 19.10.26:下田〜哨区哨戒〜10.26下田 19.10.27:下田〜哨区哨戒〜10.27下田 19.10.28:下田〜哨区哨戒〜10.29下田 19.10.29:東京湾部隊機密第290842番電:「第三關丸」と交代し、浦賀帰投命令 19.10.30:下田〜哨区哨戒〜10.30下田 19.10.31:下田〜10.31浦賀 19.10.31:補給 19.11.01:浦賀〜11.01長浦11.01〜11.01横須賀沖11.02〜11.02長浦 19.11.04:入渠準備 19.11.05:長浦〜11.05石川島 19.11.06:株式會社石川島造船所第二船渠にて入渠(11.30まで)       十三粍機銃及び機銃台新設(11.15から) 19.12.08:軍隊区分:横鎮電令作第827号:小笠原部隊 19.12.15:出渠 19.12.17:石川島〜自差修正、試運転〜12.17長浦 19.12.18:補給整備(12.22まで) 19.12.21:甲直接護衛部隊信電令作第339号:長津丸、九州丸、い號米山丸、第二西海丸、      第六號海防艦、第五十二號驅潜艇、第四十四號驅潜艇、第八昭南丸、第七昭和丸、      慶南丸を以て第3223船団を編成、東京湾父島間直接護衛 19.12.23:長浦〜横浜から船団嚮導〜12.23館山 19.12.24:(第3223船団護衛)館山〜12.27父島 19.12.25:甲直接護衛部隊信電令作第344号:い號米山丸を第3223船団より除き第3226船団に加う 19.12.27:救難作業 19.12.28:不時着機救難作業 19.12.29:補給整備(01.04まで) 20.01.05:対空戦闘中、敵水上艦艇から砲撃を受ける 20.01.18:対空戦闘:至近弾多数 20.01.21:(「い号米山丸」護衛)父島〜      〜01.21 2244 船団反転〜      〜01.22 0200「い号米山丸」母島沖港へ避退のため分離〜      〜01.22 0630 父島二見 20.01.22:1200 父島二見〜      〜1315 父島の南10浬にて対空戦闘:八糎砲11、二十五粍機銃44発発射〜      〜1530 母島沖港 20.01.23:(「い号米山丸」護衛)1400 母島沖港〜      〜01.23 1900 缶漏洩〜      〜01.24 0715 硫黄島 20.01.24:0900 摺鉢山の85度750mに投錨、缶修理施行      1100 缶修理中止      1348 敵艦隊視界内に入る      1356 敵水上艦艇の砲撃を受け、後部兵員室左舷水線付近に弾着       1359 後部に傾斜、沈下を始め、残艇員退去      1400 砲弾が煙突に命中、次いで艦橋に命中、火災発生      1404 砲弾が中部兵員室付近に命中、大爆発、沈没
20.01.24:沈没 20.03.10:除籍:内令第232号 20.03.10:解傭
喪失場所:N24.40-E141.00 硫黄島南西25km付近 喪失原因:米驅逐艦Dunlap(DD-384)及びFanning(DD-385)の砲撃

同型船

 第八昭和丸第十昭和丸

兵装

(19.03)
 八糎砲、二十五粍単装機銃3基、
 仮称軽便探信儀一型1基、仮称簡易式水中聴音機一型1基、
 九五式爆雷改二、二式爆雷、二式爆雷改二

(19.11)
 八糎砲、二十五粍単装機銃3基、九三式十三粍機銃、
 仮称軽便探信儀一型1基、仮称簡易式水中聴音機一型1基、
 九五式爆雷改二、二式爆雷、二式爆雷改二

写真資料

 なし。

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る