新東北丸の船歴

 年 月 日:船歴

T--.--.--:起工 T14.07.06:進水、命名:新東北丸 --.--.--:竣工、船主:三陸汽船株式會社、船籍港:宮城県塩釜、登録総噸数:305、登録純噸数:174
13.--.--:船主:金森商船株式會社、船籍港:函館に変更 15.--.--:登録総噸数:352、登録純噸数:210に変更
16.08.24:徴傭 16.09.12:入籍:内令第1049号:特設掃海艇、横須賀鎮守府所管
16.09.12:掃海艇長:海軍豫備中尉 矢口 勝 16.10.15:日本鋼管株式會社鶴見造船所にて艤装工事完了 16.10.15:特設掃海隊編制:内令第1252号:第二十五掃海隊 16.--.--:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊第二十五掃海隊 16.12.06:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第14号:海面防備部隊伊勢湾方面防備支隊 16.12.02:長浦〜 16.12.06:四日市〜哨戒〜 16.12.23:東水路掃海完了 17.01.28:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第45号:海面防備部隊伊勢湾方面防備支隊 17.02.18:発電機換装の件訓令      〜02.25長浦 17.02.28:長浦〜03.01鳥羽 17.03.11:伊勢湾防備支隊電令作第22号:03.12午後トーノ附近にて「金剛山丸」により炭水補給 17.03.16:掃海艇長:海軍豫備大尉 矢口 勝 17.04.01:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第72号:海面防備部隊伊勢湾方面防備支隊 17.04.04:伊勢湾防備支隊機密第15番電:「第一静陽丸」を捜索最寄港に曳航せよ 17.04.05:伊勢湾防備支隊機密第19番電:第15番電捜索任務解除、固有配備復帰      〜04.05鳥羽 17.04.09:鳥羽〜04.11鳥羽 17.04.10:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第74号:海面防備部隊伊勢湾方面防備支隊 17.04.15:鳥羽〜 17.04.17:鳥羽 17.04.18:的矢      〜04.22鳥羽 17.04.26:鳥羽〜04.28鳥羽 17.05.01:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第78号:海面防備部隊伊勢湾方面防備支隊 17.05.01:鳥羽〜 17.05.02:伊勢湾防備支隊機密第126番電:作命令第12号第一配備配備乙にて厳戒      哨区基点大王埼灯台の150度6浬      第一線 基点より90度30浬線付近      第二線 基点より230度30浬線付近      第一線、第二線哨戒 17.05.05:伊勢湾防備支隊機密第154番電:05.06午前中に鳥羽に入港せよ      〜05.05 2100 大王埼の216度20浬にて敵浮上潜水艦を発見攻撃〜      〜05.05鳥羽 17.05.06:伊勢湾防備支隊機密第160番電:1400配備位置:鳥羽 17.05.07:鳥羽〜 17.05.07:伊勢湾防備支隊機密第170番電:1000配備位置:的矢 17.05.09:対潜掃蕩 17.05.10:伊勢湾防備支隊機密第201番電:1000配備位置:哨区 17.05.11:伊勢湾防備支隊機密第208番電:1000配備位置:鳥羽 17.05.12:伊勢湾防備支隊機密第223番電:1000配備位置:哨区 17.05.15:軍隊区分:機密横鎮海面防備部隊命令作第39号:伊勢湾方面防備支隊 17.05.15:伊勢湾防備支隊機密第241番電:1000配備位置:哨区 17.05.18:伊勢湾防備支隊機密第274番電:1000配備位置:哨区 17.05.19:伊勢湾防備支隊機密第285番電:1000配備位置:鳥羽 17.05.20:軍隊区分:第一編制:哨戒部隊第一哨戒隊(1) 17.05.20:軍隊区分:第二編制:哨戒部隊第一哨戒隊(1) 17.05.24:鳥羽〜05.24三河湾〜05.25鳥羽 17.05.26:三河湾〜      〜05.27 大王埼付近で特設砲艦京津丸」から西行船団護衛を引継ぐ〜      〜05.30伊勢湾06.03〜 17.06.15:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第99号:海面防備部隊伊勢湾方面部隊 17.06.15:軍隊区分:機密横鎮海面防備部隊命令作第42号:伊勢湾方面防備部隊 17.07.05:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第105号:東京湾方面部隊 17.07.05:海面防備部隊機密第567番電(07.01):07.05以降成るべく速やかに東京湾に廻航 17.07.07:鳥羽〜07.11長浦 17.07.11:長浦〜07.12長浦 17.07.13:長浦〜      〜07.14 東水道掃海完了〜      〜07.17 C,D点の警戒〜      〜07.18 西水道掃海完了〜      〜07.19 東水道掃海完了〜      〜07.20 東水道掃海完了〜      〜07.20長浦 17.07.--:長浦〜      〜07.21東水道掃海完了〜      〜長浦 17.07.27:25掃電令作第1号:07.29早朝館山湾発清水港に回航、駿河湾哨戒任務に従事 17.07.28:長浦〜07.28館山 17.07.29:館山〜07.29清水 17.07.--:清水〜      〜07.31 駿河湾哨戒〜      〜08.01 駿河湾哨戒〜      〜08.01清水 17.08.03:清水〜      〜08.03 駿河湾哨戒〜      〜08.04 駿河湾哨戒〜 17.08.05:清水〜      〜08.06 駿河湾哨戒〜      〜08.06鳥羽 17.08.08:鳥羽〜      〜08.08 駿河湾哨戒〜      〜08.09清水 17.08.09:清水〜      〜08.09 駿河湾哨戒〜      〜08.10 駿河湾哨戒〜      〜08.13 駿河湾哨戒〜      〜08.13清水 17.08.--:清水〜      〜08.16 駿河湾哨戒〜      〜08.17 駿河湾哨戒〜      〜08.18 駿河湾哨戒〜      〜08.19 駿河湾哨戒〜      〜三浦 17.08.21:三浦〜08.21浦賀〜08.21館山〜      〜08.24 東水路掃海完了、湾内哨戒〜      〜08.25 東水路掃海完了〜      〜08.25長浦 17.08.26:長浦〜      〜08.26 東水路掃海完了、湾内哨戒〜      〜08.27 日施掃海完了〜08.27湊沖〜      〜08.29 東水道日施掃海完了〜      〜08.29浦賀 17.08.31:恒例検閲 17.09.--:浦賀〜09.12長浦 17.09.14:長浦〜長浦 17.09.15:長浦〜浦賀 17.09.25:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第126号:海面防備部隊東京湾方面部隊 17.09.27:浦賀〜      〜09.27 N線哨戒〜      〜09.28 N線哨戒〜      〜09.29 N線哨戒〜      〜09.30長浦      〜10.02浦賀 17.10.03:浦賀〜東水道掃海〜10.03浦賀 17.10.05:浦賀〜東水道掃海〜10.05浦賀 17.10.05:浦賀〜西水道掃海〜10.05浦賀 17.10.06:浦賀〜東水道掃海〜10.06浦賀 17.10.09:浦賀〜東水道掃海〜10.09浦賀 17.10.11:浦賀〜東水道掃海〜10.11浦賀 17.10.12:浦賀〜10.13浦賀 17.10.--:浦賀〜10.15浦賀 17.10.--:浦賀〜10.16浦賀 17.10.23:長浦〜10.23浦賀 17.10.23:浦賀〜浦賀 17.10.26:浦賀〜      〜10.28館山入泊の一般徴傭船淺間丸」錨地付近警戒〜      〜長浦 17.11.05:長浦〜11.07女川 17.11.08:女川湾を基地として女川沖及金華山沖の哨戒 17.11.13:山田湾外哨戒 17.11.14:山田湾外哨戒 17.11.15:山田〜対潜掃蕩〜11.15宮古 17.11.16:宮古付近海面哨戒 17.11.17:宮古〜対潜哨戒〜11.17釜石 17.11.18:対潜警戒 17.11.19:釜石〜対潜掃蕩〜釜石  17.11.20:釜石〜女川 17.11.21:掃海艇長:海軍豫備大尉 小森 敏 17.11.22:女川港警戒 17.12.--:軍隊区分:三陸部隊 17.12.01:大船渡付近海面の対潜哨戒及び船団護衛 17.12.05:女川にて炭水補給 17.12.08:大船渡〜宮古金華山間哨戒〜 18.02.09:金華山灯台沖2浬にて不発爆雷処分 18.02.17:女川〜対潜掃蕩〜  18.07.01:掃海艇長:海軍大尉 小森 敏 18.08.17:東京湾部隊機密第172037番電:現場に急行、第二十七號掃海艇に協力運貨筒捜索任務      〜08.18 0600 現場着、特設運送船山jロ」曳航の運貨筒捜索〜 18.--.--:〜11.01横須賀 18.11.01:特設掃海隊編制:内令第2283号:第二十五掃海隊の項を削る 
18.11.01:内令第2284号:横須賀防備隊所属 18.11.--:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊東京湾部隊第四掃海艇隊  18.11.--:掃海艇長:海軍大尉 平林 眞一 18.11.08:長浦〜11.08浦賀 18.11.10:浦賀〜O、P線哨区哨戒〜11.10下田 18.11.11:下田〜O、P線哨区哨戒〜11.11清水 18.11.12:清水〜      〜11.12 船団護衛〜      〜11.13 O、P線哨区哨戒〜      〜11.14 船団護衛〜      〜11.14下田 18.11.15:下田〜P線哨区哨戒〜11.16清水 18.11.16:清水〜O、P線掃蕩、捜索、哨戒〜11.19下田 18.11.20:下田〜P線哨区哨戒〜11.20清水 18.11.21:清水〜P線哨区哨戒〜11.22浦賀 18.11.22:補給 18.11.24:浦賀〜11.24長浦 18.--.--:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊東京湾部隊北三陸部隊派遣隊 18.12.10:長浦〜12.12女川 18.12.12:女川〜哨戒〜12.13山田湾 18.12.13:補給 18.12.16:山田湾〜船団護衛〜12.17山田湾 18.12.18:山田湾〜哨区哨戒〜12.20女川 18.12.20:女川〜哨区哨戒〜12.21山田湾 18.12.21:補給 18.12.24:山田湾〜哨区哨戒〜12.25女川 18.12.25:女川〜哨区哨戒〜12.26山田湾 18.12.25:山田湾〜哨区哨戒〜12.28山田湾 18.12.29:山田湾〜哨区哨戒〜12.31女川 19.01.01:女川〜哨区哨戒〜01.02山田 19.01.04:山田〜哨区哨戒〜01.05女川 19.01.06:女川〜哨区哨戒〜01.07山田 19.01.11:山田〜哨区哨戒〜01.12女川 19.01.13:女川〜哨区哨戒〜01.14山田 19.01.16:山田〜哨区哨戒〜01.17女川 19.01.18:女川〜哨区哨戒〜01.19山田 19.01.22:山田〜哨区哨戒〜01.23女川 19.01.24:女川〜哨区哨戒〜01.26山田 19.01.28:山田〜哨区哨戒〜01.29女川 19.01.31:女川〜哨区哨戒〜01.31山田 19.02.02:山田〜船団護衛〜02.03女川 19.02.04:女川〜TA、UA哨区哨戒〜02.04山田 19.02.07:山田〜船団護衛〜02.08女川 19.02.08:女川〜船団護衛〜02.10山田 19.02.10:補給 19.02.11:山田〜TA、UA哨区哨戒〜02.12女川 19.02.12:女川〜UA、TA哨区哨戒〜02.13山田 19.02.18:山田〜船団護衛〜02.18女川 19.02.19:補給 19.02.20:女川〜UA、TA哨区哨戒〜02.20山田 19.02.20:山田〜船団護衛〜02.22山田 19.02.23:山田〜船団護衛〜02.25山田 19.02.28:山田〜TA、UA哨区哨戒〜02.29女川 19.03.02:女川〜UA、TA哨区哨戒〜03.03山田 19.03.03:補給 19.03.04:山田〜UA、TA哨区哨戒〜03.05女川 19.03.07:女川〜UA、TA哨区哨戒〜03.07山田 19.03.13:山田〜TA哨区哨戒〜03.14山田 19.03.16:補給 19.03.17:山田〜UA、TA哨区哨戒〜03.18女川 19.03.18:補給 19.03.19:女川〜UA、TA哨区哨戒〜03.20山田 19.03.20:補給 19.03.24:山田〜UA、TA哨区哨戒〜03.25女川 19.03.25:補給 19.03.26:女川〜UA、TA哨区哨戒〜03.26山田 19.03.30:山田〜UA、TA哨区哨戒〜03.31女川 19.04.02:女川〜船団護衛〜04.03山田 19.04.04:山田〜04.04女川 19.04.05:女川〜04.05塩釜 19.04.08:東北船渠にて入渠 19.04.20:出渠 19.04.21:塩釜〜04.21女川 19.04.23:女川〜04.23山田 19.04.25:山田〜UA、TA哨区哨戒〜04.26女川 19.04.27:女川〜VA、TA哨区哨戒〜04.27山田 19.05.01:山田〜船団護衛〜05.03山田 19.05.03:補給 19.05.04:山田〜船団護衛〜05.05女川 19.05.06:女川〜TA、UA哨区哨戒〜05.07山田 19.05.09:山田〜船団護衛〜05.10女川 19.05.11:女川〜船団護衛〜対潜掃蕩〜05.14女川 19.05.14:補給 19.05.14:女川〜対潜掃蕩〜05.16山田 19.05.17:補給 19.05.19:山田〜船団護衛〜05.20山田 19.05.22:山田〜救難作業〜05.23女川 19.05.24:女川〜05.24塩釜 19.05.25:修理(05.27まで) 19.05.31:塩釜〜05.31女川 19.06.02:女川〜      〜06.02 1606 第1531船団を護衛、宮古沖を北上中、閉伊崎の60度1.5浬にて味方水偵が爆弾投下〜      〜06.02 1640 現場着、飛行機の誘導により爆雷攻撃4個〜       〜06.02 1651 魹埼の12度11.3浬にて第2回爆雷攻撃5個〜      〜06.02 1720 魹埼の12度11.4浬にて第3回爆雷攻撃7個〜      〜06.02 1729 魹埼の12度11.3浬にて第4回爆雷攻撃4個〜      〜06.02 1857 魹埼の11度10.5浬にて第5回爆雷攻撃3個 〜          〜06.02 1930 発光器投入〜      〜06.02 2130 A掃蕩区に就く〜      〜06.03 0530 第6回爆雷攻撃3個〜      〜06.03 0613 第7回爆雷攻撃3個      〜06.03 0945 掃蕩を止め山田に向う〜      〜06.03山田 19.06.03:補給 19.06.05:山田〜      〜06.05 0920 現場着、監視掃蕩開始〜      〜06.07 0830 爆雷投下1個〜      〜06.07山田 19.06.07:補給 19.06.10:山田〜      〜06.10 金華山沖より第1609船団区間護衛〜      〜06.11 八戸沖より第1609船団を区間護衛〜      〜06.12 八木沖にて「第二海王丸」を区間護衛〜     〜06.12山田 19.06.12:補給 19.06.15:山田〜      〜06.15 女川沖まで「大功丸」護衛〜      〜06.16 金華山沖より第1615船団区間護衛〜      〜06.17 金華山沖にて第1617船団区間護衛〜      〜06.18山田 19.06.18:補給 19.06.20:山田〜      〜06.21 唐丹湾にて「第二海王丸」を区間護衛〜      〜06.21山田 19.06.26:山田〜      〜06.27 綾里崎沖にて第1625船団護衛〜      〜06.28山田 19.07.03:山田〜「第二日正丸」区間護衛〜07.05山田 19.07.05:補給 19.07.06:山田〜TA哨区対潜掃蕩〜07.08山田 19.07.09:山田〜TA哨区哨戒〜07.10山田 19.07.10:補給(07.11まで) 19.07.12:山田〜魹埼沖より「相模川丸」護衛〜07.13山田 19.07.13:山田〜八戸沖より第2713甲船団護衛〜      〜07.14 川尻沖より第2713甲船団護衛〜      〜07.15 七ツ森沖より「夕月丸」護衛〜TA哨区哨戒〜      〜07.16山田 19.07.16:補給 19.07.17:山田〜TA哨区対潜掃蕩〜07.17山田 19.07.17:山田〜TA哨区対潜掃蕩〜07.18山田 19.07.20:山田〜      〜07.20 金華山沖まで「藏王山丸」を護衛〜TA、TB哨区哨戒〜      〜07.21女川 19.07.21:補給 19.07.22:女川〜UA、TA哨区哨戒〜07.22山田 19.07.22:補給 19.07.27:山田〜      〜07.28 金華山沖より「三上山丸」を護衛〜TA、UA哨区哨戒〜      〜07.28女川 19.07.30:女川〜UA、TA哨区哨戒〜07.30塩釜 19.08.02:補給 19.08.03:塩釜〜08.03女川08.03〜08.03山田 19.08.06:補給 19.08.07:山田〜八戸沖より「第一龍寶丸」を護衛〜       〜対潜掃蕩〜      〜08.08TA、UA哨区哨戒〜08.08女川 19.08.08:補給 19.08.09:女川〜UA、TA哨区哨戒〜08.09山田 19.08.11:補給 19.08.13:山田〜TA、UA哨区哨戒〜08.14女川 19.08.14:補給 19.08.15:女川〜UA、TA哨区哨戒〜08.15山田 19.08.16:補給 19.08.19:山田〜      〜08.19 山田沖より「夕月丸」「水無月丸」を護衛〜      〜08.20 金華山沖より「安房丸」を護衛〜      〜08.20女川 19.08.20:補給 19.08.21:女川〜      〜08.21 金華山沖より「安房丸」を護衛〜      〜08.23山田 19.08.24:補給 19.08.25:山田〜船団護衛〜08.25女川 19.08.25:女川〜      〜08.25 八戸沖まで「第六昭雲丸」を護衛〜      〜08.26山田 19.08.27:補給 19.08.28:山田〜      〜08.28 金華山沖まで第2828船団を護衛〜      〜08.29 鮫角沖より第2828船団を護衛〜      〜08.29女川 19.08.30:女川〜船団護衛〜08.30山田 19.08.31:補給 19.09.--:掃海艇長:海軍大尉 松梅 誠治 19.09.01:山田〜哨区哨戒〜      〜09.02 七ツ森の125度5浬にて浮流機雷1個銃撃処分〜      〜09.02 八木沖より特設運送船~盛丸」の護衛開始〜      〜09.03 釜石港にて特設運送船「~盛丸」の護衛終了〜      〜09.03山田 19.09.09:山田〜標的曳航〜教練射撃〜09.09山田 19.09.10:山田〜船団護衛〜      〜09.10 八戸沖にて「三日月丸」の護衛終了〜      〜09.10宮古 19.09.11:宮古〜哨区哨戒〜09.12山田 19.09.13:補給、整備(09.17まで) 19.09.18:山田〜船団護衛〜09.18小海 19.09.18:小海〜09.18山田 19.09.21:補給 19.09.22:山田〜      〜09.22 1335 明神鼻から「卯月丸」の護衛開始〜      〜09.22 2245 鮫角沖にて「卯月丸」の護衛終了、第2922船団護衛開始〜      〜09.23 0845 釜石港にて第2922船団「~久丸」の護衛終了〜      〜09.23 1315 宮古沖に至るも「安房丸」に会合できず〜      〜09.24 1335 山田 19.09.25:山田〜船団護衛〜09.26山田 19.09.28:補給 19.09.29:山田〜船団護衛〜09.30女川 19.09.30:補給 19.10.--:掃海艇長:海軍兵曹長 淺野 今朝記 19.10.01:女川〜哨区哨戒〜10.01山田 19.10.02:補給 19.10.04:山田〜哨区哨戒〜10.05山田 19.10.06:補給(10.08まで) 19.10.10:山田〜金華山沖まで第2010船団を護衛〜10.11女川 19.10.12:女川〜哨区哨戒〜10.12山田 19.10.16:山田〜10.18長浦 19.10.20:爆雷弾薬揚陸 19.10.22:長浦〜10.22横浜 19.10.24:訓令工事及び修理作業施行(11.29まで)       十三粍単装機銃2基新設、三式投射機一型新設、       二号電話電波探知機、二十糎信号燈、連携信号燈四型、時限管制器新設 19.11.--:掃海艇長:海軍大尉 松梅 誠治 19.11.02:淺野船渠にて入渠 19.11.11:出渠 19.11.30:浦賀〜自差修正〜横浜 19.12.03:横浜〜12.03長浦 19.12.04:補給(12.05まで) 19.12.06:長浦〜12.08山田 19.12.09:補給 19.12.12:山田〜船団護衛〜12.13女川 19.12.13:補給 19.12.14:女川〜12.14山田 19.12.14:補給(12.15まで) 19.12.22:山田〜      〜12.22 金華山沖まで第2222船団を護衛〜      〜12.23女川 19.12.23:補給 19.12.24:女川〜12.24山田 19.12.28:山田〜哨区哨戒〜12.29女川 19.12.30:女川〜12.30山田 20.01.03:山田〜      〜01.03 「神仙丸」「第二海王丸」を区間護衛〜      〜01.04 七ツ森沖より「祐山丸」を護衛〜      〜01.04山田 20.01.04:補給整備 20.01.12:山田〜船団護衛〜01.12女川 20.01.13:女川〜船団護衛〜01.13山田 20.01.17:補給 20.01.18:山田〜      〜01.18 第2118船団を金華山沖まで護衛〜      〜01.20女川 20.01.21:女川〜哨区哨戒〜01.21山田 20.01.22:補給 20.01.23:山田〜      〜01.23 第2123船団を釜石沖まで護衛〜      〜01.24女川 20.01.25:女川〜哨区哨戒〜01.25山田 20.01.28:山田〜      〜01.28 「戸上山丸」を区間護衛〜      〜01.29山田 20.01.29:補給 20.01.31:山田〜      〜01.31 八戸沖より第2131船団を護衛〜      〜02.01女川 20.--.--:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊北三陸部隊 20.02.02:女川〜哨区哨戒〜02.02山田 20.02.02:補給 20.02.10:山田〜哨区哨戒〜02.10山田 20.02.11:補給 20.02.19:山田〜哨区哨戒〜02.20女川 20.02.21:女川〜哨区哨戒〜02.21山田 20.02.25:山田〜船団護衛〜02.26女川 20.02.27:女川〜哨区哨戒〜02.27山田 20.03.05:山田〜船団護衛〜03.06女川 20.03.06:補給 20.03.07:女川〜哨区哨戒〜03.07山田 20.03.09:補給(03.10まで) 20.03.12:補給 20.03.13:山田〜哨区哨戒〜03.15女川 20.03.15:補給 20.03.15:女川〜哨区哨戒〜03.15山田 20.03.16:補給 20.03.19:山田〜哨区哨戒〜03.20女川 20.03.20:補給 20.03.21:女川〜哨区哨戒〜03.21山田 20.03.28:山田〜船団護衛〜03.30女川 20.03.30:補給 20.04.15:軍隊区分:機密横須賀鎮守府電令作第93号:三陸部隊 20.04.16:軍隊区分:三陸部隊信電令作第1号:山田隊
20.06.05:内令第508号:女川防備隊所属 20.06.05:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊女川防備隊 20.07.15:戦時編制:横須賀鎮守府部隊第七特攻戦隊女川防備隊
20.08.10:沈没 20.11.20:解傭 22.05.03:除籍:復二第327号
喪失場所:N39.30-E142.04 山田湾 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型船

 なし。

兵装

 十三粍機銃、小銃、九五式爆雷

(19.10)
 十三粍単装機銃2基新設、三式投射機一型新設

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る