豐川丸の船歴

 年 月 日:船歴

M--.--.--:起工 M44.10.10:進水、命名:Bangor M44.12.--:竣工、船主:A/S Bangor (Peder Olsen)、船籍港:Kristiania、      登録総噸数:5,133、登録純噸数:3,185
T03.--.--:船主:Rederi A/S Bangor (G. W. Bruenich)、船籍港:Osloに変更 T04.01.--:傭船主:ドイツ海軍:北米兵站船(Etappenschiffe-Nordamerika) T04.02.03:バルチモア〜 T04.03.14:拿捕
拿捕場所:S73.46-W053.01 マゼラン海峡Tamar Island沖 拿捕原因:英巡洋艦Bristolによる
     〜フォークランド島ポートスタンレー T04.--.--:捕獲審検 T04.--.--:改名:Seatle、      英国海軍管理船、船舶番号:57841、船籍港:Port Stanley, F.I.      T04.--.--:英国政府管理船、船籍港:Londonに変更       運航:Everett and Newbigin T05.--.--:運航:G. Heyn and Sonsに変更 T08.--.--:船主:Union Government of South Africa -Department of Railways and Harboursに変更 02.--.--:改名:豐川丸、      船主:松岡汽船株式會社、船籍港:京都府府中、      登録総噸数:5,120、登録純噸数:3,708に変更       09.--.--:登録純噸数:3,709に変更 12.--.--:登録総噸数:5,123、登録純噸数:3,707に変更 12.02.27:バンクーバー
16.11.07:徴傭:陸軍 16.11.07:東京〜11.20西貢11.20〜11.22三亞11.23〜馬公
16.12.29:軍隊区分:機密馬來部隊第二護衛隊命令第1号:第一輸送船隊第二分隊(船番号:14) 16.12.31:(第一輸送船隊第二分隊)馬公〜      〜01.02 1600 間接護衛中の巡洋艦「摩耶」及び第六驅逐隊第一小隊が護衛を止め馬公に向かう〜      〜01.03 1150 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が合同〜      〜01.03 1200 第八驅逐隊第一小隊(大潮、朝潮)が護衛を止め分離〜      〜01.03 1530(N15.01-E112.18)陸軍徴傭船明光丸」が焼夷弾の自然発火により爆発〜      〜01.03 1843 陸軍徴傭船「明光丸」沈没〜      〜01.03 1700 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.05 0700 運送艦襟裳」が合同〜      〜01.06 0000 驅逐艦「吹雪」と特設敷設艦辰宮丸」が船団から分離〜      〜01.06 0530 第一分隊「せれべす丸」を第六分隊に編入〜      〜01.06 1200 第八驅逐隊第二小隊(満潮、荒潮)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1300 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1500 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.06 2215 運送艦「襟裳」が分離〜      〜01.06 1231 巡洋艦「名取」が潜望鏡らしきものを認め脅威投射〜      〜01.07 1200 驅逐艦「吹雪」及び第三嚮導隊が分離〜      〜01.08 2100 シンゴラ錨地 17.01.08:第二十五軍揚陸 17.01.21:シンゴラ〜01.22海口01.24〜02.06高雄 17.02.--:西犬島で一般徴傭船秋津丸」により救難 17.03.24:高雄〜03.30宇品 17.04.05:宇品〜04.29昭南 17.05.01:昭南〜05.02パレンバン05.09〜05.11バタビア05.12〜05.20ベラワン05.23〜      〜05.24スラバヤ06.13〜07.08蘭貢07.15〜08.07昭南 17.08.07:昭南〜08.10パレンバン08.10〜08.16昭南 17.08.22:昭南〜09.18蘭貢09.27〜10.10昭南 17.10.23:昭南〜11.07蘭貢11.17〜11.24昭南 17.11.25:昭南〜11.28スラバヤ11.23〜03.03パラオ03.16〜04.01広畑 18.06.30:宇品〜07.30パラオ 18.08.18:(フ806船団)パラオ〜08.27宇品 18.08.28:宇品〜09.12パラオ10.05〜10.14宇品 18.10.11:佐伯〜11.07ラバウル12.23〜01.06大阪 19.01.22:徴傭発令:       授受地:大阪       授受年月日:昭和19年1月29日       記事:呉鎮守府より大阪警備府に委託 19.01.28:解傭
19.01.28:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、呉鎮守府所管、海軍省配属 19.01.30:大阪〜神戸 19.02.--:(第8201船団)神戸〜       〜02.02 0930(N33.32-E135.59)「第八東洋丸」被雷〜       〜02.02 0933 「第八東洋丸」沈没、「第五東洋丸」被雷轟沈〜       〜東京〜横須賀 19.02.--:横須賀〜02.19二見02.27〜03.03サイパン 19.03.--:部隊及び部隊貨物、弾薬、糧食、兵器揚陸      兵器、隊貨、糧食搭載、便乗者51名退船、62名乗船 19.03.10:サイパン〜03.14トラック 19.03.--:兵器、弾薬、ガソリン、自動貨車、建設資材、糧食揚陸      航空廃材、郵便物等搭載、便乗者1,083名退船、652名乗船 19.03.23:トラック〜03.24エンダビー03.25〜03.28サイパン 19.03.--:部隊貨物揚陸、便乗者62名退船、郵便物、引揚荷物搭載 19.03.31:(第4船団)サイパン〜04.08横須賀 19.04.08:横須賀〜04.09横浜04.10〜04.10横須賀 19.04.14:横須賀〜04.14横浜04.15〜04.16伊良湖沖04.17〜04.17尾鷲04.18〜04.18大阪沖04.19〜      〜04.20玉野 19.04.21:入渠 19.05.12:出渠 19.05.13:玉野〜05.15三池05.18〜05.20呉沖05.21〜05.22和田岬05.22〜05.22御坊05.23〜      〜05.23五箇所05.24〜05.25横浜05.28〜05.28芝浦05.31〜05.31横浜 19.06.05:横浜〜06.05館山06.06〜      〜06.07 対潜戦闘〜      〜06.09 対潜戦闘〜      〜06.09父島 19.06.10:機密横鎮電令作第423号:       小笠原部隊指揮官は第三六〇九船団父島着後、同地に於て左の要領に依り第三六〇六船団を改編       其の所定に依りサイパンに向け進撃せしむべし      1.船団部隊指揮官:古賀大佐      2.護衛艦:天草、能美、隠岐、第十六號驅潜艇第十八號驅潜艇第八昭和丸      3.船団:美保丸甘井子丸、豐川丸、淡路丸   4.船団部隊指揮官は部下艦艇船舶中、作戦実施上最適当なるものに其の乗艦(船)を定むるものとす      5.船団部隊はサイパン着時を以て其の編成を解く 19.06.13:小笠原部隊電令作第121号:       美保丸船団は明14日0100出撃、東京湾方面に避退待機すべし 19.06.14:小笠原部隊電令作第122号:      1.第三六〇六船団を改編        護衛隊:能美、隠岐、天草、第七昭和丸、第八昭和丸        船団:美保丸、甘井子丸、豐川丸、淡路丸        本船団を美保丸船団と呼称す      2.船団部隊指揮官を古賀大佐に指定す、乗艦は指揮官所定   3.船団部隊指揮官は出撃までの日時を利用、教育訓練を励行すべし      4.船団部隊出撃日時は特令 19.06.14:小笠原部隊機密第140705番電:       船団を二群とし 第一群:旧第三六〇六船団(美保丸船団と呼称)、船団部隊指揮官:古賀大佐、0100出撃       第二群:旧第三六〇九船団(彌榮丸船団と呼称)、船団部隊指揮官:第十六號驅潜艇長、0700出撃せしむ 19.06.14:(美保丸船団)父島〜      〜06.15 0103(N29.30-E141.14)一般徴傭船甘井子丸」被雷〜      〜06.15 ---- 対潜戦闘〜      〜06.15 ---- 特設掃海艇第八昭和丸」消息不明〜      〜06.16 1120 海防艦天草」が船団に合流〜      〜06.16 1200 八丈島八重根泊地に仮泊〜      〜06.16 1600 八重根発〜      〜06.17横浜 19.07.12:横浜〜07.12横須賀 19.07.14:横須賀〜07.14横浜07.17〜07.17大湊07.22〜07.22室蘭07.26〜07.28横浜 19.08.04:横浜〜08.05伊良湖沖08.06〜08.06的矢08.21〜08.21名古屋08.22〜08.22伊良湖沖08.23〜      〜08.23尾鷲沖08.24〜08.25因島 19.08.25:田熊にて入渠修理(09.04まで) 19.09.05:因島〜09.06若松09.08〜09.09呉09.16〜09.17大連09.17〜09.18佐世保 19.09.23:佐世保〜09.29高雄10.01〜10.03サンピヨウクイント10.06〜10.07ピンゲット10.08〜      〜10.07ピンゲット10.08〜10.08サンフェルナンド10.10〜10.10サンタクルーズ10.11〜      〜10.11マニラ港外10.12〜10.12マニラ 19.10.--:貨物自動車、牽引車、弾薬、機械、材木、セメント、特型運貨船、糧食揚陸      便乗者退船、航空揮発油搭載、便乗者105名乗船 19.10.17:マニラ〜10.21楡林10.21〜10.21三亞 19.10.--:航空揮発油揚陸、便乗者105名退船 19.10.22:三亞〜10.23八所 19.10.23:鉄鉱石搭載 19.10.23:八所〜10.24三亞10.25〜10.29高雄港外 19.10.--:押屑鉄搭載、便乗者260名乗船 19.11.06:高雄港外〜      〜11.11 対空戦闘〜      〜11.12福岡港外 19.11.13:福岡港外〜11.13八幡11.19〜11.19若松11.22〜11.22門司11.23〜11.23呉11.24〜      〜11.25尼崎11.28〜11.28玉 19.12.11:玉〜12.12呉12.16〜12.17唐津湾12.18〜12.18崎戸12.19〜12.19佐世保 19.12.23:佐世保〜12.24蛇梁島12.25〜12.25軍令浦12.26〜12.31高雄 20.01.03:(サマ14船団)高雄〜01.04南澳島 20.01.05:第一海上護衛隊電令第14号:      1.サマ14船団より備後丸、豐川丸、第三東洋丸、壽山丸の4隻を除く      2.サンフェルナンド行、大威丸、帝楓丸~盛丸計3隻        ラポック行、十一星丸、めるぼるん丸、大光丸計3隻 20.03.01:(モタ40船団)六連〜      〜03.06 1650 五番船が船団に合同〜      〜03.07 1525 「第十九號驅潜艇」が合同〜      〜03.07 1555 六番船分離〜      〜03.07 1720 五番船分離〜      〜03.07 1900 二番船合同〜      〜03.08 1830 大古順山沖仮泊〜      〜03.09 0647 三番船機関故障、三番艦が護衛の為分離〜   〜03.09 0730 三番船機関復旧〜      〜03.09 0915 三番船、三番艦合同〜      〜03.11 0730 二番船分離〜      〜03.11基隆 20.--.--:呉〜若松〜門司 20.06.30:解傭通知:軍務三機密第610号ノ14:       船主及び船主代行者:船舶運營會、授受地:適宜、授受指定:呉鎮守府 20.06.30:解傭
20.07.05:門司〜釜山向け航行
20.07.05:沈没 
喪失場所:N33.56-E130.53 西山防波堤灯台272度1,080km 喪失原因:触雷

同型船

 要調査

兵装

 野砲、高射砲。

写真資料

 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第二十二巻(P.70)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual"(P.218)
 "TYNE BUILT SHIPS"
 "City of Vancouver Archives", 
    Reference code: AM1506-S3-2-: CVA 447-2782, AM1506-S3-2-: CVA 447-2782.1
 小樽市博物館所蔵(54-13, 64-5)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

前の船へ ← 一般徴傭船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る