天草の艦歴

 年 月 日:艦歴

18.04.05:起工、仮称艦名:第321號艦 18.07.31:命名:達第181号:「天草」(アマクサ) 18.07.31:類別等級制定:内令第1549号:種別:海防艦、艦型:占守型 18.07.31:本籍仮定:内令第1558号:横須賀鎮守府 18.09.31:進水 18.10.15:艤装員長:海軍少佐 篠田 良知 18.10.18:艤装員事務所を日立造船株式會社櫻島造船所内に設置し事務を開始 18.11.20:竣工、艤装員事務所を撤去 18.11.20:本籍:内令第2455号:横須賀鎮守府 18.11.20:海防艦長:海軍少佐 篠田 良知
18.11.20:戦時編制:海上護衛総司令部第二海上護衛隊 18.11.23:(第8123船団護衛)神戸〜11.25横須賀 18.12.03:(「秋津洲」護衛)横須賀〜12.09トラック 18.12.10:トラック〜巡洋艦「長良」護衛〜12.12トラック 18.12.15:(第4215船団護衛)トラック〜12.28横須賀 18.12.31:(第3231船団護衛)横須賀〜トラック 19.04.01:(東松四号船団護衛)横須賀?〜東京湾口外船団航路対潜掃蕩〜      〜04.01 1600 海防艦隠岐」「第二號海防艦」と共に船団に合同〜      〜04.01 1830 「第二十七號掃海艇」が船団に合同し前方を警戒〜      〜04.02 0730 敵潜出現により船団が南方に一時避退、本艦、「第二號海防艦」             「第三號海防艦」が爆雷攻撃〜        〜04.02 0800 水雷艇」が敵潜らしきものを探知爆雷攻撃12個〜      〜04.03 0700 掃蕩を止め船団を追及〜      〜04.03 1457 陸軍徴傭船東征丸」被雷〜      〜04.03 1510 本艦、海防艦御藏」が爆雷攻撃〜      〜04.03 1530 「第二號海防艦」が爆雷攻撃14個〜      〜04.09 1742 制圧を止め一般徴傭船昭瑞丸」に合同〜      〜04.09 1800 運送艦杵埼」が人員の収容を止め一般徴傭船「昭瑞丸」に合同〜      〜04.09 2000 トラック及び大宮島行船団解列〜      〜トラック 19.05.06:海防艦長:海軍少佐 松井 敏男
19.07.18:戦時編制:横須賀鎮守府部隊 19.07.18:役務:内令第876号:警備海防艦 20.02.20:海防艦長:海軍少佐 内藤 蕃 20.06.30:海防艦長:海軍少佐 坂野 正己 20.07.15:戦時編制:大海幕機密第608号ノ272:横須賀鎮守府部隊第一特攻戦隊
20.08.09:沈没 20.09.15:除籍:機密第081856番電 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅)
喪失場所:N.-E. 女川沖 喪失原因:英第37機動部隊艦載機による空爆

同型艦

 擇捉松輪佐渡隠岐六連壹岐對馬若宮平戸m]滿珠干珠笠戸

兵装

(計画時)
 四十五口径三年式十二糎砲G型3門、二十五粍二聯装機銃2基、
 九六式軽機銃2挺、一四式拳銃25丁、三八式小銃50挺、
 九六式三米測距儀1基、九六式六十六糎測距儀1基、
 九三式水中聴音機1基、九三式探信儀一型1基、須式七十五糎探照燈四型改一1基、
 九四式投射機1基、爆雷装填台三型1基、爆雷水圧投下台三型2基、爆雷手動投下台一型4基、
 九五式爆雷36個、
 小掃海具一型改一2組、水中処分具一型2基。

(19.08.20現在)
 四十五口径三年式十二糎砲G型3門、
 九六式二十五粍二聯装機銃2基、同単装機銃10基、九三式十三粍単装機銃2基、
 須式七十五糎探照燈1基。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 1996年2月号増刊「日本海軍護衛艦艇史」(P.13)
 雑誌「世界の艦船」海人社 2017年12月号増刊「日本海軍護衛艦艇史」(P.13)
 「日本海軍艦艇写真集 駆逐艦」ダイヤモンド社 H17.10 呉市海事歴史科学館(P.161)
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫(2270)

前の艦へ ← 海防艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る