第二號海防艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

18.10.05:起工、仮称艦名:第2701號艦 18.12.22:命名:達第319号:「第二號海防艦」 18.12.22:類別等級制定:内令第2776号:種別:海防艦、艦型:第二號型 18.12.22:本籍仮定:内令第2780号:横須賀鎮守府 18.12.29:内令第2812号:当分の間定員を置かない 18.12.30:進水 18.12.30:本籍:内令第2823号:横須賀鎮守府 19.01.10:艤装員長:海軍大尉 原 利久 19.01.18:艤装員事務所を横須賀海軍工廠内に設置し事務を開始 19.02.28:竣工 19.02.28:役務:内令第364号:警備海防艦 19.02.28:海防艦長:海軍大尉 原 利久
19.02.28:戦時編制:横須賀鎮守府部隊 19.03.13:横須賀〜 19.03.14:機密横鎮部隊電令作第206号:      1.八丈島西方海面に於ける甲直接護衛部隊及び横空の敵潜掃蕩作戦を終止す      3.第二號海防艦及第五十四號驅潜艇を甲直接護衛部隊より除き東京湾部隊及丙直接護衛部隊に        復帰す
19.03.30:戦時編制:海上護衛総司令部第二海上護衛隊 19.04.01:(東松四号船団護衛)横須賀?〜東京湾口外船団航路対潜掃蕩〜      〜04.01 1600 海防艦天草」、同「隠岐」と共に船団に合同〜      〜04.01 1830 「第二十七號掃海艇」が船団に合同し前方を警戒〜      〜04.02 0730 敵潜出現により船団が南方に一時避退、海防艦「天草」、本艦、             「第三號海防艦」が爆雷攻撃〜        〜04.02 0800 水雷艇」が敵潜らしきものを探知爆雷攻撃12個〜      〜04.02 1200 攻撃を止め「第三號海防艦」と共に船団を追及、合同〜      〜04.02 1330 驅逐艦「朝凪」が船団に合同〜      〜04.03 0700 海防艦「天草」が掃蕩を止め船団を追及〜      〜04.03 1457 陸軍徴傭船東征丸」被雷〜      〜04.03 1510 海防艦「天草」、御藏」が爆雷攻撃〜      〜04.03 1530 爆雷攻撃14個〜      〜04.03 1615 陸軍徴傭船「東征丸」沈没〜      〜04.04 1250 驅逐艦「朝凪」、海防艦「隠岐」が船団を追及、合同〜      〜04.04 1345 「第三號海防艦」が合同〜      〜04.04 1450 驅逐艦「朝凪」、海防艦「隠岐」「第五十號驅潜艇」が爆雷攻撃〜      〜04.04 1530 海防艦「隠岐」が掃蕩を打切り船団を追及〜      〜04.04 1629 驅逐艦「五月雨」が爆雷攻撃6個、海防艦m]」が協力〜      〜04.04 1735 陸軍徴傭船加古川丸」が発砲〜      〜04.04 2135 海防艦「m]」が爆雷攻撃、驅逐艦「朝凪」が協力〜      〜04.05 0400 海防艦「m]」は爆雷補充の為、父島に向う〜      〜04.05 1346 「第百四十九號輸送艦」が船団に合同〜      〜04.06 0600 海防艦「m]」が船団に合同〜      〜04.06 2045 「第五十號驅潜艇」が敵潜らしきものを探知爆雷攻撃〜   〜04.06 2100 驅逐艦「朝凪」を「第五十號驅潜艇」の敵潜探知現場に派遣〜      〜04.06 2300 驅逐艦「朝凪」、「第五十號驅潜艇」が船団に復帰〜      〜04.08 0228 驅逐艦「朝凪」が対潜攻撃〜      〜04.08 0350 驅逐艦「朝凪」と海防艦「隠岐」が敵潜制圧〜      〜04.08 0457 驅逐艦「五月雨」が敵潜らしきものを探知爆雷攻撃4個〜      〜04.08 1445 海防艦「隠岐」が追及合同〜      〜04.08 1630(N17.45-E143.14)パラオ行き船団            (海防艦「m]」「第二號海防艦」「第三號海防艦」、運送艦間宮」、             一般徴傭船~丸」、陸軍徴傭船大安丸」、一般徴傭船天龍川丸」、   陸軍徴傭船第五眞盛丸」)解列〜       〜04.13パラオ(ヨオ水道) 19.04.18:艦船番号:(42):第一海上護衛隊作戦指揮下 19.04.19:(パタ09船団護衛)パラオ〜04.27高雄 19.04.27:(タモ18船団護衛)高雄〜04.28基隆 19.05.01:海防艦長:海軍少佐 原 利久 19.05.01:(モタ18船団護衛)基隆〜      〜05.06 0330(N32.12-E127.02)「豐浦丸」被雷沈没、運送艦間宮」被雷小破、敵潜制圧〜   〜05.07 1530 滿洲國海上警察隊警備船海威」が運送艦「間宮」を曳航開始〜      〜05.08佐世保 19.05.09:中間軸受油戻管漏洩防止工事(05.14まで) 19.05.13:(モタ19船団護衛)佐世保〜05.20高雄 19.05.23:(タマ19船団護衛)高雄〜05.26マニラ湾口 19.05.26:マニラ湾口〜「盛洋丸」護衛〜05.28高雄 19.05.30:(タモ20船団護衛)高雄〜06.04佐世保 19.06.06:入渠諸修理工事開始 19.06.11:入渠諸修理工事完了 19.06.11:(ミ07船団護衛)佐世保〜06.12鹿児島06.13〜06.15大島海峡06.16〜06.23マニラ 19.06.26:(マタ24船団護衛)マニラ〜      〜マニラに向う〜      〜敵潜制圧〜      〜06.29マニラ 19.06.30:(ヒ67船団護衛)マニラ〜06.30マニラ 19.07.03:(マユ04船団護衛)マニラ〜      〜07.07 0130(N16.58-E110.37)陸軍徴傭船「ぱしふいつく丸」が雷撃を受けるが被害なし〜      〜07.07楡林 19.07.09:楡林外港東海岸岩礁上に座礁、右に約25度傾斜
19.07.18:戦時編制:海上護衛総司令部第一海上護衛隊 19.08.07:1637 離礁 19.09.--:楡林で修理 19.10.01:楡林にて損傷部応急修理工事(10.03まで) 19.10.02:(「第百一號掃海艇」が曳航)楡林〜10.07香港 19.10.08:香港にて損傷部復旧工事(11.30まで)
19.12.10:戦時編制:海上護衛総司令部第一護衛艦隊 19.12.--:(タ102船団護衛)〜      〜01.02 一般徴傭船辰泰丸」護衛〜      〜01.03馬公
20.01.01:戦時編制:大海幕機密第608号ノ174:海上護衛総司令部第一護衛艦隊第百二戦隊 20.01.01:艦隊区分:隊番号:20、艦船番号:(14) 20.01.04:(「辰泰丸」護衛)馬公〜01.05南澳島01.06〜01.07厦門 20.01.07:(「辰泰丸」護衛)厦門〜      〜馬公にて「辰泰丸」の護衛を終了〜      〜01.09基隆 20.01.12:(タモ35船団護衛)基隆〜01.14舟山島01.15〜01.16加徳水道01.17〜01.17門司 20.01.18:門司〜01.18佐世保 20.01.19:佐世保海軍工廠にて入渠、諸修理工事(01.22まで) 20.01.22:佐世保〜01.23門司 20.01.26:(モス01船団護衛)門司〜01.28馬路海01.29〜02.03海壇島 20.02.04:海壇島〜02.05馬公02.06〜02.06汕頭 20.02.06:第百二戦隊電令第2号:      2.屋代は修理完成次第、速に舟山島に回航すべし        爾余の各艦は現任務終了後、速に定海に於て当隊に合同すべし      3.2月15日頃より約20日間当戦隊及び九三一空を以て台湾北部、中支沿岸附近敵潜掃蕩作戦        (AS一作戦)実施の予定 20.02.09:(スシ01船団第二分団護衛)汕頭〜02.13海壇島南口02.13〜      〜02.15七洋口02.16〜02.17揚子江ミヅルグラウモンド02.18〜02.18上海 20.02.19:重油搭載50t 20.02.20:上海〜02.21定海 20.02.21:定海〜      〜02.22 0000 AS一作戦開始(02.12:第一護衛艦隊電令第62号:AS一部隊編成)〜      〜北上船団護衛〜      〜03.03泗礁山 20.03.--:艦隊区分:第一〇二戦隊、隊番号:12  20.03.04:練習巡洋艦鹿島」より重油補給50t 20.03.04:泗礁山〜      〜無線方位測定によるF哨区附近の対潜掃蕩〜      〜03.06 K哨区対潜掃蕩〜      〜03.12 2400 AS一作戦終結〜      〜03.13 0000 AS二作戦開始(AS二作戦命令第1号:掃蕩部隊掃蕩隊)〜      〜上海 20.03.17:上海〜      〜03.17(N29.09-E122.07)陸軍徴傭船「北華」の乗員救助〜      〜03.17 1200 AS二作戦終結〜      〜03.18泗礁山 20.03.19:0000 AS三作戦開始 20.03.19:軍隊区分:第三哨戒部隊 20.03.19:泗礁山〜03.19上海 20.03.22:上海〜03.22泗礁山 20.03.23:泗礁山〜03.29佐世保 20.03.29:佐世保海軍工廠にて船体兵器機関の修理整備(03.31まで) 20.04.03:軍隊区分:AS三部隊第三哨戒部隊電令第11号(03.31)第十四掃蕩隊 20.04.03:軍隊区分:第一護衛艦隊電令作第21号:東海哨戒部隊 20.04.--:(サシ03船団護衛)佐世保〜      〜04.15 0105 「第二百七號海防艦」が合同〜      〜04.15 1518 「第二百七號海防艦」が護衛を止め哨区に向う〜      〜泗礁山 20.04.15:第三哨戒部隊電令作第13号:      1.海二、海三四、屋代は第一護衛艦隊電令作第34号の任務終了後、泗礁山にて待機せよ      2.屋代は便宜泗礁山発18日1200DE哨区にて海四一に合同する如く行動すべし 20.04.25:軍隊区分:第三哨戒部隊電令第22号:第十五掃蕩隊 20.04.25:(シモ02船団護衛)泗礁山〜      〜所安港附近にて護衛終了〜      〜所安港 20.05.05:軍隊区分:第一護衛艦隊電令作第50号(05.01附):鮮南哨戒部隊第二哨戒部隊 20.06.01:軍隊区分:第一護衛艦隊電令作第72号(05.27附):鮮南方面海防部隊 20.06.01:軍隊区分:鮮南方面海防部隊電令作第1号:哨戒部隊 20.06.--:(清内04船団護衛)〜      〜06.25 0600 「第十三號海防艦」が船団に合同〜      〜06.25 1330 「第十三號海防艦」が船団より分離し「香取丸」捜索に向う〜      〜06.25 2325 「第十三號海防艦」が船団に復帰〜      〜06.26萩港
20.06.30:海防艦長:海軍少佐 森安 榮 20.07.05:戦時編制:海上護衛総司令部第一護衛艦隊第二海防隊 20.07.05:海防隊編制:内令第601号:第二海防隊
20.07.30:着底 20.08.25:役務:内令第747号:第一豫備海防艦 20.09.15:戦時編制:舞鶴鎮守府部隊 22.02.01:二復總第49号:行動不能艦艇、舞鶴地方復員局所管       所在:舞鶴、現状:沈没、上部構造物一部露出 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 22.05.03:除籍:復二第327号
喪失場所:舞鶴沖 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型艦

 第四號第六號第八號第十號第十二號第十四號第十六號第十八號第二十號第二十二號第二十四號第二十六號第二十八號第三十號第三十二號第三十四號第三十六號第三十八號第四十號第四十二號第四十四號第四十六號第四十八號第五十號第五十二號第五十四號第五十六號第五十八號第六十號第六十二號第六十四號第六十六號第六十八號第七十號第七十二號第七十四號第七十六號第七十八號第八十號第八十二號第八十四號第百二號第百四號第百六號第百十二號第百十六號第百十八號第2761號艦第百二十四號第百二十六號第百三十號第百三十二號第百三十四號第百三十八號第百四十二號第百四十四號第百五十號第百五十四號第百五十六號第百五十八號第百六十號第百八十六號第百九十號第百九十二號第百九十四號第百九十六號第百九十八號第二百號第二百二號第二百四號

兵装

(計画時)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、九九式軽機銃2挺、一四式拳銃13丁、九九式小銃39挺、
 九六式三米高角測距儀一型1基、九六式六十六糎測距儀1基、
 九三式二号水中聴音機小艦艇用甲1基、九三式探信儀一型1基、須式七十五糎探照燈四型改一1基、
 二号電波探知機二型改二1基、
 仮称三式投射機12基、爆雷投下軌道1條、九五式爆雷120個。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 1996年2月号増刊「日本海軍護衛艦艇史」(P.43,166)
 雑誌「世界の艦船」海人社 2017年12月号増刊「日本海軍護衛艦艇史」(P.43)
 「日本海軍艦艇写真集 駆逐艦」ダイヤモンド社 H17.10 呉市海事歴史科学館(P.172)
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫(2339)
 「終戦と帝国艦艇」光人社 H23.01 福井静夫(42-43)

前の艦へ ← 海防艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る