第五十四號海防艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

19.05.15:起工、仮称艦名:第2727號艦 19.08.07:命名:達第265号:「第五十四號海防艦」 19.08.07:類別等級制定:内令第931号:種別:海防艦、艦型:第二號型 19.08.07:本籍仮定:内令第933号:佐世保鎮守府 19.08.07:進水 19.09.01:艤装員長:海軍少佐 池田 虎雄 19.09.05:艤装員長:海軍大尉 村上 友喜 19.09.29:艤装員事務所を撤去 19.09.30:竣工 19.09.30:本籍:内令第1123号:佐世保鎮守府、役務:警備海防艦 19.09.30:海防艦長:海軍大尉 村上 友喜
19.09.30:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊 19.10.15:海防艦長:海軍少佐 村上 友喜 19.11.03:艦船番号:(94) 19.11.03:佐世保海軍工廠にて船体兵器機関の修理整備(11.07まで)
19.11.08:戦時編制:海上護衛総司令部第一海上護衛隊 19.11.08:佐世保〜11.08三池 19.11.10:(モマ07船団護衛)三池〜      〜11.11 0906(N30.24-E127.58)一般徴傭船美保丸」被雷小破〜      〜11.12 0402(N31.30-E125.57)陸軍徴傭船「鳴尾丸」被雷沈没、「玉洋丸」被雷航行不能〜      〜11.12 0609(N31.37-E125.36)陸軍徴傭船「辰昭丸」被雷沈没〜      〜11.13 ---- 「第二十八號海防艦」が「玉洋丸」を曳航〜      〜11.13 ---- 「玉洋丸」沈没〜      〜11.14泗礁山 19.11.16:(モマ07船団護衛)泗礁山〜11.16三門湾11.17〜11.19高雄 19.11.23:(タマ32A船団護衛)高雄〜11.23枋寮11.24〜      〜11.25 カラヤン島東方にて驅逐艦呉竹」に合同〜      〜11.26ムサ 19.11.27:(タマ32A船団護衛)ムサ〜11.27ラポック11.28〜      〜11.28サンフェルナンド11.29〜11.30マニラ 19.11.30:マニラ〜
19.12.10:戦時編制:海上護衛総司令部第一護衛艦隊 19.12.--:隊番号:20、艦船番号:(29)
19.12.15:擱坐大破 19.12.15:海防艦長:海軍中佐 村上 友喜(戦死) 20.02.10:類別等級削除:内令第108号 20.02.10:除籍:内令第115号
喪失場所:N19.25-E121.25 カラヤン島の北 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型艦

 第二號第四號第六號第八號第十號第十二號第十四號第十六號第十八號第二十號第二十二號第二十四號第二十六號第二十八號第三十號第三十二號第三十四號第三十六號第三十八號第四十號第四十二號第四十四號第四十六號第四十八號第五十號第五十二號第五十六號第五十八號第六十號第六十二號第六十四號第六十六號第六十八號第七十號第七十二號第七十四號第七十六號第七十八號第八十號第八十二號第八十四號第百二號第百四號第百六號第百十二號第百十六號第百十八號第2761號艦第百二十四號第百二十六號第百三十號第百三十二號第百三十四號第百三十八號第百四十二號第百四十四號第百五十號第百五十四號第百五十六號第百五十八號第百六十號第百八十六號第百九十號第百九十二號第百九十四號第百九十六號第百九十八號第二百號第二百二號第二百四號

兵装

(計画時)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、九九式軽機銃2挺、一四式拳銃13丁、九九式小銃39挺、
 九六式三米高角測距儀一型1基、九六式六十六糎測距儀1基、
 九三式二号水中聴音機小艦艇用甲1基、九三式探信儀一型1基、須式七十五糎探照燈四型改一1基、
 二号電波探知機二型改二1基、
 仮称三式投射機12基、爆雷投下軌道1條、九五式爆雷120個。

写真資料

 なし。

前の艦へ ← 海防艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る