第二十號海防艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

18.11.01:起工、仮称艦名:第2710號艦 18.12.22:命名:達第319号:「第二十號海防艦」 18.12.22:類別等級制定:内令第2776号:種別:海防艦、艦型:第二號型 18.12.22:本籍仮定:内令第2780号:佐世保鎮守府 19.01.11:進水 19.01.30:艤装員長:海軍少佐 川本 源藏 19.02.14:艤装員事務所を飽ノ浦町長崎監督官事務所内に設置し事務を開始 19.03.01:艤装員長:海軍大尉 桑原 円 19.03.11:竣工、艤装員事務所を撤去 19.03.11:本籍:内令第432号:佐世保鎮守府、役務:警備海防艦 19.03.11:海防艦長:海軍大尉 桑原 円
19.03.11:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊 19.04.05:戦時編制:海上護衛総司令部第一海上護衛隊 19.04.05:艦船番号:(60) 19.04.--:呉海軍工廠にて船体機関整備 19.04.09:呉〜04.09門司 19.04.14:(モタ17船団護衛)門司〜04.14鎮海 19.04.16:(竹・モタ17船団護衛)鎮海〜04.18泗礁山04.19〜      〜04.22 0745 驅逐艦」が船団に合同、砲艦安宅」が解列し上海に帰投〜      〜04.23 1230 特設掃海艇第七玉丸」、驅逐艦「栗」、「帝香丸」他1隻が解列し基隆に向かう〜      〜04.24 1208 「第百一號掃海艇」が船団に合同〜      〜04.24 1220 驅逐艦「朝風」が爆雷投射〜      〜04.24 1349 砲艦宇治」が護衛を止め解列、高雄に向かう〜      〜04.26 0242 驅逐艦「朝風」が爆雷投射〜       〜04.26 0344 陸軍徴傭船第一吉田丸」被雷沈没〜      〜04.26 0352 「第二十二號掃海艇」が爆雷投射〜      〜04.27 0845 驅逐艦「白露」が敵潜発見、爆雷攻撃〜      〜04.27マニラ 19.04.28:マニラ〜ヒ59船団護衛〜05.02マニラ 19.05.01:海防艦長:海軍少佐 桑原 円 19.05.04:(マタ19船団護衛)マニラ〜05.09基隆 19.05.09:(テ05船団護衛)基隆〜05.10高雄 19.05.10:(テ05船団護衛)高雄〜05.14楡林 19.05.19:(ホ01船団護衛)楡林〜05.26昭南港口 19.05.26:昭南港口〜ミシ02船団護衛〜05.29昭南 19.06.03:(ホ02船団護衛)昭南〜      〜06.06 2225(N08.57-E109.17)「第十五號海防艦」被雷沈没〜      〜06.09 1320(N14.15-E115.08)敵潜制圧〜      〜06.11マニラ 19.06.14:マニラ〜ミ05船団護衛〜      〜06.14 ホ02船団護衛〜      〜06.18高雄 19.06.20:(ホ02船団護衛)高雄〜      〜06.24 2354(N32.24-E129.38)陸軍徴傭船「玉鉾丸」、海軍配當船那須山丸」、「建日丸」、             「臺南丸」被雷沈没〜      〜06.25 1030 護衛終了〜      〜06.26佐世保 19.06.26:入渠諸修理工事(06.30まで) 19.07.01:佐世保海軍工廠にて入渠 19.07.02:出渠 19.07.03:(モマ01船団護衛)門司〜07.07高雄 19.07.14:(ヒ68船団護衛)昭南〜07.20マニラ07.24〜      〜07.26 「大鳥山丸」、陸軍徴傭船安藝丸」、東山丸」被雷沈没〜      〜07.26 0500 特設運送艦聖川丸」被雷小破〜      〜ミ10船団護衛〜      〜08.02高雄 19.08.04:(ミ10船団護衛)高雄〜      〜08.10 0200 護衛終了〜      〜08.10佐世保 19.08.11:佐世保海軍工廠にて舵取機故障修理 19.08.04:佐世保〜08.14門司 19.08.15:(モタ23船団護衛)門司〜      〜08.16 1230 直衛機が敵潜発見、「第十號海防艦」が爆雷投射〜      〜08.16 1237 「第十號海防艦」「第六十三號驅潜艇」「第二十號掃海艇」が対潜掃蕩〜      〜08.18鹿児島 19.08.20:(モタ23船団護衛)鹿児島〜      〜08.24 0705 三貂角沖にて陸軍輸送船第三吉田丸」被雷沈没、「w芒ロ」中破〜      〜08.24基隆 19.08.25:基隆にて機関整備(08.26まで) 19.08.27:(モタ23船団護衛)基隆〜08.28高雄 19.08.30:(ミ15船団護衛)高雄〜      〜08.31 0330(N21.24-E121.07)「千代田丸」被雷沈没〜      〜08.31 0435(N21.30-E121.19)「力行丸」被雷中破〜      〜08.31 0730(N21.11-E121.17)敷設艦白鷹」被雷沈没〜      〜08.31 0740(N20.55-E121.17)「大國丸」被雷沈没〜      〜「南征丸」「泰昭丸」を護衛〜      〜09.01東港 19.09.03:東港〜対潜掃蕩〜ミ15船団護衛〜      〜09.05 1912 「第二十一號掃海艇」が横付け、同艇に爆雷補給開始〜      〜09.05 1928 爆雷補給終了〜      〜09.05 1940 「第二十一號掃海艇」が横付け離す〜      〜09.05サンフェルナンド09.06〜09.07マニラ 19.09.10:(マモ03船団護衛)マニラ〜      〜09.11 0815 ヒ72船団に会合、マモ03船団の護衛終了〜      〜09.11 0830 対潜掃蕩〜      〜09.11 0835 「第二十一號掃海艇」「第十號海防艦」と共に反転〜      〜09.12 0955 解列〜      〜09.12マニラ 19.09.12:マニラ〜ヒ72船団遭難者救助〜09.15楡林 19.09.16:(ヒ72船団護衛)楡林〜      〜09.19 船団より分離、陸軍徴傭船吉備津丸」護衛〜      〜09.20基隆 19.09.23:(ヒ72船団護衛)基隆〜      〜09.24 陸軍徴傭船「吉備津丸」を護衛〜      〜09.24基隆 19.09.25:(ヒ72船団護衛)基隆〜      〜09.27 0150(N29.41-E128.02)「第十號海防艦」被雷沈没〜      〜09.28六連 19.09.28:六連〜09.28佐世保 19.09.29:佐世保海軍工廠にて整備並に小修理(09.30まで) 19.10.01:入渠諸修理工事、推進器換装(10.07まで) 19.10.08:(ミ23船団護衛)佐世保〜10.09三池 19.10.14:三池〜10.14佐世保 19.10.18:(ミ23船団護衛)佐世保〜      〜10.19 1430 「第三十八號海防艦」と「第百二號哨戒艇」が対潜攻撃のため列外に出る〜      〜10.20 0300 「第三十八號海防艦」合同〜      〜10.21 1710 「第百二號哨戒艇」合同〜      〜10.24 1100 臨時配當船雲仙丸」、特設運送船廣田丸」、陸軍徴傭船陽海丸」を護衛し             「第三十八號哨戒艇」と「第百二號哨戒艇」が船団から分離〜      〜10.24 1601 「第四十六號海防艦」が敵潜らしきものを探知し攻撃に向かう〜      〜10.24 1905 「第四十六號海防艦」が船団に合同〜      〜10.25 0115(N25.07-E119.45)海軍配當船「江原丸」、海軍配當船松本丸」被雷〜      〜10.25 0135 「第四十六號海防艦」が船団より分離、敵潜制圧に当る〜      〜10.25 1000 「第四十六號海防艦」が船団に合同〜      〜10.26厦門 19.10.26:(ミ23船団護衛)厦門〜10.27馬公 19.10.29:(ミ23船団護衛)馬公〜      〜10.30 1100 船団から分離〜      〜11.01 1200 サタ01船団に合同〜      〜11.03三亞 19.11.04:三亞〜11.11基隆 19.11.11:基隆〜サタ01船団捜索、合同〜11.12基隆 19.11.16:(タモ29船団護衛)基隆〜11.18泗礁山11.19〜11.22羅老山11.22〜      〜11.23 0348(N34.25-E128.20)陸軍配當船z謚ロ」被雷沈没〜   〜11.23 0845(N34.10-E128.58)「修洋丸」被雷沈没〜      〜11.24 1340 門司にて護衛終了〜      〜11.25呉 19.11.--:修理
19.12.10:戦時編制:海上護衛総司令部第一護衛艦隊
19.12.30:沈没 19.12.30:海防艦長:海軍中佐 桑原 円(戦死) 20.05.25:類別等級削除:内令第472号 20.05.25:除籍:内令第470号
喪失場所:N06.30-E120.18 パングタラン諸島の西 喪失原因:米陸軍航空隊(第5航空隊)のB-25,A-20,P-40による空爆

同型艦

 第二號第四號第六號第八號第十號第十二號第十四號第十六號第十八號第二十二號第二十四號第二十六號第二十八號第三十號第三十二號第三十四號第三十六號第三十八號第四十號第四十二號第四十四號第四十六號第四十八號第五十號第五十二號第五十四號第五十六號第五十八號第六十號第六十二號第六十四號第六十六號第六十八號第七十號第七十二號第七十四號第七十六號第七十八號第八十號第八十二號第八十四號第百二號第百四號第百六號第百十二號第百十六號第百十八號第2761號艦第百二十四號第百二十六號第百三十號第百三十二號第百三十四號第百三十八號第百四十二號第百四十四號第百五十號第百五十四號第百五十六號第百五十八號第百六十號第百八十六號第百九十號第百九十二號第百九十四號第百九十六號第百九十八號第二百號第二百二號第二百四號

兵装

(計画時)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、九九式軽機銃2挺、一四式拳銃13丁、九九式小銃39挺、
 九六式三米高角測距儀一型1基、九六式六十六糎測距儀1基、
 九三式二号水中聴音機小艦艇用甲1基、九三式探信儀一型1基、須式七十五糎探照燈四型改一1基、
 二号電波探知機二型改二1基、
 仮称三式投射機12基、爆雷投下軌道1條、九五式爆雷120個。

写真資料

 なし。

前の艦へ ← 海防艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る