安藝丸の船歴

 年 月 日:船歴

16.07.15:起工、優秀船舶建造助成施設(第一種船)第127号、予定船名「三島丸」 17.05.15:進水、命名:安藝丸 17.10.15:竣工 
17.10.24:徴傭:船舶運営會 17.10.--:陸軍配當船として運航 --.--.--:昭南〜内地 18.02.--:陸軍配當船として運航終了 18.02.01:解傭
18.02.01:徴傭:陸軍 18.02.01:宇品〜02.07高雄02.08〜02.13昭南02.18〜02.22高雄02.26〜02.28門司 18.03.06:宇品〜03.10高雄03.13〜03.18マニラ03.18〜03.22高雄03.23〜03.25宇品 18.03.31:宇品〜04.07高雄04.09〜04.13マニラ04.14〜04.18高雄04.23〜04.26宇品 18.06.17:宇品〜06.22高雄06.25〜06.28マニラ 18.07.02:高雄〜マニラ〜07.11高雄07.13〜07.13馬公 18.07.18:高雄〜07.20門司 18.07.27:神戸〜07.30マニラ08.25〜08.29門司 18.09.21:神戸〜10.04昭南 18.11.03:(ヒ14船団)昭南〜      〜11.08 0505(N17.00-E116.17)「旭榮丸」被雷沈没〜      〜11.10高雄11.11〜11.16門司 18.11.--:門司〜11.19神戸 18.11.24:神戸〜 18.12.01:(ヒ23船団)門司〜12.09マニラ 19.12.18:マニラ〜12.31神戸 19.02.21:門司〜02.21釜山02.24〜02.25宇品 19.02.27:宇品〜      〜02.29 0256 驅逐艦「朝霜」が敵潜探知、照射砲撃〜      〜02.29 1750(N22.40-E131.50)潜水艦"Trout"(SS-202)の雷撃で陸軍徴傭船崎戸丸」被雷沈没〜             本船も船首に一発被雷、驅逐艦「岸波」、同「朝霜」が爆雷攻撃、             本船は驅逐艦「沖波」と先行〜      〜03.04大宮島03.05〜03.09神戸 19.07.08:宇品〜門司 19.07.13:(ヒ69船団)門司〜07.20マニラ 19.07.24:(ヒ68船団)マニラ〜高雄向け航行
19.07.26:沈没 19.07.26:解傭
喪失場所:N18.28-E117.59 ルソン島北西端の西約150マイル 喪失原因:米潜水艦Vrevalle(SS-291)の雷撃

同型船

 三池丸阿波丸三島丸

兵装

 野砲1門、機銃2基。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和17年7月号
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1990年2月号「日本商船隊の懐古 No.127」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 2005年7月号「回想の日本客船その98」
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.44)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本客船の黄金時代1939〜41」(P.135)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.273)
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.105)
 「日本郵船戦時戦史上巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.746)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る