雲仙丸の船歴

 年 月 日:船歴

16.08.05:起工 17.03.16:進水、命名:雲仙丸 17.10.10:竣工
17.10.15:徴傭:船舶運營會 17.10.--:門司〜      〜10.27 1018(N30.50-E122.54)花鳥山灯台東方12浬にて潜望鏡を発見し砲撃8発〜      〜基隆 18.04.07:(支第1船団)上海〜04.08長崎 18.04.13:(佐第4船団)富江〜04.14上海 18.04.16:(支第4船団)上海〜04.18長崎 18.04.19:(佐第8船団)長崎〜04.21上海 18.04.24:(支第8船団)呉淞〜04.26長崎 18.04.28:(佐第12船団)長崎〜04.30上海 18.05.02:(支第12船団)上海〜05.04長崎 18.05.06:(佐第15船団)長崎〜05.08上海 18.05.15:第1次海軍指定船 18.05.15:(佐第20船団)長崎〜05.17上海 18.05.18:(支第20船団)上海〜05.20長崎 18.05.28:(支第23船団)花鳥山〜05.30長崎 18.09.--:陸軍用品及雑貨1,890t搭載、旅客264名乗船 18.09.30:新潟〜      〜10.01 1810(N40.38-E133.35)右舷中央部石炭庫に被雷(不発)、敵潜を砲撃10発〜      〜10.02羅津 19.02.08:(シ802船団)長崎?〜      〜02.10 1220 「第十五號掃海艇」が護衛を終了〜      〜02.10上海 19.02.13:(モナ302船団)上海〜      〜02.13 1855 揚子江口にて仮泊〜      〜02.16 0810 「第十五號掃海艇」が護衛を終了〜      〜02.16長崎? 19.02.--:蛍石、人員搭載 19.02.28:上海〜03.02長崎 19.03.13:長崎〜03.14敦賀 19.03.--:軍用品、雑貨搭載 19.03.17:敦賀〜03.19清津 19.03.20:清津〜03.20羅津 19.03.--:大豆搭載 19.03.21:羅津〜03.23敦賀 19.03.--;雑貨、人員搭載 19.03.25:敦賀〜03.27清津 19.03.28:清津〜03.28羅津 19.04.--:大豆、人員、雑貨搭載 19.04.29:羅津〜05.01敦賀 19.05.04:敦賀〜05.06清津 19.05.07;清津〜05.07羅津 19.05.--:大豆、人員、雑貨搭載 19.05.08:羅津〜05.08清津 19.05.09:清津〜05.11敦賀 19.05.13:敦賀〜05.15清津 19.05.--:大豆搭載 19.05.18;清津〜05.18羅津 19.05.18:羅津〜05.20敦賀 19.05.20:敦賀〜05.23新潟 19.05.--:機械、雑貨搭載 19.05.25:新潟〜05.27小樽 19.05.--:大豆、人員、米搭載 19.05.28:小樽〜05.29真岡 19.05.30:真岡〜05.31恵須取05.31〜06.01真岡 19.06.--:パルプ搭載 19.06.01:真岡〜06.02小樽 19.06.--:バター搭載 19.06.03:小樽〜06.05新潟 19.06.--:肥料、空缶、モロコシ搭載 19.06.09:新潟〜06.11小樽 19.06.--:人員、大豆搭載 19.06.12:小樽〜06.13真岡 19.06.--:米、雑貨搭載 19.06.14:真岡〜06.15恵須取 19.06.--:パルプ、人員搭載 19.06.16:恵須取〜06.17真岡 19.06.--:紙搭載 19.06.18:真岡〜06.19小樽 19.06.--:木材、雑貨搭載 19.06.20:小樽〜06.21新潟 19.06.--:小麦粉、硫黄、鉱材品搭載 19.06.26:新潟〜06.28小樽 19.06.--:ビール、大豆、人員搭載 19.06.28:小樽〜06.29真岡 19.06.--:雑貨搭載 19.07.01:真岡〜07.02恵須取 19.07.--:紙搭載 19.07.05:恵須取〜07.06真岡 19.07.--:人員搭載 19.07.08:真岡〜07.09小樽 19.07.10:小樽〜07.12新潟 19.07.16:新潟〜07.17名瀬 19.07.23:名瀬〜07.26大阪 19.09.--:雑貨搭載 
19.09.29:臨時配當船:第三次AC船 19.09.29:大阪〜09.30部埼 19.10.--:軍需品、人員搭載 19.10.08:部崎〜10.09三池 19.10.15:三池〜10.16佐世保 19.10.18:(ミ23船団)佐世保〜      〜10.19 1430 「第三十八號海防艦」と「第百二號哨戒艇」が対潜攻撃のため列外に出る〜      〜10.20 0055 龍頭沖仮泊〜      〜10.20 0300 「第三十八號海防艦」合同〜      〜10.20 0800 仮泊地発〜      〜10.21 1710 「第百二號哨戒艇」合同〜      〜10.22 1640 大衢山南錨地仮泊〜      〜10.23 0655 仮泊地発〜      〜10.24 1100 陸軍徴傭船陽海丸」、特設運送船廣田丸」、             「第三十八號哨戒艇」、「第百二號哨戒艇」と共に船団から分離〜      〜10.25高雄 19.10.27:臨時配當船としての運航終了
19.10.--:雑貨搭載 19.10.30:高雄〜11.05六連 19.11.06:六連〜11.06門司 19.11.07:門司〜11.08神戸 19.11.--:銑鉄搭載 19.11.17:神戸〜11.20新潟 19.11.--:人員、雑貨搭載 19.11.22:新潟〜11.24小樽 19.11.25:小樽〜11.26真岡 19.11.28:真岡〜11.30惠須取 19.12.02:惠須取〜12.04真岡 19.12.06:真岡〜12.08小樽 19.12.09:小樽〜12.11新潟 19.12.18:新潟〜12.19小樽 19.12.21:小樽〜12.22真岡 19.12.23:真岡〜12.24惠須取 19.12.29:惠須取〜12.29真岡 20.01.02:真岡〜01.03小樽 20.01.04:小樽〜01.06新潟 20.01.15:新潟〜01.17羅津01.19〜01.19清津01.20〜01.20羅津01.21〜01.23敦賀 20.01.26:敦賀〜01.29清津01.31〜01.31羅津〜敦賀 20.02.01-02.28:敦賀〜清津・羅津〜敦賀(4航海) 20.03.01-03.31:敦賀〜清津・羅津〜敦賀(5航海) 20.04.01-04.30:敦賀〜清津・羅津〜敦賀(5航海) 20.06.--:敦賀〜      〜06.24 0430(N35.33-E133.17)境港外にて触雷〜      〜07.04 1918(N36.53-E136.45)濃霧のため坐洲〜      〜07.--日本海船渠
20.08.15:残存:SCAJAP No. U-014 24.07.--:解傭

同型船

 なし。

兵装

 四十口径安式八糎砲、爆雷4個。

写真資料

 雑誌「海洋少年」(47)(海と空社)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.144)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本客船の黄金時代1939〜41」(P.136)
 雑誌「世界の艦船」海人社 2001年3月号「回想の日本客船その46」
 「新造船写真史」三菱重工業株式会社 横浜造船所 S56.07(P.65)
 「日本郵船戦時戦史下巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.481)
 小樽市博物館所蔵(17-20)

前の船へ ← 臨時配當船(AC船) → 次の船へ

Homeへ戻る