蓬・第三十八號哨戒艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

T09.03.26:命名:達第31号:二等驅逐艦「蓬」(ヨモギ) T09.03.26:類別等級制定:達第33号:類別:驅逐艦、等級:二等 T09.09.10:信号符字點付:達第154号:GQXM T10.02.26:起工 T11.03.14:進水 T10.03.20:艤装員長:海軍少佐 有馬 直 T11.03.27:艤装員事務所を東京石川島造船所内に設置し事務を開始 T11.06.10:驅逐艦長:海軍少佐 有馬 直 T11.08.19:竣工、艤装員事務所を撤去
T11.08.19:東京〜08.19横須賀 T11.08.25:横須賀〜08.25鳥羽08.26〜08.27大阪08.28〜08.29多度津08.30〜08.31呉 T11.08.26:驅逐隊編制:内令第285号:第二十八驅逐隊、本籍:佐世保鎮守府 T11.09.02:呉〜09.03佐世保 T11.09.26:入渠 T11.10.16:佐世保〜港外〜10.16佐世保 T11.10.18:佐世保〜港外〜10.18佐世保 T11.10.20:佐世保〜港外〜10.20佐世保 T11.10.25:佐世保〜港外〜10.25佐世保 T11.11.30:官房第3989号:主機タービン修理改造の件訓令 T11.12.01:驅逐隊編制:内令第433号:第二十八驅逐隊、所属:第一艦隊、本籍:佐世保鎮守府 T11.12.01:艦隊編制:内令第437号:聯合艦隊第一艦隊第一水雷戦隊 T12.05.19:官房第87番電報:艦首樓甲板波避補強の追加工事施行 T12.12.01:驅逐隊編制:内令第422号:第二十八驅逐隊、本籍:佐世保鎮守府 T13.12.01:驅逐隊編制:内令第296号:第二十八驅逐隊、本籍:佐世保鎮守府 T13.12.01:驅逐艦長:海軍大尉 大藤 正直 T14.05.01:驅逐艦長:海軍少佐 帖佐 敬吉 T14.12.01:驅逐隊編制:内令第319号:第二十八驅逐隊、所属:第一艦隊、本籍:佐世保鎮守府 T14.12.01:艦隊編制:内令第318号:聯合艦隊第一艦隊第一水雷戦隊
T15.11.29:類別等級制定:内令第238号:種別:驅逐艦、等級:二等、艦型:樅型 T15.12.01:驅逐隊編制:内令第365号:第二十八驅逐隊、所属:第一艦隊、本籍:佐世保鎮守府 T15.12.01:艦隊編制:内令第264号:聯合艦隊第一艦隊第一水雷戦隊 T15.12.01:驅逐艦長:海軍少佐 大藤 正直 02.12.01:驅逐隊編制:内令第385号:第二十八驅逐隊、本籍:佐世保鎮守府 02.12.01:役務:内令第387号:警備驅逐艦 02.12.01:驅逐艦長:海軍少佐 古木 百藏 03.04.27:驅逐隊編制:内令第120号:第二十八驅逐隊、所属:第二遣外艦隊、本籍:佐世保鎮守府 03.04.27:艦隊編制:内令第119号:第二遣外艦隊 03.08.01:驅逐隊編制:内令第201号:第二十八驅逐隊、所属:第二遣外艦隊、本籍:佐世保鎮守府 03.12.10:驅逐隊編制:内令第350号:第二十八驅逐隊、所属:舞鶴要港部、本籍:佐世保鎮守府 04.11.01:驅逐艦長:海軍少佐 伊集院 松治 04.11.30:驅逐隊編制:内令第276号:第二十八驅逐隊、所属:舞鶴要港部、本籍:佐世保鎮守府 04.11.30:驅逐艦長:海軍少佐 博義王 05.12.01:驅逐隊編制:内令第229号:第二十八驅逐隊、所属:鎭海要港部、本籍:佐世保鎮守府 05.12.01:驅逐艦長:海軍少佐 松原 博 06.11.02:驅逐艦長:海軍大尉 天野 重隆 06.12.01:驅逐隊編制:内令第215号:第二十八驅逐隊、所属:鎭海要港部、本籍:佐世保鎮守府 06.12.01:驅逐艦長:海軍少佐 天野 重隆
07.04.01:類別等級改正:内令第115号:種別:驅逐艦、等級:二等、艦型:榧型 07.12.01:驅逐隊編制:内令第373号:第二十八驅逐隊、所属:鎭海要港部、本籍:佐世保鎮守府 08.05.17:驅逐艦長:海軍中佐 帖佐 敬吉 08.05.25:驅逐艦長:海軍大尉 中村 謙治 08.10.18:信号符字改正:達127号:JZOA 08.11.15:驅逐隊編制:内令第352号:第二十八驅逐隊、所属:鎭海要港部、本籍:佐世保鎮守府 08.11.15:驅逐艦長:海軍少佐 山田 鐵夫 09.06.01:驅逐艦長:海軍大尉 田代 格 09.11.15:驅逐隊編制:内令第477号:第二十八驅逐隊、所属:鎭海要港部、本籍:佐世保鎮守府 10.06.01:驅逐艦長:海軍少佐 藤田 浩 10.11.15:驅逐隊編制:内令第459号:第二十七驅逐隊、本籍:佐世保鎮守府 10.11.15:驅逐艦長:欠員 11.12.01:驅逐隊編制:内令第471号:第二十七驅逐隊、本籍:佐世保鎮守府 12.07.29:驅逐艦長:海軍少佐 家木 幸之輔 12.11.15:驅逐艦長:海軍大尉 萩尾 力 12.12.01:驅逐艦長:海軍少佐 萩尾 力 13.12.15:驅逐隊編制:内令第1105号:第二十七驅逐隊から除く 14.02.10:驅逐艦長:欠員 15.04.01:類別等級削除:内令第195号 15.04.01:除籍:内令第192号
15.04.01:命名:達第72号:「第三十八號哨戒艇」 15.04.01:類別等級制定:内令第197号:種別:特務艇、類別:哨戒艇、艦型:なし 15.04.01:本籍仮定:内令第198号:佐世保鎮守府 15.06.11:信号符字改正:達第116号:JZKA 15.08.01:内令第493号:佐世保防備隊所属、本籍:佐世保鎮守府 15.11.15:内令第822号:佐世保防備隊所属、本籍:佐世保鎮守府 15.11.15:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊佐世保防備隊 16.05.15:特務艇長:海軍豫備中尉 種子 壽美男 16.06.02:特務艇長:海軍豫備大尉 種子 壽美男 16.10.05:内令第1195号:佐世保防備隊所属削除 16.11.20:本籍変更:内令第1491号:横須賀鎮守府 16.11.20:特設哨戒艇隊編制:内令第1493号:第一哨戒艇隊
16.11.20:戦時編制:聯合艦隊第一哨戒艇隊 16.12.01:信号符字改正:達第369号:JJKQ 16.12.10:内令第1621号:本籍:横須賀鎮守府 16.12.--:軍隊区分:南方部隊菲島部隊南菲支援隊水上機部隊 17.01.05:軍隊区分:蘭印部隊第一護衛隊 17.01.07:マララグ湾〜01.07ダバオ沖 17.01.07:軍隊区分:機密蘭印部隊第一護衛隊命令作第1号(01.04附):輸送船隊 17.01.07:(タラカン攻略作戦)ダバオ沖〜      〜01.07 1830 A点にて第三警戒航行隊形に占位〜       〜01.10 0000 第十一掃海隊、第三十掃海隊、第三十一驅潜隊が解列、タラカン泊地に先行〜      〜01.10 0700 驅逐艦「朝雲」、同「夏雲」、同「峯雲」が解列、タラカン泊地に先行〜      〜01.10 1830 泊地進入〜      〜01.10タラカン(東方泊地) 17.01.12:---- タラカン島北水道を警戒      2322 駆逐艦「山風」が蘭敷設艦"Prins van Oranje"を発見       2329 駆逐艦「山風」と協同し蘭敷設艦"Prins van Oranje"を撃沈 17.01.13:船団附近警泊 17.01.21:軍隊区分:機密蘭印部隊第一護衛隊命令作第3号(01.18附):輸送船隊 17.01.21:(バリクパパン攻略作戦)タラカン〜      〜01.22 1800 別動隊(海風、江風、はばな丸漢口丸)が分離先行〜      〜01.23 1615 特設運送船南阿丸」が至近弾により損傷〜      〜01.23 1625 特設運送船辰~丸」が被弾〜      〜01.23 1746 特設運送船「南阿丸」が被弾〜      〜01.23 2034 第二驅逐隊(村雨、五月雨)、第十一掃海隊が泊地掃海開始〜 〜01.23 2214 泊地掃海終了〜      〜01.23バリクパパン 17.01.24:1910 輸送船隊を護衛し湾外遊弋 17.01.25:0053 「第三十七號哨戒艇」を曳航開始      1045 「第三十七號哨戒艇」を曳航終了 17.01.28:1615 「第三十七號哨戒艇」を曳航開始 17.01.29:0055 「第三十七號哨戒艇」を曳航終了 17.02.19:ホロ〜02.20ドンドン湾(予定)      〜03.27アンボン 17.04.06:ガネ湾〜      〜04.07 0730 テルナテ沖に進入〜      〜04.07テルナテ 17.04.09:(「大興丸」「北陸丸」護衛)テルテナ〜04.12マノクワリ 17.04.10:特設哨戒艇隊編制:内令第654号:特設哨戒艇隊編制を廃止 17.04.10:内令第655号:所属:鎭海防備隊、本籍:鎭海警備府
17.04.10:戦時編制:鎭海警備府部隊鎭海防備戦隊鎭海防備隊 17.04.10:軍隊区分:大海指第78号:作戦に関し聯合艦隊司令長官の指揮下 17.04.--:マノクワリ〜高雄〜佐世保〜鎭海 17.04.23:軍隊区分:大海指第89号:作戦に関する聯合艦隊司令長官の指揮を解く 17.04.23:軍隊区分:聯合艦隊電令作第127号:西南方面艦隊長官の作戦指揮を解く 17.05.14:鎭海及哨区 17.06.--:基地及哨戒 17.06.17:鎭海警備府電令作第28号:      1.咸鏡丸は2004東経128度13分北緯33度40分に於て潜望鏡を認む      2.鎭海防備戦隊は現配備の儘対潜警戒を厳にせよ      3.鎭海航空部隊は右警戒に協力せよ 17.06.18:鎭海防備戦隊電令作第87号:鎭防戦機密第296番電:       鎭海警備府電令作第28号に依る潜望鏡発見位置に急行せよ 17.06.18:巨文島〜      〜06.18 1430 鎭海防備戦隊電令作第87号(捜索を止め固有任務に就け)〜 17.07.--:鎭海 17.07.10:内令第1220号:所属:鎭海防備隊、本籍:鎭海警備府 17.07.15:鎭警機密第151130番電:       巨文島の東白島に座礁せるあさか丸救助に行け 17.07.21:大海機密第130番電:       哨戒艇第一號、二號、三四號、三五號、三六號、三八號、三九號を8月5日附一時第八艦隊司令長官       の作戦指揮下に入れらるることに手続中右哨戒艇は第八艦隊作戦方面の上陸作戦に充当せらるる予定       に付可然準備方取計はれ度 17.07.22:軍隊区分:鎭警機密第478番電:鎭海海面防備部隊 17.07.22:鎭警機密第476番電:       第三十八號哨戒艇、第三十九號哨戒艇を8月5日附一時第八艦隊司令長官の作戦指揮下に入らしめら       るる予定に就き至急船体兵器機関の整備に従事せしめられ度 17.07.23:軍隊区分:鎭海防備戦隊電令作第94号:五番隊 17.07.25:鎭警機密第478番電:       第三十八號哨戒艇、第三十九號哨戒艇は8月5日修理完成の予定(後略) 17.07.25:鎭海警備府信令第31号:       鎭海防備戦隊司令官は巨濟をして速に佐世保に回航、第三十八、第三十九號哨戒艇の修理品の       輸送に任ぜしむべし 17.07.28:大海機密第193番電:       大海機密第136番電内報の各哨戒艇は遅くとも8月20日頃迄にラバウル到着を目途とし諸準備を       促進あり度 17.07.29:鎭警機密第518番電:       第三十八號哨戒艇、第三十九號哨戒艇は大発(鎭海にあり)及大発搭載装置共に完備 17.08.01:鎭警機密第529番電:       三八、三九哨戒艇行動予定左の通       8月5日鎭海発、佐世保、パラオを経て8月20日ラバウル着(パラオにて300屯補給) 17.08.03:鎭警機密第535番電:       機密第529番電三八、三九哨戒艇行動予定中鎭海発を8月4日ラバウル着を8月18日に改む 17.08.04:鎭海〜佐世保〜08.12パラオ 17.08.05:軍隊区分:大海指第116号:       哨戒艇第一號、第二號、第三十四號、第三十五號、第三十六號、第三十八號、第三十九號を作戦に       関し第八艦隊司令長官の指揮下に入る
17.10.01:戦時編制:鎭海警備府部隊鎭海防備隊 17.10.12:外南洋部隊信電令作第94号:      1.第三十八號哨戒艇は五月雨と共に12日1800ラバウル発南海丸吾妻山丸をブカ北方まで護衛すべし      2.五月雨驅逐艦長は右護衛に関し第三十八號哨戒艇長を区処すべし 17.10.12:(「南海丸」「吾妻山丸」護衛)ラバウル〜      〜10.13 護衛終了〜 17.11.23:軍隊区分:外南洋部隊電令作第135号:R方面航空部隊 18.01.23:軍隊区分:R方面防備部隊      〜01.28カビエン 18.01.28:カビエン〜 18.02.15:類別等級削除:内令第239号
18.02.15:類別等級制定:内令第238号:種別:哨戒艇、艦型:第三十一號型 18.02.15:本籍:内令第249号:佐世保鎮守府、役務:警備哨戒艇 18.02.15:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊 18.02.15:哨戒艇長:海軍豫備大尉 種子 壽美夫 18.06.20:哨戒艇長:海軍豫備大尉 高田 又男 18.06.22:(第169船団護衛)門司〜      〜06.24 1120(N28.45-E127.03)運送艦大瀬」被雷小破〜 18.07.01:哨戒艇長:海軍大尉 高田 又男 18.12.--:軍隊区分:海上護衛総隊第一海上護衛司令官の作戦指揮下 18.12.02:軍隊区分:佐海防信電令作第114号:第一護衛部隊 18.12.14:佐海防電令作第4号:      1.北緯32度10分東経125度0分に於て筥崎丸雷撃を受け沈没、第三十八號哨戒艇攻撃中      2.第二十五號掃海艇海威(燃料補給後)は右敵潜を掃蕩撃滅すべし        指揮官:第二十五號掃海艇長      3.各部隊は警戒を厳にせよ 19.02.01:1000 出渠 19.02.05:佐世保〜港外にて兵装公試〜02.05佐世保 19.02.07:艦船番号:(33) 19.02.08:佐世保〜      〜02.08 1045 黄島東方にてモタ02船団に合同〜      〜02.08 2240(N31.08-E129.35)陸軍徴傭船りま丸」、白根山丸」被雷〜      〜02.08 2254(N31.05-E129.37)陸軍徴傭船「りま丸」沈没〜      〜02.08 2332(N31.08-E129.35)敵潜水艦を探知攻撃、爆雷投射19個〜      〜02.09 0110 水雷艇」とともに付近を制圧しつつ「りま丸」遭難者救助〜      〜02.09 0525 270名救助終了〜      〜02.09 0925 味方飛行機の誘導により敵潜攻撃に向かうが誤認と判明〜      〜02.09 1145 特設掃海艇第八長運丸」来着、掃蕩に協力〜      〜02.09 1719 山川部隊来援につき水雷艇「鷺」と協力、陸軍徴傭船「白根山丸」を護衛〜      〜02.10佐世保 19.02.11:佐世保〜02.11鹿児島 19.02.12:(モタ02船団護衛)鹿児島〜02.17高雄 19.02.19:高雄〜対潜掃蕩〜02.21高雄 19.02.22:高雄港外に転錨 19.02.23:(タモ05船団護衛)高雄〜      〜02.27 陸軍徴傭船「錫蘭丸」触雷沈没〜      〜02.29富江 19.03.01:富江〜03.01佐世保 19.03.02:爆雷搭載 19.03.03:重油搭載 19.03.06:糧食搭載 19.03.07:佐世保〜恵美須湾にて探信儀、同記録器試験〜03.07佐世保 19.03.08:重油搭載 19.03.08:佐世保〜03.09富江 19.03.09:(モタ09船団護衛)富江〜      〜03.11 0950 落伍船「忠洋丸」捜索の為、約2時間反転〜      〜03.13 1130 敷設艇前島」が護衛に加入〜      〜03.13 1844(N25.58-E121.34)敵潜水艦らしきものを探知〜      〜03.13 1851 爆雷50個を反復投射〜      〜03.14 1138 再度敵潜水艦らしきものを探知、爆雷3個投下〜      〜03.14 1210 海中からの浮流物により沈船と確認〜      〜03.15 1210 船団に合同〜      〜03.15高雄(新浜岸壁)   19.03.16:重油、爆雷搭載 19.03.19:高雄〜      〜03.19 1200 海防艦「占守」座礁地点(安平港の南5浬)着〜      〜03.19 1243 海防艦「占守」離礁〜      〜03.19 1325 現場発〜      〜03.19 1530 高雄港外着、投錨〜      〜03.20 1050 高雄港外発〜      〜03.20高雄(新浜岸壁) 19.03.20:糧食搭載 19.03.21:1350 新浜岸壁から出港      1455 高雄港外(左営沖)に投錨、仮泊 19.03.22:(タモ12船団護衛)高雄〜      〜03.23 1010 基隆発の「賀茂丸」「山萩丸」が合同、             驅逐艦」と「海口丸」、「美崎丸」外5隻が船団より分離〜      〜03.28 0845 羅老島馬致山の244度8,000mに投錨、仮泊〜      〜03.29 0140 仮泊地発〜      〜03.29 1450 船団と分離〜      〜03.29佐世保 19.03.30:重油搭載 19.03.31:爆雷搭載 19.04.01:重油搭載 19.04.02:酒保物品搭載 19.04.03:糧食搭載 19.04.04:佐世保〜04.04伊万里 19.04.05:(モタ16船団護衛)伊万里〜04.05羅老島04.06〜04.08泗礁山(西側錨地) 19.04.08:「長山丸」が船団に加入 19.04.08:(モタ16船団護衛)泗礁山〜      〜04.10 0810 「長山丸」が列を解き基隆に向かう〜      〜04.11 0610 船団と分離〜      〜04.11 0645 高雄港外着、投錨〜      〜04.11 0930 高雄港外発〜      〜04.11高雄(新浜岸壁)
19.04.10:戦時編制:海上護衛総司令部第一海上護衛隊 19.04.12:重油搭載 19.04.14:糧食搭載 19.04.15:0832 新浜岸壁から出港      0932 高雄港外に投錨、仮泊 19.04.15:(タマ16船団護衛)高雄〜      〜04.16 0930 驅逐艦」、特設掃海艇第三拓南丸」が護衛終了〜      〜04.17 0725 水雷艇」が護衛に加入〜      〜04.17 1550 特設砲艦木曾丸」、「第三十九號驅潜特務艇」が護衛に加入〜      〜04.19マニラ(港内浮標係留) 19.04.19:重油搭載 19.04.21:糧食、酒保物品搭載 19.04.22:マニラ〜コレヒドール水道の前路掃蕩〜      〜04.22 1040 ミマ08船団に合同〜      〜04.23 2000 パクダナン湾(ボアヤン島の198度3,000m)に投錨、仮泊〜      〜04.24 0720 仮泊地発〜      〜04.25 1200 運送艦足摺」が護衛を止め分離、先行〜      〜04.25 1925 船団はマルズ湾に仮泊、本艇は湾口を移動哨戒〜      〜04.26 0800 船団が出港〜      〜04.26 0900 湾口の哨戒を止め船団に合同〜      〜04.26 1600 船団から分離先行〜      〜04.26 1755 ゼッセルトン湾に投錨、仮泊〜      〜04.26 2330 仮泊地発、港外警戒〜      〜04.27 0915 船団が出港〜      〜04.27 0930 船団に合同〜      〜04.28 0045 船団はブルネイ湾に仮泊、本艇は泊地を哨戒〜      〜04.28 0530 船団が出港〜       〜04.28ミリ 19.04.29:重油搭載 19.04.30:ミリ〜   〜05.01 0825 海軍配當船日新丸」外1隻、特設驅潜艇と合同、護衛開始〜      〜05.02ミリ 19.05.02:重油搭載 19.05.04:(ミ02船団護衛)ミリ〜      〜05.04 2100 船団はイムルアン湾に仮泊、本艇は湾口を移動哨戒〜      〜05.05 0530 船団が出港、護衛を開始〜      〜05.06 0803(N07.19.5-E116.52.5)海軍配當船「日新丸」が被雷、沈没〜      〜05.06 0806 対潜戦闘:二式爆雷改二投射13個〜      〜05.06 0843 船団に合同〜      〜05.07 2000 船団はセント・パウル湾に仮泊、本艇は湾口を移動哨戒〜      〜05.08 1130 船団が出港〜      〜05.08 1245 船団に合同〜      〜05.08 1830 特設砲艦長壽山丸」が護衛に加入〜      〜05.10マニラ 19.05.10:重油搭載 19.05.12:糧食搭載 19.05.--:二式爆雷改一13個補給 19.05.13:マニラ〜コレヒドール水道の前路掃蕩〜      〜05.13 0815 ミ02船団に合同〜      〜05.15 1515 特設驅潜艇が来着、護衛開始〜      〜05.16 1530 船団と解列〜      〜05.16高雄(新浜岸壁) 19.05.16:重油搭載 19.05.17:糧食搭載 19.05.17:(ミ02船団護衛)高雄〜      〜05.18 1520 基隆発の「賀茂丸」外3隻、驅逐艦「蓮」と合同〜      〜05.20泗礁山05.20〜      〜05.23 1500 船団と解列〜      〜05.23佐世保 19.05.24:0923 出港      1000 工廠四号岸壁に横付け 19.05.24:九六式二十五粍二聯装機銃一型改三1基、同単装機銃三型2基増備工事 19.05.25:重油搭載 19.05.30:1313 岸壁横付けを離す、自差修正      1403 浮標係留 19.06.01:糧食搭載 19.06.02:佐世保〜06.02伊万里湾 19.06.03:(ミ05船団護衛)伊万里湾〜06.08基隆 19.06.09:基隆〜港外哨戒〜      〜06.09 1943 ミ05船団に合同、護衛開始〜      〜06.10 1212 水雷艇」、「第十八號海防艦」と共に船団から分離〜      〜06.10高雄 19.06.10:重油、酒保物品搭載 19.06.11:高雄〜      〜06.11 1025 ミ05船団に合同、護衛開始〜      〜06.13 1552(N16.00-E119.41)「まりふ丸」が雷撃を受ける〜      〜06.13 1553 対潜戦闘:爆雷投下計31個(二式爆雷改一13個、改二18個)〜      〜06.13 1600 水雷艇「鷺」と共に「まりふ丸」護衛の為、分離〜      〜06.14 2400 水雷艇「鷺」来着、対潜掃蕩開始〜      〜06.16 0510 対潜掃蕩中止〜      〜06.16マニラ 19.06.16:重油搭載 19.06.17:糧食搭載 19.06.--:二式爆雷改一10個、改二16個搭載 19.06.18:マニラ〜06.18コレヒドール島東南 19.06.18:(ミ05船団護衛)コレヒドール島東南〜06.23ミリ 19.06.24:重油搭載 19.06.26:ミリ〜06.26ミリ(港外) 19.06.27:ミリ〜附近海面対潜掃蕩〜 〜06.27 1939 ミ06船団に合同、護衛開始〜      〜07.01 1140 「第十八號掃海艇」が脅威投射〜      〜07.02マニラ 19.07.02:重油搭載 19.07.03:糧食搭載 19.07.04:マニラ〜自差修正〜07.04コレヒドール島北北東6,500m 19.07.04:(ミ06船団護衛)コレヒドール島北北東6,500m〜      〜07.07 0630 飛行機の誘導により対潜掃蕩に向かうが敵情を得ず反転〜      〜07.07 1200 船団に合同〜      〜07.10高雄 19.07.10:重油搭載 19.07.11:糧食搭載  19.07.11:1914 高雄出港      1955 高雄港外に投錨、仮泊 19.07.12:(ミ06船団護衛)高雄〜      〜07.12 0745 基隆行船団4隻分離、基隆より2隻合同〜      〜07.17 0820 船団と分離〜      〜07.17佐世保 19.07.17:1535 第三船渠にて入渠 19.07.--:三式投射機二型2基、九六式二十五粍単装機銃2基新設 19.07.21:1418 出渠、第二岸壁に横付け 19.07.21:重油搭載 19.07.22:糧食搭載 19.07.--:二式爆雷改一15個搭載 19.07.23:1302 第二岸壁から横付けを離す      1327 浮標に繋留 19.07.24:佐世保〜速力試験、新設機銃試射〜07.24唐津湾 19.07.25:(ミ13船団護衛)唐津湾〜07.25伊万里湾 19.07.25:伊万里湾〜湾口哨戒〜07.25伊万里湾 19.07.26:(ミ13船団護衛)伊万里湾〜      〜07.27 浮流機雷計5個処分〜      〜07.29 0930 「松浦丸」が分離し基隆に向かう〜      〜07.30 ---- 海軍配當船第二小倉丸」と「第十八號掃海艇」が解列〜      〜07.31高雄 19.07.31:重油搭載 19.08.04:(ミ13船団護衛)高雄〜      〜08.07 2205(N14.50-E119.57.5)海防艦草垣」被雷沈没〜      〜08.07 2210 「第十八號掃海艇」が爆雷投射〜      〜08.08マニラ 19.08.09:燃料、糧食搭載 19.08.11:マニラ〜08.14マニラ08.14〜08.14キャビテ 19.08.14:送信機修理 19.08.15:(船団護衛)キャビテ〜08.18ミリ 19.08.19:(ミシ07船団護衛)ミリ〜      〜08.21 0045(N02.39-E110.47)敵浮上潜水艦を砲撃〜      〜08.21クチン 19.08.22:クチン〜湾口哨戒〜08.22クチン 19.08.22:クチン〜湾口哨戒〜08.23クチン 19.08.24:(ミシ07船団護衛)クチン〜      〜08.24 驅逐艦4隻に護衛を引継ぎ、船団から分離〜      〜08.25ミリ 19.08.27:燃料搭載 19.08.29:(ミ14船団護衛)ミリ〜08.30バーヤ湾08.30〜08.31グエイ09.02〜09.04ホンダ湾09.04〜      〜09.05マニラ 19.09.06:(船団護衛)マニラ〜09.06マニラ 19.09.08:(ミ14船団護衛)マニラ〜09.08バターン09.09〜09.09サンタクルーズ09.10〜      〜09.10サンフェルナンド09.12〜09.12ラポック09.13〜09.14ムサ湾09.14〜      〜09.15サブタン09.16〜09.17左営 19.09.17:重油補給 19.09.18:左営〜09.18高雄09.19〜09.19高雄(港外) 19.09.20:(ミ14船団護衛)高雄〜09.21福瑤島09.22〜09.22黄門湾09.23〜09.24泗礁山09.26〜      〜09.27飛揚島09.28〜09.30佐世保 19.10.01:佐世保海軍工廠第六船渠にて入渠、内火艇分解検査 19.10.03:1400 出渠、第一岸壁へ 19.10.--:電波探信儀搭載工事 19.10.--:燃料、糧食、爆雷搭載 19.10.13:佐世保〜10.14門司10.15〜10.16佐世保 19.10.18:(ミ23船団護衛)佐世保〜      〜10.18 1400 伊万里湾仮泊〜      〜10.19 0700 仮泊地発〜      〜10.19 1430 「第三十八號海防艦」と「第百二號哨戒艇」が対潜攻撃のため列外に出る〜      〜10.20 0300 「第三十八號海防艦」合同〜      〜10.21 1710 「第百二號哨戒艇」合同〜      〜10.22 ---- 桂花園仮泊〜      〜10.23 0700 仮泊地発〜      〜10.24 1100 臨時配當船雲仙丸」、特設運送船廣田丸」、陸軍徴傭船陽海丸」を護衛し             船団から分離〜      〜10.24 1705 「第百二號哨戒艇」が船団に合同〜      〜10.25左営 19.10.25:重油、糧食搭載 19.10.26:第一海上護衛隊機密第261104番電:       春風、呉竹、第二十號驅潜艇、第三十八號哨戒艇、第百二號哨戒艇及び第二十五號海防艦       (揚陸後)は速にN19.30-E120.40に急行、第二十一驅潜隊司令の指揮を承け輸送船4       (人員約7,000名)の救難、敵潜掃蕩に任ずべし 19.10.26:左営〜      〜10.28(N18.32-E119.35)驅逐艦」、呉竹」より被雷船「大博丸」の護衛を継承          「第百二號哨戒艇」と共に護衛開始〜      〜10.29ラポック 19.10.30:(「大博丸」護衛)ラポック〜10.30サンフェルナンド 19.10.30:第一海上護衛隊機密第301845番電:第三十八號哨戒艇、第百二號哨戒艇は       先任艇長之を率い速にサンフェルナンド発帰航しつつ途中、在カミギン島サンピオクイン湾       遭難者残全部を収容の上、高雄に回航すべし 19.10.31:サンフェルナンド〜10.31カミギン島 19.10.31:遭難者婦女子145名収容 19.10.31:カミギン島〜11.01左営11.01〜11.01高雄 19.11.01:重油搭載 19.11.03:第一海上護衛隊機密第031232番電:      1.春風、第六號海防艦、第三十八號哨戒艇、第百二號哨戒艇、第三十號驅潜艇は        春風艦長指揮の下に準備出来次第、高雄出撃、バタン島西方海面に進出、敵潜掃蕩に任ず      2.右掃蕩隊は掃蕩海面附近着迄(第三十號驅潜艇はボデドール岬迄)タマ三一C船団を護衛 19.11.03:高雄〜対潜掃蕩〜      〜11.04 1708(N20.10-E121-41)驅逐艦「春風」被雷、後檣より後部切断、航行不能〜      〜11.05 0100 驅逐艦「春風」を曳航、「第百二號哨戒艇」が護衛に就く〜   〜11.06(N22.30-E120.00)「第百二號哨戒艇」が護衛を止めホ04船団の護衛に向かう〜      〜11.06左営 19.11.06:重油搭載 19.11.07:左営〜11.07高雄 19.11.09:第一海上護衛隊機密第092016番電:第三十八號哨戒艇、第百二號哨戒艇は       第三十八號哨戒艇長指揮の下に明朝成るべく速に高雄発       右の通り行動、葉の護衛強化に任じたる後、タマ三一B船団に復帰すべし、以下略 19.11.09:(「葉」護衛)高雄〜高雄 19.11.12:(タマ31B船団護衛)高雄〜11.19サンチャゴ 19.11.19:2300(N16.47-E120.15)グラマンTBF27機と交戦 19.11.20:(タマ31B船団護衛)サンチャゴ〜11.21マニラ 19.11.21:第一海上護衛隊機密第211615番電:      1.第一、第一〇、第一四運航指揮官は第三十八號哨戒艇並第百二號哨戒艇に便乗        高雄に帰投すべし      2.第三十八號哨戒艇、第百二號哨戒艇はマニラ着後、至急補給の上、前項運航指揮官を収容        先任艇長指揮の下に掃蕩しつつ速に高雄に帰投すべし、以下略 19.11.22:第一海上護衛隊機密第221421番電:第一海上護衛隊機密第211615番電を取消す      1.第三十八號哨戒艇、第百二號哨戒艇はさんとす丸指揮官の指揮を受け        同船高雄迄の護衛に任ずべし、        右回航の途、第一、第一〇、第一四運航指揮班員乗船せしむ、以下略 19.11.23:(マタ34船団護衛)マニラ〜      〜11.25 0115 被雷轟沈
19.11.25:沈没 19.12.10:戦時編制:海上護衛総司令部第一護衛艦隊 20.03.10:類別等級削除:内令第209号 20.03.10:除籍:内令第228号
喪失場所:N20.14-E121.50 サブタン島南方 喪失原因:米潜水艦Atule(SS-403)の雷撃

同型艦

 

兵装

(新造時)
 四十五口径三年式十二糎砲3門、三年式機銃2基、六年式二聯装発射管2基。

(哨戒艇改造時)
 四十五口径三年式十二糎砲2門、三年式機銃2基。

(19.05.24)
 四十五口径三年式十二糎砲2門、九六式二十五粍二聯装機銃1基、同単装機銃2基、
 九二式七粍七単装機銃、三年式機銃2基、
 三八式小銃
 二式爆雷改二56個、九四式投射機1基、爆雷装填台三型1基、
 九三式探信儀1基、仮称電波探知機1基。

(19.07)
 四十五口径三年式十二糎砲2門、九六式二十五粍二聯装機銃1基、同単装機銃4基、
 九二式七粍七単装機銃、三年式機銃2基、
 三八式小銃
 二式爆雷56個、九四式投射機1基、爆雷装填台三型1基、三式投射機二型2基、爆雷装填台2基、
 九三式探信儀1基、仮称電波探知機1基。

(19.10)
 四十五口径三年式十二糎砲2門、九六式二十五粍二聯装機銃1基、同単装機銃4基、
 九二式七粍七単装機銃、三年式機銃2基、
 三八式小銃
 二式爆雷56個、九四式投射機1基、爆雷装填台三型1基、三式投射機二型2基、爆雷装填台2基、
 九三式探信儀1基、仮称電波探知機1基、一号三型電波探信儀1基。

写真資料

 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.49「駆潜艇・哨戒艇」 (P.56)
 雑誌「丸Graphic Quarterly」潮書房 No.15「写真集 日本の駆逐艦(続)」(P.165)
 雑誌「丸Graphic Quarterly」潮書房 No.17「写真集 日本の小艦艇」(P.130)
 雑誌「世界の艦船」海人社 2013年1月号増刊「日本駆逐艦史」(P.65)
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (1434-1435)

前の艦へ ← 二等驅逐艦 → 次の艦へ

前の艇へ ← 哨戒艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る