北安丸の船歴

 年 月 日:船歴

13.01.10:起工 13.05.16:進水、命名:北安丸 13.07.31:竣工
15.09.03:徴傭通知:兵備三機密第242号 15.10.12:徴傭:一般徴傭船(雑用船)
15.10.29:佐世保〜北支方面〜11.02旅順11.07〜北支方面〜11.12鎮海 15.11.24:佐世保〜中支方面〜12.01佐世保 15.12.08:佐世保〜北支方面〜12.13旅順12.17〜北支方面〜12.22佐世保 15.12.26:佐世保〜北支方面〜12.29旅順01.03〜北支方面〜01.09佐世保 16.01.21:大島〜中支方面〜01.28佐世保 16.02.13:鎮海〜北支方面〜02.19旅順02.23〜北支方面〜02.28佐世保 16.03.05:佐世保〜中支方面〜03.20佐世保03.25〜中支方面〜04.05唐津湾 16.04.16:佐世保〜北支方面〜04.30佐世保 16.--.--:佐世保〜05.26北支方面05.31〜旅順〜06.09北支方面06.14〜佐世保 16.--.--:佐世保〜06.18中支方面06.26〜西戸崎 16.--.--:佐世保〜07.04南支方面07.22〜佐世保 16.--.--:佐世保〜07.27北支方面07.31〜旅順〜08.06北支方面08.12〜佐世保 16.--.--:佐世保〜08.31南支方面09.06〜馬公〜高雄〜09.10南支方面10.03〜高雄
16.10.15:入籍:内令第1256号:特設運送船(雑用船)、佐世保鎮守府所管
16.10.15:戦時編制:佐世保鎮守府配属、特設運送船(乙) 16.--.--:鎮海〜10.21北支方面10.26〜旅順〜10.30北支方面11.04〜佐世保 16.11.07:株式會社玉造船所にて艤装工事開始 16.12.01:艤装工事完了 16.12.01:玉〜12.02佐世保 16.12.10:佐世保〜12.12上海12.15〜12.16定海12.16〜12.17温州(楽清湾) 16.12.17:特設砲艦第七大源丸」、同「第一號新興丸」に清水補給 16.12.18:温州〜12.20佐世保 16.12.27:佐世保〜12.28古仁屋12.28〜12.31馬公01.01〜01.02高雄01.06〜      〜01.07紅海湾01.07〜01.08海口01.12〜01.13三亞01.16〜01.16楡林01.20〜      〜01.21海口01.23〜01.24香港01.25〜01.26厦門01.27〜01.30八幡02.02〜02.03佐世保 17.01.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第14号:直卒部隊
17.02.04:機密佐世保鎮守府命令第68号:人員及軍需品の輸送並びに補給任務 17.02.05:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第16号:直卒部隊 17.02.10:佐世保〜02.13厦門02.15〜02.16香港02.21〜02.22三亜03.02〜      〜03.02楡林03.08〜03.11高雄03.13〜03.16佐世保 17.03.18:佐世保〜03.19八幡03.20〜03.21佐世保
17.03.20:機密佐世保鎮守府命令第151号:人員及軍需品の輸送並びに補給任務 17.03.--:西貢揚げ兵器需品100t、昭南揚げ人員136名、二十五番陸用爆弾300個、      六番各種爆弾2400個、ドラム入揮発油400t、兵器需品700t搭載 17.03.26:佐世保〜03.29高雄03.31〜04.04西貢04.06〜04.08昭南04.15〜      〜04.17西貢04.21〜04.25高雄04.25〜04.30門司05.02〜05.03佐世保 17.04.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第22号:直卒部隊 17.05.10:佐世保〜05.13高雄05.15〜05.16馬公05.18〜05.24西貢05.26〜      〜05.31昭南06.06〜06.09聖雀06.10〜06.10西貢06.15〜06.20高雄06.21〜      〜06.21馬公06.22〜06.26佐世保06.26〜06.27門司 17.05.15:官房機密第5990号:訓令:九二式七粍七単装機銃A型1基、三八式小銃5挺供給 17.06.12:官房機密第7246号:訓令:四十口径安又は四一式八糎砲1門装備
17.06.30:機密佐世保鎮守府命令第281号:人員及軍需品の輸送並びに補給任務 17.07.06:門司〜07.10高雄07.15〜07.15馬公07.19〜07.28聖雀07.28〜07.28西貢07.30〜      〜08.01昭南08.06〜08.08西貢08.14〜08.14聖雀08.17〜08.22高雄08.24〜08.30佐世保
17.09.01:機密佐世保鎮守府命令第336号:門司荷揚後、玉野に回航、      玉造船所にて入渠修理並に定期検査施行 17.09.04:佐世保〜09.05門司09.06〜09.07玉 17.09.--:三井造船株式會社玉野造船所にて艤装、修理 17.10.06:玉〜10.07佐世保
17.10.08:機密佐世保鎮守府命令第376号:人員及び軍需品の輸送並に補給任務 17.10.13:佐世保〜10.16高雄10.20〜10.21香港 17.10.25:対空戦闘 17.10.26:対空戦闘 17.10.26:香港〜10.31昭南11.07〜11.10西貢11.15〜11.24高雄11.26〜      〜11.26馬公11.28〜12.02佐世保 17.11.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第33号:直卒部隊
17.11.24:大海指第163号:海軍省配属補給部隊艦船に準じ輸送任務に従事せしむべし 17.12.06:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第34号:直卒部隊 17.12.10:佐世保〜12.11門司12.12〜12.12下関 17.12.12:三菱重工業株式會社下関造船所にて油槽船への改造工事着手(第二次応急油槽船) 17.12.31:船長:海軍嘱託 石田 隆造(部内限り奏任官待遇) 18.01.05:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第36号:海軍省配属補給部隊に準じ輸送任務 18.01.14:油槽船への改造工事竣工 18.01.14:下関〜01.15佐世保 18.01.18:佐世保〜01.26昭南02.19〜02.22聖雀 18.02.23:(第475船団)聖雀〜03.01高雄 18.03.04:(第237船団)高雄〜03.04馬公03.05〜03.11呉 18.03.17:呉〜03.18門司 18.03.18:(第138船団)門司〜03.23高雄 18.03.25:高雄〜03.25馬公 18.03.26:(第380船団)馬公〜04.01ラバン岬沖04.01〜04.01ミリ04.03〜04.06聖雀 18.04.08:(第486船団)聖雀〜04.15高雄 18.04.18:(第253船団)高雄〜04.24神戸 18.04.25:神戸〜04.27鶴見04.30〜04.30横須賀05.01〜05.03神戸 18.05.04:神戸〜05.05部崎沖05.05〜05.05門司 18.05.08:(第155船団)門司〜05.13高雄 18.05.16:高雄〜05.16馬公05.17〜05.23ミリ05.25〜05.28聖雀 18.05.29:(第499船団)聖雀〜06.04高雄 18.06.04:高雄〜06.11麻里布06.15〜06.16佐世保 18.06.19:機密佐世保鎮守府命令第217号:「公稱第4790號」及び「公稱第4791號」特型運貨船を搭載 18.06.22:(第169船団)佐世保〜06.27高雄 18.06.29:高雄〜06.29馬公 18.06.30:(第304船団)馬公〜07.06聖雀 18.07.08:聖雀〜07.08西貢07.08〜07.08聖雀 18.07.09:聖雀〜07.12昭南07.15〜07.16パレンバン07.18〜07.20昭南 18.07.23:昭南〜08.06トラック 18.08.14:(第7144船団)トラック〜08.19パラオ 18.08.20:(第2508船団)パラオ〜08.26バリックパパン 18.08.27:バリックパパン〜08.28タラカン08.30〜09.04マニラ 18.08.23:解傭発令:兵備三機密第18号の8の37
18.08.31:除籍:内令第1776号 18.08.31:解傭
18.09.01:徴傭:船舶運營會海軍配當船、佐世保鎮守府所管 18.09.07:マニラ〜09.12高雄09.14〜09.15馬公 18.09.19:(第205船団)馬公〜      〜09.19 1840 「聖山丸」が機関故障し列外に出る〜      〜09.19 1845 「聖山丸」が列に入る〜      〜09.20 1045 陸軍徴傭船丁抹丸」が機械故障のため特設捕獲網艇第三東洋丸」の護衛下、             富貴角燈台の0度5浬にて解列〜      〜09.20 1100 「美洋丸」「銀嶺丸」「乾瑞丸」「辰羽丸」「東星丸」「仁山丸」が船団に合同〜      〜09.23 0900 「東星丸」が機械故障〜      〜09.23 1220 「東星丸」が機械故障復旧〜   〜09.23 1300(N32.50-E128.05)解列〜       〜09.24佐世保 18.10.19:(第7019船団)横浜〜      〜10.19 1337 横須賀沖にて海軍配當船昭永丸」が船団に加入〜      〜10.19 1630 剣埼灯台の128度5浬にて「第二號哨戒艇」が発電機故障により             護衛を止める〜 18.10.25:第19次海軍指定船 18.--.--:〜12.04聖雀 18.12.07:(第447船団)聖雀〜12.13高雄 18.12.17:高雄〜12.27岩国 19.01.--:揚荷4,500t 19.01.02:岩国〜玉野 19.01.--:三井造船株式會社玉野造船所にて入渠 19.01.10:玉野〜01.11徳山 19.01.--:積荷2,000t 19.01.12:徳山〜01.13門司 19.01.--:便乗者147名乗船 19.01.14:門司〜01.21高雄 19.01.--:揚荷2,000t、便乗者147名下船、積荷500t 19.01.24:高雄〜01.28マニラ 19.01.--:揚荷500t 19.01.30:マニラ〜02.04ミリ 19.02.--:積荷4,500t 19.02.09:ミリ〜マニラ〜門司向け航行
19.02.14:沈没 --.--.--:解傭
喪失場所:N13.44-E120.30 ゴロ島東方7km付近 喪失原因:米潜水艦Flasher(SS-249)の雷撃

同型船

 西安丸

兵装

 四十口径八糎砲1門、九二式七粍七単装機銃1基、三八式小銃5挺。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和13年8月号
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報2600年版」S15.04 海と空社(P.30)
 雑誌「世界の艦船」海人社 2013年1月号「思い出の日本貨物船その197」
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十六巻 (P.65)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.128)
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)" (P.129)

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

前の船へ ← 海軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る