大瀬の艦歴

 年 月 日:艦歴

--.--.--:起工 09.12.15:進水、命名:Genota 10.04.10:竣工、船主:N.V. Petroleum Maats "La Corona"、船籍港:Haag、      信号符字:PEHL、登録総噸数:7,987、登録純噸数:1,754
17.04.30:ジェラルトン〜アバダン向け航行〜
17.05.09:拿捕
拿捕場所:S17.40-E76.20 印度洋 拿捕原因:特設巡洋艦愛國丸」による
17.05.09:現場発〜05.17彼南〜05.30タラカン 17.05.31:原油搭載 17.--.--:タラカン〜06.10徳山(港外) 17.06.11:徳山〜串本 17.06.16:串本〜06.17船形06.17〜06.17横浜(日本石油横浜精油所桟橋) 17.06.--:原油陸揚 17.06.20:第七岸壁に繋留替え、横須賀捕獲審検所に引渡し
17.07.20:命名:達第207号:特務艦「大瀬」(オホセ) 17.07.20:類別等級制定:内令第1317号:種別:特務艦、類別:運送艦、艦型:なし 17.07.20:本籍:内令第1329号:舞鶴鎮守府、役務:在役特務艦 17.07.20:戦時編制:海軍省配属給油艦 17.07.20:特務艦長:海軍大佐 三坂 直兼 17.08.15:横須賀捕獲審検所事件番号昭和十七年第九號判決「捕獲」 17.09.28:改装工事完了 17.10.06:横須賀〜10.18パレンバン(予定) 17.10.10:官房機密第12792号:特型運貨船搭載装置新設の件訓令 18.01.11:1330 沖八番浮標に繋留中の航空母艦雲鷹」が走錨し本艦艦首に触接、その後本艦右舷に横付け 18.02.21:2250 我潜水艦と交戦中N29.30-E133.00   2305 我潜水艦の雷撃を受く、雷数2、損害なし 18.06.22:(第169船団)門司〜      〜06.24 1120(N28.45-E127.03)米潜水艦"Snook"(SS-279)の雷撃を受け前部兵員室下及び           六番タンク破壊、六番タンクを支点とし船体前後に10度傾斜を生じる〜      〜06.25瀬相〜佐世保 18.08.04:官房艦機密第3951号:水中聴音機装備の件訓令 18.09.15:特務艦長:海軍大佐 木岡 蟻志松 18.09.17:官房艦機密第4742号:光学兵器整備の件訓令 18.10.27:特務艦長:海軍大佐 木岡 蟻志松(兼務) 18.11.01:特務艦長:海軍大佐 木岡 蟻志松 18.11.20:修理完成 18.12.17:官房艦機密第6258号:運送艦迷彩塗装の件訓令:二號色 19.01.10:(T船団)高雄〜01.16門司 19.02.25:戦時編制:聯合艦隊所属給油艦 19.03.16:昭南〜03.27パラオ 19.03.28:「第三十六號哨戒艇」に燃料補給
19.03.30:沈没 19.05.10:類別等級削除:内令第662号 19.05.10:除籍:内令第657号
喪失場所:N.-E. パラオ 喪失原因:米第58機動部隊艦載機による空爆

同型艦

 Rapana。

兵装

艦本機密第1ノ7021号通牒(18.05.31)による調整図面)
 四十五口径三年式十二糎砲G型2門、九三式十三粍二聯装機銃二型1基、同単装機銃六型2基、
 七十五糎探照燈1基、一米半測距儀1基、防雷具4基、爆雷手動投下台2基。

写真資料

 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (2735-2737)
 「日本海軍艦艇写真集 巡洋艦」ダイヤモンド社 H17.08 呉市海事歴史科学館(P.221)
 "Ozne Mooiste Koopvaardijschepen Deel 6" De Alk bv 1995 Arne Zuidhoek (P.98)
 "Australian War Memorial", ID No. 303324
 "Arendnet Scheepvaartsite"

前の艦へ ← 運送艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る