聖山丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T07.10.--:進水、命名:War Faith T07.12.--:竣工、船主:The Shipping Controller、船籍港:London、      船舶番号:142734、信号符字:JVTR、登録総噸数:4,342、登録純噸数:2,598      運航:Glover Brothers
T08.--.--:改名:Cape Premier、      船主:British Africa Shipping and Coaling Company, Limited、      運航:Mitchell Cotts and Companyに変更       T10.--.--:改名:Barunga、      船主:The Adelaide Steamship Company, Limited、船籍港:Melbourneに変更       07.--.--:船籍港:Aucklandに変更 09.--.--:船主:宮地民之助に変更 10.--.--:改名:聖和(Shing Ho)、      船主:Fan Shien Ho、船籍港:青島(Tsingtao)に変更       13.--.--:船主:V. K. Song、      船舶番号:1758、登録総噸数:4,351、登録純噸数:2,689に変更
13.06.06:改名:聖山丸、      船主:宮地汽船株式會社、船籍港:神戸、      船舶番号:44604、信号符字:JLLM、登録総噸数:4,232、登録純噸数:2,586に変更 17.12.05:定期検査完了
--.--.--:徴傭:船舶運營會 18.05.--:積荷 雑貨5,049t 18.05.19:芝浦〜06.10若松 18.06.--:積荷 雑貨420t 18.06.16:若松〜06.21基隆 18.06.--:揚荷 雑貨5,469t、積荷 硫化針6,900t 18.06.28:基隆〜07.03佐賀関 18.07.--:揚荷 搭載貨物全部 18.07.09:陸軍配當船として運航 18.07.10:佐賀関〜07.11大阪 18.07.--:積荷 軍需品7,180m3 18.07.15:大阪〜      〜07.15 2345 伊予西條置にて「浦戸丸」と衝突〜      〜07.18大阪 18.07.16:呉防備戦隊電令第108号:      1.聖山丸、浦戸丸、15日2350釣島の40度7.5浬に於て衝突、浦戸丸沈没の乗客約200名附近に上陸        70名聖山丸救助せり      2、速吸哨区当直艇は現場に急行、内海防備部隊より派遣の3隻と協力、之が救助に任ずべし 18.07.24:大阪〜07.26門司 18.07.28:門司〜08.06高雄 18.08.--:揚荷 軍需品7,180m3 18.08.12:高雄〜08.13基隆 18.08.--:積荷 石炭及紡績機械類5,027t 18.08.20:基隆〜08.20高雄 18.08.24:高雄〜08.29マニラ 18.08.--:揚荷 石炭及紡績機械類5,027t 18.09.08:マニラ〜09.12高雄 18.09.12:陸軍配當船として運航終了 18.09.--:積荷 砂糖、雑貨5,494t 18.09.16:高雄〜09.17馬公 18.09.19:(第205船団)馬公〜      〜09.19 1840 機関故障し列外に出る〜      〜09.19 1845 列に入る〜      〜09.20 1045 陸軍徴傭船丁抹丸」が機械故障のため特設捕獲網艇第三東洋丸」の護衛下、             富貴角燈台の0度5浬にて解列〜      〜09.20 1100 「美洋丸」「銀嶺丸」「乾瑞丸」「辰羽丸」「東星丸」「仁山丸」が船団に合同〜      〜09.23 0900 「東星丸」が機械故障〜      〜09.23 1220 「東星丸」が機械故障復旧〜   〜09.23 1300(N32.50-E128.05)海軍配當船北安丸」が解列〜      〜09.26大阪 18.09.--:揚荷 砂糖、雑貨5,494t 18.09.28:大阪軍港工場、日立造船株式會社にて修理 18.10.22:大阪〜10.22神戸 18.10.--:積荷 軍需品及交易物資5,796t 18.10.28:神戸〜10.30若松 18.10.--:補炭、缶水 18.10.--:陸軍配當船として運航 18.10.30:(第110船団)若松〜      〜11.01 0925 陸軍徴傭船陽山丸」が備砲試射〜      〜11.01 1240 機械故障し列外に出る、「第二號哨戒艇」が警戒にあたる〜      〜11.01 1310 機械故障復旧〜      〜11.02 0809 特設運送船朝日山丸」が発砲、左45度緊急一斉回頭〜      〜11.02 0815 「第二號哨戒艇」が対潜掃蕩〜      〜11.02 1107 陸軍徴傭船鎭海丸」が合同〜      〜11.06馬公 18.11.07:馬公〜11.14聖雀 18.11.16:聖雀〜11.20昭南 18.11.--:揚荷2,398t 18.11.24:昭南〜11.26パレンバン 18.11.--:揚荷 軍需品3,397t 18.12.01:パレンバン〜12.02ビンタン 18.12.--:積荷 ボーキサイト6,600t 18.12.04:ビンタン〜12.05昭南 18.12.06:昭南〜12.10聖雀 18.12.15:聖雀〜12.21高雄 18.12.--:積荷 雑貨797t 18.12.26:高雄〜01.01六連 19.01.02:六連〜01.02門司 19.01.--:揚荷 雑貨797t 19.01.03:門司〜01.04神戸 19.01.05:神戸〜01.07清水 19.01.--:揚荷 6,600t 19.01.09:清水〜01.09横須賀 19.01.--:陸軍配當船として運航終了 19.01.--:解傭
19.01.10:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、横須賀鎮守府所管、海軍省配属 19.01.17:横須賀〜01.20徳山01.22〜01.22門司01.23〜01.24呉01.26〜01.29横須賀 19.02.05:横須賀〜02.15サイパン02.17〜02.17テニアン 19.02.23:テニアン〜02.23アギーガン島南5浬
19.02.23:沈没  19.04.10:解傭
喪失場所:N14.48-E145.30 アギーガン島南5浬 喪失原因:米航空母艦Bunker Hill(CV-17)艦載機による空爆

同型船

(英国第一次大戦戦時標準船)
 北壽丸(ex-War Earl)、天晨丸(ex-War Duchess)、War Joy。

兵装

 要調査

写真資料

 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)"(P.248)
 "Flotilla Australia" (http://www.flotilla-australia.com/adsteam.htm)
 "Maritime Museum of Tasmania"(http://www.maritimetas.org/) Object number P_CR_55793
 "OLD SHIP PICTURE GALLERIES"(http://www.photoship.co.uk/)
 "State Library of New South Wales", Digital order Nos. a636443, a636444

前の船へ ← 一般徴傭船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る