滿洲丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T10.01.--:進水、命名:滿洲丸 T10.02.--:竣工
T12.12.18:大連〜12.24横浜 T13.02.25:Fremantle〜神戸〜03.19横浜 T14.02.28:Sydney〜Newcastle〜03.25横浜
11.02.27:徴傭:陸軍 11.--.--:関東軍隷下諸部隊入除隊兵輸送 11.03.06:解傭
16.06.21:定期検査完了
16.12.14:徴傭:陸軍 16.12.14:宇品〜12.16釜山 16.12.17:釜山〜12.21基隆 16.12.28:基隆〜馬公
16.12.29:軍隊区分:機密馬來部隊第二護衛隊命令第1号:第一輸送船隊第一分隊(船番号:7) 16.12.31:(第一輸送船隊第三分隊)馬公〜      〜01.02 1600 間接護衛中の巡洋艦「摩耶」及び第六驅逐隊第一小隊が護衛を止め馬公に向かう〜      〜01.03 1150 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が合同〜      〜01.03 1200 第八驅逐隊第一小隊(大潮、朝潮)が護衛を止め分離〜      〜01.03 1530(N15.01-E112.18)陸軍徴傭船明光丸」が焼夷弾の自然発火により爆発〜      〜01.03 1843 陸軍徴傭船「明光丸」沈没〜      〜01.03 1700 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.05 0700 運送艦襟裳」が合同〜      〜01.06 0000 驅逐艦「吹雪」と特設敷設艦辰宮丸」が船団から分離〜      〜01.06 0530 第一分隊「せれべす丸」を第六分隊に編入〜      〜01.06 1200 第八驅逐隊第二小隊(満潮、荒潮)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1300 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1500 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.06 2215 運送艦「襟裳」が分離〜      〜01.06 1231 巡洋艦「名取」が潜望鏡らしきものを認め脅威投射〜      〜01.07 1200 驅逐艦「吹雪」及び第三嚮導隊が分離〜      〜01.08 2100 シンゴラ錨地 17.01.08:第二十五軍揚陸 17.01.15:シンゴラ〜01.31高雄 17.01.31:高雄〜02.23門司 17.03.04:門司〜03.05大連 17.03.05:大連〜03.06青島〜      〜03.10 2350(N28.16-E122.15)霊撃を受ける〜      〜04.01バタビヤ 17.04.06:バタビヤ〜04.19昭南 17.04.19:昭南〜04.21蘭貢04.23〜05.09カムラン05.09〜05.10呉淞06.11〜06.24昭南 17.06.25:昭南〜07.03高雄 17.07.21:高雄〜07.28宇品 17.07.28:解傭
--.--.--:徴傭:船舶運營會 17.09.18:中間検査完了      〜05.09大連 18.05.14:第1次海軍指定船 18.05.15:大連〜05.17青島 18.05.18:青島〜05.22基隆 18.05.26:基隆〜05.27高雄 18.05.30:陸軍配當船として運航 18.06.01:高雄〜06.01馬公 18.06.02:馬公〜06.09聖雀 18.06.11:聖雀〜06.13昭南 18.06.16:昭南〜06.16ビンタン 18.06.17:ビンタン〜06.18昭南 18.06.20:昭南〜06.23聖雀 18.06.25:聖雀〜06.30高雄 18.07.02:高雄〜07.08関門07.08〜07.10神戸 18.07.10:神戸〜07.12清水 18.07.16:清水〜07.18神戸 18.07.23:神戸〜07.24海田市07.30〜07.31関門 18.08.03:関門〜08.09高雄 18.08.12:高雄〜08.13基隆08.19〜08.20高雄 18.08.22:高雄〜08.22馬公 18.08.24:馬公〜08.28マニラ 18.09.11:マニラ〜09.21西貢 18.09.26:西貢〜09.26聖雀 18.09.29:聖雀〜09.29西貢 18.10.01:西貢〜10.01聖雀 18.10.02:聖雀〜10.06昭南 18.10.13:昭南〜10.13ビンタン 18.10.15:ビンタン〜10.15昭南 18.10.19:昭南〜10.23聖雀 18.10.28:聖雀〜11.07高雄 18.11.11:高雄〜11.18関門 18.11.21:関門〜11.21宇品 18.11.23:宇品〜11.24神戸 18.11.25:神戸〜11.27清水 18.11.--:陸軍配當船として運航終了 18.11.29:清水〜12.02大阪 18.12.--:築港にて中間検査 18.12.27:指定解除 18.12.--:解傭
18.12.27:徴傭:陸軍 18.12.26:大阪〜01.16パラオ 19.02.28:パラオ〜03.08門司 19.03.13:大阪〜門司 19.04.14:(モタ17船団)門司〜04.14鎮海 19.04.16:(モタ17船団)鎮海〜      〜04.16 1155 「第二十二號掃海艇」及び竹船団がモタ17船団に合同〜      〜04.17 0700 驅逐艦「藤波」、同「白露」が船団に合同〜      〜04.18 0815 「第三十七號驅潜艇」「第三十八號驅潜艇」が船団に合同〜      〜04.19泗礁山 19.04.--:泗礁山〜04.21マニラ 19.05.11:マニラ〜05.15ハルマヘラ05.26〜06.15レガスピー06.17〜07.06大阪 19.07.29:大阪〜六連 19.08.04:(モタ22船団)六連〜      〜08.06 0430(N30.52-E129.40)陸軍配當船昭南丸」被雷沈没〜      〜08.09 1310(N26.10-E124.15)一般徴傭船「興新丸」沈没〜      〜08.10基隆 19.08.--:基隆〜09.03マニラ 19.09.09:マニラ〜10.12ビンタン10.17〜11.18昭南 19.11.18:昭南〜11.18楡林11.19〜02.18香港 20.03.30:官房艦機密第893号:陸軍徴傭船に水測兵器装備の件訓令       滿洲丸日立櫻島造船所にて九三式水中聴音機二型甲小艦艇用装備の件 20.04.20:香港〜04.23泗礁山 20.04.--:練習巡洋艦鹿島」にタングステンを移載 20.04.26:(シモ03船団)泗礁山〜       〜04.27 2220(N33.48-E122.57)驅逐艦朝顔」が敵浮上潜水艦を発見、砲撃、爆雷投射〜      〜04.27 2247 「第百二號哨戒艇」が機銃掃射により舵索切断、操舵不能〜      〜04.28 0510 海防艦宇久」、「第二十九號掃海艇」が掃蕩を止め合同〜      〜04.28 0717 「第二十六號海防艦」が雷跡を発見〜      〜04.28 0801 海防艦崎戸」「第四十一號海防艦」が合同〜   〜04.29 ---- 甲島仮泊〜      〜04.29 ---- 仮泊地発〜      〜04.30 0344 蛇梁島仮泊      〜04.30 1300 仮泊地発〜      〜05.01 0215 海防艦屋代」、同「崎戸」が分離〜      〜05.01 1855 油谷湾に避泊〜      〜05.02 ---- 避泊地発〜      〜05.02 1052 解列〜      〜05.02門司
20.05.05:沈没 20.05.05:解傭
喪失場所:N55.47-E151.55 大分県姫島沖 喪失原因:触雷

同型船

(イースタン・グレード型)
 イースタン・グレード、イースタン・グレン、大海丸、はんぶるぐ丸

兵装

 野砲。

写真資料

 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual"(P.236)
 "State Library of New South Wales", Digital order No. a638364r
 小樽市博物館所蔵(29-7)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る