富津丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.04.07:起工 12.07.26:進水、命名:富津丸 12.11.30:竣工、船主:攝津商船株式會社、登録総噸数:2,932、登録純噸数:1,676
12.12.--:大阪〜仁川〜鎮南浦線
12.12.24:徴傭 12.12.24:内令第972号:特設運送船(雑用船)、横須賀鎮守府所管と仮定 12.12.24:臨時監督官:海軍中佐 山高 松次郎 12.12.26:入籍:内令第976号:横須賀鎮守府所管
13.01.03:旅順〜北支・中支方面〜01.21佐世保 13.01.27:済州島〜北支方面〜02.03旅順02.05〜北支方面〜02.10佐世保 13.02.01:監督官:海軍中佐 松本 象二郎 13.02.18:佐世保〜中支方面〜02.26佐世保 13.03.02:佐世保〜中支方面〜03.10馬公03.12〜南支方面〜03.21佐世保 13.03.26:佐世保〜中支方面〜04.03佐世保 13.04.08:佐世保〜中支方面〜04.26佐世保 13.05.03:佐世保〜北支方面〜05.10旅順05.12〜05.12芝罘港外05.13〜05.19呉 13.05.23:佐世保〜05.27温州沖05.27〜06.13高雄〜馬公06.16〜06.21佐世保 13.06.26:佐世保〜07.01芝罘07.02〜07.02旅順07.04〜07.04芝罘07.05〜07.10佐世保 13.07.15:監督官:海軍大佐 居谷 吉春 13.07.26:佐世保〜北支方面〜07.31旅順08.03〜08.03芝罘08.04〜08.08佐世保 13.08.17:古江〜中支方面〜09.03佐世保 13.09.05:佐世保〜中支方面〜09.19佐世保 13.09.27:佐世保〜中支方面〜10.18佐世保 13.10.24:佐世保〜11.03漢口〜11.15佐世保 13.11.20:佐世保〜中支方面〜12.08木更津
13.12.10:除籍:内令第1079号:一般徴傭船(雑用船)、佐世保海軍港務部所属
13.12.10:船長:海軍嘱託 池田 秀之丞(部内限り奏任官待遇) 13.--.--:登録総噸数:2,933、登録純噸数:1,669に変更 14.--.--:〜01.29佐世保 14.--.--:佐世保〜02.18三亞02.19〜08.01上海 14.08.02:上海〜08.18上海 14.12.05:上海〜 15.04.30:高雄〜南支方面〜05.16崎戸 15.05.23:佐世保〜中支・北支方面〜06.30佐世保 15.07.04:佐世保〜中支方面〜07.11佐世保 15.07.18:佐世保〜中支方面〜07.26佐世保 15.08.01:佐世保〜中支方面〜08.08佐世保 15.08.15:佐世保〜中支方面〜08.22佐世保 15.08.26:佐世保〜中支方面〜09.12高雄 15.09.25:佐世保〜中支方面〜10.03佐世保 15.10.10:佐世保〜中支方面〜10.17佐世保 15.10.19:佐世保〜中支方面〜11.07佐世保 15.11.15:船長:海軍嘱託 池田 秀之丞(嘱託を解く)
15.11.15:入籍:内令第830号:特設砲艦、佐世保鎮守府所管
15.11.15:砲艦長:海軍大佐 西岡 茂泰 15.11.15:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊 15.11.15:株式會社玉造船所にて艤装工事開始 16.02.03:艤装工事完了 16.02.04:玉〜02.04佐世保  16.07.28:砲艦長:海軍大佐 高島田 政耕  16.12.05:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第12号:直卒部隊(1) 16.12.05:佐世保防備戦隊命令作第14号:12.08-12.11 B点航路監視 16.12.09:佐世保〜港外哨戒〜12.09佐世保 16.12.10:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第21号:直卒部隊(1) 16.12.10:佐世保〜港外哨戒〜12.11佐世保 16.12.12:佐世保〜港外哨戒〜12.13佐世保 16.12.14:佐世保〜      〜12.14 第五機雷堰に九三式機雷52個、五号改一機雷5個敷設〜      〜12.14 第六機雷堰に九三式機雷52個、五号改一機雷5個敷設〜      〜12.14佐世保 16.12.15:佐世保〜      〜12.16 第七機雷堰に五号改一機雷51個敷設〜      〜12.16 第四機雷堰に九三式機雷1個、五号改一機雷36個敷設〜      〜12.17佐世保 16.12.18:佐世保〜      〜12.18 第一機雷堰に五号改一機雷60個敷設〜      〜12.18 第二機雷堰に五号改一機雷60個敷設〜      〜12.19佐世保 16.12.21:佐世保〜      〜12.22 長崎に五号改一機雷39個敷設〜      〜12.23 第三機雷堰に五号改一機雷60個敷設〜      〜12.23佐世保 16.12.24:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第26号:直卒部隊(1) 16.12.26:佐世保〜港外哨戒〜12.31佐世保 17.01.01:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第28号:直卒部隊(1) 17.01.09:佐世保〜富江、相浦方面〜01.12佐世保 17.01.14:佐世保〜01.16佐世保 17.01.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第14号:海面防備部隊警備部隊 17.01.15:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第31号:警備部隊 17.01.16:将旗を特設巡洋艦浮島丸」に移す 17.01.19:佐世保〜第1回教練射撃〜01.20佐世保 17.01.27:佐世保〜01.30佐世保 17.02.05:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第32号:警備部隊 17.02.06:佐世保〜02.09佐世保 17.02.14:佐世保鎮守府信電令作第27号:      1.佐防戦司令官は左に依り陸軍輸送船の直接護衛を実施せしむべし       (イ)第一船団(六隻、速力14節)、護衛艦:平島刈萱          第二船団(七隻、速力10節)、護衛艦:河北丸、冨津丸       (ロ)護衛艦指揮官 佐防司令       (ハ)集合点 六連島北北西海面       (ニ)出発日 第一船団 17日              第二船団 18日       (ホ)護衛区域 六連より馬公迄       (ヘ)航路 馬公へ直航       (ト)其の他 指揮官所定      2.佐空司令は適宜飛行機を派遣右護衛に協力すべし 17.02.15:佐世保〜02.16六連 17.02.18:(第56師団輸送船団第二船団護衛)六連〜02.18唐津02.20〜02.24馬公 17.02.24:佐鎮信電令作第38号:護衛任務解除 17.02.25:機密第254番電:輸送任務に従事し高雄経由成るべく速やかに帰投 17.02.26:馬公〜02.26高雄03.03〜03.07佐世保 17.02.--:軍隊区分:第一部隊(1)第一小隊(2) 17.03.10:将旗を一時移揚 17.03.11:佐世保〜索敵対潜掃蕩〜03.19佐世保 17.03.26:佐世保〜      〜03.28 0759(N31.54-E127.11)米潜水艦Gudgeon(SS-211)の雷撃を受ける〜      〜03.28 0807 対潜戦闘:爆雷3個投射〜      〜03.28 0811 露出した潜望鏡に十二糎砲にて砲撃1発〜      〜03.28 0813 第二回爆雷投射3個〜      〜03.28 0818 第三回爆雷投射2個、探信掃蕩〜      〜04.03佐世保 17.04.02:将旗撤去 17.04.04:将旗掲揚 17.04.04:佐鎮海面防備部隊電令作第34号:04.06以後女島西方海面対潜掃蕩:第一掃蕩隊 17.04.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第22号:海面防備部隊掃蕩部隊 17.04.12:佐鎮海面防備部隊電令作第36号:女島及びその290度線90浬並びに      各点の200度100浬を結ぶ区域掃蕩 17.04.12:佐世保〜04.18佐世保 17.04.15:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第35号:掃蕩部隊第一掃蕩隊 17.04.17:佐鎮海面防備部隊電令作第37号:1900以後電令作第34号の配備、04.18より第一直 17.04.19:将旗を一時、特設砲艦河北丸」に移揚 17.04.19:佐世保〜04.19富江04.19〜04.19玉ノ浦04.21〜04.22玉ノ浦04.23〜      〜04.24福江04.25〜04.25佐世保 17.04.22:佐鎮海面防備部隊信電令作第2号:04.25より女島西方海面対潜掃蕩:第一掃蕩隊 17.04.25:将旗復帰 17.05.01:佐世保〜05.06玉ノ浦05.08〜05.10長崎05.10〜05.10佐世保 17.05.16:佐世保〜05.16富江05.23〜05.23佐世保 17.05.20:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第36号:掃蕩部隊第三掃蕩隊 17.05.25:佐世保〜05.25唐津湾 17.05.25:(船団護衛)唐津湾〜05.28上海 17.05.30:上海〜   〜06.01 0807 爆雷脅威投射3個〜   〜06.01 0850 爆雷脅威投射1個〜      〜06.01佐世保 17.06.04:佐世保〜06.04富江06.07〜06.07佐世保 17.06.09:佐世保〜06.09玉ノ浦06.15〜06.15佐世保 17.06.23:佐世保〜06.23小浜06.24〜06.24鹿児島06.26〜06.26山川06.26〜06.26枕崎06.26〜      〜06.27佐世保 17.07.01:佐世保〜07.01串木野07.02〜07.02中甑浦07.02〜07.02牛深07.03〜07.03崎津07.03〜      〜07.03富岡07.03〜07.03小浜07.05〜07.05佐世保 17.07.08:佐世保〜07.08富江07.09〜07.09寺島水道07.13〜07.14佐世保 17.07.18:佐世保〜07.18福江07.19〜07.19富江07.20〜07.20三浦07.21〜07.21寺島07.22〜      〜07.22佐世保 17.07.25:佐世保〜07.25寺島07.26〜07.26野母崎07.27〜07.27富江 17.07.28:富江〜第2回主砲教練射撃〜07.28宇久島 17.07.29:宇久島〜第2回主砲教練射撃〜07.29寺島 17.07.30:寺島〜07.30佐世保 17.08.07:佐世保〜08.07福江08.08〜08.08野崎島08.08〜08.09龍神08.09〜08.10佐世保 17.08.13:佐世保〜08.13寺島08.14〜08.14雪浦08.15〜08.15佐世保 17.08.17:佐世保〜08.18玉ノ浦08.20〜08.21雪浦08.21〜08.21寺島08.22〜08.22佐世保 17.08.25:佐世保〜08.25寺島08.26〜08.26雪浦08.27〜08.27恵美須湾08.28〜08.28福江08.30〜      〜08.30恵美須湾08.31〜08.31佐世保 17.09.10:佐鎮信電令作第84号:佐世保よりN27-E133まで「興津丸」を護衛 17.09.12:佐世保〜特設運送船興津丸」の護衛終了〜09.17佐世保 17.09.18:佐世保〜09.19富江09.19〜09.19富江09.20〜09.20佐世保 17.09.23:佐世保〜09.23雪浦09.24〜09.24佐世保 17.09.28:佐世保〜09.28寺島09.29〜09.29三重浦09.30〜09.30白浜〜富江10.01〜      〜10.01佐世保 17.10.08:佐世保〜10.08寺島10.09〜10.09佐世保 17.10.28:佐世保〜10.28雪浦10.29〜10.29黒島10.30〜10.30佐世保 17.11.04:佐世保〜11.04神浦11.05〜11.05佐世保 17.11.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第33号:海面防備部隊掃蕩部隊 17.11.20:佐世保〜11.20佐世保 17.11.26:佐世保〜11.26富江11.27〜11.27佐世保 17.12.--:軍隊区分:掃蕩部隊第四掃蕩隊 17.12.03:佐世保〜12.03長崎12.05〜12.05佐世保 17.12.06:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第34号:海面防備部隊掃蕩部隊 17.12.10:佐世保〜12.10的山浦12.11〜12.11博多12.13〜12.13生月12.14〜12.14佐世保 17.12.15:将旗を一時、特設敷設艇金城丸」に移揚 17.12.17:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第47号:掃蕩部隊 17.12.17:将旗復帰 17.12.18:佐世保〜12.19鹿児島12.20〜12.21瀬相12.21〜12.21古仁屋12.22〜12.22瀬相12.22〜      〜12.23中城湾12.24〜12.24那覇12.25〜12.27富江12.28〜12.28佐世保 18.01.07:佐世保〜01.07富江01.11〜01.11玉ノ浦01.13〜01.13佐世保 18.01.20:佐世保〜01.20前津吉 18.01.21:将旗を一時、敷設艇「燕」に移揚 18.01.21:前津吉〜01.21木ヶ津01.22〜01.22佐世保 18.01.22:将旗復帰 18.01.27:佐世保〜01.27雪浦01.28〜01.28佐世保 18.02.02:富江〜02.02佐世保 18.02.09:佐世保〜02.09佐世保 18.02.14:佐世保〜02.15佐世保 18.02.19:佐世保〜02.23佐世保 18.02.24:機密佐世保鎮守府命令第66号:佐世保鹿児島間、三角佐世保間の木材輸送任務 18.02.28:佐世保〜03.01鹿児島 18.03.03:鹿児島〜03.03樋島03.04〜03.04三角03.05〜03.05野母浦03.06〜03.06佐世保 18.03.07:将旗復帰 18.03.08:佐世保〜03.08寺島03.08〜03.08佐世保 18.03.08:佐世保〜03.09寺島03.09〜03.09雪浦03.10〜03.10佐世保 18.03.15:佐世保〜03.15佐世保 18.03.16:佐世保〜03.16佐世保 18.03.20:砲艦長:海軍豫備少佐 東 恒次 18.03.20:佐世保〜03.20佐世保 18.03.21:佐世保〜03.21玉ノ浦03.22〜03.22佐世保 18.03.26:将旗を一時、敷設艇「鷹島」に移揚 18.03.26:佐世保〜03.27佐世保 18.03.27:将旗復帰 18.03.30:佐世保〜03.30富江04.01〜04.01佐世保 18.04.07:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第54号:補給部隊 18.04.08:佐世保〜04.08伊万里04.09〜04.10郷ノ浦04.11〜04.11佐世保 18.05.03:機密佐世保鎮守府命令第162号:鹿児島よりの帰途、三角佐世保間木材輸送に協力 18.05.04:佐世保〜05.05山川05.06〜05.06鹿児島 18.05.07:将旗を一時、「第三十八號」哨戒艇に移揚 18.05.07:鹿児島〜05.08三角05.09〜05.09佐世保 18.05.12:佐世保〜伊万里 18.05.12:(佐18船団護衛)伊万里〜花鳥山 18.05.--:花鳥山〜05.14上海 18.05.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第42号:海面防備部隊補給部隊 18.05.15:将旗を一時、特設砲艦第二日正丸」に移揚 18.05.17:上海〜05.17呉淞 18.05.17:(支18船団護衛)呉淞〜      〜05.19 1800 黄島を通過、護衛終了〜      〜05.19雪浦 18.05.20:将旗復帰 18.05.20:雪浦〜05.20佐世保 18.05.24:将旗を一時、「第三十八號」哨戒艇に移揚 18.05.25:佐世保〜05.27海洲05.29〜05.31佐世保 18.06.02:機密佐世保防備戦隊命令第40号:06.05佐世保発、海洲セメント輸送任務 18.06.05:佐世保〜06.07海洲06.09〜06.11佐世保 18.06.13:将旗復帰 18.06.15:将旗を一時、「第三十八號」哨戒艇に移揚 18.06.15:佐世保防備戦隊信令第47号:佐空よりの基地人員及び物件搭載、古仁屋まで輸送 18.06.16:佐世保〜06.17古仁屋06.18〜06.19佐世保 18.06.21:将旗復帰 18.06.21:佐世保〜対潜掃蕩〜06.24富江 18.06.25:富江〜06.25佐世保 18.07.01:砲艦長:海軍少佐 東 恒次 18.07.02:将旗を一時、敷設艇「鷹島」に移揚 18.07.03:将旗復帰 18.07.09:佐世保〜聯合敷設訓練〜07.10佐世保 18.07.12:佐世保〜機雷敷設〜07.13佐世保 18.07.22:佐世保〜機雷敷設〜07.22佐世保 18.08.06:将旗を一時、敷設艇「鴎」に移揚 18.08.06:佐世保〜08.07境港08.10〜08.12鹿児島08.14〜08.14阿久根08.15〜08.15三角08.17〜      〜08.17佐世保 18.08.18:将旗復帰 18.08.26:将旗を一時、特設砲艦「第二日正丸」に移揚、即日復帰 18.08.26:佐世保〜08.26富江08.27〜08.27神ノ浦08.28〜08.28佐世保 18.09.02:佐世保〜09.02玉ノ浦09.03〜09.03雪浦09.04〜09.04佐世保 18.09.04:機密佐防戦命令第56号:09.08佐世保発、佐世保−石垣島間、帰途古仁屋−佐世保間輸送任務 18.09.08:将旗を一時、特設砲艦「第二日正丸」に移揚 18.09.08:佐世保〜09.09古仁屋09.10〜09.12石垣09.13〜09.15那覇 18.09.16:那覇〜09.17名瀬09.18〜09.18古仁屋 18.09.19:2237 台風により古仁屋沖白木埼西方に座礁 18.09.21:1200 特設驅潜艇曾文丸」、陵水丸」の協力で離礁を試みるが不成功 18.09.25:1650 離礁に成功 18.09.27:古仁屋〜09.27久慈09.30〜09.30名瀬 18.10.02:名瀬〜10.02瀬相 18.10.05:瀬相〜10.05名瀬10.05〜10.06瀬相 18.10.08:瀬相〜10.08久慈10.08〜10.08瀬相 18.10.10:瀬相〜10.10瀬相 18.10.11:瀬相〜10.12寺島水道10.13〜10.13佐世保 18.10.13:将旗復帰 18.10.14:佐世保〜10.15佐世保 18.10.19:入渠 18.10.23:佐鎮機密第231209番電:11.10着の予定で元山に回航、飛行場設営資材及びセメント搭載、      佐世保経由宮古島に派遣、同資材揚陸後、佐世保に帰投 18.10.23:将旗を一時、敷設艇「似島」に移揚 18.10.24:将旗復帰 18.10.27:出渠   18.10.28:佐世保〜10.28佐世保 18.10.29:機関手入 18.11.01:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第49号:海面防備部隊護衛本隊 18.11.01:軍隊区分:護衛本隊第一護衛部隊 18.11.08:将旗を一時、驅逐艦「峯風」に移揚 18.11.08:佐世保〜11.10元山11.12〜11.14佐世保 18.11.16:船主:大阪商船株式會社に変更 18.11.20:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第50号:海面防備部隊護衛本隊 18.11.22:佐世保〜11.23古仁屋11.24〜11.25那覇 18.11.25:那覇〜11.26宮古11.29〜11.30古仁屋 18.11.--:訓令:官房艦機密第5286号:九三式探信儀、仮称三式水中聴音機装備 18.12.02:軍隊区分:佐海防信電令作第114号:第一護衛部隊 18.12.04:古仁屋〜荒天に依り反転〜12.04古仁屋 18.12.05:古仁屋〜      〜12.05 1300 「日寅丸」を曳航〜      〜12.05 1800 第二十七號掃海艇が護衛終了〜      〜12.05古仁屋 18.12.06:古仁屋〜12.07野母浦12.08〜12.08佐世保 18.12.14:佐世保〜12.14片浦12.15〜12.16久慈12.16〜12.17那覇 18.12.20:那覇〜12.21石垣12.23〜12.24名護12.26〜12.28佐世保 19.01.03:佐世保〜01.03崎津01.04〜01.05久慈01.08〜01.09那覇 19.01.12:那覇〜01.12名護01.13〜01.15佐世保 19.01.20:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第53号:海面防備部隊 19.01.22:佐世保〜01.24古仁屋01.26〜01.26那覇01.31〜01.31瀬底 19.02.04:瀬底〜02.05久慈02.06〜02.07崎津02.08〜02.08佐世保 19.02.14:佐世保〜02.16那覇02.19〜02.20瀬相02.23〜02.25佐世保 19.02.17:軍務機密第171935番電:南洋方面緊急輸送 19.02.27:入渠 19.03.01:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第57号:海面防備部隊 19.03.02:佐鎮機密第021450番電:佐世保出港前に7.7mm機銃1基を25mm又は13mm聯装機銃に換装 19.03.09:佐鎮信電令作第12号:佐世保パラオ間の緊急輸送 19.03.10:官房機密第102124番電:十三粍単装機銃2基を適宜の位置に装備 19.03.--:出渠 19.03.12:佐世保〜03.14神戸03.15〜03.17横浜 19.03.21:横浜〜03.21木更津沖 19.03.22:(東松3号船団)木更津沖〜サイパン〜04.14パラオ
19.04.10:戦時編制:佐世保鎮守府部隊第四海上護衛隊 19.--.--:パラオ〜マニラ 19.05.24:(マタ20船団護衛)マニラ〜05.28高雄 19.05.30:(タモ20船団護衛)高雄〜06.05佐世保 19.05.--:軍隊区分:第四海上護衛部隊海上護衛部隊補給隊 19.06.13:佐世保〜 19.06.18:(カタ517船団護衛)古仁屋〜06.19那覇 19.06.25:那覇〜06.25瀬相06.26〜06.27鹿児島06.29〜06.30呉〜07.01佐世保 19.07.09:佐世保〜07.10鹿児島07.19〜07.22那覇07.27〜07.28瀬相08.03〜08.11佐世保 19.08.11:佐世保〜甲標的曳航〜08.12鹿児島 19.08.17:鹿児島〜08.19那覇08.27〜08.28宮古08.30〜08.30石垣 19.09.--:石垣〜09.05鹿児島09.06〜09.07佐世保 19.09.--:修理 19.10.10:砲艦長:海軍少佐 石井 次郎 19.10.12:佐世保〜10.13鹿児島 19.10.21:(カタ916船団)鹿児島〜   〜10.22 0730 本船及び運送艦室戸」が被雷〜      〜10.22 0748 運送艦「室戸」沈没、船団は笠利湾に避退〜      〜10.22 ---- 陸軍徴傭船「東萊丸」が曳航〜
19.10.22:沈没 19.12.10:除籍:内令第1348号 19.12.10:解傭
喪失場所:N29.18-E129.44 悪石島南東50km付近 喪失原因:米潜水艦Sea Dog(SS-401)の雷撃

同型船

 ~津丸豐津丸國津丸

兵装

 四十口径安式十二糎砲、七粍七単装機銃、九五式爆雷14個。

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報2600年版」S15.04 海と空社(P.58)
 雑誌「世界の艦船」海人社 1996年11月号「思い出の日本貨物船その3」
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1980年1月号「日本商船隊の懐古 No.7」山田早苗
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.191)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)" (P.105)

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

前の艦へ ← 特設砲艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る