羅門丸・日寅丸の船歴

 年 月 日:船歴

T09.01.07:起工 T09.07.17:進水、命名:Surico T09.09.20:竣工、船主:Submarine Boat Corporation、船籍港:New York      船舶番号:220560、信号符字:MBJR、登録総噸数:3,545、登録純噸数:2,174
T15.--.--:登録総噸数:3,253、登録純噸数:1,977に変更 06.--.--:船主:Portland California Steamship Companyに変更 06.--.--:改名:Admiral Gove、      船籍港:San Franciscoに変更 07.--.--:登録総噸数:3,513、登録純噸数:2,208、船籍港:Seatleに変更 09.--.--:信号符字:KDDPに変更 14.--.--:船主:Pacific Steamship Lines, Inc.に変更 15.--.--:改名:Ramona、      船主:Ramona Steamship Company、船籍港:San Franciscoに変更 15.--.--:クイーンズランド〜香港 15.05.--:船主:Wallem & Company(実質船主:天津航業公司)、船籍港:Panamaに変更 16.04.17:実質船主:大安航業公司に変更 16.--.--:Port Redon〜上海 16.--.--:Port Courbet〜上海 16.--.--:Palembang〜上海 16.--.--:Port Redon〜上海 16.--.--:Hongay〜上海 16.--.--:Hongay〜上海 16.--.--:Hongay〜上海 16.--.--:Hongay〜上海 16.--.--:Hongay〜上海 16.--.--:Hongay〜上海 16.--.--:Hongay〜カンファポート11.29〜12.05上海(石炭運送)
16.12.08:抑留、上海港内 16.12.17:拿捕 17.01.--:改名:羅門丸 17.01.08:上海〜01.10相浦
17.01.15:入籍:内令第76号:特設砲艦、呉鎮守府所管
17.01.15:砲艦長:海軍中佐 土山 健一 17.01.15:呉海軍工廠にて艤装工事開始 17.02.24:艤装工事完了 17.02.25:内令第351号:横須賀鎮守府所管に変更
17.02.25:特設監視艇隊編制:内令第353号:第三監視艇隊 17.02.25:戦時編制:聯合艦隊第五艦隊第三監視艇隊 17.03.05:呉〜03.09横須賀 17.03.12:横須賀〜03.12浦賀 17.03.12:入渠 17.03.13:出渠 17.03.13:浦賀〜03.13横須賀 17.03.--:船体老朽甚だしく北太平洋方面作戦に従事するに不適当と判明 17.04.10:土山中佐退任 17.04.10:特設監視艇隊編制:内令第657号:第三監視艇隊より削る
17.04.10:除籍:内令第661号、海務院へ移管
17.04.16:官房機密第4632号:横須賀海軍工廠をして艤装復旧の件訓令 17.05.31:改名:日寅丸、      日産汽船株式會社に貸下げ、信号符字:JKAR、定係港:横浜に変更 17.06.01:佐世保捕獲審検所審検広告 17.10.14:東京湾入り口にて「明昭丸」と衝突、船首小破 17.12.17:佐世保捕獲審検所事件番号第九號(船体)判決「捕獲」、抗議 17.12.--:陸軍配當船として運航 17.12.23:(西行第81船団)〜三池 18.01.14:佐世保捕獲審検所事件番号第九號ノ二(積荷の一部)判決確定「開放」 18.02.--:陸軍配當船として運航 18.05.--:陸軍配當船として運航 18.06.09:(鹿13船団)那覇〜06.11基隆 18.06.26:第2次海軍指定船 18.07.--:陸軍配當船として運航 18.08.18:高等捕獲審検所事件番号第八號判決「抗議棄却」 18.08.22:(鹿204船団)山川沖〜08.24名護湾08.25〜08.25那覇 18.11.26:(臨時タ船団)高雄〜11.29那覇 18.12.02:那覇〜      〜12.04 0625(N29.20-E129.30)機械故障漂流〜      〜12.04 1900 曽津高崎の26度40浬にて「第二十七號掃海艇」が合同、護衛開始〜      〜12.05 1300 特設砲艦富津丸」が曳航〜      〜12.05 1800 「第二十七號掃海艇」が護衛終了〜   〜12.05古仁屋 19.03.25:(「東海丸」が曳航)古仁屋〜門司 19.05.27:日立造船株式會社本社造船所にて修理工事着手 19.05.28:日立造船株式會社本社造船所にて修理工事完了 --.--.--:船長:中原 久一 20.03.13:大阪港第19番浮標繋留中、対空戦闘:二十五粍機銃420発発射、焼夷弾25発命中、火災発生、鎮火 20.03.19:大阪港にて対空戦闘:二十五粍機銃36発発射
20.07.28:沈没 戦後引揚:SCAJAP No. H-078
喪失場所:因島船渠付近 喪失原因:空爆

同型船

(1023型)
 Agawam, Alamosa, Alcona, Ingold, Charlot, Chetopa, Cokato, Decatur Bridge, 
 Fort Pitt Bridge, Monana, Phoenix Bridge, Chicago Bridge, Mount Vernon Bridge, 
 Panola, Onekama, Jekyl, Milwaukee Bridge, Hico, Opelika, Masca, Opequan, Allies,
 Consort, Wisconsin Bridge, Bethlehem Bridge, Faraby, Farnam, Jackson, 
 Louisville Bridge, National Bridge, Nesco, Passaic Bridge, Knoxville, Anniston, 
 Chattanooga, Montgomery, St. Augustine, Bound Brook, Brasher, Johnson City,
 Shortsville, Jefferson County, Hillsborough County, Dade County, St. Johns County.
 Davidson County, Wallkill, Woodmansie, Boston Bridge, Bay Head、Sunewco、他98隻。

兵装

(20.03.13現在)
 短八糎砲1門、二十五粍単装機銃2基、爆雷2個。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1950年2月号
 ShipSpotting.com

備考

 「日立造船百年史」P.255掲載のラモナ号の写真は本船ではありません。

前の艦へ ← 特設砲艦 → 次の艦へ

前の船へ ← 陸軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る