太安丸の船歴

 年 月 日:船歴

05.05.01:起工 05.09.08:進水、命名:大安丸 05.11.22:竣工、船主:朝鮮汽船株式會社、登録総噸数:193、登録純噸数:103
15.--.--:登録総噸数:199、登録純噸数:107に変更、「太安丸」と改名 16.--.--:船主:西日本汽船株式會社に変更 16.11.18:佐廠機密第141番電:鎮海海軍要港部工作部にて艤装工事
16.11.27:徴傭 16.12.01:鎮海海軍要港部工作部にて艤装兵装工事開始 16.12.20:入籍:内令第1701号:特設掃海艇、佐世保鎮守府所管
16.12.20:掃海艇長:海軍豫備中尉 作井 慶二郎 16.12.30:機関確認運転 16.12.31:鎮海海軍要港部工作部にて艤装兵装工事竣工
16.12.31:特設掃海隊編制:内令第1774号:第四十七掃海隊 16.12.31:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第28号:對馬海峡防備部隊 17.01.01:自差修正 17.01.15:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第32号:對馬海峡防備部隊 17.02.10:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第41号:羅津根據地隊直卒部隊(発動時期別途指定) 17.02.16:鎮警電令第29号:機密鎮海警備府命令作第41号の発動時期を02月17日1200とす 17.02.25:船体改造工事着手 17.04.10:特設掃海隊編制:内令第653号:第四十七掃海隊の項を削る
17.04.10:内令第658号:羅津防備隊所属 17.04.10:戦時編制:鎮海警備府部隊羅津根據地隊羅津防備隊 17.04.10:元山〜海上警戒〜04.10遮湖 17.04.11:遮湖〜海上警戒〜04.11城津 17.04.12:城津〜海上警戒〜04.12漁大津 17.04.13:漁大津〜海上警戒〜04.13楡津 17.04.22:楡津〜掃海訓練及び海上警戒〜04.22楡津 17.04.24:楡津〜教練運転及び海上警戒〜04.24楡津 17.05.01:楡津〜掃海訓練〜05.01楡津 17.05.05:楡津〜掃海訓練及び海上警戒〜05.05楡津 17.05.06:楡津〜掃海訓練及び海上警戒〜05.06楡津 17.05.07:楡津〜掃海訓練及び海上警戒〜05.07楡津 17.05.15:楡津〜掃海訓練及び海上警戒〜05.15楡津 17.05.18:楡津〜諸訓練〜05.18楡津 17.05.19:楡津〜掃海訓練及び海上警戒〜05.19楡津
17.05.20:内令第884号:羅津方面特別根據地隊所属 17.05.20:戦時編制:鎮海警備府部隊羅津方面特別根據地隊 17.05.--:佐世保〜 17.06.12:官房機密第7254号:訓令:兵器供給:九二式七粍七単装機銃A型(三脚架附)、      30瓩発煙筺5個、発煙浮筺用浮嚢3個 17.10.01:軍隊区分:鎮海警備府信電令作第57号:海上警戒部隊 17.12.14:朝鮮重工業株式會社にて入渠 17.12.21:出渠 17.12.22:鎮海〜元山〜羅津〜 18.12.29:鎮警電令作第66号:準備出来次第佐世保に回航、作戦に関し佐鎮長官の指揮下 18.12.30:佐鎮信電令作第61号:作戦に関し佐防戦司令官の指揮下 19.01.01:軍隊区分:佐海防電令作第31号:第一護衛部隊 19.01.02:鎮海〜01.03佐世保 19.01.10:佐世保〜01.10伊万里 19.01.12:(シ205船団護衛)伊万里〜01.15上海 19.01.17:(モ704船団護衛)上海〜01.21佐世保 19.01.20:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第53号:海面防備部隊第一護衛部隊 19.01.23:佐世保〜01.23伊万里 19.01.24:(シ406船団護衛)伊万里〜01.26清辺浦 19.01.27:清辺浦〜01.28佐世保 19.02.02:入渠 19.02.04:将旗掲揚 19.02.09:出渠 19.02.11:将旗撤去 19.02.11:佐世保〜02.11佐世保 19.02.12:軍隊区分:佐海防電令作第80号:南西諸島部隊大島部隊 19.02.12:佐世保〜02.12佐世保 19.02.17:佐世保〜02.20瀬相 19.02.23:瀬相〜      〜02.24特設驅潜艇曾文丸」警戒〜      〜02.25沖永良部 19.02.29:沖永良部〜02.29瀬相 19.03.01:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第57号:海面防備部隊南西諸島部隊 19.03.03:瀬相〜03.04瀬相 19.03.12:将旗掲揚 19.03.14:将旗撤去 19.03.13:(護衛)瀬相〜03.20瀬相 19.03.21:将旗掲揚 19.03.22:瀬相〜対潜掃蕩〜03.25瀬相 19.03.25:瀬相〜上甑より筑前大島まで「日寅丸」護衛〜04.02瀬相 19.04.04:瀬相〜04.04瀬底 19.04.05:将旗撤去 19.04.05:瀬底〜04.05那覇 19.04.07:那覇〜04.07瀬相 19.04.10:軍隊区分:佐世保鎮守府司令長官作戦指揮下 19.04.10:軍隊区分:第四海上護衛部隊協力部隊南西諸島海面防備部隊沖縄部隊 19.04.10:瀬相〜哨戒〜04.13口永良部 19.04.16:口永良部〜哨戒〜04.17瀬相 19.04.20:瀬相〜護衛〜04.21那覇 19.04.27:那覇〜対潜掃蕩〜04.29那覇 19.04.30:那覇〜対潜掃蕩〜05.04那覇 19.05.07:(タ706船団護衛)那覇〜05.11基隆 19.05.15:(ナ501船団護衛)基隆〜05.18那覇 19.05.25:(タカ205船団護衛)那覇〜05.28基隆 19.05.30:(タカ001船団護衛)基隆〜05.30対潜掃蕩、爆雷攻撃12個〜 19.06.27:入渠 19.07.09:出渠 19.07.15:〜哨戒〜07.17那覇 19.07.22:那覇〜大東島行船団護衛〜07.26那覇 19.07.27:(「第七博多丸」護衛)那覇〜08.01長崎 19.08.--:軍隊区分:第四海上護衛部隊海上護衛部隊大島護衛部隊 19.08.02:長崎〜哨戒〜(モ03船団護衛)〜08.04鹿児島 19.08.06:(カタ626船団護衛)鹿児島〜08.12宮古 19.08.18:(タカ708船団護衛)宮古〜08.19那覇 19.08.28:(第5次大東島輸送船団護衛)那覇〜大東島〜09.02那覇 19.09.03:機関手入 19.09.05:(第7次大東島輸送船団護衛)那覇〜09.08那覇 19.09.12:(カタ719船団護衛)那覇〜09.15基隆 19.09.19:(タカ909船団護衛)基隆〜対潜掃蕩〜哨戒〜09.27鹿児島 19.10.16:(カナ605船団護衛)鹿児島〜      〜10.16 1736(N32.10-E129.49)艇首1200mに金属性反響音探知〜      〜10.16 1751対潜戦闘〜      〜10.18山川 19.10.20:山川〜護衛〜10.22那覇 19.10.25:(ナカ603船団護衛)那覇〜10.28鹿児島 19.11.--:軍隊区分:第四海上護衛部隊海上護衛部隊沖縄護衛部隊 19.11.03:(カタ322船団護衛)鹿児島〜11.06那覇 19.11.07:(ナカ713船団護衛)那覇〜対潜掃蕩〜11.11鹿児島 19.11.15:(カタ416船団護衛)鹿児島〜11.17那覇11.19〜11.23基隆 19.11.26:(カタ608船団護衛)基隆〜11.29那覇11.30〜12.02鹿児島 19.12.04:(鹿北510船団護衛)鹿児島〜12.07佐世保 20.01.21:第四海上護衛隊電令作第7号:       次回カタ船団は左に依り発航すべし       23日鹿児島発、護衛艦:眞鶴第十五號掃海艇、太安丸、第七利丸第五十一播州丸 20.01.24:(カタ407船団護衛)鹿児島〜 20.02.19:第四海上護衛隊電令作第11号:      1.第四十九號驅潜艇ちとせ丸、第五十一播州丸は22日富江発予定の「サイ船団」の護衛に        任ずべし      2.眞鶴、第十五號掃海艇、第十六昭南丸關丸、太安丸、第三號太平丸第二新東丸は速に        鹿児島、那覇集合船団を護衛発航すべし      3.友鶴、第四十四號海防艦は修理完成次第、速に鹿児島に進出すべし      4.第七利丸、姫島丸は佐世保に於て修理を施行せよ 20.03.01:対空戦闘 20.03.03:(ナカ303船団護衛)那覇〜      〜03.05 1044 悪石島北5浬に於て「第十五號掃海艇」が被雷〜       〜03.05 1720 対潜掃蕩に向う〜      〜03.06鹿児島 20.03.07:第四海上護衛隊電令作第13号:      1.第四十四號海防艦、第二新東丸は諏訪瀬島に至り第十五號掃海艇状況を調査報告すると共に        救難に任ぜよ      2.第六十八號海防艦、第百十八號海防艦、太安丸、ちとせ丸、第三號太平丸は準備出来次第        カタ船団を護衛発航せよ 20.03.07:佐鎮信電令作第37号:       第六十八號海防艦は佐世保港務部より派遣の救難隊及び太安丸、第五十一播州丸を指揮       第十五號掃海艇の擱坐現場に急行、乗員収容、同艇の調査報告すると共に之が監視に任ぜよ 20.03.08:救難作業 20.03.09:1730 「第十五號掃海艇」の機密図書及び兵器の一部を搭載 20.03.21:(カナ101船団護衛)鹿児島〜03.24鹿児島 20.03.25:鹿児島〜対潜掃蕩〜03.27鹿児島 20.03.28:(鹿北802船団護衛)鹿児島〜03.30佐世保 20.04.--:佐世保 20.05.10:佐世保防備隊司令官作戦指揮下に入る 20.05.10:軍隊区分:佐鎮信電令作第118号:九州方面護衛部隊護衛本隊 20.05.--:修理中 20.05.25:軍隊区分:護衛部隊西九州護衛部隊 20.05.31:〜05.31佐世保 20.06.08:佐世保〜哨戒〜06.15佐世保
20.07.25:内令第675号:元山方面特別根據地隊所属
20.08.15:不明 22.05.03:除籍:復二第327号 --.--.--:解傭
喪失場所:不明 喪失原因:不明

同型船

 太平丸(第三號太平丸)

兵装

 要調査

写真資料

 "ONI 208-J Supplement No.2 (March 1945) Far-Eastern Small Craft" 

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る