姫島丸の船歴

 年 月 日:船歴

02.06.21:起工 02.09.27:進水、命名:姫島丸 02.10.31:竣工、船主:紀平合資會社、船籍港:長崎
02.11.10:汽船トロール漁業許可       許可番号:第一〇五號       名義:紀平合資會社       操業区域:-       漁獲物陸揚港:下関港、博多港、長崎港       許可期間:許可の日より十箇年 06.09.21:汽船トロール漁業許可証書換       漁獲物陸揚港:下関港、博多港、長崎港、大阪港に変更 12.11.10:汽船トロール漁業許可更新       許可期間:昭和12年11月10日より起算し十箇年 13.04.25:汽船トロール漁業許可更新       名義:日本水産株式會社       漁獲物陸揚港:下関港、博多港、長崎港、大阪港、戸畑港に変更 13.05.21:船主:日本水産株式會社、船籍港:東京に変更
16.11.19:徴傭 16.11.21:株式會社大阪造船所にて艤装工事開始 16.12.01:入籍:内令第1571号:特設掃海艇、佐世保鎮守府所管
16.12.01:掃海艇長:海軍豫備中尉 鈴木 正雄 16.12.10:特設掃海隊編制:内令第1620号:第四十三掃海隊 16.12.10:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊第四十三掃海隊 16.12.10:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第21号:崎戸部隊第二掃海部隊(5) 16.12.16:艤装工事完了 16.12.20:佐世保〜港外警戒〜12.20佐世保 16.12.22:佐世保〜港外警戒〜01.03佐世保 16.12.24:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第26号:崎戸部隊第二掃海部隊(6) 17.01.01:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第28号:崎戸部隊第二掃海部隊(6) 17.01.14:佐世保〜01.20佐世保 17.01.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第14号:海面防備部隊佐世保附近防備部隊 17.01.15:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第31号:崎戸部隊第二掃海部隊 17.01.23:佐世保〜01.25佐世保 17.02.02:佐世保〜第十七番−第十八番浮標間掃海〜02.06佐世保 17.02.05:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第16号:海面防備部隊佐世保附近防備部隊 17.02.05:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第32号:崎戸部隊第二掃海部隊 17.02.16:佐世保〜02.21佐世保 17.02.18:機密第218番電:対潜掃蕩 17.02.24:佐世保〜03.02佐世保 17.02.25:掃海艇長:海軍大尉 吉村 順 17.02.--:軍隊区分:第五部隊(5)第一小隊(1) 17.03.06:佐世保〜03.10佐世保 17.03.11:佐世保〜03.21佐世保 17.03.25:佐世保〜04.06佐世保 17.04.04:佐鎮海面防備部隊電令作第34号:04.06以後女島西方海面対潜掃蕩 17.04.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第22号:海面防備部隊佐世保附近防備部隊 17.04.11:佐世保〜04.20佐世保 17.04.15:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第35号:崎戸部隊第二掃海部隊 17.04.24:佐世保〜04.29佐世保 17.06.05:入渠 17.06.12:官房機密第7254号:訓令:兵器供給:九二式七粍七単装機銃A型(三脚架附)、      30瓩発煙筺5個、発煙浮筺用浮嚢3個 17.06.21:佐世保〜06.28佐世保 17.07.01:佐世保〜07.08佐世保 17.07.11:佐世保〜07.18佐世保 17.07.21:佐世保〜      〜07.26 崎戸の320度4000mにて浮流機雷3個爆破処分〜      〜07.26佐世保 17.07.27:佐世保〜07.31佐世保 17.08.03:佐世保〜08.10佐世保 17.08.13:佐世保〜08.21佐世保 17.08.24:佐世保〜08.31佐世保 17.09.04:佐世保〜哨戒掃海〜09.11佐世保 17.09.14:佐世保〜哨戒掃海〜09.21佐世保 17.09.24:佐世保〜哨戒掃海〜      〜09.24 岩瀬浦繋留中の機雷爆破処分〜   〜10.02佐世保 17.09.25:軍隊区分:崎戸部隊第一掃海部隊 17.10.27:佐世保〜哨戒掃海〜11.04佐世保 17.11.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第33号:海面防備部隊佐世保附近防備部隊 17.11.08:佐世保〜哨戒掃海〜      〜11.10 池島南方15kmにて浮流機雷2個爆破処分〜      〜11.15佐世保 17.11.18:佐世保〜哨戒掃海〜11.25佐世保 17.11.28:佐世保〜哨戒掃海〜12.05佐世保 17.12.06:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第34号:海面防備部隊佐世保附近防備部隊 17.12.10:佐世保〜哨戒掃海〜12.17佐世保 17.12.17:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第47号:崎戸部隊第一掃海部隊 17.12.20:佐世保〜掃蕩哨戒掃海〜12.27佐世保 17.12.30:佐世保〜哨戒掃海〜01.07佐世保 18.01.10:佐世保〜哨戒掃海〜01.17佐世保 18.01.21:佐世保〜哨戒掃海〜01.28佐世保 18.01.31:佐世保〜哨戒掃海〜02.07佐世保 18.02.21:佐世保〜哨戒掃海〜02.27佐世保 18.03.02:佐世保〜哨戒〜03.11佐世保 18.03.14:佐世保〜哨戒〜03.19佐世保 18.03.22:佐世保〜哨戒〜03.29佐世保 18.03.31:船主:日本海洋漁業統制株式會社に変更 18.04.02:佐海防電令作第42号:山川を基地とし北緯29度30分以北の南西諸島及び      九州南方海面の警戒及び対潜掃蕩並びに船舶護衛 18.04.07:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第54号:山川部隊 18.04.08:佐世保〜04.10山川04.12〜04.12鹿児島 18.04.14:鹿児島〜哨戒〜04.17鹿児島 18.04.19:鹿児島〜護衛〜04.25佐世保 18.05.03:(第4次漁船団護衛)佐世保〜基隆05.13〜05.15高雄 18.05.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第42号:海面防備部隊山川部隊 18.05.--:高雄〜哨戒〜05.26佐世保 18.06.07:出渠 18.06.11:佐世保〜06.11佐世保 18.06.12:佐世保〜哨戒〜06.14山川 18.06.15:山川〜06.15鹿児島 18.06.16:鹿児島〜06.17名瀬06.18〜06.19鹿児島 18.06.21:鹿児島〜06.22名瀬06.22〜06.24山川 18.06.27:山川〜06.28山川 18.06.29:山川〜護衛哨戒〜07.01佐世保 18.07.02:無線換装工事 18.07.15:佐世保〜07.16山川07.18〜07.19口永良部07.20〜07.21古仁屋 18.07.22:(護衛)古仁屋〜07.25基隆 18.08.--:軍隊区分:沖縄部隊 18.08.01:(護衛)基隆〜08.03那覇 18.08.07:那覇〜      〜08.07特設驅潜艇第六昭和丸」離礁作業〜      〜08.08那覇港外〜08.09那覇 18.08.21:(タ107船団護衛)那覇〜08.23基隆 18.08.24:軍隊区分:佐海防信電令作第33号:山川部隊(09.01附) 18.08.27:基隆〜08.28船浮08.28〜08.28石垣08.29〜08.30宮古08.30〜08.31那覇 18.09.03:(護衛)那覇〜09.05基隆 18.09.09:(護衛)基隆〜09.11那覇 18.09.12:(タ204船団護衛)那覇〜09.15基隆 18.09.16:(護衛)基隆〜09.18船浮 18.09.21:船浮〜09.22那覇 18.09.23:(護衛)那覇〜09.25山川 18.09.27:山川〜09.27鹿児島 18.09.28:鹿児島〜09.28山川09.29〜09.30名瀬10.01〜10.01山川10.03〜10.03長浜浦10.04〜      〜10.04瀬戸10.05〜10.05佐世保 18.10.16:佐世保〜10.17山川10.18〜10.18片浦湾10.19〜10.19枕崎 18.10.19:(漁船団護衛)枕崎〜10.21口永良部 18.10.21:(護衛)口永良部〜10.23鹿児島 18.10.23:43掃機密第231015番電:鹿児島にて補給の上、名瀬に回航「鵬南丸」直接護衛 18.10.24:鹿児島〜      〜10.25 特設防潜網艇縣丸」より「壽洋丸」の曳航する「鵬南丸」の護衛継承〜      〜10.26 野母埼にて護衛終了〜      〜10.26中甑浦10.27〜10.27山川 18.10.29:(鹿904船団護衛)山川〜10.30名瀬 18.10.31:(沖002船団護衛)名瀬〜11.01山川 18.11.--:訓令:官房艦機密第5286号:仮称軽便探信儀、仮称簡易式水中聴音機装備 18.11.01:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第49号:海面防備部隊南九州部隊 18.11.01:軍隊区分:南九州部隊山川部隊 18.11.01:山川〜11.01鹿児島 18.11.01:佐鎮海面防備部隊電令作第104号:適宜艦艇を「うめ丸」遭難現場に急派、救難及び付近海面の掃蕩 18.11.02:43掃機密第020830番電:「うめ丸」遭難現場に急行、救難及び付近海面の掃蕩 18.11.02:鹿児島〜11.02山川 18.11.07:山川〜11.08佐世保 18.11.16:佐世保〜11.17鹿児島 18.11.18:(鹿803船団護衛)鹿児島〜11.18山川11.19〜11.20名瀬 18.11.20:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第50号:海面防備部隊南九州部隊 18.11.23:名瀬〜11.24山川11.25〜11.25鹿児島 18.11.26:鹿児島〜11.26山川 18.11.28:(鹿804船団護衛)山川〜11.29名瀬 18.12.01:名瀬〜12.02山川 18.12.07:山川〜12.07枕崎12.09〜12.10佐世保 18.12.18:軍隊区分:佐海防電令作第13号:八重山部隊(01.01附) 18.12.19:佐世保〜12.20山川12.24〜12.24鹿児島 18.12.27:鹿児島〜12.28名瀬12.28〜12.29山川 19.01.03:山川〜01.04瀬相01.04〜01.05那覇 19.01.11:那覇〜01.14那覇 19.01.15:那覇〜対潜掃蕩〜01.16那覇 19.01.20:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第53号:海面防備部隊南九州部隊 19.01.18:(タ504船団護衛)那覇〜01.19宮古01.22〜01.22石垣01.24〜01.25基隆 19.01.27:(ナ704船団護衛)基隆〜01.29那覇 19.02.03:(護衛)那覇〜02.05石垣 19.02.08:(タモ01船団護衛)石垣〜対潜掃蕩:爆雷攻撃〜02.11那覇 19.02.12:佐海防電令作第81号:北緯27度44分東経128度42分の敵潜水艦撃滅 19.02.13:那覇〜対潜掃蕩〜02.15名護湾 19.02.16:名護湾〜02.16那覇 19.02.19:那覇〜対潜掃蕩〜02.23石垣 19.02.26:石垣〜02.27那覇02.29〜03.01石垣 19.03.01:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第57号:海面防備部隊南九州部隊 19.03.02:(タ905船団護衛)石垣〜03.02船浮03.02〜03.03基隆 19.03.11:(タモ08船団護衛)基隆〜03.14宮古03.15〜03.16宮古03.18〜03.19那覇 19.03.30:那覇〜03.31那覇 19.03.31:(護衛)那覇〜04.02船浮 19.04.04:船浮〜哨戒〜04.06那覇 19.04.09:那覇〜護衛〜04.12那覇
19.04.10:戦時編制:佐世保鎮守府部隊沖縄方面根據地隊第四十三掃海隊 19.04.10:軍隊区分:第四海上護衛部隊協力部隊南西諸島海面防備部隊沖縄部隊 19.04.17:(タ703船団護衛)那覇〜(ナ705船団護衛)〜04.23那覇 19.04.23:那覇〜哨戒〜04.26枕崎 19.04.27:枕崎〜機関故障の特設掃海艇第三號太平丸」を曳航〜04.28佐世保 19.05.02:入渠(05.11まで) 19.05.20:佐世保〜05.22瀬相 19.05.24:(ナカ305船団護衛)瀬相〜05.25那覇 19.05.26:那覇〜対潜掃蕩〜哨戒〜05.29船浮 19.05.30:船浮〜対潜掃蕩〜 19.06.20:(カタ517船団護衛) 19.06.26:(タカ604船団護衛) 19.07.01:(タカ604船団護衛)那覇〜古仁屋 19.07.03:古仁屋〜対潜掃蕩〜07.05山川 19.07.09:(カナ912船団護衛)山川〜07.12那覇 19.07.14:(船団護衛)那覇〜07.15中城湾 19.07.17:(陸軍機帆船護衛)中城湾〜南大東島07.20〜07.21那覇 19.07.22:那覇〜対潜掃蕩〜07.24那覇 19.07.27:(特設掃海艇第七博多丸」を曳航)那覇〜08.01長崎 19.08.--:軍隊区分:第四海上護衛部隊海上護衛部隊沖縄護衛部隊 19.08.02:長崎〜哨戒〜(モ03船団護衛)〜08.04鹿児島 19.08.06:(カタ626船団護衛)鹿児島〜08.15基隆 19.08.17:(タカ708船団護衛)基隆〜08.19那覇 19.08.26:那覇〜哨戒〜08.27瀬相 19.08.29:瀬相〜甲標的曳航〜08.30那覇 19.09.03:那覇〜特設監視艇第三南薩丸」救難〜09.06那覇 19.09.09:(タカ808船団護衛)那覇〜09.20哨戒〜09.21佐世保 19.10.01:佐世保〜哨戒〜10.03鹿児島 19.10.10:(カタ916船団護衛)鹿児島〜10.13佐世保10.18〜10.19鹿児島 19.10.21:(カタ916船団護衛)鹿児島〜   〜10.22 0730 運送艦室戸」、特設砲艦富津丸」が被雷〜      〜10.22 0748 運送艦「室戸」沈没、船団は笠利湾に避退〜      〜10.25那覇 19.10.29:(カタ916船団護衛)那覇〜11.01基隆 19.11.04:基隆〜那覇 19.11.07:(第3船団護衛)那覇〜      〜11.09掃蕩、特設砲艦長壽山丸」救難作業〜      〜11.10鹿児島 19.11.13:鹿児島〜哨戒〜11.14佐世保 19.11.24:佐世保〜哨戒〜11.25鹿児島 19.11.25:掃海艇長:海軍大尉 南 四郎 19.11.26:(カタ614船団護衛)鹿児島〜11.30那覇 19.12.04:(カタ614船団護衛)慶良間〜12.05宮古 19.12.10:(「江戸川丸」護衛)宮古〜12.10石垣 19.12.11:石垣〜哨戒〜12.11船浮 19.12.13:船浮〜哨戒〜12.13石垣 19.12.15:(「とよさか丸」護衛)石垣〜12.15宮古 19.12.17:宮古〜哨戒〜12.17宮古 19.12.22:(「とよさか丸」護衛)宮古〜12.23那覇 19.12.24:那覇〜哨戒〜12.24那覇 19.12.28:(タカ406船団護衛)那覇〜12.31鹿児島 20.01.04:鹿児島〜01.13基隆01.17〜01.25鹿児島 20.02.10:鹿児島〜02.19基隆 20.02.19:第四海上護衛隊電令作第11号:      1.第四十九號驅潜艇ちとせ丸第五十一播州丸は22日富江発予定の「サイ船団」の護衛に        任ずべし      2.眞鶴第十五號掃海艇第十六昭南丸關丸太安丸、第三號太平丸、第二新東丸は速に        鹿児島、那覇集合船団を護衛発航すべし      3.友鶴、第四十四號海防艦は修理完成次第、速に鹿児島に進出すべし      4.第七利丸、姫島丸は佐世保に於て修理を施行せよ 20.02.24:基隆〜03.05鹿児島 20.03.05:特設掃海隊編制:内令第202号:第四十三掃海隊の項を削る
20.03.05:内令第203号:大島防備隊所属 20.03.15:軍隊区分:南西諸島護衛部隊護衛本隊 20.03.18:佐世保〜03.19富江 20.03.22:(サイ05船団護衛)富江〜      〜03.22 1835(N32.13-E128.45)雷撃を受けるが被害なし〜反転〜      〜03.23 1710 (N29.34-E127.31)「道了丸」被雷沈没      〜03.25佐世保 20.04.06:佐世保〜04.07山川 20.04.07:山川〜      〜04.08 臥蛇島灯台員8名救出〜 〜04.08(N30.33-E130.00)対空戦闘:F4U 2機と交戦、銃撃により小破〜      〜04.08鹿児島 20.04.20:鹿児島〜陸軍種子島輸送護衛〜04.21鹿児島 20.04.22:鹿児島〜陸軍種子島輸送護衛〜04.23鹿児島 20.04.25:鹿児島〜陸軍種子島輸送護衛〜04.26鹿児島 20.04.28:鹿児島〜陸軍種子島輸送護衛〜04.29鹿児島 20.05.02:鹿児島〜陸軍種子島輸送護衛〜05.03鹿児島 20.05.04:鹿児島〜陸軍種子島輸送護衛〜05.05鹿児島 20.05.10:軍隊区分:第五特攻戦隊指揮下 20.05.10:軍隊区分:佐鎮信電令作第115号:第二特攻部隊 20.05.19:鹿児島〜陸軍種子島輸送護衛〜05.20鹿児島 20.05.21:佐鎮信電令第69号:当面の任務に差支えなき範囲にて陸軍部隊の種子島輸送に協力 20.06.--:西之表に座礁の「第百六十四號哨戒特務艇」の引卸し作業?
20.08.15:残存 21.01.10:除籍:内令第11号 --.--.--:解傭

同型船

 なし。

兵装

 要調査

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る