第十六昭南丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 15.07.31:進水、命名:第十六昭南丸 15.11.20:竣工、船主:日本水産株式會社
15.--.--:(第6回南氷洋捕鯨)
16.09.04:徴傭:旅順要港部工作部にて艤装工事開始 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設掃海艇、佐世保鎮守府所管
16.09.20:掃海艇長:海軍豫備中尉 玉有 勇 16.10.15:特設掃海隊編制:内令第1252号:第五十掃海隊 16.10.15:戦時編制:旅順警備府備隊第五十掃海隊 16.10.27:艤装工事完了 16.--.--:軍隊区分:北支部隊北監視部隊 16.11.29:旅順〜12.01天津12.03〜12.04大沽12.05〜12.06旅順 16.12.23:大連〜12.29大連 17.01.15:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第32号:旅順特別根據地隊海上警戒隊 17.02.10:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第41号:旅順特別根據地隊海上警戒隊 17.04.10:特設掃海隊編制:内令第653号:第五十掃海隊の項を削る
17.04.10:内令第658号:旅順方面特別根據地隊所属 17.04.10:戦時編制:鎮海警備府部隊旅順方面特別根據地隊 17.04.23:旅順〜04.24旅順04.30〜04.30旅順05.03〜05.03旅順05.05〜05.05旅順 17.05.11:旅順〜05.11旅順05.19〜05.19旅順05.25〜05.29旅順06.03〜06.03旅順 17.06.10:旅順〜06.11旅順06.18〜06.19旅順06.27〜06.28旅順07.06〜07.07旅順 17.06.12:官房機密第7254号:訓令:兵器供給:九二式七粍七単装機銃A型(三脚架附)、      30瓩発煙筺5個、発煙浮筺用浮嚢3個 17.07.10:旅順〜07.14旅順07.24〜07.24旅順07.31〜07.31旅順08.11〜08.11旅順 17.08.16:旅順〜08.16旅順09.01〜09.01旅順09.08〜09.09旅順09.12〜09.12旅順 17.09.17:旅順〜09.18旅順09.20〜09.20旅順09.23〜09.23旅順10.03〜10.03旅順 17.10.01:軍隊区分:鎮海警備府信電令作第57号:旅順方面特別根據地隊海上警戒部隊 17.10.06:旅順〜10.07旅順10.20〜10.20旅順10.23〜10.25旅順10.27〜10.27旅順 17.11.01:旅順〜11.01旅順11.05〜11.05旅順11.13〜11.13旅順11.25〜11.25旅順 17.12.09:旅順〜12.09旅順12.18〜12.20旅順12.28〜12.29旅順01.05〜01.05旅順 18.01.10:旅順〜01.13旅順01.14〜01.17旅順01.20〜01.20旅順01.23〜01.24旅順 18.01.27:旅順〜01.27旅順01.31〜01.31旅順02.03〜02.04旅順02.09〜02.10旅順 18.02.13:旅順〜02.14旅順02.16〜02.17旅順02.22〜02.22旅順02.27〜02.28旅順 18.03.04:旅順〜03.09旅順03.13〜03.13旅順03.17〜03.17旅順03.19〜03.23旅順 18.03.24:旅順〜04.04旅順04.06〜04.10旅順04.13〜04.20旅順04.21〜04.26旅順 18.03.31:船主:日本海洋漁業統制株式會社に変更 18.04.27:旅順〜05.01旅順05.02〜05.17旅順05.21〜06.10旅順 18.06.10:(チ69船団護衛)群山沖〜      〜06.11 0745 濃霧の為、仮泊〜      〜06.11 0834 抜錨〜      〜06.11 2412 濃霧の為、海洋島に仮泊〜      〜06.12 0347 抜錨〜      〜06.12 0550 船団解列〜      〜06.12旅順 18.06.12:旅順〜06.16旅順 18.06.27:旅順〜 18.06.29:1000 抜錨      〜06.30 0900 青島にて解列〜      〜07.08旅順 18.07.10:旅順〜07.21旅順07.28〜08.07旅順08.10〜08.25旅順 18.09.08:旅順〜12.30旅順01.03〜01.03佐世保 18.12.29:鎮警電令作第66号:準備出来次第佐世保に回航、作戦に関し佐鎮長官の指揮下 18.12.30:軍隊区分:佐鎮信電令作第61号:作戦に関し佐防戦司令官の指揮下 19.01.01:軍隊区分:佐海防電令作第31号:第一護衛部隊 19.01.07:(シ701船団護衛)佐世保〜01.10上海 19.01.11:(モ107船団護衛)上海〜01.15佐世保 19.01.16:(シ603船団護衛)佐世保〜01.16伊万里01.16〜01.19上海 19.01.20:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第53号:海面防備部隊第一護衛部隊 19.01.22:(モ201船団護衛)上海〜01.26佐世保 19.01.27:佐世保〜01.27伊万里 19.01.28:(シ806船団護衛)伊万里〜01.31上海 19.02.02:(ナ201船団護衛)上海〜02.05佐世保 19.02.06:機関手入(02.13まで) 19.02.11:将旗掲揚 19.02.12:軍隊区分:佐海防電令作第80号:南西諸島部隊沖縄部隊 19.02.14:将旗撤去 19.02.15:佐世保〜02.17那覇 19.02.19:(護衛)那覇〜宮古 19.02.20:1600宮古〜対潜掃蕩〜02.22石垣 19.02.24:石垣〜02.24蘇澳 19.02.26:蘇澳〜02.26基隆 19.03.01:(ナ105船団護衛)基隆〜03.02石垣 19.03.03:石垣〜03.03石垣 19.03.03:石垣〜03.04石垣 19.03.04:石垣〜03.05船浮03.05〜03.06与那国03.06〜03.08石垣 19.03.10:石垣〜03.11宮古 19.03.12:(「慶運丸」護衛)宮古〜03.13那覇 19.03.13:那覇〜対潜掃蕩〜03.17那覇 19.03.19:(タ907船団護衛)那覇〜03.20石垣 19.03.21:石垣〜03.21石垣 19.03.22:(護衛)石垣〜03.24那覇 19.03.24:那覇〜03.26佐世保 19.03.30:入渠(04.12まで) 19.04.10:軍隊区分:佐世保鎮守府司令長官作戦指揮下 19.04.10:軍隊区分:第四海上護衛部隊協力部隊南西諸島海面防備部隊大島部隊 19.04.15:佐世保〜公試〜04.15佐世保 19.04.17:佐世保〜哨戒〜04.19鹿児島 19.04.19:(鹿813船団護衛)鹿児島〜04.22那覇 19.04.26:(沖509船団護衛)那覇〜04.27船団より分離、対潜掃蕩〜04.29那覇 19.04.30:(沖004船団護衛)那覇〜05.01瀬相05.03〜05.04鹿児島 19.05.06:(鹿609船団護衛)鹿児島〜05.11那覇 19.05.13:(沖305船団護衛)那覇〜05.14瀬相 19.05.22:瀬相〜(第4次大東島輸送船団護衛)〜05.26瀬相 19.05.29:瀬相〜哨戒〜05.29笠利湾 19.05.31:笠利湾〜対潜掃蕩〜06.08瀬相 19.06.10:瀬相〜06.14瀬相 19.06.15:瀬相〜対潜掃蕩〜06.17瀬相 19.06.18:(カタ517船団護衛)古仁屋〜那覇 19.06.20:(タカ606船団護衛)〜06.21瀬相 19.06.29:(カタ212船団護衛)瀬相〜07.01瀬相 19.07.02:(カタ612船団護衛)瀬相〜07.03那覇 19.07.04:那覇〜対潜掃蕩〜07.06瀬相 19.07.15:(陸軍漁船団護衛)瀬相〜沖大東島〜南大東島〜07.20瀬相 19.07.22:瀬相〜対潜掃蕩〜07.24瀬相 19.07.25:瀬相〜(モ03船団護衛)〜07.27山川 19.07.--:(タカ205船団護衛)那覇〜07.29瀬相 19.08.--:軍隊区分:第四海上護衛部隊海上護衛部隊大島護衛部隊 19.08.06:(カタ626船団護衛)鹿児島〜08.09那覇 19.08.11:(ナカ105船団護衛)那覇〜08.14山川 19.08.17:(カタ717船団護衛)山川〜08.19那覇 19.08.21:(タカ708船団護衛)那覇〜08.24瀬相 19.08.25:(ナカ405船団護衛)瀬相〜08.26山川 19.08.28:(カタ827船団護衛)鹿児島〜08.29瀬相 19.09.01:(「厦門丸」護衛)瀬相〜09.01名瀬 19.09.04:(「大信丸」護衛)名瀬〜09.04瀬相 19.09.06:(第2次大東島輸送船団護衛)瀬相〜09.07南大東島〜09.10瀬相 19.09.12:(ナカ203船団護衛)瀬相〜09.13鹿児島 19.09.14:(モ07船団護衛)鹿児島〜09.15山川 19.09.18:(鹿北803船団護衛)山川〜      〜09.22(鹿北211船団護衛)〜      〜09.24(カタ411船団護衛)〜      〜09.29(ナカ908船団護衛)〜対潜掃蕩〜 19.10.04:(ナカ908船団護衛)瀬相〜10.05鹿児島 19.10.10:(カタ916船団護衛)鹿児島〜10.13佐世保 19.10.18:(カタ916船団護衛)鹿児島〜10.19鹿児島 19.10.21:(カタ916船団護衛)鹿児島〜   〜10.22 0730 運送艦室戸」、特設砲艦富津丸」が被雷〜      〜10.22 0748 運送艦「室戸」沈没、船団は笠利湾に避退〜      〜10.22 0840 「第三十號海防艦」、「第十五號掃海艇」と連合投射〜      〜10.24「京城丸」護衛〜      〜10.26瀬相 19.10.24:第四海上護衛隊電令作第118号:10.24「八光丸」を鳥島の287度24浬から古仁屋まで護衛 19.10.25:第四海上護衛隊電令作第119号:ナカ603船団より「八光丸」を除く、電令作第118号任務解除 19.10.27:(「京城丸」護衛)瀬相〜 19.11.03:(カタ322船団護衛)鹿児島〜11.06那覇 19.11.07:(ナカ713船団護衛)那覇〜11.09那覇 19.11.09:軍隊区分:電令作第3号:第四海上護衛部隊海上護衛部隊護衛本隊 19.11.15:(カタ322船団護衛)那覇〜11.20基隆 19.11.21:第四海上護衛隊電令作第138号:      1.第四海上護衛隊電令第86号電令作第136号を取消す      2.眞鶴、第十五號掃海艇、第十六昭南丸、關丸は22日発カタ船団の護衛に任ずべし      3.荘河丸、石垣より船団に加入せしむべし 19.11.22:(タカ206船団護衛)基隆〜11.23対潜戦闘:爆雷攻撃〜11.25基隆 19.11.25:基隆〜哨戒〜11.26船浮〜11.27那覇 19.11.30:(タカ608船団護衛)那覇〜鹿児島 19.12.05:(鹿北510船団護衛)鹿児島〜12.08佐世保 19.12.--:修理 20.01.12:基隆港第十四岸壁にて第百四十四號輸送艦に横付中 20.02.19:第四海上護衛隊電令作第11号:      1.第四十九號驅潜艇ちとせ丸第五十一播州丸は22日富江発予定の「サイ船団」の護衛に        任ずべし      2.眞鶴第十五號掃海艇、第十六昭南丸、關丸太安丸第三號太平丸第二新東丸は速に        鹿児島、那覇集合船団を護衛発航すべし      3.友鶴、第四十四號海防艦は修理完成次第、速に鹿児島に進出すべし      4.第七利丸姫島丸は佐世保に於て修理を施行せよ 20.02.26:(カタ604船団護衛)鹿児島〜03.01久慈湾 20.03.01:対空戦闘、銃撃により小破 20.03.02:久慈湾〜03.03佐世保 20.03.11:佐世保〜03.12鹿児島 20.03.13:(カナ304船団護衛)鹿児島〜古仁屋03.16〜03.20泗礁山03.22〜 20.03.15:軍隊区分:南西諸島護衛部隊護衛本隊 20.03.24:(現在)掃海艇長:海軍大尉 角皆 武雄
20.03.24:沈没 20.05.10:除籍:内令第417号 20.05.10:解傭
喪失場所:N29.12-E125.13 沖縄本島北西360km付近 喪失原因:米第58機動部隊艦載機による空爆

同型船

 第十二昭南丸第十五昭南丸第十七昭南丸

兵装

 要調査

写真資料

 なし。

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る